2016年09月28日

府中白糸台掩体壕

◆以前、何度か調布飛行場脇の掩体壕(えんたいごう)について書いたことがありましたが、
今回は飛行場の南に位置する別の掩体壕を見てきました。
掩体壕とは、戦時中に造られたもので、上空の敵機から戦闘機を隠すためのものです。
調布飛行場が陸軍の飛行場だったので、その周囲にたくさん造られたそうです。


長年個人が管理・維持してきたそうですが、近年府中市が整備し管理することになったようです。
甲州街道が西武多摩川線を越えるために小高くなるところの脇にあります。
学生の頃からバイクで通るたびに、道路の下に見えていたもので気になっていたのですが
明らかに人の家の裏みたいなところで草ボーボーになってたりしたので近づけず。
で、この数年のうちに写真のようにきれいになったので、バイクですぐ脇まで行ってみたという訳です。


説明の看板もなかなか充実しています。調布飛行場や掩体壕の説明から、掩体壕が造られていた位置を
地図上に示してあったり戦時中&戦後に撮られた写真や、図面まで。
この辺りで現存しているのは調布飛行場脇のふたつと、府中市にふたつのようですが府中のもうひとつは
個人の土地にあるようで一般公開はされていないようです。

◆内部(天井)も当時の様子を残したまま保存してあります。


なかなか荒っぽい感じの天井ですが、手づくりの割にはきれいとも言えるんでしょうか。
掩体壕の作り方は、土を山にして固めて、その上にコンクリートなどを固めるという方式だそうです。
材料が足りず、コンクリートに加え竹の骨組みなども使われていたそうで…
地面は砕石が敷かれています。市の調査では、戦闘機を運び入れた時のタイヤ痕なんかも確認された
という話が説明板に書かれていました。
写真を見ると公園っぽく整備されているように見えますが、静かな住宅地の中にポンとあるちょっとした
スペースですので、もし行く方がいたら周囲の迷惑にならぬようお気をつけて。

★参考/過去の掩体壕ネタ
2013年05月06日「掩体壕(えんたいごう)」
2007年11月08日「60年以上前の記憶」  
Posted by lowtechpower7 at 00:53Comments(0)TrackBack(0)スポで出かけた

2016年09月24日

ゴジラ絵いろいろ

◆シン・ゴジラを観た後、あのゴジラの衝撃的な格好よさや進化の形態を描いてみたくなりまして。
何点か描いたのでアップします。
まずはその姿に衝撃を受けた通称「蒲田くん」。第二形態ってやつですね。


気持ち悪さと妙な愛嬌が大人気なんでしょうかね、この蒲田くん。
映画を観た人は分かると思いますが…

そして蒲田くんネタで一つ描いてみました4コママンガ。昭和と平成の共演を。
題して『シン・「ゴジラの息子」』



◆シン・ゴジラのゴジラは姿形は今までのと似ていますが、やはり独自な部分がたくさんあって。
今までのゴジラのセオリーが描く手に染み込んでいるので、それが出ないように気をつけるのが大変。
何度も描いているうちにだんだん分かってきたような…ってことで前にもアップしたボエーの直前っぽい
感じのシーンをもう一度。

このゴジラのパッと見の特徴は首のところの、バックリ開いたひび割れ的なところと、ごつい胸の
ケロイド状の部分でしょうか。そういうところや体中のひび割れの内側から赤い光がのぞいているのが
過去のゴジラとは大きく違うところですね。


そんで色もつけてみました。カラーで描くと発光の感じが難しいですね。
口から放射能火炎(これまでのゴジラだとそういう名前だったけど、こいつはどちらかというと
ビームみたいな雰囲気の光を発する)出すときに背びれが光るところは踏襲してますが、
ひび割れの部分もけっこう光ってまして。この攻撃を夜にドバーッとやるんですが、それがもう
カッコよすぎて。涙出てきましたもん。神々しいとも思える光でした。
ちなみにこの攻撃の効果音が、ウルトラマンのスペシウム光線の音に近いという話をどこかで見たような。
その音のせいで尚さら光線っぽく感じるんですね。まぁ、描かれ方もほとんどビームなんですが…
「シン・ゴジラ」、まだ観てない方はぜひ劇場へ!スクリーンで観るべき映画です。  
Posted by lowtechpower7 at 23:44Comments(2)TrackBack(0)イラスト話

2016年09月15日

クラブ・ハーレー10月号

◆「鉄馬乗りこなしゼミナール」でマンガを担当していますクラブ・ハーレーの10月号が発売です。


先日発表になったハーレーの新しいエンジンが表紙ですね。
スポーツスターには積まれないのであまり詳しく知らないですが、ツインカムやめたらしいですね。
あと熱くないって行きつけのディーラーの専務が言ってました。アメリカで試乗してきたそうです。
試乗会でビッグツインに何度か試乗したことあって、あのでかいエンジンが発する熱はもの凄いもので
びっくりした記憶があります。あの熱さが抑えられるならかなり快適になるでしょうね〜。

◆この前、久しぶりに夫婦でスポーツスター乗ってディーラーに行ったんですが、キャプテンアメリカの
カラーのタンクを装着したストリート750が…ビキニカウル、白にするとけっこう存在感ありますね。


バイクの前に置いてあるNo.1マークの物体が、我らが行きつけディーラー「ハーレーダビッドソン三鷹」が
アジアパシフィック地域のH-Dディーラーの2015年の頂点に輝いたトロフィーであります。
これは去年から始まった賞だそうで、最初の受賞だそう。
このトロフィー、持たせてもらったんですがかなり重かったです。5キロくらいはありそうだった。
98年の終わりにスポーツスターを購入してから長いことお世話になってますが、ほんとこの店には
不満を持ったことはほとんどないなーという印象。それってすごいことだと思います。
これからもよろしくお願いいたします。  
Posted by lowtechpower7 at 00:24Comments(2)TrackBack(0)イラスト話

2016年09月13日

自転車のブレーキシュー交換

◆なんか自転車のブレーキがキーキー鳴るようになったので、よくよく見てみたら前のブレーキシューが
限界を突破していたみたいなので交換しました。


変な減り方しちゃってますね。元々、雨の日とか濡れると鳴るブレーキだったので、最初は濡れてる
せいかと思ったんですが、乾いても鳴ってたのでおかしいと思ったらこんななってました。


というわけで、近所の自転車屋でブレーキシューを購入。バイクのブレーキの意識でパッドっていうのか
と思っていたけど、自転車はシューというようですね。どうでもいいけど。
買ってから調べたらAmazonの方が安いみたいだけど、数十円だし、早く交換したかったので
すぐに買えるところで買いました。

◆この自転車のブレーキは一般的なママチャリのと違って、Vブレーキというタイプ。
マウンテンバイクなんかによく使われているのかな。自転車には詳しくないのでよく分かりませんが。
そしてなぜこんな安物折りたたみ自転車にVブレーキなのかも謎ですが(笑)。


ブレーキの構造を説明したりはできませんので、こんな感じで新しいのを付けましたという写真。
前のやつよりゴムの部分がいい感じに柔らかくてよく利きそう。前のは硬い感じでしたので。


作業自体はそんなに難しくないので、無事に完了。前に後ろブレーキをいじったことがあったのと
事前にネットでやり方を調べておいたのも効を奏しましたな。
鳴きを予防するために、リムに対して若干シューに角度を付けて固定する(トーインというらしい)
のもうまくいったみたいだし。まぁ成功なんじゃないでしょうか。


今度の冬で買ってから丸4年になるこのチャリ。相当サビも来てます…。
安いせいかボロくなるのも早いのか…擦り減ったリアタイヤ交換(前もそろそろヤバい)、
破れたサドル交換、ライトをLED化、そして今回のブレーキシュー交換。
安物買いの銭失い号になっていかなければいいのですが(笑)。

    
Posted by lowtechpower7 at 00:39Comments(2)TrackBack(0)日々あれこれ

2016年09月11日

さよなら「Sprtster」…

◆5年ぐらい、タンクに自作イラストのステッカーを貼っていたんだけど…「Sportster」のつづりを
間違っていたのに気づいたのが今年の頭くらいでしたかね…「Sprtster」になってました!(汗)
「p」の後の「o」を忘れていました…ガックシ


得意げにサイトや名刺など色んなところに使ったり、ステッカー作って友達に配ったりしていたのが
非常に恥ずかしいです。(あっTシャツまで作ってたんだった…今は販売してないです)
タンクのステッカーはだいぶボロボロになっていたので剥がそうと思いつつなかなか出来ずにいましたが
先日ステッカー剥がし剤を買ったので、ようやく実行。

◆作業としては、ボロくなったステッカーをひっぺがして残った糊に薬液をかけて5分くらい待つ。


糊が溶けてやわらかくなったところで、付属のヘラでやさしくこそげ落とす、って感じ。
塗装に傷をつけないように焦らずゆっくりと。


周囲から真ん中に集めて行ってみました。けっこうちゃんと落ちますね、これ。
だいぶ前にも何かを剥がすのに使ったことあった気がしますが。
久しぶりにタンクを剥がしてみると、隠れてた小さい傷が現われてきました。
そういえばこんな傷あったなーっ、ていう感想(笑)。


ということで5年ぶりにさっぱりとしたタンクでございます。しばらくはこれで行こう。
(はー乗りたい)

   
Posted by lowtechpower7 at 00:25Comments(0)TrackBack(0)スポーツスター話

2016年08月28日

ゴジラバスでゴジラヘッドへ

◆またしてもゴジラネタですが…シン・ゴジラの映画を観たとき、その劇場ではパンフレットが
売り切れで入手できませんでした。なので、他の劇場に電話して在庫があるか聞いてみたんですが
新宿の東宝シネマズにあると言うので、久しぶりに家族で新宿へ行ってきました。
歌舞伎町にある東宝シネマズまで、3歳児を連れて歩いて行くのはなかなか遠い…と思ったら、
西口から100円で利用できるバスが歌舞伎町の方へ走ってるので、それに乗ることに。
WEバスというんだけど、サイトを見たらゴジラのペイントが施されている車両がいるとか。
これが来たらラッキーだねとか言ってたら…、本当に来たー!


ゴジラやモスラ、メカゴジラなどのイラストが車体に。これは盛り上がる!(笑)
車内(運転席の後ろ)にはゴジラのフィギュアが飾られてました。
バスが靖国通りに入り大ガードをくぐって、さて次の停留所で降りるぞ、と降車スイッチを見ると。


ゴジラの足跡がーーー!
しかも、何気なく押すとピンポーンじゃなくて「ギャオーーーンン」とゴジラの咆哮。凝ってる…。
これはマニアにはタマラン…?ゴジラ好きな人は乗ってみては?
一台しか走ってないみたいですが。→新宿WEバスのページ


一枚目の写真のイラストのは平成ゴジラみたいだけど、この後ろの方のはモスゴジっぽいかな?

◆というわけでゴジラの頭が見える東宝のビルを目指して。


パンフ買うために映画館のグッズ売場に行きましたが、ゴジラは現代の小学生にも人気になったようで
売場にあるゴジラシリーズのDVDを見て「すげー!ゴジラのDVD全部ある!全部か分かんないけど
いっぱいある!」と興奮している男の子がいました。いいぞー。


んでゴジラの頭を近くで見ようとエレベーターで上がってみたんですが、東宝シネマズのビルの
上の方がホテルになってまして、そこのカフェのテラスにゴジラヘッドが設置されてました。
この屋上に出られるのはホテル宿泊者とカフェ利用者のみです。
ちょうど雨がザーザー降ってきたし、中から見るだけにしておきました。でかいですねー。
前から見たかったですが、晴れててもお金払ってまで外に出ないかな(笑)。  
Posted by lowtechpower7 at 00:54Comments(0)TrackBack(0)日々あれこれ

2016年08月21日

海ほたる×ゴジラ

◆ゴジラの話で書いたように、8月の頭に気まぐれでアクアラインの海ほたるへ行ってきました。
そしたらシン・ゴジラとのコラボ企画や展示があってびっくりしたんですが…
アクアラインと海ほたるがシン・ゴジラに登場していたからなのでした。


川崎側の広い場所に、ゴジラの実物大足跡が描かれていました。20mあるらしいです。でかい!
足跡の間に子供を抱っこして立ってみました。足跡の大きさがよく分かるでしょう。
子供はここに本当にゴジラが来たと思ったみたいです。「また来る?」と心配そうに言ってました。
「自衛隊さんがやっつけたから大丈夫だよ」ということにしておきましたが…(笑)。
いやでも実際のところ、映画観てからだったらアクアライン走る気になれなかったと思います。
そんな感じの怖い使われ方でした、アクアライン。

◆屋内では過去のゴジラシリーズのポスターがずらりと展示されてました。オールドファンにはたまらんです。


初代ゴジラのポスターはやはり秀逸です。キングギドラがいる「地球最大の決戦」あたりのも
少年時代の興奮を思い出させるお気に入りですねぇ。


昭和のゴジラシリーズの反対側です。ガイガンとかメカゴジラあたりまで来ると、子供のヒーロー的な
怪獣になってしまっていて初代ゴジラのような恐怖の存在ではなくなってしまいましたね。
平成のゴジラシリーズのポスターもありましたが、撮りませんでした。
他にもシン・ゴジラの撮影風景の写真なんかも展示されてました。

◆ゴジラのデザインについてちょっと書くと、昭和のゴジラは頭がけっこう大きめ。健全な感じ。
平成ゴジラは顔が小さく胸が張り出して、かなりマッチョなイメージなんですよね。
カッコいいんだけど、やはりそれはヒーロー的な存在感の延長というか。
それに対して今回のシン・ゴジラのデザインは、初代のゴジラに近いイメージを持ちつつ、
さらに禍々しさを持ったまさに恐怖の対象という感じで。
初代ゴジラの頭部は原爆のキノコ雲のイメージという話がありますが、シン・ゴジラもまさに
そういう感じで。(実際、初代のイメージを引き継ぎつつ、進化させているようです)
自分としては初代ゴジラ、モスゴジ(モスラ対ゴジラのゴジラ)あたりがお気に入りだったんですが
シン・ゴジラのもかなり好きなゴジラになりました。


シン・ゴジラのゴジラは今までのゴジラと微妙に違うので描くの難しいですが、また描いてみました。
前回のは見直すとちょっとイマイチです。
この絵は「ボエー」の直前を描いたつもり。映画観た人は分かると思いますが。  
Posted by lowtechpower7 at 01:07Comments(2)TrackBack(0)日々あれこれ

2016年08月16日

シン・ゴジラ観てきた

◆公開から2週間以上経ってしまいましたが、「シン・ゴジラ」を観てきました。
子供の登園日に、夫婦で。二人で映画なんて、奥さんが妊娠中に行った「のぼうの城」以来かな。


こういうのは前知識なしで観たい派なので、なるべくネタバレ情報に触れないように注意して
過ごしてきて、行ってきました。
結果、凄くおもしろく大満足でした。これぞ観たかったゴジラ!って感じで。
「現実(ニッポン) 対 虚構(ゴジラ)」というキャッチコピーがまさにハマってるという印象で、
今この日本にゴジラが現われたら、こんな事態になるのでは…という展開。
人間側の慌てっぷりがおもしろくて仕方なかったです。そして立ち向かって行く強さ。
まぁそれだけじゃないんですが。ゴジラが出てただ倒そうとする、そういう単純な話ではないです。
そしてゴジラ自体も、禍々しさが最強で。恐ろしい存在感たっぷりでした。
初代ゴジラを踏襲したイメージを持っていることはゴジラファンにはすぐ分かったと思いますが、
新しい要素もたくさん盛り込まれていて好きなゴジラのひとつになりました。
話も映像も音楽も色々すごくて、観ながら何度か涙流しそうになりました(笑)。
一回見たので、もうネタバレ情報を気にすることはないので、逆に今度は細かいネタを仕入れてから
もう一度劇場で観たいです。



◆ところで8月の頭に、きまぐれでアクアラインの海ほたるに行ってきたんですが…シン・ゴジラに
関係大ありで。先に映画を観ていたら、怖くてトンネル走る気になれなかったと思います。
(観た人には分かると思いますが…)


写真は海ほたるでの写真ですが…実物大ゴジラの足跡が。海の向こうの方に見えるのが、
川崎側の「風の塔」。
ゴジラ関係の展示やなんかがあったので、また別で書きます。  
Posted by lowtechpower7 at 23:24Comments(2)TrackBack(0)日々あれこれ

2016年08月14日

クラブ・ハーレー9月号

◆マンガを担当しております、「鉄馬乗りこなしゼミナール」掲載のクラブ・ハーレー9月号が発売です。


今月号はイラストが表紙。残念ながらわたくしのイラストではありません。
こういうのも描かせてもらえたら嬉しいんですが(笑)。
この旧車特集はかなり詳しいみたい(自分は旧車乗りなのでよくは分かりませんが)です。
今は現行モデルに乗っている人でも、将来旧車に乗ってみたい人にはいいかも知れませんね。
あと気になったのはシートの特集。けっこう充実の内容です。
シートは見た目も大事ですが、座り心地も重要。超距離走るのにケツの痛みを我慢して乗るのは
ほんとにキツいですからねー、ツーリングする人は慎重に選ぶべきパーツです。

◆こないだ自衛隊のところで撮った写真の別アングル(というか、バイクに寄っただけ?)。


どうでもいいけど、この戦闘機のすぐ脇に、「幹部食堂」という看板のある建物がありました。
階級によって食堂が別々なんですかね。
この写真ではブラッククロームのソロシートをつけています。一人で乗る時はもっぱらこれです。
見ての通り、かなり薄いので固くて、長距離走るにはあまり向かないと思います。
使い始めた頃はけっこうケツ痛になりました。最近は小一時間しか乗らないので、なりません(笑)。
ここまで薄いとサドルシートみたいでカッコよさはピカイチなんですけどね〜。
ソロシートはノーマルシートのスポンジを自分で削って薄くしたのを使っていた時期もありました。
雨が降ると水がしみるので使うのをやめてしまったんですが。  
Posted by lowtechpower7 at 23:09Comments(2)TrackBack(0)イラスト話

2016年08月11日

スポーツスターと戦闘機

◆今年の夏は子供と市民プール(屋外)に行くようになり、20年ぶりぐらいで日光に晒された肩が
日焼けで痒い今日この頃です。
昼前にプールに行く→午後はお昼寝というのが最近の子供の生活パターンなので、
寝てる間にちょっとスポーツスターを動かしてきました。


航空自衛隊府中基地に、退役した戦闘機が2機展示されています。
バイクと一緒に写真に撮りたかったので、歩道ですがちょっとバイクを停めて撮ってみました。
この道、ふつうに住宅街に面してるんですが毎日戦闘機が見える生活ってどんなもんなんでしょ。


右のシルバーのがF-104。ロッキード社製だそうです。自衛隊で使われていたのは日本で生産されたもの
みたいですが、詳しいことはよく知りません。wikipedia見るとそんな感じでした。
左の迷彩のは三菱F-1。1977年から2006年まで運用されていたようです。
小学生時代にブルーインパルスのプラモを作ったことあったけど、それはこのF−1の前身モデルの
T-2だったみたいで。確かに同じような形だったな。

◆帰りがけに2りんかん。タンクのステッカーを剥がそうと思ってて、ステッカー剥がし剤を買いました。


暑いのにけっこうバイクいたな。前日までよりはマシな気温だったからかな。
しかしこの季節のエンジンはほんと熱の塊。信号待ちがきついです。
ガソリンの節約とかじゃなくて、単純に熱くていやだからアイドリングストップしてしまう。
早く終わってくれないかなー、夏…。  
Posted by lowtechpower7 at 23:30Comments(4)TrackBack(0)スポで出かけた