2018年10月12日

クラブ・ハーレー11月号!

◆マンガを担当しております「ハーレー雑学王」掲載のクラブ・ハーレー11月号が発売になりました。


1903年に創業して今年で115年のハーレーダビッドソンという会社について深く掘り下げる特集が
巻頭で展開されています。色々な方面からハーレーの歴史について紹介していて、面白いですよ。
雑学王はカスタムのジャンルについてです。
簡単に言うとチョッパーとかボバーとか、そういう感じのことについて。
カスタムなんて好きなようにやればいいじゃんというのも真理ですが、こんなんあるよってことで
読んでもらえれば幸いです。
本屋さんなどでぜひご覧くださいませ!

◆バイクに関しては先日の台風一過以来乗ってないので、特に書くことないんですが。


いつもブーツカットのジーンズで乗ってるんですが、ストレートジーンズで乗ってみました。
エンジニアのシャフト(筒の部分)がジーンズの裾にぴったり位の径で、まぁいい感じかなと。
  
Posted by lowtechpower7 at 16:54Comments(0)イラスト話

2018年10月03日

台風一過

◆台風24号、モンノ凄い風でしたね。うちのバイクたちはマンションの壁際に寄せておいたので
倒れたりカバーが破れたりという被害は起こらずにすみました。


台風一過、10月にもかかわらず真夏日の中、河川パトロールしてきました。
案の定けっこう増水してましたが、河川敷にあふれるほどではなかったようで。
10年ぐらい前の大雨のとき河川敷まで川に覆われたことがあって、その後護岸工事を長いこと
やっていましたがその効果が出たのかもしれないなと思いました。


とはいえパッと見にも濁流で流れも速く、見てるだけでもちょっと怖い感じでした。
気候的には真夏日といっても湿度が低めだったので、割と気持ちよくバイクに乗れたのがよかったです。
台風後、折れた木とかのせいだか国道は大渋滞していたらしいですが、川沿いは流れもよかったですし。

◆いつもけっこう落差のある堰は、高さが半分未満になっている感じでした。


風が強くてこっちまで水しぶきが飛んでくる感じで、近くに長居はできません。
手前は魚道なんですが、流れてきた木の枝などが詰まって流れなくなってました。掃除が大変そう。
台風が来てるときに「川を見に行く」は死亡フラグですが、翌日なら安全に見られますね(危険なほど近づかないし)。  
Posted by lowtechpower7 at 01:28Comments(2)日々あれこれ

2018年09月25日

ドラム・マガジン11月号

◆リズム&ドラム・マガジン11月号でイラストを描かせていただきました!


「"続ける"ことで見えるモノ/気づくコト ドラムを/音楽を続けるということ」という特集の中の
『#3. 叩き続けるカラダ作り "ドラム×肉体"2018』というコーナーです。
本屋さんなどでこの表紙を見かけたら、お手に取って見てみてくださいませ!
ドラムを叩くということは、ギターやベースなど他の楽器に比べて、体全体を使う演奏なので、
スポーツのようにきちんと体をメンテしながら取り組むことが大事なのでしょうね。真面目にやる人は。

◆そんなわけで今月のドラマガの新譜レビューページを見ていたら、ALICE IN CHAINSのアルバムが
載っていました。’90年代にNIRVANAなどと並び、グランジという枠に入れられていたシアトル出身の
バンドで、当時から好きなバンド。暗くうねるようなサウンドが気持ちよくて、一般的にグランジの
代表格と言われるNIRVANAよりも好きでした。アルバムはもちろんシングルも買ってたなぁ。
ボーカリストがドラッグで亡くなってしばらく活動してなかったんですが、2009年に新ボーカリストを
入れて復活。今回のは復活後の3枚目のアルバムのようです(復活後は1枚しか聴いてない…)。


新しいアルバムからの曲。これぞ、って感じのサウンドが気持ちいいです。


これは2ndアルバム「DIRT」からの曲。く、暗い…でも嫌じゃないんです。これがいいんです。
ギタリストのジェリー・カントレルの父親のベトナム戦争経験に基づいたMV。
「DIRT」のツアーでの来日公演には行きましたよ。滅茶苦茶カッコよかったです。鳥肌ものでした。  
Posted by lowtechpower7 at 23:08Comments(0)イラスト話

2018年09月23日

北斗の凄い本

◆なんか週刊少年ジャンプの別冊(?)として、「北斗の拳ジャンプ」という本が出ていたので
つい買ってしまいました。中学生の頃は毎週ジャンプを買って読んでいた北斗の拳。
単行本も全巻持ってますが、このサイズでこの紙質で読むと、あの頃のワクワク感が強烈に戻ってきます。


この本の目玉は、ネットで投票を募った人気エピソードベスト10を収録しているところ。
各順位1話ずつではなくて、ケンシロウ対ラオウとか、必要に応じて何話か収録されているものも。


目次の写真ですが、各順位はこんな感じ。ケンシロウとラオウ、サウザーとの戦い、トキとラオウ、
ジュウザ対ラオウなど納得の内容ですが、なんと第4位にジャギとケンシロウの戦いが!
ジャギの下衆さが意外と人気なようです(笑)。
ケンシロウがジャギを倒す回はジャンプで読んだので、めちゃ懐かしいです。
あと細かいことですが、「北斗の拳」のロゴの「斗」の字、稲妻×2のオリジナル版なのもうれしい。
集英社の本なので当たり前なんですが、近年の他社展開の「北斗の拳」では違うロゴなのが
気になっていましたので。

◆そして個人的にこの本の最大の目玉は、巻頭カラーを再現した第65話「狂星炸裂!!」の巻。
拳王侵攻隊からムラを守るために戦ったレイの前にラオウが現れ、最終ページで…


この回は本当に衝撃だったなぁ…中学時代、放課後サッカー部の練習時(校庭ではなく公園でやる
自主練)に行ったら、先にジャンプを買って読んだ友達が「大変だ!レイがラオウにやられた!」と
血相変えて教えてくれた思い出の回(笑)。
ジャンプコミックスの単行本だと全部モノクロになっちゃうから、このカラーの再現は最高です。
黒と赤のインクの2色刷りが週刊マンガ誌って感じで懐かしすぎます。


このラオウの迫力といったら。
自分がリアルタイムで読んでいたからというのもあるでしょうけど、この辺りまでの絵が好きです。
線に適度なシャープさがあって。
特にレイは大好きなキャラですが、初登場の時の悪党面からラオウにやられた辺りまでの感じが
いいです。白髪になった後ユダと対決する頃から絵柄が少し変わっちゃうんですよね…
他の人には気にならないことかも知れないですが、自分としては気になります。
そんな感じの「北斗の拳ジャンプ」、気になる方は探してみては。

    
Posted by lowtechpower7 at 01:48Comments(2)日々あれこれ

2018年09月16日

クラブ・ハーレー10月号!

◆「ハーレー雑学王」でマンガ部分を描かせていただいているクラブ・ハーレーの10月号が発売です。


今月号は最新モデルのFXDRが表紙です。かなり特徴のある、個性的なモデルですね。
雑学王のテーマは、「ハーレーが登場する映画」です。
権利の関係で(多分)映画の写真を載せられないものもあるのでしょう、映画の紹介をイラストで
しています。ハーレーが出てくる映画と言えばあれやこれや、思い浮かぶと思いますが
イージー★ライダーやターミネーター2、ハーレーダビッドソン&マルボロマンなど40代以上には
定番と思われる映画から、最近のマーベルの映画まで色々描きました。
ぜひ見てみてくださいませ!(今月号はなぜかいつもより紙質がよくて、印刷がきれいです)

◆イージー★ライダーというと、以前のクラブ・ハーレーでいい感じの写真が使われてました。


あまりにもカッコよくて気に入ったので、切り取って以前のお仕事「鉄馬乗りこなしゼミナール」の
ページをスクラップしたファイルの表紙的に使っています。
この映画は、VHSでビデオ持ってました。DVDは買っていませんが。
使われている音楽では「Born To Be Wild」が有名ですが、あそこまでノリのいい曲は他にはなくて
全体的にはまったりとした印象だった気がします。しかし登場人物たちが旅をしていく中で
社会から疎外され、最後には殺されてしまうという物語、やるせない気分になる映画でした。
ターミネーター2は公開当時、2回映画館に観に行ったほど気に入った映画でした。
シュワ氏の乗るファットボーイもかっこいいですが、ジョンの駆る小排気量オフ車も
スピード感のある演出にうまいこと効果を出していたと思います。
この映画を見てファットボーイに乗りたくなった人、多かったらしいですね。
そしてハーレーダビッドソン&マルボロマンも公開当時に映画館で観ました。まだスポーツスターに
乗ってはいない頃でしたが、バイクが出てくるってことで面白そうと思いまして。
常にレーシングスーツみたいな革ジャン革パンを着ているミッキーロークのキャラが、
けっこう好きでした。リアルに埃っぽくて薄汚いのがカッコよかった。
だいぶ前ですが北海道ツーリングで一緒に走ったじーじさんの家に泊まったとき、
何故か部屋で飲みながらこれを観ましたね。なんでこれ観ることになったか覚えてませんが(笑)。


あのときは色々トラブルを乗り越えて走り回った旅でした。
急きょ岬の砂利の駐車場で野宿キャンプしたのも楽しい思い出です。  
Posted by lowtechpower7 at 01:58Comments(3)イラスト話

2018年09月08日

1966年のホンダF1マシン

◆先日ホンダにカブを見に行ったときに、昔のホンダのF1マシンが展示されていたので紹介します。


1966年の、RA273という形式のマシンのようです。排気量は3,000ccだそうです。
この時代のF1マシン、ほんとシンプルですよねー。
これで最高時速350km/hって書いてありました。すごい…どこでダウンフォース生み出してるんでしょ。


展示ではプラモメーカーのタミヤとのコラボが行われていて、同形式のマシンのプラモが見られました。
ここにある箱のキットが1/12スケールで、ブレーキディスクやラジエター、オイルクーラー、
ステアリングスポークに金属製のエッチングパーツを使っているもののようです。
写真左のパネルでは、タミヤのキットを見て本田宗一郎氏が「日本の模型屋も、ここまでやるように
なったか」と言ったというエピソードを紹介しています。


キットのパーツ構成を額装して展示してました。パーツ数多いですねー。細かい。
四隅にタイヤを配置してるのがおもしろい。

◆エンジンの存在感がもの凄いですね。水冷2ストローク90度V型12気筒DOHCエンジンだそう。




マフラーの白さと曲線が芸術的。これはもうエンジンが走ってるみたいな感じですね。
カブ目当てで行ったんだけど、いいもの見させていただきました〜。

    
Posted by lowtechpower7 at 00:01Comments(2)バイク・旅道具話

2018年09月04日

スーパーカブ60周年記念の展示

◆先月の話ですが、青山のホンダ本社にあるウェルカムプラザでスーパーカブ60周年の特別展示を
やっていたので家族で見に行ってきました。


最新型のスーパーカブ2台がどーんと展示されてました。赤は60周年記念モデル、青は125ccで
初代スーパーカブをモチーフにしたデザインのモデルです。


125はカブでありながらも、LEDライトやキャストホイールなど現代らしいところもたくさん。
ウインカーもLEDですかね。レッグシールドの薄いブルーも素敵です。


スーパーカブの模型も展示されていました。真ん中に箱と一緒においてある青いのが初代スーパーカブ。
右の細かいのはガチャガチャのやつで、うちにも一台あります。

◆スーパーカブと同い年の商品を紹介する展示もされていて、娘の好きなヒヨコちゃん(チキンラーメンの
キャラ)もいました。チキンラーメンってそんなに前からあるんですね。



あとこのスバル360のミニチュア、気に入ったみたいで「これほしい」とか言い出して。

いやこれは売り物じゃないんだよ、と説明したりも。手に持っている文鳥のキャラクターのぬいぐるみを
乗せてみたかったようです(微妙に入らなそうな大きさだけど)。

◆あとは働くスーパーカブの展示も。海外で活躍する車両も並んでいました。オーストラリアの
郵便カブは日本のとだいたい一緒のようでした(一番奥のやつ)。


タイあたりのもあったんですが(右から2、3番目のもの)どうして東南アジアあたりのはみんな
スクーター的な顔つきになるんですかね。そういう方が人気というか、売れるんでしょうか。
オカモチついてるカブ見ると、水曜どうでしょうを思い出しますが…どうでしょう関係の展示は
ありませんでした(笑)。(ずっと前に吉祥寺に見に行ったことあったな)


あと娘が非常に気に入っていたのがこれ。前のモーターショーに展示されていたものだと思いますが
ロボット的な車両で、カフェとかでお客さんにアピールするような感じで使えるというもの?
目に当たる部分がニッコリしたりこんな風にハートになったりして可愛かったのか、
何度も横に行って見てました。画面が黒くなってお休みしてしまったら、いつ動くのか気になって
気になって最後には受付カウンターのお姉さんに「あの子お休みしてるの?」と聞くほど。
お姉さんがカウンターの中で何か操作して、再起動してくれました。
こんなのが実際に店にあったりしたら、子どもに人気になるでしょうね。
ウェルカムプラザは時々行くけど、楽しいですね。乗り込んでみられる市販車も展示されてるし。
3000万円くらいするNSXにはさすがに乗れないようになってましたが(笑)。  
Posted by lowtechpower7 at 00:51Comments(2)バイク・旅道具話

2018年08月27日

ドラム・マガジン10月号!

◆久しぶりにリズム&ドラム・マガジンでイラストを描かせていただきました。発売中の10月号です。


表紙を見て分かるように、今月号はシンバル大特集だそうです。
そのシンバル特集の中で「シンバル“目利き/耳利き”のコツ」というページで、イラストを担当して
おります。扉ページはカラーです。
今回担当のページの著者は、以前ドラマガでいつもイラストやマンガを描かせていただいていた
山村牧人さん。久しぶりに山村さんのページで描けてうれしいです。
本屋さんなどで見かけたら、お手に取って見てみてください!

◆さて久しぶりに音楽の話ですが、少し前にAC/DCがレコーディングしているのでは、と話題に
なっていますね。ドラムのフィル・ラッドが逮捕され、サイドギタリストのマルコム・ヤングが病で
バンドを離れそして亡き人になり、ブライアン・ジョンソンは耳を痛めてバンドを離れるという
事態になっていましたが(しかも馴染みのメンバーがいないとやだ、とベースのクリフ・ウイリアムスは
引退してしまった)、ブライアンの耳が治ったことを受けてバンドがまたまとまってきたのかも…。

スタジオのテラスで目撃されたブライアン・ジョンソンとフィル・ラッド。楽しそう(笑)。


こちらはアンガス・ヤングとスティーヴィー・ヤング。


クリフがバンドに戻ったかどうかは不明ですが、この感じでまたお馴染みのメンバーでアルバムを
出してほしいものですね。  
Posted by lowtechpower7 at 00:25Comments(0)イラスト話

2018年08月24日

iMac、新月の夜に死す!

◆先日、仕事用のiMac(私用でも使うものですが)が突然ダメになりまして、かなり焦りました。
ちょっと前まで普通に使えていたのに、急にスリープから立ち上がらなくなって、
再起動したところカラフルな砂嵐とともにリンゴマークが登場。


こっこれは…モニターがイカれてしまったのか?…不安を抱きつつ立ち上がりを待つと…


デスクトップ画面が細かい市松模様のノイズに覆われて表示された!見にくいっ!
これまでたまに画面の切り替わり時に表示がノイジーになることはあったんだけど、
すぐに普通に戻ってたんで問題ないかなと思っていたのですが。ここまでの乱れは初めてで。
そして画面の表示が見づらいだけでなく、パソコン自体の動作が非常に遅くなった。


メニューも非常に見にくい。長年見慣れたMacのメニューも、こうなると何て書いてあるか
分からなかったりして…アプリケーションを開いたところのメニューはさらに分かりにくかったです。
これはヤバいということで、(Macは見にくいので)iPhoneでネット検索しリセット的な再起動を
試してみるも改善せず。色々やってみてこれ以上は自力では無理、ってな状態になったので
Appleのヘルプに電話してOSをインストールし直すというところに行き着きました。

◆しかしインストールDVDを探すのに半日かかり。必要なファイルのバックアップを取ったりして
再度Appleに電話するまで2日くらいかかったでしょうか。


いやーこういうのは分かりやすいところにしまっておかないと駄目ですね。
探しているときに1/144ガンダムが出てきたので、見つけたディスクと撮ってみました。
しかしAppleと電話しながらインストールしてみようとするも、DVDから立ち上げようとすると
Macが固まってしまって起動せず…話は進まず電話を切りました。
しかも電源ボタンで強制的にシステム終了〜立ち上げても再び同様に固まってしまって。
ディスクを取り出すことすら困難に?
結局セーフモードで立ち上げるとデスクトップ画面まで行き着くのでディスクを取り出せるという
ことは分かったんですが、Cのキーを押して立ち上げるディスクからの起動がうまくいきません。
何度か繰り返してたら深夜にたまたま成功したので、OSをインストールしてみましたが、
2時間くらいかかって…インストール終わっても同様の乱れ画面。だっ駄目だ…
しかもクリーンインストールじゃなくて上書きインストールをしていたので、状況全く変わらず。


再度貼りますがこの画面を何度見たことか。ほんとウンザリです。
このMac、2010年の秋に買ったので8年弱使っていることに。Appleのスタッフが言うには
Macは1年が人間で言うと10歳なので8年使ってると80歳!?みたいな。ホントかよ!
しかも年式が古いので、もう修理対象外だとか。完全に駄目なら、代わりのMacの購入を考えないと。
というシビアな状況になってきまして。ちょうどイカれる前日にイラストを納品していて、
スケジュール的には問題ないタイミングだったのでよかったけど…結論を急がないといけない感じに。

◆そしてそのまた翌日に、何度か再起動を繰り返した末にHDDの全消しに成功…っが!


イカれた後、セーフモードで立ち上げると市松模様じゃなくてこのシマシマ画面になっていたんですが、
状況変わらず…。駄目か…一縷の望みをかけてOS再インストールしてみました。


「ようこそ」が「よう」になっちゃってます…フレンドリー過ぎだろ…
戻るボタンの上に矢印が見えてますが、変な四角いノイズが着いて回る仕様になってます。
このトラブル起こってからずっとこれでした。
こんなシマシマが出ている状態ではまともに使うことは無理!となり、ちょうどタイミングよく中古で
1年後のモデルを見つけたので(自分が使ってるのと同様の古いOSが入っていた)、それを即購入。
あー出費が痛い。セッティングでまた1〜2日かかり、通常に使えるようになるまで1週間近くかかりました。
急に壊れるのほんと怖い…前のMacも突然逝ったんだったなぁ。グググ。  
Posted by lowtechpower7 at 01:18Comments(2)日々あれこれ

2018年08月14日

クラブ・ハーレー9月号!

◆「ハーレー雑学王」のページでマンガ部分を担当中の、クラブ・ハーレーの9月号が発売になりました。


今月号はなんと、スポーツスター特集!
今までにありそうでなかった特集です。スポーツスターのことは別冊でやってましたからね。
僕はこの特集では描いてませんが、内容はバラエティに富んでいて面白く読めると思います。
スポーツスターの歴史はもちろん、トリビア的な話とか1200と883の比較、リジッドマウントと
ラバーマウントの比較、荷物の積載やちょっとしたカスタムなどなど…。
ぜひ見てみてください。そして雑学王もよろしくお願いします。

◆いやーしかし子供が夏休みになってからというもの、何だかんだでバイク全く乗れてません。
大丈夫かバッテリー…というか、炎天下に毎日駐車してあってよく燃え出さないな、世の中のバイク達は。

@駒門PA
写真は何年も前のもの、奥さんと走り回ってた時代のものです。
雨の高速で、休憩に寄ったパーキングにて。  
Posted by lowtechpower7 at 23:54Comments(2)イラスト話