お盆を迎え、朝夕はすっかり涼しくなった六甲山系に住んでいるいもりんっす。
 とはいえ、日中はまだまだ暑く、山道のアップダウンを繰り返していると汗が噴き出して止まんないですね。

 ここしばらく、8速関連でコメントをいくつかもらいーの、アクセス解析では人気記事ベスト5に8速関連記事が3つ入っている状態で、自分の中でもちょっと8速が盛り上がってきてる。
 特に今年は2400クラリスがR2000にMCしたこともあり、そのせいもあるかもしれない。

 で、だ!

 この8速よりさらに少ないコンポはないのか?
 ということなのだが、あるにはある。
 現在でもシマノから販売されている7速以下と言えばTourny070(7速)、Tourny TZ(6速)なんかがあるけど、コンポ単体ではあまり売ってないし、チェーンもオレが信奉している8速チェーンと同じなので特にわざわざ他と互換が薄い6速、7速にする意味合いが薄い。

 で、だ!

 そうなると出てくる選択肢は1つしかない!
 シフターを取っ払う!という選択!

 そう!
 シングルスピードだ!

 ということで、今回はシングルスピードについて考えてみる。

★ ランキングに参加してます!
ぽちっとしてもらえるとウレシイです!
チャリツー・ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ

ロードバイク・ブログランキング


◆ シングルスピードとは?       
 別に「シングルスピードとは?」なんて大上段に解説することもない。
 シフター(変速機)を持たないバイクのことで、多くのママチャリ、幼児用自転車がそうだ。
 オレが持ってるBMXもシフターがないので言ってみりゃあシングルスピードだ。

 でも、世の中言葉がブレると対象が変わってしまったりするので、ここで言うシングルスピードを一応定義しておく。

 ダイヤモンドフレームを使ったリジッドサスの700Cタイヤ装着バイク

 BMXピストレーサー(バイク)と呼ばれるブレーキを持たない競技専用車は含まないことにする。

 特にピストレーサー(バイク)については言葉の使われ方がけっこう曖昧で、シングルスピードバイクとひとくくり(混同?)されているされていることも多いけど、本来ピストレーサーは競技用のバイクのことでブレーキは装備されない。で、自分はブレーキのない自転車にも乗るつもりはない。

 あくまで街乗り、サイクリングを主体とした使い方で考えたい。

◆ シングルスピードへの憧憬     
 そもそもオレのシングルスピードへの憧憬は5年以上前にさかのぼる。
 2011年Trek・GaryFisherコレクションの29erにSawyer(ソーヤー)というバイクがあった。
 これがTrekにしては異色のモデルで、ゲイリーフィッシャーが作った最初のMTB、Klunkerのセルフオマージュともいうべきバイクだ。
 このSawyer、見た目だけでなく、リアエンドにも特徴的な機構があって、ストック状態では通常の外装変速が付いてるけど、この外装変速を取っ払ってそのままシングルスピードにできる構造(リアアクスル受けを前後15ミリスライドできる機構)を持っていた。
 これのおかげでディレイラーを外してもチェーンテンション調整ができるので、簡単にシングルスピード化できたのだ。(通常のストドロのロードバイクやMTBでこれをやろうとすると大変苦労する)
sawyer_01
sawyer_02
 この時は自分自身鉄フレームにあまり良いイメージもなかったし、何よりこの坂道の多い神戸の街をシングルスピードで走る気にならなかった。
 でもこのバイクはいろんな意味で特徴的で、今でもこのバイクを買わなかったことは大きな後悔だ。

◆ シングルスピード最大の懸念     
 シングルスピードのメリットはあちこちで書かれているので今さらここでは詳しくは書かないが一応箇条書きしておく。
  1. 機構が単純で壊れない
  2. ディレイラー、チェーンテンショナーがないので駆動抵抗が少ない
  3. 厚歯スプロケ、チェーンが使えるので駆動力の伝達効率が良い
  4. チェーンラインがまっすぐ固定なので駆動力の伝達効率が良い
  5. 軽い
  6. 安い
  7. メンテがラク
 ではデメリットは何か?
  1. 坂道がしんどそう…( ;∀;)

 ほぼこの1点だ。

 逆に言えばこの1点を解消するために7つのメリットを捨てたともいえる。


 ということはこの1点がないなら捨てなくて良いということだ。
 で、このメリット中、2,3,4,5はデメリットの1を解消する方向に働いている。
 ならば、メリット{2,3,4,5}≧デメリット1であるならば、残りの1,6,7が純粋に残ることになる。

 この公式は平坦地主体の地域、行動範囲のライダーなら妥当する。
 しかし、この坂道が多く、冬は寒くて夏涼しい神戸のチベット軽井沢と呼ばれてる神戸市北区にも妥当するのだろうか?

 これは実際に検証してみるしかない。
 しかし、検証するために新たにシングルスピードを買う経済的余裕も置き場の余裕もない。
 するとまず考えられるのは”700Cロードバイクのシングルスピード化”

◆ ロードバイクのシングルスピード化     
1.お手軽シングルギアセットの利用
 ロードバイクをシングルスピード化するというのはわりと行われているのか、フリーハブにシングルコグを付けるためのスペーサが売っている。
 本来スプロケットが入るスペースの大部分をスペーサで埋めて1枚だけフリーにスプロケットを嵌めるためのキットだ。
 これを入れるとお手軽にロードバイクをシングルスピード化できるのだが、問題がある。
 それは
これってメリット部分をほとんど放棄してデメリットだけを導入する|д゚)
という仕様なのだ。

 なぜか?
 これはチェーンリングは変更しないので、結局スプロケは薄歯のまんま。
 ということはチェーンも薄歯用のチェーンのまんま。
 しかもストドロなのでチェーンテンショナーが別にいる、という本末転倒っぷり!
 別にチェーンテンショナー用プーリを導入するか、そのままディレイラーを固定状態で使うか、ってことになる。
 ハッキリ言ってこれは全然ダメだ!
 テンショナーの走行抵抗は全く軽減されない。
 費用をかけて改造する意味がない!

2.厚歯利用のキットも併用
 このプラン1の欠点は誰てもすぐ気づくようで、その欠点を補う方法というかパーツもある。
 それは厚歯スプロケ&チェーンを使うというもの。
 これは競技用トラックバイクなどに使われている駆動系で、とても頑丈で駆動力の伝達効率が良いとされている。
 ただしこの場合でもストドロのフレームを使う以上、テンショナーの導入は避けられない。
 また、駆動系をごっそり換えないといけないのでそこそこコストがかかる。
  1. 厚歯チェーンリング
  2. 厚歯チェーン
  3. シングルスピード用ハブ(リア)
  4. コグ(リアスプロケット)
  5. チェーンテンショナー

 で、この場合、3番にハブがあることからわかるようにホイール組をしなければならない。

 しかも、この場合O.L.Dが130ミリのシングルハブってホントに選択肢がないので、するとすれば135ミリ幅のハブでチョイスするしかない。

 で、オレの持ってるバイクでリア135ミリと言えばアラヤCXG(グラベルロード)とアラヤMFB(MTB)しかない。

 さすがにシングルスピードMTBに乗る根性はないので勢い改造候補はCXGということになる。

 そしてCXGはディスクブレーキなのでシングルスピードハブのディスク対応となるとオレにはグランジのものぐらいしか思い浮かばない。

 リムは今のCXGのリムを組みかえるか、手持ちのリムで組んでも良い。
 32Hなのでどうとでもなる。
 問題は厚歯用のチェーンリングの方だ。
 厚歯用のチェーンリングはだいたいPCD130なのだが、CXG標準の2400クラリスのクランクセットはPCD110。
 となるとクランクごと換えないといけなくなる。
 しかし、PCD130のファイブアームのオクタリンククランクってイマドキあるのか?
 え?BBも交換?

 BB交換するくらいならエキセントリックBB入れてチェーン引きできるようにした方が良い?

 芋づる式だぁ〜( ;∀;)

 くじけそうになったが、一応ざっくり必要部品を出して計算してみる。
部位 部品 価格
クランク スギノRD 12550
厚歯チェーン KMC HV410 777
ハブ グランジ 135 11178
コグ シマノ DURA-ACE SS-7600 2380
テンショナー グランジ テンショナー2 2550
BB BB-UN55 1300
合計 30735

 ホイール組が要るのでこれにスポークが加わる…
 くじけた…_(_^_)_

 これほど費用をかけて改造してもたぶんネイティブ・シングルスピードには全く及ばないんだと思う。
 たぶん、重量もそんなに軽くならんと思うし…

◆ 厚歯系の疑念          
 また、厚歯の駆動系を使うことに若干の疑念もある。
 もともと競技用の厚歯駆動系なのだが、その品質に問題がある製品も多いらしい。
 それについては薄歯系も同様なのかもしれないが、薄歯系にはシマノという安くても良い部品が選択できる。
 しかし、厚歯系の良質な部品となるとNJS認定部品かシマノならDura-Ace Trackというかなり高価な部品となり、そうなるとコストは2〜3倍に跳ね上がる(泣)

 そうなれば薄歯系でしっかりチューニングする方が良いとの意見もネットで散見される。
 シングルスピードの世界も奥が深い、というか、むしろ整備・チューニングのウデのみで良いところまで持って行かないといけない分、整備は大変かもしれない。



 ということで、既存のバイクをシングルスピード化するのは限りなく徒労に終わりそうな雰囲気がそこはかとなくして居る…
 しかし何事もやってみないとわからん!という勢いで一ぺんやってみるか?という悪魔のささやきがないでもない。

 暑いので頭が夏バテ状態になったたわごとということでとりあえずこの計画は保留だな…

★ ランキングに参加してます!
最後まで読んでくれてありがとう!
ぽちっとしてもらえるとこの無謀な計画の進行モチベーションががあがるかも…( ̄▽ ̄)
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
にほんブログ村


ロードバイク ブログランキングへ