去年の年末に『初めてのグラベルロード』という投稿をした。
 そこで『真打ち登場』としたJAMIS RENEGADE EXPAT
 でもそこで『真打ち』としたのはJAMISのメーカーとしての特徴バイクの成り立ち・スペックのみで語っており、実際には乗ってない
 このグラベルロードって分野はまだ世間の認知が浅いため、バイクショップに行っても現物を置いているところは少なく、このJAMISを取り扱ってる店はさらに少ない。
 でも、この間何気なく寄った神戸・元町にある某スポーツバイク量販店の自転車置き場にこのレネゲイド・エクスパットが置いてあった。
 お客のかと思ったら「試乗車」の札が張られている。
 もうこうなったら本来店に寄った用事なんてそっちのけで、即「これ試乗できますか?」
 すぐに乗れるとのことだったので、買い物もランチもそっちのけで試乗することにした。
IMG_1043


★ ランキングに参加してます!
ぽちっとしてもらえるとウレシイです!
チャリツー・ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ

ロードバイク・ブログランキング


◆ さっそく試乗        
 シート高などをザックリ合わせてもらい、さっそく試乗。
 店が繁華街の中にあるため、あまり面白い試乗コースが取れない。
 事故を起こすのもヤダし、なるべく車の動きに逆らわないようなコースで20分程度で回れ(写真も撮るし)、最大限に距離を稼げるルートを取ってみた。

 コースは平坦オンリー。
 途中の東遊園地・噴水公園でバイクの写真を取った。

◆ JAMIS RENEGADE EXPAT スペック
 RENEGADE EXPATのスペックをおさらい。
 今回試乗したフレームは51サイズ
 身長168僂離レでも大きすぎることはなく、ちょうどいいサイズだった。
 気持ちもう少しハンドルが遠い方が好みだが…
車名  JAMIS RENEGADE EXPAT
価格/実売価格(税込) 150,120円/実勢価格はほぼ定価
フレームセット フレーム:レイノルズ520クロモリ・ダブルバテッド
フォーク:カーボンブレード・カーボンコラム(OS/1.5)
Wheel WTB i23 STP/Fromula6ボルト
Tire  Clement X Plor MSO 700×36C
Brakes Tektro Spyre機械式ディスク
変速(フロント) シマノ・ティアグラ(4700):50T/34T
変速 (リア) シマノ・ティアグラ(4700):11T-32T
ギア比(GD値) 4.545(9.86m)-1.06(2.30m)
重量  11.0kg
カラー アノ・パラディウム
その他 ヘッドサイズ:1-1/8:1.5インチ
BBサイズ:JIS68
フロント12ミリスルーアクスル
ダウンチューブ前ボトルケージダボ
前後キャリアダボ
フロントフォークサイド・ボトルケージダボ
IMG_1039
IMG_1047

◆ ファースト・インプレッション     
 まず乗り出しで感じたのは漕ぎ出しが軽いことだ。
 重量的にはCXG(11.5圈砲箸曚箸鵑品僂錣蕕覆い里世、CXGより軽く感じる。
 おそらくこれはタイヤだと思う。
 タイヤはClement X Plor MSO 700×36Cがセットされてるが、これはかなりいいタイヤだと思う。 
IMG_1045
 このタイヤは一応クリンチャーだが、リムのWTB i23 STPチューブレス対応の形状をしているので、チューブレス化も簡単にできそうだ。
IMG_1044

◆ ポジション関係          
・ヘッド周り
 ポジションは簡易セッティングだったため、かなりアップライトなモノになってるが、このへんはスペーサやステムで調整ができる。
 時間が限られていたのでヘッドチューブ長は測っていないが、メーカーサイトによると51サイズのヘッドチューブ長は100ミリとある。
 ヘッドチューブが詰まった感じのヘッド周りはオレの好きなデザイン。
 この辺りはCXGとよく似た感じ。
IMG_1054

・ハンドル周り
 グラベルロードでは良く見かけるドロップ部分がハの字に開いたハンドルバー。
 ランドナーなどでもよく見かけるこのハンドルは、グラベルロードがランドナーの流れを受け継ぐものだという証明でもある。
 最初は違和感があったが、なれればあつかいやすい。
IMG_1043
IMG_1042

 デュアルコントロールレバーはSHIMANO Tiagra(4700)
 新型のTiagraを触るのは初めてだが、5700系105に迫るタッチの良さが印象的だった。
 特にフロントディレイラーの動きが良かった。
 普段乗りは8速で十分と思っているが、Tiagraもなかなかいいと思う。
IMG_1059

・シート周り
 サドルは完成車でよく見るSELLE ROYALが入っている。
 CXGにも同銘柄が付いてるが、それと同じようなグレードだと思う。
 特に高級感もないがそこそこクッション性もあり、使いやすいサドルだと思う。
 シートピラーはステムと同じRitcheyがセットされている。
IMG_1055

◆ 足周り          
・フロントフォーク周り
 フロントフォークはカーボンブレードOS/1.5のテーパード・カーボン・コラム
 36Cタイヤとのクリアランスはまだ余裕がありそうで、40Cぐらいなら入りそうだ。
IMG_1046

 アドベンチャーロードらしくキャリア用のダボも装備されている。
 また、レネゲイドのカーボンフォークの特徴はこのブレードサイドに装備されているボトルケージ用のダボ。
 実際にここにボトルケージを付けて走るかどうかは?だが、長距離を走るならここのボトルケージを付けてツールボトルをセットしたりするのもアリだと思う。
 また、このフロントスルーアクスルもこの価格帯では珍しい。
 すでにロードバイクのホイールを持っている場合、ホイールの互換が利かないので困る場面もあるかもしれないが、オフロードユースディスクブレーキのことを考えればこのスルーアクスルが絶対に有利だ。
IMG_1056

 レネゲイドはダウンチューブ前にもボトルケージダボを備える。
 なのでボトルケージダボはフレームに3セット、フロントフォークに2セットの合計5セットも装備する。
 実用性はともかく、ちょっと楽しくなる装備だ。
IMG_1057

・リア周り
 リア三角はタイヤとのクリアランスもほどほどに取られており、こちらも40Cぐらいのタイヤは問題なさそうだ。
IMG_1049
IMG_1053

 写真を撮り忘れたが、シートステイにもキャリア用のダボがあるので、まさに現代のランドナーといっていい。
 ヘッドチューブのエンブレムもカッコいい!
IMG_1060

◆ ブレーキ周り          
 レネゲイド・エクスパッドの美点の一つにワイヤー引きながら対抗ピストンを備える機械式ディスクブレーキTRP SPYREの装備がある。
 一般的な機械式ディスクのネガティブは片押しピストンによるタッチの悪さ。
 しかし、SPYREは対抗ピストンをリンケージ・レバーでつなぎ、そのレバーを動かすことによって内外両方のパッドを動かすというもの。
IMG_1040
IMG_1041
 ただ、この試乗車はまだ新しいせいか、パッドのアタリが出ていないようで、利きがイマイチだった。
 タッチは悪くないのだがこのずるずるパッドが滑る感じは納車当時のCXGのブレーキと同じような利き味だった。
 意識的に強めのブレーキを多めに掛けてパッドの表面を一皮むいてやるとまあまあ良い利き味にはなってきたけどね。

◆総評             
 やっぱりオレの読み通り、良いバイクだった。
 おそらく20万円以下の価格帯のグラベルロードの中ではベストバイではないか?と思う。
 以前に『初めてのグラベルロード』で並べた車種も10万円前後という予算くくりでは良いバイクだと思うが、あと5万円出せるならこちらの方が満足度は高く、しばらくはストックのまま楽しめると思う。

 コンポもバイクの使い方、性格からTiagraで十分で、おそらく5800系105以上の11速は必要ないと思う。
 ただ、カセットの選択肢は105の方が多かったように思うから、その辺が欲しい人は105のチョイスもアリかもしれないが、グラベルをガンガン走るのに11速チェーンは耐久性で問題が出ると思う(カセットは105以上の方が丈夫だけどね)。
 1レースごとにチェーンやスプロケットを洗浄するようなシクロクロスと違い、なかなか普段乗りのバイクでそこまでメンテナンスをするのはおっくだろう。
 逆に言えば、それが面倒でない人間は105でもいいってことだけどね。

 でもやっぱりこのバイクはグラベル、オフロードを走ってナンボだと思うので、そういった場所もぜひ走りたいね。
 とりあえず今回の試乗で改めてCXGのコスパはやっぱりすごいと思った。
 定価ベースでは5万円差だが、自分の買値では半値だった。
 
 あと、ロード中心ではあまり注目してこなかったタイヤメーカー、Clement X Plor MSO 700×36Cがかなり良いタイヤだということがわかったことも大きい。
 気が早いがCXGの次のタイヤはIRC Serac CXにしようと思っていたが、このタイヤも候補に挙がってきた。
 Seracは32Cしかないので、もっと太いものにしたいのならXPLORの方になる。

 リムもCXG純正のSA-730も悪くないが、ディスク専用でチューブレス対応のWTB i23 STPの方がチューブレス信者のオレとしては魅力的。
 近いうちにこのリムに組みかえるかもね。

 ということで、バイク屋を徘徊しているとこういう楽しいインシデントもあるということで、『犬も歩けば棒に当たる』…
 …お後がよろしいようで…( ̄▽ ̄)

 でゎでゎ

★ ランキングに参加してます!
最後まで読んでくれてありがとう!
ぽちっとしてもらえると更新モチベーションがあがります!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
にほんブログ村


ロードバイク ブログランキングへ