2011年08月31日

「映画を字幕なしで観ること」を目標にするのはなぜダメなのか?

週に2、3冊はビジネス系雑誌を買っていますが、最近は本当に「英語特集」だらけです。英語の必要性を痛感しているビジネスマンがいかに多いかを物語っているようです。ただこれは私が学生の頃から言われている話です。だから勉強嫌いな私でも英語だけは続けてきたのです。

今月のCIRCUSは英語特集ですが、この中で紹介されているiPhoneアプリで「英語耳トレ女子大生ボイスブログ」というのが面白かった。この女子大生の好きな番組に「ガキの使い」が出ていました。本当に海外で人気なんですね。









やはり、英語を上達させる上で難しいのはモチベーションを持続させることでしょう。よく目的に「映画を字幕なしで観ること」というのがありますが、あれはやめたほうがいいかもしれません。理由は難しいからです。わたくしもTOEICでノンネイティブとしての最高レベルAクラス(860点以上)を取っていますが、映画によってはサッパリ分かりません。ただしこれは個人差があると思いますが、このレベルで海外に行って英語で困るということはほとんどありません。

過去5年間分のTOEIC受験データを分野別にグラフ化してみました。文法・語法はまだ正解率9割に到達していませんので、ここを強化していきたいと思います。



lowpesite at 22:36│Comments(0)TrackBack(0)英語関連 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字