ヨーロッパ連合(EU)は3月13日、全メーカー共通の携帯電話充電器の導入義務化に向けて一歩前進したそうです



ヨーロッパ議会(European Parliament)はフランスのストラスブール(Strasbourg)で、全ての電化製品について[汎用充電器との互換性]をEU域内での販売許可を出す際の基本要件の一つに盛り込む法案を賛成多数で採択したそうです


この法案はすでにEU加盟の全28ヶ国から非公式な支持を得ており、EUの執行機関であるヨーロッパ委員会(European Commission)が共通充電器の仕様や業界に義務付ける際の条件の詳細を決める段階に至ったそうです


法案の採択後、ヨーロッパ議会のバルバラ・バイラー(Barbara Weiler)議員は、「今の充電器の互換性のなさは…まさに悪夢で、消費者にとっては本当に不便。新法案でこの悪夢は終わり、また電気・電子機器廃棄物の削減にもつながることから環境面でも朗報だ」と歓迎したそうです


この法案がそのまま法律となれば、携帯電話をはじめ全地球測位システム(GPS)やタブレット端末、無線による車のドア開閉装置など、電波の送受信を行う全ての通信機器が対象に含まれることになるそうです


ヨーロッパ委員会は、この法律は消費者の不満に直接対処できる措置だとして、3年以内に実施する意向を示しているそうです


日本ではどういう状況なんだろう?
検討したりしてるのかな?

便利にはなりそうだけど、規格をしっかりしておかないとメーカーによってはトラブルが多発しそうな感じもするな


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中! 

人気ブログランキングへ