January 22, 2007

ブログの移行

日本に帰国してそろそろ2ヶ月。
中々、こちらのブログを終了することが出来ないまま、月日が経過しています。
まだまだアップしたい事項はあるのですが、ゆっくりとパソコンに向かう時間を作ることが出来ず、中途半端になってしまっている状態です。
読んでくださっている皆さん。ごめんなさい。

そんな中、新ブログとの並行更新にも無理があるため、勝手ながら、こちらのブログは一旦終了という形を取らせていただきたく思います。
また、再度、過去のブログとしてこちらを更新した際には、新ブログにてお知らせいたします。

今まで長い間、沢山の方々に読んでいただきありがとうございました
みなさんの応援のお陰で、筆不精の私が、若干中途半端ではあるものの、最後、日本に帰国するまでブログを書き続けることが出来ました。
新ブログは、今までよりも投稿回数も減るかとは思いますが、これからも応援の程、よろしくお願い申し上げます。

新ブログ↓↓↓
だんな様と一緒に…Part 2

January 17, 2007

いいとこ、悪いとこ

気づけば、年も明けて2週間以上が経ってしまいました

今更ですが、明けましておめでとうございます。
今年もどーぞよろしくお願いいたします。

はてさて、年も明けたといえば、帰国して早1ヶ月半です。

引越し荷物が届いたてからが地獄よ〜〜

っという、先輩帰国主婦の教えの通り、正月過ぎてからは、毎日届いた荷物と格闘しております
はーいつ終わるのやら…
今月中に終わるように、頑張るぞ〜〜

何せ物が多い上に、やっぱりアメリカで買ったものは大きく、しまう場所に困る、困る
持ち帰った電化製品は日本の家には微妙な大きさだし、ディナープレートとしてアメリカで売ってた物は、こちらの備え付けの食器棚にはギリギリの大きさ。
日本ではきっと、盛り付け時に使用する大皿のサイズなのです。
なのでその棚は、ディナープレート4枚重ねて終了
そんな調子なので、収納スペースが多いと言われている社宅でも、食器をしまうだけでも一苦労です

まー、そんなこんなの1ヶ月半。
5年前にアメリカ留学をから帰国した時には、色々、逆カルチャーショック的なことも多かったのですが、その時に比べると、今回は心構えが出来ていたからか、そこまでショックを受けることもありませんでした

ただ、ただでさえ高かった物価が、この2年で微妙に上昇した気がしなくもなく…
ひょっとしたら、歩ける距離にスーパーの少ない地域なので、スーパーの値段が他の地域よりも高めなのかもしれませんが、とにかく、色々な物が高い
特に、牛乳、卵とかは、前からこんな値段だったっけ???
っと思う時があります

後は、周りのことを見れない人が増えたとかかなぁ〜〜
みんなセカセカしている分、周りに目を向ける余裕がないのかしら??

よく私達夫婦は、列に並んでいると横入りされたり、人にぶつかったり…
すごかったのは、切符を買おうとして券売機にお金を入れているのに、横から人が入って来たこと
券売機の前に、私ちゃんと立ってたのに…
立ち居地まずかったのかな?

でも、それはただ、私達夫婦の時間の流れが遅くなってしまったことにも原因があり、マイペースに拍車がかかって、動作が更にとろくなった様子で、一概にどっちが悪いとも言えないのですが…

それ以外でも、人ごみの中で平気で傘を振り回す人とか、目の前の女性には煙の気を使うのに、隣で食事している人にはお構いなしでタバコを吸う人とか
公共の場での禁煙にうるさい所にいただけに、どこでもお構いなしに喫煙している人が、妙に気になってしまうのです

でもその反面、色々な手続きがあまりにもあっさりと終わってしまって、拍子抜けすることも多々
それに、みなさん親切なのにも感激
ご飯ももちろん美味しいし、汚くなったといわれても、まだまだ日本の方が街中が綺麗だし、それにどこに行っても室内が明るいから物がよく見えます(笑)
まー、だから外も夜でもピカピカしすぎてしまうのでしょうが…

アメリカにいると‘日本はいいな〜〜’って思うことがたくさんあって、
でも、日本に戻ると‘アメリカがいいな〜〜’っと思うのですが、
最近、帰国してほっとしている自分がいなくもなく、やっぱり私は日本人なのかな??ってことをしみじみ思います

まっ、当分引越しはコリゴリなので、国内の転勤でさえもないことを祈る日々ですが、2度あることは3度あるだし、もう一回、海外で暮らしてもいいかな〜〜っと勝手なことを言っている妻なのでした(苦笑)

December 29, 2006

引越し荷物…

なっなんと
引越し荷物の船便が、昨日我が家に到着しました

年内に荷物が通関出来ないかも…
通関しても、配達が間に合わないかも…


っと言われ続け、先週末船が日本に到着してからも、

お届けは1月2週目になってしまいます

っと言われていたので、てっきりそのつもりでいたら、
あっさり通関出来てしまったらしく、引越し業者さんの最終日、29日の昨日、家に荷物がやってきてしまいました

やっぱり、バークレーはサンフランシスコ/オークランドの港に近いから、届くのも早いのかしら??
でも、通関もものすごく早かったし…

荷物を詰める時に
「靴やゴルフクラブの土や草はよーーく落としてください。
検疫の対象になりますから
っと言われていましたが、
この通関のマッハの速さから、
そんなことチェックしてないんじゃないの??
っと、思ってしまいます

それに、ワインの本数が微妙に制限オーバーしてたのですが、それに対するお咎めもなく、税関でかかった費用も心なしか本数が少なめ
個人の引越しだから、そんなに厳しくないのかしら??
払う方としては嬉しい限りなのですが…

ちなみに、ワイン1本に対して徴収された税金は、
200
でした

そんな訳で、我が家は今ダンボールだらけ。
その上、年末年始は久しぶりの日本のお正月を満喫すべく、食い倒れ&ゴルフ三昧の予定なので、家はほぼこのまま、たかーーく積み上げられたダンボールにうずまって年を越します(笑)
うーん、我が家らしいかも…

そんなこんなで、相変わらずドタバタと過ぎていってしまった2006年。
みなさんにとってはどんな1年でしたか??
来年も?、こそは?みなさんにとって素敵な1年になりますよーに

そして、お世話になった皆様。
出会いあり、別れありの1年でしたが、沢山の方々に支えられ、充実したアメリカ生活を送れ、何事もなく、無事日本に帰国することが出来ました。
これも、ひとえに皆様のお力添いのお陰です。
ありがとうございました。
来年も、いきあたりばったり夫婦ではありますが、どーぞよろしくお願いします

December 27, 2006

就職活動

本当は失業保険の手続きについて次は書こうと思っていたのですが、なんだかちょっと話が進んで来てしまったので、順序が違うのですが、就職活動について。

日本に帰国した暁にはまた職を探す

っと宣言していたのですが、とにもかくにも引越しが終わってからではないと先には進めないなぁ〜と漠然とは思っていたものの、暇な合間を見つけて、試しに、外資系企業の求人が数多く載っているサイトに未完成のレジュメ(履歴書)を載せたのが先週のこと
そしたら、すぐに外資系企業に強い、2件の人材紹介所からメールをいただきました

正直な話、家も落ち着いていないのに仕事のことを考えることも出来ず、本腰も入っていなかったので、返事に窮していたのですが、せっかくなので、その内の1社の方とお話をしてみることに…

そしたら、あれよ、あれよと、某IT企業にレジュメを送ることになってしまったのです

わぉ

このご時世、ブランクがあって、年齢的にも若くない私なんかを雇ってくれるかも…っという企業があるのはありがたい話ではあるのですが…

この紹介会社の担当者、人の話を聞いていない感がなきにしもあらず

はっきりと、
「引越しが終わっていないから本格的な就活は来年、早くても2週目から!」
っと言っても、

「年内に電話インタビュー出来ますか?」
とか、
「年始4日に面接に行けますか?」
っと素っ頓狂なことを言ってくるのです。

だから、無理だって
服だって、靴だって、バックだって、パソコンのプリンターだって、まだ家にないんだもの
それに、バタバタな中、電話もらっても…

それぐらいのアグレッシブさがないと職なんて見つからないのかもしれないし、簡単な気持ちでそんな場所に行ってしまった私が間違いなのかもしれませんが、人を紹介する仲介人なら、もっと人の話に耳を傾けてよっと単純に思ってしまいました。

まっ、人材紹介会社なんてそんなものなのでしょうかねぇ??

そんな訳で、あれよあれよと話が進んでしまっている就職活動。
薦められた会社の業務内容がいまいち分かっていない中、
本日のメールに
「レジュメ送ったので、この会社について勉強してください。」
っと膨大な資料が添付されていました。

‘あなたに言われなくても、面接が決まればやるさ
っと心の中で叫びつつ、まったく現状を理解してくれない担当者に半ばあきれつつあるこの頃です

うーん、年の瀬の忙しい中、これだけの資料いつ見るのよ…
まっ、リハビリと思って頑張るかな。

December 21, 2006

手続き2-免許-

役所に転入届けを出し終わったら、次にしたこと。
それは…
免許の住所変更

アメリカ滞在期間中に免許を失効してしまっただんな様は、県の試験場までわざわざ行かないといけなかったのですが、私の場合、期限内で帰国していたので、役所の目の前にある警察署に直行。

窓口で、「免許の住所変更をしたのですが…」っと申し出たところ、ここでも言われました。
「県外からですが、県内からですか??」

どうやら、県外からだと手続きが少しややっこしい上に、警察署保管用の写真が新たに必要らしく、その写真料が、なっなんと1000円
高い

県外からの引越しは、諸々手続きが面倒な上に、お金がかかるのですなぁ〜〜

そんな訳で、記入書類をもらって、写真を撮って、住民票と免許証と書類を提出したら、5分程度で、免許の裏面に新住所を記入してくださり、終了。
失効していないと、手続きもスムーズです

ちなみに失効してしまった場合。
失効期限が6ヶ月以内と、6ヶ月〜3年、3年以上とでは条件がいろいろ違うようですが、とりあえず、各都道府県の試験場まで行き、講習等を受けないといけないようですが、この時必ず必要なのが、失効した期間に海外にいた証明(パスポート等)
これがないと、やむおえない事情での失効とみなされず、これまたややっこしくなるそうです。
詳しい情報は、警視庁のページをご参照ください。

ちなみに、私も留学している最中、1度免許を失効したことがあるのですが、失効後の初の免許更新の時も、失効した時に日本にいなかった証明として、パスポートが必要でした。
そんなことは露知らず、のほほーんと試験場に行ってしまったので、結局2度手間となってしまったのは言うまでもありません
盲点なのですが、失効後の初更新の時もパスポートは持って行ってくださいね!!

December 20, 2006

こんなお店があった!!-Cold Stone Creamery

クリスピー・クリームに続いて発見してしまったアメリカのアイスクリームのチェーン店、Cold Stone Creamery


進出したのは去年だそうで、店舗案内を見てみると、すでに関東に数店舗あるそうな。
見つけた日はちょっと寒い日だったので、いただくまでには至らなかったのですが、値段とか味とかトッピングとか、アメリカと同じなのかしら???
次回、暖かい日にお腹を空かせて行ってみよう。

日本はどうやらスイーツブームだそうで、その影響でアメリカの有名店も続々進出しているのかしら??
その内、Jamba Juiceとかも上陸したりして…

December 19, 2006

携帯から2-クリスピークリーム



あのクリスピー・クリームのドーナツが日本に上陸☆
早速偵察に行ったら、平日の昼にも関わらず、長蛇の列で買うのは断念。写真だけパチリと収めて来ました。早い人だと、朝7時から並ぶらしい…さすがです!!
外の匂いは控えめながらも、懐かしい香りだったので、ほとぼりが冷めたら再チャレンジしてみまーす♪

December 18, 2006

色々な手続き-転入届-

いや〜〜、久しぶりにのんびりな1日
日本に帰国してから、なぜだかとっても忙しかった

役所の手続きもしかり、ケーブル/電話線の開通しかり、新婚カップルのように家電がほとんどない我が家は、電気屋さんに入り浸り、ものすごい量の家電を購入
(アメリカって、アパートにはコンロも、冷蔵庫も、洗濯機/乾燥機、ましてや大きなオーブンもついていて、すぐに生活出来て便利ですよねぇ〜〜)

そんな家電が1日で全部来てくれれば良いものの、在庫の関係だったりしてパラパラ来たりするものだから、家電待って1日終わってしまったり…
でも、そうやって、やっと、やっと原始的な生活から少しずつ、人間的な生活に戻りつつあります

でも、やっぱり、船便の引越し荷物が届くまでは、安心出来ない所もあるのですが、あれだけの荷物がこの家に入るのかが、とっても心配なこの頃でもあります

はい、そんな訳で、今日のお話は手続き第一弾。
転入届

日本に帰国してまず最初にやらないといけないお役所仕事がこの転入届ではないでしょうか?

私たちの場合、アメリカに出国する前に国外への転出届けを出したので、アメリカ滞在中は、日本国内に住所がないことになっていました。
なので、何をするにもまず、帰って来たことを証明して、転入届けを出さないといけません。

その期限が、なっなんと2週間

海外から帰って来た場合、パスポートの提示が求められ、帰国日から二週間以内に転入届けを出さないといけないらしく、証拠がある以上、日にちをごまかすことが出来ないのですね。

これって、私たちはだんな様の社宅にすぐ入れたから良いものの、日本に戻ってから住む場所を決める方ってどうするのでしょうかねぇ??

そんなこんなで、世帯主のだんな様に役所に行っていただいたのですが…

なっ、なんと妻である私の転入が、だんな様では出来なかったのです

なんで??家族なのに…

転入届けだけではなく、その後、何度かこのことは言われるのですが、

県外からの転入

だったために、まず、戸籍が必要だったことが点。
アメリカ以前の住民票が、今住んでいる県でなかったために、夫婦である証明が必要だったのです。
なんじゃそりゃ??

そして、点目が、だんな様が私のパスポートを所持していなかったこと
いくら帰国日が一緒でも、本人のパスポートの帰国日を確認しないといけないみたいで、私のパスポートも必要だったのです。

そんな訳で、慌てて戸籍を取得し、期限前の帰国10日後に、戸籍とパスポートを持って自分で転入届けを出しに行ったのですが、すでにだんな様が入っている住民票に私を入れて欲しいっと役所の方に話をしたら、ちょっと変な顔をされました

みなさん、もっと前もって準備して、家族みんなの届出を一度に出しているのでしょうかねぇ?
我が夫婦、行き当たりばったり過ぎ?
でも、アメリカから引っ越すことで頭いっぱいで、日本でのことなんて考えられなかったよ〜〜
母国だし、もっと色々簡単に手続きが出来るっと勝手な思い込みが痛い目を見ましたね

でもまぁ、きちんとした書類さえあれば、簡単に転入届は受理される訳で、2度目には難なく手続き終了
その後、免許の書き換え、ハローワークの手続き等で住民票が2部ほど必要だったので、同時に住民票の写しももらって来ました。

ただ、ここで一つ失敗

転入届と共に印鑑登録が出来たのですが、肝心な実印を持って行くのを忘れてしまい、印鑑登録が出来ず…
また、機会を見て、印鑑登録をしに行かないと行けません
面倒くさいなぁ〜〜
って、準備していない私が悪いのです

December 15, 2006

初!携帯からの投稿

やっと一昨日新居にネットが開通したものの、パソコンがないのでブログの更新が出来なかったのですが、最近ではブログは携帯から投稿が出来ることを発見!!すごい、最近の日本の携帯☆その分、通信料すごそうだけど…
投稿したいことは山ほどありますが、今日はテストということでこの辺で終わり。
コメントも沢山ありがとうございます。全て読んでます!が、携帯で文章打つのが不慣れなもので、だんな様にパソコンが借りれるまでコメントバックは今しばらくお待ちくださーい。

December 06, 2006

携帯購入

日本に帰国して始めにしたこと。

それは…
携帯の購入

もちろん、だんな様と私の両親に会うというのが最優先事項でしたが、それ以外の面で早速やらなくてはと思ったのが、コレなのです

私はしばらく実家に帰っていることもあり、諸手続きが山積みになっている今、だんな様や、他の人との連絡手段を持っていないことは不便では??っと思った結果から、帰国直後に携帯購入となったのでした。

はてさて、そんな訳で帰国翌日に携帯を購入しに、まずは、だんな様が
‘サービス休止願い’
を出していた携帯会社へ…

週末だったこともあり、窓口にたどり着けるまでにものすごく時間がかかったのですが、それでもアメリカのお役所の長蛇の列よりはましだったかな??
番号札をもらって、席に座っていられるのが、とっても楽チン
待ち人数がわかるのも、なんとも言えずに親切です。

そして、待つこと数十分
やっと、私達の順番がめぐってきたのですが…
ここで難関にぶち当たろうとは、思ってもいませんでした。

日本に到着したのが土曜日だったこともあり、役所の手続きを差し置いて、なによりも先に携帯会社に行ったのですが、それが裏目に出てしまったのです。

現住所が記載されている身分証明書が無い。

っという、大きな落とし穴。


どうやら、プリペイド携帯の犯罪があったためか、本人の身分証明がものすごく厳しくなっていたのです。
その上、だんな様が持っていた免許証は前回の誕生日で期限切れ
一応、写真が載っているので本人確認が取れたといことで、休止しているサービスについての説明は受けられましたが、携帯の購入には十分な証明にはならないということで、新規契約は出来ず、渋々家路に着きました


携帯新規購入には、現住所が載っている公的機関発行の身分証明書が必要なのですが、住民票をもらってから免許を書き直してもらって…
などとやっていたら、ものすごく時間がかかります。

ですが…
大きな穴場があることも発見

政府機関発行の身分証明書で、手書きで現住所を書き込める物があるのです。

それは…

パスポート

携帯電話会社のお兄さんが、身分証明書の説明をしてくださったときに免許の次に出てきたのがパスポートだったのです。

パスポートの裏面に住所等を手書きで書き込める欄があることは知っていましたが、それが、現住所確認に使用されるとは夢にも思っていなく
「パスポート」
っと言われた時には思わず聞き返してしまいました

だってそれって、自己申告で良いってことじゃーないですか。
免許に現住所が記載されていない
っという理由から、写真が付いていても却下するのに、手書きで住所を記載するパスポートはっというのが、いまいち理解出来ません。
それだったら、引越し先が決っていない人が、適当に住所を書いたパスポートを持って行ってもOKってことですよねぇ??
厳しいのか、甘いのか…
摩訶不思議?????

まっ、そんな訳で翌日、パスポートの裏面に新住所を記載して、はりきって携帯を購入。
日本の最新携帯はものすごくハイテクで驚きです
説明書は前より一層分厚いし、機能が多すぎて、まったくもって使いこなせません。
携帯なのに、カメラの画素数300万画素とか、デジカメ?っと一瞬思ってしまいました


自分の母国なのに、こんなに一つのことで手を焼くをは思ってもいませんでしたが、
ここで、アメリカとの大きな違い。

アメリカはソーシャルセキュリティナンバー(SSN)と、政府発行の写真付きのIDがあれば、そのIDに現住所が書かれていようがなかろうが、大概の手続きは問題なく出来たように記憶してます。
戸籍制度の日本は、住所っという家を大事にするようですねぇ。

まぁ、アメリカでは、そのSSNを取得するのが大変だったりもするのですが、戸籍を持たずに番号で国民情報を管理しているアメリカとの多きな差を、はっきりと認識した出来事でした。

Recent Comments
Profile
Twee
大学時代アメリカに留学した後、日本で就職。その後、だんな様がUCBerkeleyへ留学が決まり、結婚。2004年10月よりアメリカ生活開始、2年後の06年12月に無事、日本に帰国しました。
Mail
lovetweety@capricorn.livedoor.com
livedoor Readerに登録
Syndicate this site
livedoor Blog(ブログ)