今月、アラヤMFBをシェイクダウンした。
 その時はフルリジッドMTBってこいつかサーリーぐらいしかないと思ってたんだが、探すとけっこうあることが判明。
 ただ、それらのメーカーはロード全盛の日本ではあまり注目されてないメーカーが多い。

 今後のカスタムの参考にもなるので、いくつか挙げてみようと思う。

IMG_0424

★ ランキングに参加してます!
ぽちっとしてもらえるとウレシイです!
チャリツー・ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ

ロードバイク・ブログランキング


◆ フルリジッドMTBとは          
 一般的にMTB(マウンテンバイク)というと本格的なものからナンチャッテなMTBルック車までほぼサスペンション付フロントフォーク(通称フロントサス)が装備されている。
 で、このサス付フォーク、けっこう重量がある。
 軽量なものでも2
 DHバイク用の頑丈なものなら2.5堊宛
 ナンチャッテなルック車でも2〜2.5はある。(ルック車のフォークは低性能で高重量)
 でもリジッドフォークなら700g〜1堋度
 林道でフロント周りが1〜1.5圓侶變なのは大きい

 なので…
 敢えて言おう!一般人にサスはカスであると!

 レースや高速走行をするのであればサス付フォークは有効だけど、今どきサスを必要とするような高速走行ができる林道なんて都会にはホントに無い
 だからこそMTBが衰退し、ロード全盛になってる。

 となると一般のハイカーなどと林道を共有する林道ツーリングがメインとなる人が多いのではないか?
 だとするならば、重たいサスを引きずって走るより軽量なリジッドフォークの方がほとんどの人には向いてると思う。

 自分自身、COBIAに乗ってた時もほとんどサスをロックアウトしていた。
 林道を走るときですら、下りのハイペースな時ぐらいしかロックアウトを解除しておらず、「サスってあんま要らんよなぁ…オレの場合」って思ってた。
 それにロードに乗る前に乗ってたMTBもリジッドフォークのモノ(当時はサス付は高級車のみ)で、当時友達のフロントサス付のMTBに乗せてもらった時はフロント周りが重く、ハンドリングに違和感を感じたものだ。

◆ サスからの解放      
 子どもの自転車はTrekのMTBなんだが、このサスがチープでプアだ。
 テレスコピックのインナーチューブとアウターチューブの間にゴムキャップをしただけのシロモノで、間もなくゴムキャップがひび割れてしまった。(下写真参照)
IMG_0689
 保管は室内ではないが直接雨は当たらない屋根の下
 それでもちょっとメンテを怠ってたこともあるがたった2〜3年でこうなってしまった

 こうなると中にも水が入り放題になり、固定ロッドが錆びてしまう。
 しかもそのゴムキャップの修理パーツはないそうで、交換するとすればフォーク全交換とのこと。
 なのにそのフォーク自体もすでに部品の在庫がないので修理不能らしい。
※ 一応同等品の販売はしているそうだが、この手のパーツはメーカーにより微妙に仕様が異なってることが多く、買ってきたからといってすんなりつくとも限らんそうだ…がっで〜む

 事実、2008年にビアンキブランドのクロスバイクのサスフォーク(RST製)のスプリングがサビで折れて事故になり、脊髄損傷による全身不随の後遺症を負った。

 以降のRTS製フォークはロッドを通すといった対策されてるそうだが、それすらもロッドが錆びて折れてしまえば同様の事故になりうる。

 それを防ぐにはサス付を止める。
 リジッドフォークにするというのが単純にして明快な対策だ。
 要りもしないサスはない方がマシなんだよ…

◆ フルリジッドMTBを探してみた     
 ということで、フルリジッドMTBが2017年現在にどのくらいあるのか探してみた。
 まず国内メーカーはたぶんアラヤ・マディフォックスMFB一択だ。
 少なくともまともなスポーツバイクのメーカーのちゃんとしたMTBは国内メーカーではこれ以外は見つけられなかった。

・アラヤ マディフォックス MFB650B


IMG_0397
 もともとの生産量が多くないのか、2017年モデルの初期ロットは去年の早い段階で売り切ってしまったようで、オレのMFBも発注は去年掛けたのだが、納車は今年の3月だった。
 2017年モデルの目玉は27.5+規格対応だろう。いわゆるセミファットタイヤ。
 去年はE-thruハブ対応リアエンドを追加してきた。
 来年は何をする気かな?
 フロントスルーアクスル化かな?
 ブースト企画はもう少し先に温存する気がする…

 MFBの詳しい話は過去の記事を読んでおくんなまし。
 → 【備忘録】アラヤ・マディフォックス650Bが万能すぎる件
 → アラヤ マディフォックスMFB シェイクダウン

 基本スペックは以下の通り
車名  アラヤ マディフォックスMFB650B
フレームセット フレーム:クロモリ
フォーク:クロモリ
Wheel & Tire  ハブ:シマノDeore+リム:アラヤDM-650
タイヤ:シュワルベSmart Sam
変速(フロント) シマノDeore 38T/24T
変速 (リア) シマノDeore 11-36T
ギア比(GD値) 3.454(- m)-0.66(- m)
重量  12.9
カラー グロスブラック
その他 ブレーキ:シマノBRM395油圧ディスク
サイズ:420弌470
リヤE-thruハブ用リアエンド附属
3インチ製ファットタイヤ対応

・MARIN 17 PINE MOUNTAIN
marin_pine
(バイクの画像はMARINのサイトから引用)

 MARINはロードバイクもリリースしてるけど、日本ではイマイチ評価が低いように思う。
 でもそのMARINもフルリジッドMTBは意欲的なモデルを出している。
 それがこのMARIN 17 PINE MOUNTAINだ。
 このモデルも2016年は早々に完売したとのことなので、それなりにはフルリジッドMTBの需要はあるのかもしれない。

【スペック表】
車名  MARIN 17 PINE MOUNTAIN
フレームセット フレーム:クロモリ
フォーク:クロモリ
Wheel & Tire  ハブ:Joytec+MARINオリジナルWウォール
タイヤ:シュワルベNobby Nic 27.5"×2.9"
変速(フロント) 無し、ナローワイド32T
変速 (リア) SRAM GX 10速 11-42T
ギア比 2.909-0.761
重量  12.24
カラー シルバー/レッド
その他 ブレーキ:シマノBR-M445油圧ディスク
サイズ:S,M,L,XL,XXL
フロントエンド:Boost110mm
リアエンド:Boost141x9

 とても魅力的なPINE MOUNTEN。
 その良いところと気になるところ。

【良い点】
  1. 貴重なフルリジッドMTBフレーム
  2. 現在のトレンド、フロントシングル&ナローワイドチェーンリング
  3. 3カ所あるボトルホルダー用アイレット
  4. キャリア、フェンダー用アイレットもFフォーク、シートステイ、トップチューブなどに装備
  5. 2.9”セミファットタイヤ標準装備
  6. 豊富なフレームサイズ

 コイツのタイヤは最初から27.5インチ+。

 なのでMFBとは逆に最初っからセミファットバイクだ。

 セミファットの方に興味がある人にはこっちの方が手間がかからずにいい。
 なので、フルリジッドMTBというよりファットバイクの色彩が強い。

 駆動系は今トレンドのフロントシングルのナローワイドチェーンリング。スラムお得意の構成だ。
 ローギアを42Tにして広いギアレンジを確保している。

 あと、本国のサイトを見てみるとこのバイクはトレイルバイク、アドベンチャーバイクの色彩が強い。
 ボトルケージやラック、バッグなどを装備して道なき道をアドベンチャー、というノリだ。
 メーカーの提唱する乗り方がJAMIS Renegadeによく似ている。

【気になる点】

  1. ちょっとチープ感が漂うJoytec製ハブ
  2. フロント110mm、リア141个Boost規格なのにオープンドロップの前後エンド
 今、ロードの世界もディスクブレーキ導入とともにリアエンドが135mmになるとか、フロントにもスルーアクスルが導入されるとかいった流れがあるけど、MTBの場合はもっと複雑怪奇。

 フロントは100mmクイックからスルーアクスル化したのは数年前だけど、シャフト系は15个20mmがある。

 皿に110个乏搬腓靴燭里フロントのBoost規格。


 リアは現在135个まだ多いけど、142弌12丱好襦璽▲スル、148弌12Boost規格。
 あと、シマノが提唱するE-thruってのもある。

 ところが、このPINE MOUNTENのハブは「フロント:Boost110弌▲螢◆Boost141弌9弌廚箸いκ僂錣辰燭發痢憤貮凜汽ぅ箸任魯侫蹈鵐110弌9个良週有り)。
 情報が薄いので詳しいことはわからないが、141个箸ハブ軸の長さのことか?
 その場合ならたぶんO.L.Dは130mmでロードの規格だからBoost規格じゃないんだが…
 これがこのバイクの最大の懸念
 ホイールを換えようと思うときにその選択肢が限られるかもしれない。
 誰か乗ってる人、知ってる人、教えてもらえるとありがたい。

・CHARGE COOKER MIDI 1
charge_cooker_midi1
 CHAEGEはグラベルバイクの投稿の時にPLUGを紹介したが、この手のバイクを作らすとオレの好みを突いてくるのか、フルリジッドMTBでも登場だ!
 ファットバイクとしては揺るぎないポジションを確立しているCOOKERのセミファット版といっていい。
 男なら黙ってシングルスピードのMIDI 0と行きたいとこだが、自宅が山の中のオレはちょっと思い切れない。
 なのでここではフロントシングル+リア10速のMIDI 1を紹介する。

【スペック表】

車名  CHARGE COOKER MIDI 1
フレームセット フレーム:6061アルミ
フォーク:アルミ
Wheel & Tire  ハブ:Charge looseball+Tubeless-ready 40mm midi Charge SOAC
タイヤ:WTB Trailblazer 27.5"×2.8"
変速(フロント) 無し、FSA Comet megatooth 30T
変速 (リア) シマノ Deore Plus 10速
 11-42T(Blackfade)、11-36T(GlossRed)
ギア比 2.727-0.714(Blackfade)、2.727-0.833(GlossRed)
重量  -
カラー Blackfade、GlossRed
その他 サイズ:S,M

 0はクロモリフレームだが、1はアルミフレームだ。
 ファットバイクのCOOKERは全車種フルリジッドだが、MIDIシリーズは上位機種の2、3はフロントサスフォーク仕様。
 フルリジッド仕様が欲しいなら0か1の二択だ。
 COOKERシリーズの変わってるところは同車種でもフレームカラーによってカセットやディレイラーなどが違うことだ。
 しかもセットアップされるコンポのメーカーもシマノ、SRAMと違ってたりする。
 なので、購入時はその辺にも注意が必要だ。

【良い点】
  1. ファットバイクの先駆け、COOKER MAXI譲りの信頼性
  2. ダブルバテッドアルミチューブの(たぶん)軽量ボディ(重量未公開)
  3. 2.9”セミファットタイヤ標準装備:WTB Trailblazer
  4. フレーム同色ステムなどのおしゃれな装備

 コイツはファットバイクCOOKER MAXIのセミファット版。だからタイヤは最初から27.5インチ+。

 コイツもPINE MOUNTENと同じでもともとがセミファットバイク。

 なので、ストックのままセミファットで乗っても良いし、タイヤを2.1〜2.3インチ程度のタイヤを履かせればフルリジッドMTBになる。

 駆動系は今トレンドのフロントシングルのナローワイドチェーンリング。スラムお得意の構成だ。
 ローギアを42Tにして広いギアレンジを確保している。

 これもPINE MOUNTENと同じように1×10速のフロントシングル。
 ナローワイドではないようだが、メガトゥース・チェーンリング(スプロケの歯がデカい)でチェーン落ちしにくくなっている。

【気になる点】
  1. カラーによってコンポメーカーやギア比が変わる紛らわしい駆動系
  2. 上記2車種と比較して少々高めな価格設定
 カラーによって変化するのはMIDI 1ではカセットメーカーとギア比のみだが、上位機種ではディレイラーやクランクセットのメーカーまで変化するので紛らわしい。
 アッセンブル・パーツからするとMFBやPINE MOUNTENとグレード的にさほど変わらないのに約4割強高めの価格設定。
 実場価格ではもう少し圧縮されるようだが、MFBの約10万円に対し、COOKERは12〜3万円程度。
 この辺をどう評価するかやね。

◆ 絶滅危惧種:フルリジッドMTB     
 最初書き始めた時はもう少し見つけられるかと思ったフルリジッドMTB(Surlyはちょっと価格が高過ぎるので割愛した)。
 で、ググってみてもヒットするのは個人の趣味のブログばかり。
 そんなブログの中でもフルリジッドMTBは変態的だとか、自虐的だとか書かれてる。
 ビルダーさんにオーダーするというのを別にすると、量産車ではホントに見当たらない。

 ただ、キーワード:フルリジッドMTBでヒットする個人のブログでよく見かけるのは「だんだんシンプル方向に向かっていく」という記述だ。
 フロントシングルなんてまだマシで、COOKER MIDI 0のようにシングルスピードまで突き進んでいる人もけっこういる。
 シングル・スピード・フルリジッドバイクのことをSSFR(=Single Speed Full Ridgid)と略して表現しているブログなんかも見つけた。

 実際自分がそこまで行くかはわからんが、シングルスピードに興味があるのも確かだ。
 厚歯スプロケ+厚歯チェーンの組み合わせは伝達効率が高く、ディレイラーのチェーンテンショナー(ガイドプーリー&テンションプーリー)などのフリクションもないので意外と坂も登れるらしいが…(;^ω^)

 まあ、シングルスピードで走れる体力が残ってるうちに試したいとは思ってる。

 でゎでゎ

★ ランキングに参加してます!
最後まで読んでくれてありがとう!
ぽちっとしてもらえるとシングルスピードで通勤する気力がわいてくるかもしれん!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
にほんブログ村


ロードバイク ブログランキングへ