こんにちは

新しいこと、有名なもの、話題性のあるもの、ゴシップネタ(笑)、菅田将暉、イケメン、イケ女、ドラマ、美味しい食べ物、旅行が大好きなまさきちです

7月期の民放及びNHK放送のドラマがおおむねスタートを切りました!


オリコンが発行する週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』による


ドラマ満足度調査「ドラマバリュー」の結果から、各作品の初回満足度を


ランキング化すると、山田孝之と菅田将暉がW主演する金曜ナイトドラマ『dele』が


100Pt満点中84Ptを獲得し、1位となった(((o(*゜▽゜*)o)))(((o(*゜▽゜*)o)))


作家の本多孝好氏が原案&初めて脚本を手がける『dele』は、


現代社会において人々の懸念材料となっている「デジタル遺品」をテーマにした


1話完結のオリジナルストーリーとなっているo(^▽^)o


パソコンやスマホ等に残された不都合なデータを内密に抹消する


秘密裏の仕事を生業とする主人公の坂上圭司と真柴祐太郎が、


任務を遂行しようとするたびにクライアントの“人生の渦”に巻き込まれていく、


ハラハラドキドキの物語が展開されています♪


私も毎週ドキドキしながら視聴しています♪(*´∀`*)

dele


本作の「ドラマバリュー」ポイントを項目別に見ると、全5項目のうち


「主演俳優」「主演以外の俳優」「ドラマの内容」で20Pt満点中19Ptと


高得点をマーク( ☆∀☆)!!!!!


この3項目において初回19Ptという数字は最高値であり、


7月期ドラマの全作品のうち獲得したのは『dele』のみだそうです!!!(スゴイ)


「視聴量」と「話題性」は、“口コミ”によって拡充していく可能性が


十分にあり、2話目以降のさらなる満足度の上昇が期待されているようです!!


各ドラマの今後の満足度の推移に注目していきたいですね( ☆∀☆)!!!!!