2016年07月15日

クラブ・ハーレー8月号!

◆上手にハーレーを運転するための企画「鉄馬乗りこなしゼミナール」でマンガを担当しております
クラブ・ハーレーの8月号が発売になりました。


この表紙を本屋さんで見かけましたら、お手に取ってみてくださいませっ!
今月号の乗りこなしゼミナールは、「雨の日の走り方」がテーマです。
梅雨まっただ中の今ですが、夏の間も急に雨に降られることもけっこうありますよね。
そんな時のためにも読んでみておいてはいかがでしょうか〜。

◆雨って北海道ツーリングみたいな何日も走る旅だと、一回くらいは降られるもので。
これは10年くらい前の夏の北海道。


この日はキャンプじゃなくて宿に泊まる予定だったので、ビッタビタに濡れても走り続けることが
できました。雨の日はやはりキャンプはきついですから…。
カッパはゴアテックスを使っていたので水が滲みることは皆無。ゴアテックス万々歳です。
襟や袖からの水の浸入がいやでしたけどねー。そこはしょうがないですよね。
雨に降られるのはいやだけど、降られるくらい遠くへ行ったりするツーリングに出たいです。  
Posted by lowtechpower7 at 23:59Comments(2)TrackBack(0)イラスト話

2016年07月07日

「夏休み」が来る…!

◆少し前に書いたように、子供が幼稚園に通うようになって少しだけ夫婦でバイクに乗れる時間が
できたんですが、気づけばもうすぐ「夏休み」(7月半ばから)…
8月いっぱいまでは、またバイクおあずけな日々がやって来る…と思いきや。


数日前から子供(とおれ)が、はやり目(流行性結膜炎)というのにかかってしまいまして。
子供は医者のOKが出るまで登園禁止ということに。
次に目医者に行くのは来週月曜なので、それまでは自宅療養に。それまでに直るのかな?
ダメだったらそのまま夏休みに突入とか…!?予想外の展開であります!
まぁ子供が幼稚園行ってる日でも、体調や天気などいろいろな条件によりなかなか乗れないものですが、
乗れる乗れないに関わらず、子供が早く健康体に戻ってくれればそれが一番です。
目薬を注すのがいやで毎回大騒ぎなんですが、がんばって少しずつ慣れてきたような。
早く治るといいなー。

◆先日給油したら、燃費が19.5km/Lって感じでした。町乗りばかりにしてはいい方かな。


冬よりは暖気にかかる時間も少ないので、エンジンをガーッと回してガソリンを無駄遣いすることが
減っているのも理由でしょうか。
しかしもう夏みたいな気候の日が多いので、すでにバイクには辛い季節ですね…。
あー涼しい山に走りに行きたい。(でも涼しいのは山の中だけで、行き帰りは暑いんだよな)  
Posted by lowtechpower7 at 00:34Comments(2)TrackBack(0)スポーツスター話

2016年06月30日

ガンプラ的食玩

◆いわゆる食玩と呼ばれるやつで、小さなガンプラみたいなものが発売になったのを発見。
ラインナップがよかったので、買ってみました。何が出るか分からないタイプのやつを買ったのは久しぶり。


昔のガンプラみたいなパッケージデザインがなんともいい雰囲気でナイス(笑)。
パッケージにあるように、プラモのようにランナーに固定されたパーツを組み立てるようになっています。
「2分で作る!」とあるように、パーツ数は少なめで難しいものではないようです。


箱の裏面。これだけの種類があるということで。よく見てみてください、なかなか面白いです。
上から見て行くと…ファーストガンダムからガンダム、量産型ザク、アッガイ、ジム。
今年3月まで放送されていた「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」からはガンダムバルバトスと
ガンダムキマリス、グレイズ。
Hi-νガンダムとナイチンゲールは小説『機動戦士ガンダム逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』に
登場するもの。なかなかマニアック…。
シャンブロ、ネオ・ジオングはガンダムUC(ユニコーン)に登場。
この後がまたすごくて、ラー・カイラムとレウルーラという戦艦。ガンダム世界の艦船が立体化って、
最近ではなかなかなかったのでは(笑)。それぞれ、映画「逆襲のシャア」とガンダムUCに登場。
そしてア・バオア・クーとアクシズ!要塞を立体化って…(笑)おもしろいけど出たら微妙?

◆最後の「ゲゼ」が、実は今回のお目当てでして。


ガンダムZZに登場したMS(ゲモン・バジャックというジャンク屋が作ったもので、モビルスーツと
いうより、モビルワーカーと分類されているらしい)で、今回が初の立体化だそうで。
この食玩の開発スタッフがぜひともラインナップに入れたかったらしいです。
これが立体化されると知って、ぜひ欲しいと思ってしまいました…Zガンダムで好きだったキャラ、
ヤザン・ゲーブルがZZにも登場してこれに乗っていたというのがその理由であります。

さてそれで何が出たかと言うと。


ラー・カイラム!船!(笑)
話のネタとしてはおもしろいですが…いちおう説明すると、さっき述べたように「逆襲のシャア」と
ガンダムUCに登場した艦で、ブライトさんが艦長を務めていました。

◆パーツ数は9つで、そんなに多くはないので難なく作れました。
ちゃんとニッパーでランナーから切り離し、飛び出したところをカッターで削りヤスリで整えましたよ。


そんな作業をしたので、箱にあるように「2分で」ではできませんでしたが。なかなかイイです。
飾れるようなスタンドがついてたら尚よかったかな…200円台の食玩にそれは望みすぎか。


後ろ姿。ランナーについた状態の三連バーニアを見た娘が「これ信号?」と聞いてきたのですが…
違うよ、と言いつつ、バーニアの説明をするのが難しかったです(笑)。
このシリーズ、なかなかいいぞ…これは絶対いらない!というのがないので。

2分で作る!ガンダム名鑑ガム  
Posted by lowtechpower7 at 23:09Comments(2)TrackBack(0)ガンダム話

2016年06月17日

XL1200XC「ロードスター」を見てきた

◆前回書いたように、いつもお世話になっているディーラーで新型スポーツスター「XL1200XC
ロードスター」を見てきました。試乗じゃなくて見ただけなんで大したこと書けませんが、話の種に。


スポーツスターのモデルがローダウン系が主流となってだいぶ経ちますが、2015年モデルで883Rが
カタログ落ちしてその名のように「スポーツ」するモデルが消え去っていました。
しかしこの度、満を持して?2016年のモデルに後から追加になった「ロードスター」は、今までで一番
気合いの入ったスポーツモデルと言ってもいいくらいの装備で登場しました。
特徴的な部分を挙げると、フロントの倒立サスペンションとダブルディスクブレーキ。
リアホイールは18インチを標準装備。後ろのサスも新しい専用設計だそうです。
シートも新しく、ホールド感のよさそうなデザインのものに。
これらが装備されたロードスター、全体としてはオーソドックスなスポーツスターという雰囲気に
まとめられています。エアクリが従来のものだし、見た目は割りと普通な印象でした(笑)。


斜め後ろからの眺め。リアフェンダーは短めのデザインで、最近の流行りって感じです。
シートに関して言うと、かつてのスポーツモデル1200Sではスポーツモデルのくせにホールド感のない
薄くて固いダブルシートが標準装備だったことを思い出すと、今回はそのままでちゃんとスポーツ
しやすそうに見えます。これはまぁまぁいいんじゃないでしょうか。

◆フロントをアップで撮ってみました。倒立サスってスポーツスターで今まであったのかな?
2008年だかに登場したXR1200は倒立サスでしたね。XLじゃないけど。


あとこのロードスターの特徴としてハンドルが低めってのがありまして。ライザーが今までの
ものではなくてフォーティーエイトみたいな感じの低いものだからでしょうか。
右からの写真だとあまり分からないですが、左側からの写真だとこんな感じ↓です。


ハンドルがタンクより低くなっているように見えますね。実際はさほどでもないんですが。
跨がって構えてみましたが、ミッド位置にあるステップとの兼ね合いがあるのでそんなにキツい
ポジションではありませんでした。セパハンとかにしたらバックステップにしたくなるでしょうね。
お店のスタッフさんに聞いたんですが、けっこう倒せる、とのことでした。特に2004年からの
スポーツスターは少し倒すとすぐにステップをするという話でしたから、山道走りたい人には
いいんじゃないでしょうかね。トルクが凄いとも言ってました。
あとベルトドライブのリアプーリーにダンパーが装備されていないので、駆動のダイレクト感が
強いという話でした。
今週の土日(18、19日)に試乗会を開催するそうなので、興味のある方はハーレーダビッドソン三鷹へ
行ってみたらいかがでしょうか〜。試乗記念品として「オリジナルHDバンダナ」や「オシャレな
コーヒードリップバッグ」が用意されているみたいですよ。

ハーレーダビッドソン三鷹  
Posted by lowtechpower7 at 23:05Comments(2)TrackBack(0)スポーツスター話

2016年06月14日

クラブ・ハーレー7月号!とロードスター。

◆「鉄馬乗りこなしゼミナール」のマンガを担当しておりますクラブ・ハーレーの7月号が発売に
なりました。この表紙を見かけたら、お手に取ってみてくださいませ!


今月の巻頭特集は「リッチに楽しむオトナのハーレーキャンプ」ということで、キャンプ道具や食材を
持たずに行ってキャンプやBBQを楽しむことができるアウトドア施設をいくつか紹介しています。
それってもはやキャンプではなくてアウトドア風の宿泊レジャーでは…という疑問はおいといて
気になる方は見てみて下さい(笑)。

◆ところで久しぶりにディーラーに寄る時間がちょっとだけあったので、新型スポーツスター
「ロードスター」を拝見してきました。


今イチオシのモデルだけあって、店の真ん中にドーンと展示されていました。
スタッフさん曰く、赤が人気だそうです。
倒立フロントフォークや新設計のシート、リアサスや18インチのリアホイールなど今までの
スポーツスターにない要素がたくさんのロードスターですが、全体的に違和感なくスポーツスターの
イメージにまとまっていて、パッと見は案外普通にスポーツスターでした(笑)。
何枚か写真を撮ったので、また後ほど記事をアップします(最近ネタ不足であまり書いてないので別で)。


今日は割と暑かったので半袖シャツを着ていたのですが、久しぶりにHYOD(ヒョウドウ)の
アームカバーを着けて乗ってみました。風を受けると涼しく感じるというものなので、
なかなか快適にバイクを走らせることができました。
前にも書いたけど、黒にオレンジのラインがハーレーワークスカラーっぽくてスポーツスターに
合っている気がします(笑)。  
Posted by lowtechpower7 at 23:30Comments(2)TrackBack(0)イラスト話

2016年05月28日

スポーツスター・カスタムブック最新号、vol.13出ました!

◆年に2回のスポーツスター乗りのお楽しみ雑誌「スポーツスター・カスタムブック」のvol.13が
発売になりました!今号でも「Y氏のスポーツスター・カスタム研究所」描かせてもらいました。


なかなかインパクト大のカスタムされたスポーツスターが表紙ですが、海外のショップが手がけた
ものみたいです。これカッコいいですねー。
表紙にはでっかく「カフェレーサー新時代」とありますが、内容的にはラバーマウント車のカスタムの
方がメインっぽいです。カフェレーサーのページもけっこうボリュームありますが。
最近発表になった新型のスポーツスター、「ロードスター」の試乗記事も充実しています。
これは久々に純正ラインナップに登場した走り系モデル。倒立フロントフォークやダブルディスク
ブレーキ、18インチのリアホイールなど今までにない装備が特徴です。
ローダウン系のモデルばかりになっていたスポーツスターを、少し正しい「スポーツ」の方向に
導くモデルと言えるでしょう。実車を見てみたい…。

◆「アイ・ラブ・スポーツスター」時代からクラブ・ハーレーの別冊でイラストを描かせていただいて
だいぶ経ちます。編集部にイラストを持ち込み、運良く当時の高橋編集長に見てもらえてOKもらい、
スポーツスター乗りのあるあるネタを、ミーティング参加者の紹介企画の隅っこにいくつも載せて
もらったのが最初でしたが…。


みなさん持ってますでしょうか「アイ・ラブ・スポーツスター」vol.5を。懐かしす。
「アイ・ラブ・スポーツスター」時代初期は毎回違うスタイルで、一コママンガだったり四コマだったり
してましたが「レッツゴー!スポーツスター道場」というタイトルで、今と同じ2ページマンガの
スタイルで描かせてもらうようになり。
本が「スポーツスター・カスタムブック」にリニューアルしてからしばらく出番がなかった時期が
ありましたが、またお声がけいただき現在まで描かせていただいてます。
本気なカスタムネタは他の記事にお任せして、息抜き的なページとして楽しんでもらえればと
思っております。今後ともよろしくお願いします〜。

※ちなみに今回、マンガの中で新型ロードスターのことを「1200R」と書いてしまいましたが、
正しくは「1200CX」でした。ロードスターってことで、思い込みで以前の型式を書いてしまいました…
面目ないです。

★前号やクラブ・ハーレー本誌「乗りこなしゼミナール」関係の本もヨロシクです。
    
Posted by lowtechpower7 at 01:17Comments(2)TrackBack(0)イラスト話

2016年05月27日

奥様号オイル交換

◆これから少し乗れる時間が増えそうな気がするので、何年ぶりかでオイル交換を。


子供が生まれた直後に、うえまさんが「出産祝い」と譲ってくれたH-Dのスクリーミンイーグルの
高グレードオイルを入れます。その節はありがとうございました。
今回はエンジンオイルと共にミッションオイルも交換。ミッションオイルも数年前に入手したもので
安いやつをまとめ買いして、スポーツスター仲間で分け合ったもの。
これが最後の一本だったので、自分のを交換するときは新しいの買わなくちゃ。

◆久々にこんな写真撮りましたが、オイルフィルター開ける時に牛乳パックなどでガイドすると
うまいことオイル処理箱に入れられるという…今回はポッキーの箱でやりました。


いやーしかし真っ黒。オイル交換する時はいつもこうですが。
ミッションオイルもけっこう汚れていたなぁ。
あまり距離走らなくても定期的に換えた方がいいんだろうけど…ついついここまで来てしまった。


ミッションのドレンボルトについてた鉄粉の量は普通でした。パーツクリーナーできれいに。
どうでもいい情報ですがこのボルト、2000年式の奥様号と1999年式のMyスポでは別のものなんです。
まず回す時に使うレンチの径が違う。こっちはプラグレンチで回しますが、99年式は3/4インチで。
初めて回した時、自分のと同じので回せなくてびっくりしました(笑)。
あと鉄粉がつく磁石の部分の形も少し違ってて。99年のは真ん中に溝が切られてます。


次のオイル交換はいつになるかなぁ…(笑)。  
Posted by lowtechpower7 at 00:06Comments(4)TrackBack(0)スポーツスター話

2016年05月24日

自転車のサドル交換

◆3年ちょい乗ってきた安物自転車のサドルが、表面がヒビ割れてボロボロになってきちゃいまして。
中身のスポンジが見えてきてしまった。


(スポーツスターの純正シートのように)縫い目に水がしみるサドルだし、これは取り替えてしまおう!
と思い至り新しいものを物色。
これは割とクラシカルな雰囲気のシートなので、そんな雰囲気のがいいかなと…。
そしたらうちで使っている子乗せ自転車・ブリヂストンのBikkeと同じサドルで、ブラウンのものが
あったので、なかなかいいのではと思いAmazonで注文。


はい、来ました。
自転車のサドルって単品で買うとシートポスト(支柱の棒)はなくて、座る部分だけなんですね。
交換自体はモンキーレンチひとつで簡単にできました。

◆全体的にはこんな感じで。うん、いいんじゃないの。シートだけ妙に立派だけど(笑)。


新しいサドルは前のより厚みがあり、乗り心地がかなりよいです。安定感が増した感じ。
ちなみに新品の時の写真はこんな↓。白さがすごいなぁ。タイヤもきれい。
この前、擦り減ったリアタイヤを交換したので今は後ろだけ黒くなった。


3年でだいぶボロくなったけど、ちょいちょいパーツ交換などでもうしばらく乗って行けそうだ。
自転車がダメになっても、この新しいサドルはまだ使えるという状況になりそうな気がします(笑)。  
Posted by lowtechpower7 at 23:11Comments(2)TrackBack(0)日々あれこれ

2016年05月21日

奥様号883復活

◆去年の9月くらいから、バッテリーが死んだことにより休眠状態になっていた奥様号883に
新しいバッテリーを装着して、半年以上ぶりで復活させました。


この春から子供が幼稚園に通うようになり、親が自由でいられる時間がほんの少し発生したので
これまでよりは多少は乗る機会が増えるのではないか、という目論見で。
久しくもぬけの殻になっていたバッテリースペースにバッテリーをINして、セルを回すと
さすが新品は強力、一発始動でありました。
バッテリー自体は店で充電してもらったものを年末に受け取ってから部屋に置いていて、
復活前夜に再度充電したんだけど問題なく力を発揮してくれました。

◆ということで、実に4年2ヵ月ぶりくらいで夫婦ライド!


最後に一緒に走ったのは2012年3月の東京モーターサイクルショーに行った時あたりなので、
ほーんと久しぶり。片道30〜40分くらいの距離走って、昼メシ食べて、幼稚園のお迎えに間に合うように
帰りました。ちょうどカラッと晴れた気持ちのいい日で、バイク日和そのもので最高でした。
限られた時間内でしか乗れないけど、また様子を見て時々バイク二台で出かけたいな。  
Posted by lowtechpower7 at 00:55Comments(2)TrackBack(0)スポで出かけた

2016年05月16日

クラブ・ハーレー6月号!

◆毎度おなじみ、「鉄馬乗りこなしゼミナール」でマンガを描かせていただいておりますクラブ・ハーレー。
6月号が発売になっております。青空が気持ちいい表紙です!


この表紙の車両、旧車っぽい雰囲気ですが94年式のエヴォリューションだそうで、パンヘッド時代
(1940〜50年代)のボバーをイメージしたカスタムが施されているそうです。
この感じいいですねー。好きなタイプです。
スポーツスター乗り的に注目は、先日突然発表になった新型スポーツスター、「ROADSTER」の
南仏でのメディア試乗会での試乗記事です。
ここ数年ローダウンカスタム路線をメインにしていた純正スポーツスターでしたが、急に気合いの
入りまくった走り系モデルを投入してきたのでびっくりです。
フロントの倒立サスペンション&ダブルディスクブレーキ、新型のリアサス、そしてリア18インチ
ホイールなど、特筆すべき点がいっぱいです。
気になる方は読んでみてはいかがでしょうか〜!

◆この前信号待ちで上から撮ってみました(タンクに手が写っている)。


メーターがきれいに写っている…拡大してみると


「12万7667キロ」ですね。12万行ったのはいつかと思ってブログ内検索したら2011年3月でした。
もう5年も経っている。単純に割ると1年に1000キロ以上ですが、娘が生まれてここ数年はそんなに
走ってないです。
「123456」になったのが11年11月だったみたいなので、その年はまぁ走ってたみたいですが…。
今の生活で走行距離のこと言ってもどうにもならないのでこのくらいにしときます(笑)。

そういえば今月27日に、「スポーツスター・カスタムブック」の最新刊が出ます。
またマンガを描かせていただきましたので、ぜひどうぞ〜。  
Posted by lowtechpower7 at 22:44Comments(2)TrackBack(0)イラスト話