2020年10月29日

ベース・マガジン11月号!!

◆イラストを描かせていただいた、ベース・マガジン11月号が発売中です!!


巻頭の「歪みベーシストという生き方」という特集の中、「聴きたい・弾きたい 歪みサウンドが彩る
世界の名演」という奏法特集で、音を歪ませている世界のベーシスト13人を描きました。
是非ご覧くださいませ!
ジャック・ブルースやレミーなど、知ってる(好きな)ベーシストを描くのはなかなか楽しい仕事です。
知らない人も、YouTubeで音と映像を見ながら描けるのはインターネットのありがたさ。



◆ところで音楽関係の最近の自分的ニュースは、「AC/DC復活」であります。
マルコム・ヤングが亡くなり、「Rock or Bust」ツアーではブライアン・ジョンソン(Vo)が難聴で離脱。
クリフ・ウイリアムス(B)も辞めると言っていて、一体どうなるのか…と世界中のファンがやきもき
していたのですが、「Rock or Bust」制作時のメンバーでついに完全復活!バンザイ!


アルバムは11月13日、世界同時発売です。

    
Posted by lowtechpower7 at 11:42Comments(0)イラスト話

2020年10月16日

クラブ・ハーレー11月号出ました

◆今月も「ハーレー雑学王」でマンガを描かせてもらってますクラブ・ハーレー11月号、出てます!


今月はインジェクション車の始動の仕方、というのがテーマです。
キャブレター車乗りの自分は知らない内容でした。キャブ車はプラグがかぶらないように
気をつけたりする必要がありますが、インジェクションはそれはそれで注意点があるんですね。
気になる方は見てみてくださいませ。

◆少し前に天気もよく気温も湿度もちょうどいい時期がありましたが、ここのところはまた曇り空続きに
なってしまいましたね。


10月って晴れの日が多いような気がしてたんですが…こんな感じでしたっけ。  
Posted by lowtechpower7 at 00:00Comments(2)イラスト話

2020年09月16日

クラブ・ハーレー10月号!

◆「ハーレー雑学王」でマンガを描かせていただいてます、クラブ・ハーレーの10月号が発売中です!


今月はハーレー社が他社に買収されていた時代のいわゆる「AMF時代」についてです。
あの時代のタンクパターンは今でも人気があったりしますね。
本屋さんなどでこの表紙を見たら、是非ご覧くださいませっ!
巻頭特集のグッズやパーツ、用品の記事も要注意です。物欲を刺激されるかも?(笑)

◆ようやく暑さも落ち着いて、バイクに乗りやすそうな季節になってきたでしょうか。


ちょい乗りペースなので給油もたまにしかしませんけどね。  
Posted by lowtechpower7 at 16:55Comments(2)イラスト話

2020年09月13日

ギター・マガジン・レイドバックvol.4!

◆ギターを弾く大人向けの雑誌「ギター・マガジン・レイドバック」vol.4が発売になりました。
今回も、イラストを描かせていただきました。


今回は「Don't think,play blusy!ブルージィなアドリブを弾くための鉄板メソッド」という奏法セミナーと
「今さら聞けないギターの掃除法 Part2 木部」でイラストを描かせてもらっています。
お時間ある方はこの表紙を本屋さんなどで探して見てみてくださいませ!

◆今号はクラプトンに焦点を当てた特集が濃いですね。
スコアはクリームのクロスロードです。




※アマゾン限定特典:ビンテージ・ギター・カフェ特別編集版PDF付き。ここでしか見られない
ビンテージ・ギターのマクロカットのほか、表紙アーティスト(富田鈴花、松田好花〈日向坂46〉)の
本誌未公開ショットも!  
Posted by lowtechpower7 at 17:42Comments(0)イラスト話

2020年08月12日

クラブ・ハーレー9月号!

◆ありがたくも毎月マンガを描かせていただいている「ハーレー雑学王」が掲載されている
クラブ・ハーレーの9月号発売です!今月はお盆の関係か、いつもより早く12日に発売!


今月は「ウルトラ」というネーミングのグレードについて。スポーツスターにはないグレードですが(笑)。
特集は「ちょい旧」ハーレーを購入するためのガイド的な。「ちょい旧」はこの10年くらいの
モデルを指している感じですかね。
気づけば自分のスポーツスターは20年超えで、いつの間にか旧車の域に足を踏み入れている感じ?
ビッグツインのハーレーのツインカムも登場してから20年くらい経ってますからね。
時の経つのは早いものです。

◆今月のツーリング記事で、福島を紹介していたので過去に行った時を思い出し、
写真を引っ張りだしてみました。2007、08年なのでかなり前ですね。


これは裏磐梯から北の方へ向かった磐梯吾妻スカイラインだったと思います。
荒野のような火山らしい風景と、ワインディングが楽しい道ですよね。


これは予備知識無しに立ち寄った「塔のへつり」。川の浸食によってできたっぽい謎の地形が
おもしろい場所でした。


売店もかなり濃い雰囲気でB級感がすごくてよかったです。  
Posted by lowtechpower7 at 22:46Comments(2)イラスト話

2020年07月24日

ベース・マガジン8月号!

◆季刊となった新生ベース・マガジンの8月号(夏号)でイラストを描かせていただきました!


奏法特集「ヒットソングに名手の技あり 歌謡曲研究」という企画で、’70〜’90年代の歌謡曲を支えた
8人のベーシストのみなさんのイラストを描いています。
お時間ある方は本屋さんなどでぜひご覧くださいませ!
色んなベーシストの手元が並んでいる表紙、めちゃカッコいいですねー。
(そんなこと思うの、ベース弾きだけですかね)

◆あんまり関係ないですが、オーティス・レディングの歌うサティスファクション(ストーンズの
カバー)。オーティスの歌はほんと濃くて好きです。


バックはブッカーT&MG’Sです。ドナルド・ダック・ダンのベースが気持ちいいです。  
Posted by lowtechpower7 at 00:37Comments(0)イラスト話

2020年07月21日

ギター・マガジン8月号!

◆久しぶりに、ギター・マガジンでイラストを描かせていただきました。ただ今発売中の、8月号。


奏法特集「爽快!開放弦フレーズ名作選」という企画でトビラ絵と他2点描いてます。
お時間あるならば是非ご覧くださいませ!
今号は表紙にあるように、エピフォンの有名なモデル「カジノ」の大特集。奥が深い。
あとギブソンの名ピックアップP-90についての特集も、充実です。こんなことできるのギタマガだけですね。

◆カジノと言えば表紙でジョン・レノンが持っているようにザ・ビートルズのイメージ。
動画を見つけたのでご紹介。ジョンがカジノを弾いてますね。ジョージはSG。


こちらの屋根の上でのライブでも、ジョンはカジノ弾いてますね。ジョンと言ったらこのカジノのイメージ。
  
Posted by lowtechpower7 at 00:29Comments(0)イラスト話

2020年07月18日

久しぶりに図書館

◆数年ぶりに、地元の図書館を利用。ガンダムの映画「逆襲のシャア」のDVDを借りてみました。


この映画、高校時代に映画館に観に行ったんですが、めちゃ面白かった!という記憶がなくて。
むしろ納得いかない部分とかあって、好きではなかったんでそれ以来観てませんでした。
久しぶりに観たら何か印象が違うかも知れないと思って借りてみたんですが…、
あんまり印象変わりませんでした(笑)。
この映画が好きな人も世の中には多いと思うので、あまり強くは否定できませんが。
まず自分は当時からZガンダムが大好きだったので、Zでクワトロ大尉だったシャアが
地球の人類を粛正するために隕石を落とすという話が、「そこまでやっちゃう!?」という印象。
シャアのオールバックの髪型もなんかいただけない(超個人的感想)。
あと登場するモビルスーツがあんまり好みじゃなかったですね…νガンダムもサザビーも人気のMS
らしいですが、自分的にはそんなにピンと来ず。
映画に新登場のキャラクターも「?」って感じで。特にクエス・パラヤは敏感過ぎてわがままな
だけのニュータイプ(と言うのも難なキャラ)だし、ブライトさんの息子のハサウェイがやってることは
ほとんどZでのカツだし。アムロの恋人のチェーンについてはベルトーチカの存在を無視してる感じで
納得いかず…改めて観ても感想は変わりませんでした(笑)。

◆その後日CDも借りてみたんですがこの図書館、貸し出されているCDのラインナップが80年代〜
90年代前半くらいで止まっている感じで驚愕します。
10年ぐらい前に行った時とほとんど変わってませんでした。


そんな中から借りたのはターミネーター(1作目)とクリント・イーストウッドの西部劇のサントラ。
ターミネーターのチャララ〜♪ダダンダンダダン♪というのは、最初っから使われてます。
シリーズで使われているテーマ、やはりかっこいいです。
西部劇の方はエンリオ・モリコーネの音楽。残念ながら先日亡くなってしまいました。
イーストウッドの映画「続・夕陽のガンマン」の曲をメタリカがライブ開始前のSEに使っている
のですが、それはここには入ってません。


ターミネーターのCDの裏ジャケ。ターミネーターというと革ジャンと髪の毛ツンツンイメージですが
最初に出てきた時の七三みたいな髪型も割と好きです。パンクスから奪った服とかも。
映画の舞台の1984年のディスコなどのシーンでかかる音楽も、ちゃんとボーカル入りの曲が
用意されていて、それが何曲か入ってます。いかにも80年代って感じの曲で、全然知らない人たちが
やってるんだけど懐かしい気持ちになります(笑)。  
Posted by lowtechpower7 at 20:36Comments(0)

2020年07月15日

クラブ・ハーレー8月号!

◆毎月「ハーレー雑学王」でマンガを担当しております、クラブ・ハーレーの8月号が発売中です。


今月はハーレー特有の「三拍子」と言われるサウンドについて。
ドコドッ、ドコドッというあのリズムはハーレーの大きな特徴でもあります。
お時間ある方はぜひご覧くださいませ!

◆巻頭の特集は夏の旅について。新型コロナウィルスがまだまだ蔓延っていて、GOTOどころじゃない
ご時勢ですが、バイクで旅に出ることを妄想して計画を練って時期を待つのもいいでしょう。
絶景ロードBest10、キャンプツーリングや夏の熱・トラブル対策、荷物の積載など充実の内容です。
中でも絶景ロードは見逃せません。紹介されている10のうち9つは過去に走ったことある道でした。
はぁー自由に走り回っていた時代が懐かしい(笑)。
そんな中からいくつか写真を。


まずは北海道、日本海オロロンライン。サロベツ原野を宗谷岬に向かう直線路。
見ての通りの気持ちいい開けた景色。


伊豆スカイライン。箱根・伊豆は走って気持ちいい道が多いですが、ここはほんと素晴らしい。
全線走るとなかなかのお値段(笑)。


阿蘇ミルクロード。阿蘇の外輪山の稜線上を走る道。阿蘇は走りどころ多いです。
天気が悪い日でしたが…晴れてたら最高きもちいいいんでしょうなぁ。
ここまでは上記絶景ロードBest10に入っている道です。


おまけに最後の写真はもう今は走ることができない絶景ロード、乗鞍スカイライン。
標高2700mと日本一高くまで走って行ける道だったんですが、2003年にマイカー規制が始まり
自動車は乗り入れできなくなりました。250で行った時はエンジンのふけが悪かった思い出あり。  
Posted by lowtechpower7 at 21:39Comments(2)イラスト話

2020年06月30日

ギター・マガジン・レイドバックvol.3!

◆イラストを描かせていただきました、ギター・マガジン・レイドバックのvol.3が発売中です!


第1号から連続して依頼をしていただいて、大変感謝しております。
今回も巻末の方にある、ジャズギターのセミナーとメンテ企画に加え、トレーニング企画の3つの
ページでイラストを描いております。
お時間ある方は是非、本屋さんやら楽器屋さんでお手に取ってみてくださいませっ!

◆今号は表紙にあるように、エディ・ヴァン・ヘイレンのことをかなり掘り下げて特集しています。
自分はこの雑誌のターゲット世代より少し下の年齢なので、ヴァン・ヘイレン登場はリアルタイムでは
知らないのですが、ハードロックやヘヴィメタルを聴き始めてからこのバンドのビデオを見た時に、
ニコニコしながら超絶テクで弾きまくっていることにびっくりしました。
それまでに知ったギタリストは、必死な感じか陶酔している感じでギターを弾くイメージだったので。



  
Posted by lowtechpower7 at 10:33Comments(0)イラスト話