ブログネタ
新作映画の話題 に参加中!

アメリカでは既に先月に公開し、日本では8月23日に公開される映画【スター・トレック イントゥ・ダークネス】
 

前作に引き続きキャスト、監督が欠ける事なく続投し
後は日本公開を待つばかりという今朝、驚きのニュースが!!!  

 
様は劇中、クラブの場面があってそこで使用される楽曲は、本作の監督であるJ・J・エイブラムスが担当


公開される国に合わせてそれぞれの国のアーティストとコラボし、楽曲が6バージョン有るという話しみたいです


我が日本ではそのコラボレーションを中田ヤスタカが担当、きゃりーぱみゅぱみゅがゲスト参加するようです
 

とりあえず、断っておきたいのが
中田ヤスタカや、きゃりーぱみゅぱみゅがキライってわけではないです
むしろ、好きな位です
が、それでも
これは無い


試みの面白さは認めます
スタッフロールでの別楽曲使用という例はよく洋画でありますが、挿入曲の別楽曲使用というのは聞いた事がない(実際は先例があったりするかも知れませんが)
 

このニュースを取り上げた[HARAJUKU KAWAii!! STYLE]の記事中に、こんな文章が・・・
「映画鑑賞中に注意深く耳を澄ますと、意味深なメッセージが聴こえてくるかもしれない。」
マジか?!やめてくれ
多分、もう既にこのニュースを知ってしまったから、実際に映画館で観た時はこのクラブの場面で現実に帰ってしまうだろう


テレビドラマ【宇宙大作戦】がアメリカで放送されたのが1966年、つまり約半世紀もの歴史を誇る伝統あるSFシリーズに、きゃりーぱみゅぱみゅ
とりあえず、今の段階では凄く拒否感がある
もう決まった事でしょうから、無かった事にはできないんでしょう
だから、せめてコラボ楽曲が使用されるのは日本語吹替え版のみで
字幕版はアメリカ公開版と同じ楽曲の使用を切に望みます


あと、このニュースは誤報で
実際はサウンドトラックのボーナストラック用に使用された楽曲のアレンジバージョンを手がけるというだけの話しで
劇中使用されるのはオリジナル楽曲というのが本当だったら嬉しい



まあ、中田ヤスタカが提供する楽曲次第という所はあるんでしょうが


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中! 

人気ブログランキングへ