アメリカはニューヨーク(New York)のタイムズスクエア(Times Square)に3月20日、平たい円形のパン[ピタ]を掲げる集団が突如、出現したそうです



これは、インターネットなどを通じた呼びかけに応じ、特定の場所に多数の人が集結して一斉に同じ行動をとる[フラッシュモブ]と呼ばれるものだそうです


シリアの人々への連帯を表明するため計画されたそうです


シリア内戦では先頃、首都ダマスカス(Damascus)南部のヤルムーク(Yarmuk)パレスチナ人難民キャンプで国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の配給を待つ無数の人々の写真が話題を集めたそうです


この写真は、著名人などに支援された国連パレスチナ難民救済事業機関主催のソーシャルメディア・キャンペーンで拡散されたそうです


キャンペーンでは、写真がシリアの内戦前人口と同じ[2300万]回共有されることを目指していたが、目標の倍近い回数を達成


タイムズスクエアでのフラッシュモブもその一環で、巨大スクリーンに内戦の象徴となったヤルムークキャンプの写真が映し出される中、人々が一斉にピタを掲げたそうです


キャンペーンがクライマックスを迎える中、国連パレスチナ難民救済事業機関が2週間以上ぶりにヤルムーク入りして市民に食糧を配給できたとのニュースが報じられたそうです


これはまた粋な事を

切実な問題ではあるけど、重たくならずに
楽しみながら支援をしている感じが伝わるな


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中! 

人気ブログランキングへ