全長約91メートル、[世界最大]とされる航空機[エアランダー(Airlander)]の試作機HAV304が先月2月28日、イギリスの中部カーディントン(Cardington)にある巨大な格納庫で公開されたそうです



もともとアメリカ軍のために、イギリスのハイブリッド・エア・ビークルズ(Hybrid Air Vehicles)社らが開発したHAV304は、飛行機と飛行船、ヘリコプターの能力を兼ね備えており、ヘリウムが詰められた巨体は最大で3週間にわたって飛行を継続できるそうです


積載能力は最大60トン


アメリカ軍のための開発計画が打ち切られた後、ハイブリッド・エア・ビークルズは、イギリス政府から250万ポンド(約4億2500円)の補助金を受けるなどして、開発を続けてきたそうです


同社は今後、HAV304をベースとして、50トンの貨物などを輸送可能な[エアランダー50(Airlander 50)]の開発と、同様の機体数百機の製造を計画しているそうです


こういの良いな
日本の空も飛んで欲しい


でも、これ
安全対策はどうなってるんだろう?
ヘリウム満載で空を飛ぶって、やっぱり


ヒンデンブルク号で起きた爆発事故の様に危ないんじゃないのかって思ってしまう


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中! 

人気ブログランキングへ