2016年08月21日

海ほたる×ゴジラ

◆ゴジラの話で書いたように、8月の頭に気まぐれでアクアラインの海ほたるへ行ってきました。
そしたらシン・ゴジラとのコラボ企画や展示があってびっくりしたんですが…
アクアラインと海ほたるがシン・ゴジラに登場していたからなのでした。


川崎側の広い場所に、ゴジラの実物大足跡が描かれていました。20mあるらしいです。でかい!
足跡の間に子供を抱っこして立ってみました。足跡の大きさがよく分かるでしょう。
子供はここに本当にゴジラが来たと思ったみたいです。「また来る?」と心配そうに言ってました。
「自衛隊さんがやっつけたから大丈夫だよ」ということにしておきましたが…(笑)。
いやでも実際のところ、映画観てからだったらアクアライン走る気になれなかったと思います。
そんな感じの怖い使われ方でした、アクアライン。

◆屋内では過去のゴジラシリーズのポスターがずらりと展示されてました。オールドファンにはたまらんです。


初代ゴジラのポスターはやはり秀逸です。キングギドラがいる「地球最大の決戦」あたりのも
少年時代の興奮を思い出させるお気に入りですねぇ。


昭和のゴジラシリーズの反対側です。ガイガンとかメカゴジラあたりまで来ると、子供のヒーロー的な
怪獣になってしまっていて初代ゴジラのような恐怖の存在ではなくなってしまいましたね。
平成のゴジラシリーズのポスターもありましたが、撮りませんでした。
他にもシン・ゴジラの撮影風景の写真なんかも展示されてました。

◆ゴジラのデザインについてちょっと書くと、昭和のゴジラは頭がけっこう大きめ。健全な感じ。
平成ゴジラは顔が小さく胸が張り出して、かなりマッチョなイメージなんですよね。
カッコいいんだけど、やはりそれはヒーロー的な存在感の延長というか。
それに対して今回のシン・ゴジラのデザインは、初代のゴジラに近いイメージを持ちつつ、
さらに禍々しさを持ったまさに恐怖の対象という感じで。
初代ゴジラの頭部は原爆のキノコ雲のイメージという話がありますが、シン・ゴジラもまさに
そういう感じで。(実際、初代のイメージを引き継ぎつつ、進化させているようです)
自分としては初代ゴジラ、モスゴジ(モスラ対ゴジラのゴジラ)あたりがお気に入りだったんですが
シン・ゴジラのもかなり好きなゴジラになりました。


シン・ゴジラのゴジラは今までのゴジラと微妙に違うので描くの難しいですが、また描いてみました。
前回のは見直すとちょっとイマイチです。
この絵は「ボエー」の直前を描いたつもり。映画観た人は分かると思いますが。  
Posted by lowtechpower7 at 01:07Comments(2)TrackBack(0)日々あれこれ

2016年08月16日

シン・ゴジラ観てきた

◆公開から2週間以上経ってしまいましたが、「シン・ゴジラ」を観てきました。
子供の登園日に、夫婦で。二人で映画なんて、奥さんが妊娠中に行った「のぼうの城」以来かな。


こういうのは前知識なしで観たい派なので、なるべくネタバレ情報に触れないように注意して
過ごしてきて、行ってきました。
結果、凄くおもしろく大満足でした。これぞ観たかったゴジラ!って感じで。
「現実(ニッポン) 対 虚構(ゴジラ)」というキャッチコピーがまさにハマってるという印象で、
今この日本にゴジラが現われたら、こんな事態になるのでは…という展開。
人間側の慌てっぷりがおもしろくて仕方なかったです。そして立ち向かって行く強さ。
まぁそれだけじゃないんですが。ゴジラが出てただ倒そうとする、そういう単純な話ではないです。
そしてゴジラ自体も、禍々しさが最強で。恐ろしい存在感たっぷりでした。
初代ゴジラを踏襲したイメージを持っていることはゴジラファンにはすぐ分かったと思いますが、
新しい要素もたくさん盛り込まれていて好きなゴジラのひとつになりました。
話も映像も音楽も色々すごくて、観ながら何度か涙流しそうになりました(笑)。
一回見たので、もうネタバレ情報を気にすることはないので、逆に今度は細かいネタを仕入れてから
もう一度劇場で観たいです。



◆ところで8月の頭に、きまぐれでアクアラインの海ほたるに行ってきたんですが…シン・ゴジラに
関係大ありで。先に映画を観ていたら、怖くてトンネル走る気になれなかったと思います。
(観た人には分かると思いますが…)


写真は海ほたるでの写真ですが…実物大ゴジラの足跡が。海の向こうの方に見えるのが、
川崎側の「風の塔」。
ゴジラ関係の展示やなんかがあったので、また別で書きます。  
Posted by lowtechpower7 at 23:24Comments(2)TrackBack(0)日々あれこれ

2016年08月14日

クラブ・ハーレー9月号

◆マンガを担当しております、「鉄馬乗りこなしゼミナール」掲載のクラブ・ハーレー9月号が発売です。


今月号はイラストが表紙。残念ながらわたくしのイラストではありません。
こういうのも描かせてもらえたら嬉しいんですが(笑)。
この旧車特集はかなり詳しいみたい(自分は旧車乗りなのでよくは分かりませんが)です。
今は現行モデルに乗っている人でも、将来旧車に乗ってみたい人にはいいかも知れませんね。
あと気になったのはシートの特集。けっこう充実の内容です。
シートは見た目も大事ですが、座り心地も重要。超距離走るのにケツの痛みを我慢して乗るのは
ほんとにキツいですからねー、ツーリングする人は慎重に選ぶべきパーツです。

◆こないだ自衛隊のところで撮った写真の別アングル(というか、バイクに寄っただけ?)。


どうでもいいけど、この戦闘機のすぐ脇に、「幹部食堂」という看板のある建物がありました。
階級によって食堂が別々なんですかね。
この写真ではブラッククロームのソロシートをつけています。一人で乗る時はもっぱらこれです。
見ての通り、かなり薄いので固くて、長距離走るにはあまり向かないと思います。
使い始めた頃はけっこうケツ痛になりました。最近は小一時間しか乗らないので、なりません(笑)。
ここまで薄いとサドルシートみたいでカッコよさはピカイチなんですけどね〜。
ソロシートはノーマルシートのスポンジを自分で削って薄くしたのを使っていた時期もありました。
雨が降ると水がしみるので使うのをやめてしまったんですが。  
Posted by lowtechpower7 at 23:09Comments(2)TrackBack(0)イラスト話

2016年08月11日

スポーツスターと戦闘機

◆今年の夏は子供と市民プール(屋外)に行くようになり、20年ぶりぐらいで日光に晒された肩が
日焼けで痒い今日この頃です。
昼前にプールに行く→午後はお昼寝というのが最近の子供の生活パターンなので、
寝てる間にちょっとスポーツスターを動かしてきました。


航空自衛隊府中基地に、退役した戦闘機が2機展示されています。
バイクと一緒に写真に撮りたかったので、歩道ですがちょっとバイクを停めて撮ってみました。
この道、ふつうに住宅街に面してるんですが毎日戦闘機が見える生活ってどんなもんなんでしょ。


右のシルバーのがF-104。ロッキード社製だそうです。自衛隊で使われていたのは日本で生産されたもの
みたいですが、詳しいことはよく知りません。wikipedia見るとそんな感じでした。
左の迷彩のは三菱F-1。1977年から2006年まで運用されていたようです。
小学生時代にブルーインパルスのプラモを作ったことあったけど、それはこのF−1の前身モデルの
T-2だったみたいで。確かに同じような形だったな。

◆帰りがけに2りんかん。タンクのステッカーを剥がそうと思ってて、ステッカー剥がし剤を買いました。


暑いのにけっこうバイクいたな。前日までよりはマシな気温だったからかな。
しかしこの季節のエンジンはほんと熱の塊。信号待ちがきついです。
ガソリンの節約とかじゃなくて、単純に熱くていやだからアイドリングストップしてしまう。
早く終わってくれないかなー、夏…。  
Posted by lowtechpower7 at 23:30Comments(4)TrackBack(0)スポで出かけた

2016年07月31日

7月終わり

◆もう7月が終わりですか。早い…梅雨明けのとたんに暑くなってキツいです。


少し前に、奥様号を少しだけ走らせました。1ヵ月ちょいぶりくらいにエンジンかけたけど、
すぐにかかったので安心しました。
この前書いたように、子供が夏休みになったのでバイクにはサッパリ乗れないです。
8月は何回か登園する日があるので、その辺を狙います。

◆娘のストライダー、頻繁に乗るわけじゃないんですが乗るたびに微妙に上手くなっていきます。


マンションの駐車場で乗ったりすることが多いんですが、この日は河川敷の草っ原をウロウロ。
写真はちょうちょを見ているところです。
この後ショウリョウバッタの子供をつかんでみたりと、割と虫好きなよう。


その翌日、立派なショウリョウバッタの成体に遭遇。
これにはお父さんの方が喜んじゃいまして、つかまえてみました(笑)。
いやーデカい。この後、子供もちょっと持ってみました。すぐ逃げられちゃいましたが。
そんなこんなな毎日です。  
Posted by lowtechpower7 at 23:20Comments(2)TrackBack(0)日々あれこれ

2016年07月15日

クラブ・ハーレー8月号!

◆上手にハーレーを運転するための企画「鉄馬乗りこなしゼミナール」でマンガを担当しております
クラブ・ハーレーの8月号が発売になりました。


この表紙を本屋さんで見かけましたら、お手に取ってみてくださいませっ!
今月号の乗りこなしゼミナールは、「雨の日の走り方」がテーマです。
梅雨まっただ中の今ですが、夏の間も急に雨に降られることもけっこうありますよね。
そんな時のためにも読んでみておいてはいかがでしょうか〜。

◆雨って北海道ツーリングみたいな何日も走る旅だと、一回くらいは降られるもので。
これは10年くらい前の夏の北海道。


この日はキャンプじゃなくて宿に泊まる予定だったので、ビッタビタに濡れても走り続けることが
できました。雨の日はやはりキャンプはきついですから…。
カッパはゴアテックスを使っていたので水が滲みることは皆無。ゴアテックス万々歳です。
襟や袖からの水の浸入がいやでしたけどねー。そこはしょうがないですよね。
雨に降られるのはいやだけど、降られるくらい遠くへ行ったりするツーリングに出たいです。  
Posted by lowtechpower7 at 23:59Comments(2)TrackBack(0)イラスト話

2016年07月07日

「夏休み」が来る…!

◆少し前に書いたように、子供が幼稚園に通うようになって少しだけ夫婦でバイクに乗れる時間が
できたんですが、気づけばもうすぐ「夏休み」(7月半ばから)…
8月いっぱいまでは、またバイクおあずけな日々がやって来る…と思いきや。


数日前から子供(とおれ)が、はやり目(流行性結膜炎)というのにかかってしまいまして。
子供は医者のOKが出るまで登園禁止ということに。
次に目医者に行くのは来週月曜なので、それまでは自宅療養に。それまでに直るのかな?
ダメだったらそのまま夏休みに突入とか…!?予想外の展開であります!
まぁ子供が幼稚園行ってる日でも、体調や天気などいろいろな条件によりなかなか乗れないものですが、
乗れる乗れないに関わらず、子供が早く健康体に戻ってくれればそれが一番です。
目薬を注すのがいやで毎回大騒ぎなんですが、がんばって少しずつ慣れてきたような。
早く治るといいなー。

◆先日給油したら、燃費が19.5km/Lって感じでした。町乗りばかりにしてはいい方かな。


冬よりは暖気にかかる時間も少ないので、エンジンをガーッと回してガソリンを無駄遣いすることが
減っているのも理由でしょうか。
しかしもう夏みたいな気候の日が多いので、すでにバイクには辛い季節ですね…。
あー涼しい山に走りに行きたい。(でも涼しいのは山の中だけで、行き帰りは暑いんだよな)  
Posted by lowtechpower7 at 00:34Comments(2)TrackBack(0)スポーツスター話

2016年06月30日

ガンプラ的食玩

◆いわゆる食玩と呼ばれるやつで、小さなガンプラみたいなものが発売になったのを発見。
ラインナップがよかったので、買ってみました。何が出るか分からないタイプのやつを買ったのは久しぶり。


昔のガンプラみたいなパッケージデザインがなんともいい雰囲気でナイス(笑)。
パッケージにあるように、プラモのようにランナーに固定されたパーツを組み立てるようになっています。
「2分で作る!」とあるように、パーツ数は少なめで難しいものではないようです。


箱の裏面。これだけの種類があるということで。よく見てみてください、なかなか面白いです。
上から見て行くと…ファーストガンダムからガンダム、量産型ザク、アッガイ、ジム。
今年3月まで放送されていた「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」からはガンダムバルバトスと
ガンダムキマリス、グレイズ。
Hi-νガンダムとナイチンゲールは小説『機動戦士ガンダム逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』に
登場するもの。なかなかマニアック…。
シャンブロ、ネオ・ジオングはガンダムUC(ユニコーン)に登場。
この後がまたすごくて、ラー・カイラムとレウルーラという戦艦。ガンダム世界の艦船が立体化って、
最近ではなかなかなかったのでは(笑)。それぞれ、映画「逆襲のシャア」とガンダムUCに登場。
そしてア・バオア・クーとアクシズ!要塞を立体化って…(笑)おもしろいけど出たら微妙?

◆最後の「ゲゼ」が、実は今回のお目当てでして。


ガンダムZZに登場したMS(ゲモン・バジャックというジャンク屋が作ったもので、モビルスーツと
いうより、モビルワーカーと分類されているらしい)で、今回が初の立体化だそうで。
この食玩の開発スタッフがぜひともラインナップに入れたかったらしいです。
これが立体化されると知って、ぜひ欲しいと思ってしまいました…Zガンダムで好きだったキャラ、
ヤザン・ゲーブルがZZにも登場してこれに乗っていたというのがその理由であります。

さてそれで何が出たかと言うと。


ラー・カイラム!船!(笑)
話のネタとしてはおもしろいですが…いちおう説明すると、さっき述べたように「逆襲のシャア」と
ガンダムUCに登場した艦で、ブライトさんが艦長を務めていました。

◆パーツ数は9つで、そんなに多くはないので難なく作れました。
ちゃんとニッパーでランナーから切り離し、飛び出したところをカッターで削りヤスリで整えましたよ。


そんな作業をしたので、箱にあるように「2分で」ではできませんでしたが。なかなかイイです。
飾れるようなスタンドがついてたら尚よかったかな…200円台の食玩にそれは望みすぎか。


後ろ姿。ランナーについた状態の三連バーニアを見た娘が「これ信号?」と聞いてきたのですが…
違うよ、と言いつつ、バーニアの説明をするのが難しかったです(笑)。
このシリーズ、なかなかいいぞ…これは絶対いらない!というのがないので。

2分で作る!ガンダム名鑑ガム  
Posted by lowtechpower7 at 23:09Comments(2)TrackBack(0)ガンダム話

2016年06月17日

XL1200XC「ロードスター」を見てきた

◆前回書いたように、いつもお世話になっているディーラーで新型スポーツスター「XL1200XC
ロードスター」を見てきました。試乗じゃなくて見ただけなんで大したこと書けませんが、話の種に。


スポーツスターのモデルがローダウン系が主流となってだいぶ経ちますが、2015年モデルで883Rが
カタログ落ちしてその名のように「スポーツ」するモデルが消え去っていました。
しかしこの度、満を持して?2016年のモデルに後から追加になった「ロードスター」は、今までで一番
気合いの入ったスポーツモデルと言ってもいいくらいの装備で登場しました。
特徴的な部分を挙げると、フロントの倒立サスペンションとダブルディスクブレーキ。
リアホイールは18インチを標準装備。後ろのサスも新しい専用設計だそうです。
シートも新しく、ホールド感のよさそうなデザインのものに。
これらが装備されたロードスター、全体としてはオーソドックスなスポーツスターという雰囲気に
まとめられています。エアクリが従来のものだし、見た目は割りと普通な印象でした(笑)。


斜め後ろからの眺め。リアフェンダーは短めのデザインで、最近の流行りって感じです。
シートに関して言うと、かつてのスポーツモデル1200Sではスポーツモデルのくせにホールド感のない
薄くて固いダブルシートが標準装備だったことを思い出すと、今回はそのままでちゃんとスポーツ
しやすそうに見えます。これはまぁまぁいいんじゃないでしょうか。

◆フロントをアップで撮ってみました。倒立サスってスポーツスターで今まであったのかな?
2008年だかに登場したXR1200は倒立サスでしたね。XLじゃないけど。


あとこのロードスターの特徴としてハンドルが低めってのがありまして。ライザーが今までの
ものではなくてフォーティーエイトみたいな感じの低いものだからでしょうか。
右からの写真だとあまり分からないですが、左側からの写真だとこんな感じ↓です。


ハンドルがタンクより低くなっているように見えますね。実際はさほどでもないんですが。
跨がって構えてみましたが、ミッド位置にあるステップとの兼ね合いがあるのでそんなにキツい
ポジションではありませんでした。セパハンとかにしたらバックステップにしたくなるでしょうね。
お店のスタッフさんに聞いたんですが、けっこう倒せる、とのことでした。特に2004年からの
スポーツスターは少し倒すとすぐにステップをするという話でしたから、山道走りたい人には
いいんじゃないでしょうかね。トルクが凄いとも言ってました。
あとベルトドライブのリアプーリーにダンパーが装備されていないので、駆動のダイレクト感が
強いという話でした。
今週の土日(18、19日)に試乗会を開催するそうなので、興味のある方はハーレーダビッドソン三鷹へ
行ってみたらいかがでしょうか〜。試乗記念品として「オリジナルHDバンダナ」や「オシャレな
コーヒードリップバッグ」が用意されているみたいですよ。

ハーレーダビッドソン三鷹  
Posted by lowtechpower7 at 23:05Comments(2)TrackBack(0)スポーツスター話

2016年06月14日

クラブ・ハーレー7月号!とロードスター。

◆「鉄馬乗りこなしゼミナール」のマンガを担当しておりますクラブ・ハーレーの7月号が発売に
なりました。この表紙を見かけたら、お手に取ってみてくださいませ!


今月の巻頭特集は「リッチに楽しむオトナのハーレーキャンプ」ということで、キャンプ道具や食材を
持たずに行ってキャンプやBBQを楽しむことができるアウトドア施設をいくつか紹介しています。
それってもはやキャンプではなくてアウトドア風の宿泊レジャーでは…という疑問はおいといて
気になる方は見てみて下さい(笑)。

◆ところで久しぶりにディーラーに寄る時間がちょっとだけあったので、新型スポーツスター
「ロードスター」を拝見してきました。


今イチオシのモデルだけあって、店の真ん中にドーンと展示されていました。
スタッフさん曰く、赤が人気だそうです。
倒立フロントフォークや新設計のシート、リアサスや18インチのリアホイールなど今までの
スポーツスターにない要素がたくさんのロードスターですが、全体的に違和感なくスポーツスターの
イメージにまとまっていて、パッと見は案外普通にスポーツスターでした(笑)。
何枚か写真を撮ったので、また後ほど記事をアップします(最近ネタ不足であまり書いてないので別で)。


今日は割と暑かったので半袖シャツを着ていたのですが、久しぶりにHYOD(ヒョウドウ)の
アームカバーを着けて乗ってみました。風を受けると涼しく感じるというものなので、
なかなか快適にバイクを走らせることができました。
前にも書いたけど、黒にオレンジのラインがハーレーワークスカラーっぽくてスポーツスターに
合っている気がします(笑)。  
Posted by lowtechpower7 at 23:30Comments(2)TrackBack(0)イラスト話