アメリカのオハイオ(Ohio)州で、不良少年らに襲われたバス運転手が銃で撃たれたが、胸ポケットに入れていた聖書のおかげで命拾いしたそうです



オハイオ州デートン(Dayton)の警察は、「この事件では明らかに何らかの力が働いた。さもなければ彼は今、この世にはいなかったはずだ」と驚いているそうです


事件が起きたのは2月24日早朝


地元テレビ局WCPOによるとバス運転手で49歳のリッキー・ワゴナー(Rickey Wagoner)が車両の不具合を直そうとバスを止めて車外に出たところ、10代少年3人が近づいてきたそうです


少年の一人が「シロクマを殺さないと仲間に入れないぞ」と話しているのをリッキー・ワゴナーが耳にしていることから、少年らはギャング団の儀式としてリッキー・ワゴナーを襲ったとみられるそうです


リッキー・ワゴナーは胸を2発撃たれたが何とか倒れずにもちこたえ、銃を奪い取ろうと少年らと取っ組み合いになったそうです


地元メディアが公開した警察への通報電話のなかでリッキー・ワゴナーは、胸ポケットに「本」を入れていたと語っているそうです


「最初は(銃弾が)貫通したと思った。胸にハンマーでたたかれたような衝撃を感じたから」


取っ組み合っているうちに、少年の一人がナイフでリッキー・ワゴナーの腕に切り付けてきたそうです


銃が暴発し、弾がリッキー・ワゴナーの脚に当たったが、リッキー・ワゴナーは少年の脚をペンで刺すなどして少年らから銃とナイフを叩き落とすことに成功


リッキー・ワゴナーは落ちた銃を拾い、大声をあげながら逃げ去る少年らに向けて発砲したが弾は当たらなかったようです


まるで映画みたいな話しで、ちょっと信じられないな
こういう事って本当にあるんだ
二発くらってるんでしょ、鋼鉄製の聖書だったの?
不思議!



記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中! 

人気ブログランキングへ