前々回、女子の最初のスポーツ自転車にミニベロが良いXつの理由の投稿で女子にミニベロを奨める投稿をした。

 あまり細かい話をすると長くなるのである程度端折った文章にしたのだが、多少言葉が足らなかった部分もあったかもしれないので、ちょっと補充をしようと思う。

 今回はミニベロが危険な乗り物かどうか、の話。
 で、次回は小さすぎる700Cフレームのネガについて書いていくつもりだ。

 ただ、この話にしてもあくまでオレの主観であり、ただ単に趣味で自転車に乗ってる人間の意見なので間違ってるかもしれないし、思い込み・勘違いも多分にあると思うので、そう思った場合は読み飛ばしてもらえればと思う。
DSC_1845


★ ランキングに参加してます!
ぽちっとしてもらえるとウレシイです!
チャリツー・ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ

ロードバイク・ブログランキング



◆ 成長に合わせてリム径を選ぶ子供自転車   
IMG_0115 自分が幼かった頃に乗っていた自転車を思い出してほしい。
 最初に乗った自転車は"何インチの自転車"だった?
 このころの"何インチ"というのはリム径のことを指していたと思う。

 2~3歳のころは10〜12インチくらいから始めて、バランスが取れない、足が届かないなどの理由で補助輪を付けて乗ってたかもしれない。
 その後、14インチ、16インチ、18インチと成長に合わせてインチアップ=自転車を大きくしていくと思う。

◆ 大人は用途・好みでリム径を決定      
 しかし、大人になると事情が変わる
 カラダの成長が止まるからだ。
 なら、大人はみんなリム径のデカい自転車を乗ってるかといえば、そうでない大人用の自転車が出てくる。

 子ども乗せママチャリは20インチの小径のものから26インチ、27インチというものもある。
F1010306 スポーツバイクにしてもBMXは20インチが主流。
 バイクトライアルは20インチ・24インチ・26インチなどリム径でバイク特性が変わるので好みで選んだりする。

 で、その中で一般的なサイクリングを楽しむバイクにもミニベロと呼ばれる小径リムを使う自転車がある(BMXやバイクトライアルも広義においてはミニベロかもしれんが…)。

◆ ミニベロは危険?          
 ミニベロに対してネガティブな意見を持つ人は多い。
 かくいう自分自身も以前はそう思ってたところがあった

 オレが敬愛するサイメンの飯倉さんも以前(2009年ごろ)はそういうことを言っていた。
 「小径車(ミニベロ)は明確に性能が悪いからダメだ」というものだ。



 たしかに一理ある。
 ただこれも「飯倉さんの意見」だ。
 彼は身長が183cmあるそうだ。
 ならばそれこそ700Cのフレームは選び放題。
 身長160センチ以下の小柄な人の苦労なんておそらく本当のところはわからないと思う。
 でも、彼はその数か月後の動画(クロス&小径車に関して&etc)内でこうも言っている
【1:49ごろ:キャプション】
自分にマッチするバイクがどれかなど他人に分かるわけが無い。
自分のことぐらい自分で判断しよう!
そのためにはまずは乗れ、口を開くのはそのあとだ
 そして彼は「試行錯誤をすること」も奨励している。
 なので乗ってみたのだよ、小径車にも
→【ファーストインプレッション】Manhattan Bikes m451TS

 で、そこでの感想は
  • 確かに直進安定性は悪い
  • 速度を出すと走行抵抗が強い
  • ハンドリングがクイックなのでコーナリングが安定しない
といったモノだが、こういうのもあった。
  • 漕ぎ出しが軽い
  • 加速も良い
  • 小さな車輪は街中でじゃまにならない
  • 30/hまではそんなに走行抵抗も大きくない
  • しっかり速度を落とせばコーナリングも安定する

 要は車格と己の技量にあった運転をすれば問題ない、ということだ。


◆ ロードバイクはレーシングマシン     
 だいたいミニベロに対してネガティブな意見を持つ人はロードバイクと比較する。
 そりゃ、ロードバイクと比較したらミニベロでなくても走行性能は劣る。

 ロードバイクといえば一昔前まで(現在でも)はロードレーサーと呼ばれていたレーシングマシンだ。
 クルマで言えばF1かCARTなんかのレーシングカーに相当する。

 片や、ミニベロはクルマで言えば軽四かリッターカー

 なのでそれらを同列に扱うのはいかがなものか?と思う。

 たしかに軽四の衝突安全は当然レクサスよりも当然低いが、それを持って「軽四を売るスズキ・ダイハツは自動車メーカーの風上にも置けない」のだろうか?

 下の写真は先月のサイクルモード・ライドで試乗したフルカーボンフレームのミニベロサイクルハート・スパルタン・パステルというモデル。
 ラブリーな見た目とは裏腹に軽量なのでとりあえず動力性能は高い
 これ自体は良い自転車だと思ったが、かなりトリッキーな乗り物だと感じたので、先だってのおすすめミニベロに入れてない
 また別の機会に試乗レポートを入れる予定だ。

サイクルハート・スパルタン・パステル
IMG_0169

 これは去年のサイクルモード・ライドで試乗したDAHON DASH
 折畳みなのにフレーム剛性が高く動力性能も高いが、これも初心者にはあまりお奨めできない

DAHON DASH P8
DSC_1422

 といった具合に、単純に自分が乗るミニベロとしては他にも良いものがあるが、それは初心者女子のおすすめバイクとしてはチョイスしていない

◆ そもそも自転車は危険      
 そもそも二輪車はモーターサイクルを含め四輪より危険な乗り物だ。
 特に薄皮一枚のようなジャージを着て何10/hも出すロードバイクは一般の人から見たら狂気の沙汰かもしれない。
 フルフェイスヘルメットに革ツナギを着て走るモーターサイクルよりある意味危険なシチュエーションもある。

 でもミニベロは”Not Racing”な乗り物
 ハナから30/h、40/hも出して乗るようなモノじゃない。
 でも、よく考えられて作られたミニベロは回転系が良質なのでママチャリなどとは一線を画したスポーツバイクのエッセンスは感じられると考えた。

 事実、おススメしたミニベロはシマノのクロスバイクやロードバイク用のコンポを使ったバイクで、20~25/h程度で走る分にはすこぶる気持ちが良い
 なので、

 ブレーキも十分に信頼に足る性能を持っている車種をチョイスしたので、下り坂などの速度の出し過ぎに注意すればそんなに危険はないと思うし、700Cロードバイクでもブレーキがプアなものは初心者向けモデルを中心に多いし、分不相応に速度を出せば危険なことは変わりないと考える。
 
 下り坂にしろ、コーナーにしろ、安全な速度まで減速しないと危険なことはどんなものでも同じだ。

◆ 体格不足な人の選択肢        
 冒頭で「子供は成長に合わせてリム径を上げていく」という話をした。
 しかし、残念ながら体格が24インチ相当、650C相当までしか成長しなかった人も当然ながらいる。

 そもそも700Cの決められ方が欧米人男子に多いとされる身長6フィートを基準にされている(らしい)。
 ということは、それ以下の体格の人用のフレームは小さくなればなるほど設計が苦しくなってくると推測できる。
 同一のパイプ系で長さが短くなれば、当然相対的にケース剛性が上がってしまい、当初狙ったよりも固いフレームになる。

 また、ホイール径は700Cと決まってるため、チェーンステイやフロントフォークの長さは変えられないため、そこを基準とした設計にならざるを得ない。

 ロードバイクを買うときの注意点を自転車屋さんや経験者に訊くと必ず「カラダにあったフレームサイズが大事」と口をそろえる。
 子ども用の自転車ならまずカラダの大きさ。
 そこからはじき出されるフレームサイズ。
 そしてそのフレームサイズで飲みこめるリム径

…という順番なのに、現在のロードバイクの場合はまず車輪は700Cありき

 どう考えてもギョーカイのご都合だ。

◆ ミニベロの車体特性       
 ミニベロは700Cと比して車輪が小さいことがメリットでもありデメリットでもある
 ミニベロは車軸が低くて足つき性が良い分、そのままだと最低地上高が低くなりやすく、700Cなどと比べてペダルが地面と接触するのが早い傾向がある。

 そこでミニベロは
  1. BBハンガー下がりを小さくする、もしくはBBハンガー上がりのジオメトリを採る
  2. 短めのクランクを採用する

といった対策を採る。


・BBハンガー

 BBハンガー下がり(上がり)については一般的に下げると安定性が上がりロングライド向き上げるとキビキビ感が出るとされている(ほかの要素も関わるため一概には言えない)。

 もともとミニベロはショートレンジライドをテリトリーとするので、少々のハンガー上がりでも問題がないと思う。

 そしてBBの位置を上げることにより、ペダルが地面に接触しにくくする


・クランクの長さ
 クランクの長さも152个箸い辰振肪爾肪擦ぅランクを採用するものもあるが、今回奨めたものは170(Tern B7、N8)と165(Manhattan Bikes m451TS、m406L)。
 170个楼貳姪な700Cロードバイクの完成車と同じだ。
 165个砲靴討癲△發箸發半柄な女子へのおすすめなので妥当な長さだと思う。
【閑話】
 クランク長については適正な長さは様々な説があり、身長の10分の1が良いとか、身長の9.5%だとか、いやいや股下×1.25+65センチが良いといったモノもある。
 また、これらの数値を無視してケイデンスをあげるためにわざわざショートクランクを選択するのが流行った時期もあった。

◆ まとめ        
 ということでミニベロについてオレの考えを一旦まとめてみる。
  1. そもそも自転車は危険を伴う乗り物スピードを出せばなおさら。
  2. ミニベロとロードバイクはスピードレンジが違う
  3. ダメなバイクは700Cにもミニベロにも存在する
  4. ブレーキの質が良いミニベロ、クランクの長さが適当なミニベロを選ぶ
  5. 700Cのフレームでは適正ポジションが出ない人はいる
 こんな感じかな?

 他にも細かいことはあるのだが、上手く表現できないのでこの辺でミニベロについては終わろうと思う。

 次は小さすぎる700Cフレームがなぜダメなのかについて書こうと思う。


★ ランキングに参加してます!
最後まで読んでくれてありがとう!
ぽちっとしてもらえると更新モチベーションがあがります!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
にほんブログ村


ロードバイク ブログランキングへ