ブログネタ
レンタル に参加中!

映画【クロニクル】をレンタルして観てたので、感想を少し


内気な高校生アンドリューがふとしたきっかけで超能力を手に入れて・・・



監督:ジョシュ・トランク
脚本:マックス・ランディス
原案:マックス・ランディス、ジョシュ・トランク
製作:ジョン・デイヴィス、アダム・シュローダー
製作総指揮:ジェームズ・ドッドソン
出演者:デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン、マイケル・ケリー、アシュリー・ヒンショウ
撮影:マシュー・ジェンセン
編集:エリオット・グリーンバーグ
製作会社:デイヴィス・エンターテインメント



これは確かに傑作だよ
グイグイ物語に引き込まれた
「駄目だ、アンドリュー」「今ならまだやり直せる」と応援しながらの90分
アンドリューを演じたデイン・デハーン

来年公開のマーク・ウェブ監督の新生スパイダーマン第二弾である【アメイジング・スパイダーマン2】にハリー・オズボーン役に抜擢されたようで、公開された予告を観て嬉しかった



アンドリュー2.0って雰囲気だよな、親父に悩まされてる感も本作同様あるし
これ絶対、スパイダーマンより敵役のデイン・デハーンを応援してしまうよ


本当、上手いなって思ったのが
徹底的に一人称にこだわっている所
いわゆる映画的なショット、撮り方が後半出てくるけど
これはカメラを回すアンドリューがこうすればカッコよく見えると学んだからって理由づけされてるのが上手い
つまり彼は才能の使い道を間違えた
本当、よく練られた話し


監督のジョシュ・トランクは現在、 アメコミ映画【ファンタスティック・フォー】の準備中だそうだけど
楽しみやわ
正直好きじゃないシリーズだっただけに、かなり期待値が上がった


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中! 

人気ブログランキングへ