ブログネタ
Linux Tips に参加中!
確かに予兆はありました……
確かにサインはでてました……

hdc:lost interrupt..
のメッセージが繰り返され、OSがBOOTしない……

それは、突然の脳卒中や心筋梗塞のように起きたのでした……(@д@|||;)っっ

 家でSambaで構築していたファイルサーバです。
 そうです、時々機動が途中で止まってたことがありました。
 ファイルサーバはBIOSで定時に起動させ、cronで定時にshutdownさせていたのに、一昼夜ずっと電源が入りっぱなしで、変だと思いクライアントからアクセスしてみるとアクセスできない。
 しょうがないから、画面を付けて直接確認してみると起動が途中で止まっている。

 これまでも、半年に1回くらいは何かのはずみでブートを失敗することはなくはなかったんやけど、再起動すれば特に問題はなかった。
 それが、ここ1ヶ月ほどは週一の頻度で起き始めていた。RAID1でミラーリングかけてた気安さもあり、そのうち調べようと思っていたら、サドンデス。

 そうですよ!わかってますよ!ディスクトラブルはサドンデスなことは!
 そうですよ!わかってますよ!本当はサドンデスやないことくらい!サインはでてました!

 しかし、今はそんなこと言うてる場合かっ!!
 BIOSを開けて、IOの状態を見るとやっぱり/homeディレクトリを収めているRAID0の片割れのセカンダリ・スレイブのHDDがDeathっているよう。

 そういえば、ソフトウェアRAIDってどうやって再構築するんや?OSが起動せんのに?
 ……って、イカレてるのは/homeやのになんでOSが起動せんのや?

 もう一回メッセージを確認。"hdc:lost interrupt.."

 Webで検索かけてみるとどうも"APIC"絡みのトラブルらしいが、APICって何?ACPIなら知ってるんやけど…
 どうも、IOデバイスの割込コントローラ関係でINTELが開発したx86互換のようや。
 で、なんか解決法はないかと思たんやけど、マシンがVIA EPIAでCPUはC3、OSがTurbolinuxでKernel2.4という最近ではあまり見ないような構成なんで、見つかるかな?救いはBootLoaderにGRUBを使ってたことくらいかな?LILOよりは最近のサイトで検索しやすそう……

 検索の結果、やっぱりAPICの問題らしく、GRUBが起動したら”c”を押してコマンドモードにして”kernel /boot/vmlinuz ro root=/dev/hda noapic”と入力してBOOT。

 おー、無事起動した。助かった…ε=(-ε-)

 でも、今までは普通に起動してたのに、なんで急にAPCIなんかが問題になったんかがわからん。
 BIOSでもイカレたかな?