フランスはパリの裁判所は3月24日、15年間にわたって[掃除具入れ]同然の狭い部屋を賃貸していたアパートの所有者らに対し、借り主の男性に約1万2000ユーロ(約170万円)の賠償金支払いを命じる判決を下したそうです



パリ11区の裁判所は、市の条例に違反し、賃貸住宅の広さの最低基準を下回る部屋を貸し出していたとして、男性が借りていた狭いアパートの所有者とその資産管理人に対し、財産権の侵害に対する損害賠償として1万ユーロ(約140万円)、精神的損害に対する賠償として1000ユーロ(約14万円)、転居費用として約815ユーロ(約11万5000円)を賃借人の男性に支払うよう命じたそうです


男性が月額300ユーロ(約4万2000円)の家賃で借りていた部屋には流し台はあったが、トイレもシャワーもなかったそうです


男性側の弁護士オレリー・ジェフロワ(Aurelie Geoffroy)は判決について、[極小住宅]を貸し出そうとする人々にメッセージを送るものだと評価したそうです


一方、社会的に恵まれない人たちを対象に住宅支援を行っているアベ・ピエール基金(Fondation Abbe Pierre)は、精神的損害に対する賠償額が少なすぎると批判し「精神的な損害賠償が1000ユーロとは何もないに等しい。人間の苦痛を軽視している。(男性のアパートは)部屋でさえない。掃除具入れ同然だ」と非難したそうです


2002年に改正されたフランス住宅法が、住居として合法と認めている最低限の広さは、床面積が9平方メートル、床から天井までの高さは2.2メートル


また天井が傾斜している場合は、その部分の面積が1.52平方メートルまでを居住可能と規定しているそうです


日本でも、東京だったかな
漫画喫茶に毛が生えた程度の部屋を貸し出していた業者が摘発されてましたよね
そこよりはマシな感じはするけど、15年も暮らすのは無理だよな

原因はやっぱり貧困なんだろうな
アパートの所有者を厳しく罰した所で、根本的な解決にはならないよな
悪質業者なんて安くて良い部屋があれば自然淘汰されるんだろうし


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中! 

人気ブログランキングへ