少し前に電動アシスト自転車のスポーツバイク、YPJ-Cの試乗レポートを投稿した。
 YPJシリーズはれっきとした日本の道交法に適合した電動アシスト自転車なのだが、街中で"全くペダルを漕がずに走っている自転車"を たまに見かける。
 見た目はフツーの自転車なのだが、日本の法規上はあれはフツーの自転車ではない。
IMG_0152

 

★ ランキングに参加してます!
ぽちっとしてもらえるとウレシイです!
チャリツー・ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ

ロードバイク・ブログランキング



◆ 自転車のようで自転車でない、ベンベン     
 電動モーターを搭載した自転車にはふた通りある。
  • 電動アシスト自転車
  • 電動自転車(フル電動自転車)
 この2つを分ける要件は簡単に言うと
  • ペダルを漕がないとモーターが動かない
  • 24km/hでモーターアシストが止まる
 この要件は2つ揃ってないとならず、たとえ24km/hでモーターが停止する仕様だとしても、ペダリングをせずに自走するのであれば電動アシスト自転車とはならない。
 と言うことはペダルを漕がずに走ってる自転車は道交法的には原動機付自転車(原チャリ)ってことだ。

◆ Specialized Turbo     
 ただしこれは日本の道交法なので、海外にはその縛りから解き放たれたぶっ飛んだ電動アシスト自転車がある。
 例えば数年前にスペシャライズドからリリースされたTurboシリーズは完全にクロスバイクのフォルムで、電動アシストの上限速度は45km/h
 もうほとんどロードの速度域だ。
 ただし、日本では法規に適合しないため未発売。

◆ 合法的ぶっ飛び電動アシスト自転車    
 スペシャのTurboが日本で走れるとしたら原付扱い。
 ただこうなると
  • 尾灯、方向指示器、ヘッドライトなどの保安部品の装着が必要
  • ナンバープレートが必要
  • 自賠責保険の加入
  • 運転免許が必要
  • ヘルメットが必要→モトバイク用(Snell規格、SGマークなど)のもの。自転車用はアウト
  • 当然税金もかかる
 これがなかなか厄介で、スペシャはめんどくさいのでTurboシリーズの日本導入を見送っている。

 でも!
 日本でも適法に乗れるぶっ飛び電動アシスト自転車がある!
 それが『POWERed BIKE S1』だ。(写真はサイトより引用)
s1
 詳細はメーカーサイトにゆだねるが、このバイクの種別は原付1種50ccの原付と同カテゴリーだ(ちなみに50cc超125cc未満は原付2種)。
 なぜなら、45/hまで電動アシストするからだ。
 なので、ミラー、尾灯、指示器、速度計などが装備され、ナンバープレートの設置場所もある。
 ホントはここまですれば電動アシスト式でなく、自走も可能な電動自転車でもいいのだが、これは「法律上の電動アシスト自転車に分類されない電動アシスト自転車」なのだ。

 しかしこうなると、当然制限速度30/hの縛りが気になってくる。
 なぜならこれは原チャリだからである。
 当然、30/h以上出せば取り締まりの対象となる。ポリさんがこれを見て取り締まりの対象とするかどうかは不明だが…
 ちなみに自転車には原付などの法定速度は適用されず、通常のクルマと同じ法定速度60/hとなる、っていうか、道交法は自転車がそこまでの速度を出すことを想定していないのがホントのところ。
 
 で、いろいろ煩わしいのと、価格が災いしてか、オレがこのS1の実車を見ることもないし、その噂もほとんど聞かない。

◆ POWERed BIKE S1のジレンマ   
 オレは以前、「25/hからがスポーツ自転車の気持ちの良いところなのに、そこをアシストしないYPJは正直、商品として成り立ってない」と断じた。
 じゃ、45/hまでアシストするS1がどうなのかというと、今度は法規上それは通常出しちゃいけない領域となる。
 取締りの対象となるからだ(ちなみに法定速度の1.5倍までの速度設計は合法。緊急避難の余地を残しているため)。

 合法的な速度だとYPJとのアドバンテージは25〜30/hとなる。
 となるとこれもフラストレーションが溜まる
※実際はその速度までのアシストのしかたも違うので実走感は全然違うと思うが、商品の訴求力としてはそうなってしまう。

◆ 何気なく無責任なフル電動自転車運転者
 なので、法定外電動アシスト自転車やフル電動自転車をちゃん運用しようとするとけっこうめんどくさい
 でも、道端で見るフル電動自転車を運転している人はそんなことは全然考えてない(ように見受ける)。
 フツーに通常の自転車と同じように
  • ノーヘル
  • 雪駄履き(人による)
  • 保安部品未装着
  • ナンバープレート無し

の状態で堂々と”歩道”を走っている

 ※オレがたいがい見かけるフル電動自転車はだいたい歩道を走っている。


◆ すぐにでも降りかかるかもしれないリスク
 こういった人に、どういうリスクがあるか?
 さしあたってオレが思い当たるのは以下のもの。
  1. 通行区分違反で取り締まりのリスク 原チャリに歩道を走って良いという特例はない
  2. ノーヘルによる取り締まりのリスク 原チャリはヘルメット着用努力ではなく着用義務
  3. 無保険車としての取り締まりのリスク 原チャリは自賠責保険加入義務がある
  4. 無登録・軽自動車税未納など 原チャリは軽自動車税納付義務がある。
 は自転車は「自転車通行可」の表示がある歩道を走行可能だが、原チャリにその適用はない。
 なので、道交法第17条違反違反点数2点、反則金6,000円(原付)

 道交法第71条の4第2項違反。かぶるヘルメットは道交法適合品でないとダメで、自転車用はアウト。
 違反点数1点、反則金無し。(←シートベルトと同じで点数のみ)

 はけっこうキツくて1年以下の懲役、50万円以下の罰金違反点数は6点一発免停
 しかも反則金でなく罰金、つまり刑法罰なので前科が付くよ。

 地方税法第452条第1項違反100万円以下の罰金
 しかもこの罰金、軽自動車税を免れた額が100万円以上の場合は、免れた額まで加重される条文(同条第2項)がある。まあ、原チャリで100万円以上逃げるってのは現状1000年かかるけどね。

 で、だいたいこの手のフル電動自転車は近所の国で生産された輸入品
 買う人の無知につけ込んだ商品なのでハナから日本の法律に適合させようという気がない。
 なので、登録に必要な車体番号なんてないだろうから、そもそも登録そのものが普通の方法では難しい。

 もう持ってる人は乗らないようにするか、ポリさんに見つからないように乗るか、見つかったら根性で逃げるか…

◆ 事故を起こせば八方ふさがり     
 もうそんな状態で、存在自体がイリーガルなフル電動自転車
 そんなもので事故でも起こそうものなら、もうどうにもならない。
 まず現在各地の条例で加入義務が出てきている自転車保険は自転車用の保険なので、たとえ加入していても保険金はおりない
 当然だ。フル電動自転車は原チャリなのだから。

 自賠責保険にも未加入なのだから自賠責保険から相手に対する賠償金は出ない
 でも無保険車相手の事故の被害者救済のため、国から自賠責保険の賠償額を限度に賠償相当額が被害者に支払われる(政府保障事業)。

 でも、それでめでたしめでたしとはならない。

 国は保険を掛けていなかったフトドキモノのために賠償金を肩代わりしたのだから、当然、そのフトドキモノにその代金を請求する権利が発生します。これを求償権といいます。
 この求償がけっこうキツいんすよ。
 相手は国家権力やからね。
 バンバン取り立てしてくるし、それでも払わんかったら財産・給料なんかの差押えもガンガンしてくるよ。
 で、その支払いが遅れた時の遅延損害金(支払いが遅れた時のペナルティ)もめちゃめちゃ高くて、法律上は年14.6%まで請求できるという、改正前利息制限法もマッツァオの率!
 なので求償額が自賠責限度額いっぱいの3000万円だったとすると1年で3436万円にもなる!



 ということで、そういう危険も顧みず「オレは乗るんだ!」って人はいいけど、何気なくヤバいシロモノだ、ってことでフル電動自転車について書いてみた。

 まあ、最終的に日本は何をしても自由っちゃあ自由だけど、その自由には責任が伴うのですよ…
 まっとうなロードバイクでも、公道で信号無視を繰り返したり、安全を無視したバカみたいな速度出すのもまたしかり…

 でゎでゎ

★ ランキングに参加してます!
最後まで読んでくれてありがとう!
ぽちっとしてもらえると更新モチベーションがあがります!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
にほんブログ村


ロードバイク ブログランキングへ