2017年07月24日

二代目パクパク制作

◆奥様号883のオイルタンクキャップに付けている、キャップカバー通称「パクパク」。
この写真は最初に作ったものを使い始めた頃のものです(2005年の秋)。


元はと言えば、これはmmさんが自分のスポーツスター用に作ったものを真似て作ったもので。
停車時に脚を降ろしたときに、熱くなっているオイルタンクキャップで太ももがアチチってなるのを
防ぐためのアイテムです。
このアチチってなる現象は、2003年までのスポーツスターではよくある話。
2004年以降のモデルではキャップがタンクから飛び出さないデザインになったので、
太ももに当たることはなくなっているようです。


んで、これなんですが10年以上も使っていたら革が縮んでしまって、キャップをカバーしきれなく
なってしまったようで。最近脚を降ろした時に熱い、という話だったので二代目を作りました。
しかし10年以上もの時間を経て、もの凄い色になってしまったんですねー。


新しく切り出した革と並べてみたら、こんな感じ。同じ革のハギレを取っておいてあったので、
そこから同じ大きさで切り出したんですが、だいぶ縮んだことも分かりやすい。

◆作業としては、パチッと留めるスナップを付けて、オイルタンクの注ぎ口を通す穴を開けます。


レザークラフトというほどでもない、素人でも簡単な作業。
現物に合わせて穴の大きさを調整して、革ひもを通す穴を開けて、ひもを縛る。


という訳で完成!革ひもで留めるのは、パッチン留めだけだと乗り降りの時にパカパカしすぎて
しまうので、それを防ぐためと思います。革ひもをかっこよく結ぶのは難しい。


裏から見ると、ビックリした顔みたいで愛嬌があってイイ。
次に乗る時に、バイクに取り付けたいと思います。  
Posted by lowtechpower7 at 23:45Comments(2)スポーツスター話

2017年07月14日

灼熱散歩にて…

◆猛暑続きのカラ梅雨ですが、少し時間を見つけてスポーツスターを走らせました。20日ぶりに。
熱中症に注意!と天気予報士が散々言っていた猛烈な暑さの中のバイクの運転。まるで苦行です(笑)。
ひとりで走っていると、休憩が面倒になってしまうんですよね。
暑い日はこまめに水分補給しないといけないんですが。
そんな中、某所にて信号待ちをしていたら歩道の方から「ヤエさーん!」と我を呼ぶ声あり。
えっと思って見たら、ただゆきさん!びっくりした!


信号の先の木陰にバイクを寄せて、しばし立ち話。いやーネット上ではやりとりありますけど、
実際に顔を会わせたの何年ぶりかって感じで。偶然の神に感謝。
職場の近くでちょうど昼休みだったそうで…歓談の後、灼熱の路上に戻りました。
涼しくなってきたら、早朝1時間散歩ライドでも行きましょう。

◆こう暑くては、日陰での信号待ちくらいしかホッとできる時間がありません。


乗らないとエンジンかからなくなるんじゃないかと不安で、定期的に動かすって感じ。
冬ほどはバッテリーがあがることはないとは思うんですが。こわいので。
しかし関東、まだ梅雨明けしてないんですよね。何なんでしょう、この暑さ…。


コンビニでポカリ買って水分補給しました。早く夏、終わらないかな(笑)。  
Posted by lowtechpower7 at 01:00Comments(2)スポで出かけた

2017年07月08日

四ッ谷の消防博物館

◆丸ノ内線四ツ谷三丁目駅すぐのところにある消防博物館に行ってみました。


中に入ると、甲州街道から見えるヘリコプターがお出迎えです。
そういや銀座にある警察博物館にもヘリコプター展示してあったな。
地下の展示室に、けっこう昔の消防車が何台も展示してありましたので紹介してみます。


消防車がいろいろあるので子供は喜ぶかと思ったんだけど、そんなでもなかったようで
ざっと流して見るくらいになってしまい、詳しい説明とかよく見られませんでした。
このはしご車2台はかなり巨大で、迫力ありました。右のはいすゞ製で、梯子のメイン素材がなんと木製。
重そうだし、燃えたりしなかったのかなと今さらながら心配になってしました。
左のはベンツって書いてありますね。クラシカルな顔してますね〜。

◆この2台もかなりクラシカルで、大柄な車体でした。ボンネット部分が長い!


どちらも革張りの豪華なシートが付けられていておもしろかったです。社長の椅子みたいな。
どの消防車も大きめの鐘がぶらさがっていて、子供はそれを気にしてました。


このはしご車もかなりデカかったですが、注目はその前に置いてある小さいやつ。
オモチャみたいに見えますが、実際に消火活動に使われた装備らしいです。びっくり。


説明によると、遠隔操作で消火活動を行う機械らしいです。
その名も「遠隔操作式消火装置 ジェットファイター」。
1989年から2004年まで池袋消防署に配置されていたそうです。実際どれほど使われたのかな。
昔にデザインされた近未来メカみたいな形がなんともいい感じですね(笑)。

◆最後は昔の救急車の模型。これにはちょっと興味を示してた我が娘。


左のがダッヂで、右のはトヨタとのことです。なかなかいい模型ですね。
スケールは1/10とありました。
ダッヂは1936(昭和11)年に使われ始めたそうです。当時は警視庁消防部だったとのこと。


トヨタは1961(昭和36)年に導入されたとのことです。
各市町村の救急車の基準になったモデルという話。
消防博物館は都心のビルで、上の階には江戸時代の火消しの「まとい」なんかも展示されている
ようです。今回は時間なくて(子供が飽きたので)見られませんでしたが…。
最上階は展望室になっているようで、都心の街並を眺めるのもいいのではないでしょうか。

東京消防庁 消防博物館  
Posted by lowtechpower7 at 00:57Comments(0)日々あれこれ

2017年06月26日

うちの子の画力

◆4歳半になった我が家の娘、絵や字を描くのが大好きで。日々紙を消費していきます。
最近ハマっているのが絵本作り。幼稚園で紙を何枚か本のように貼り合わせたものにお話(字だけ)を
書いたものを、何度か持って帰って来てたんだけど、そのうち家でも作るように。
そしてついに絵も描き始め、本格的な(笑)絵本制作になりました。


かなり読みにくいんですが、「きのこが なんでこのまちに たくさんあるの?さてそれから」
「それから きのこに」と書いてあります。これ、何日か前のなんですが今日かなり進んでました。
アンパンマンの絵とかよく描いてるんですが、そういう既製のキャラを使わずにオリジナルのお話を
作っているのはすごい。
ちなみにこの絵本のタイトルは「きのこがたくさんのまち」です。

◆これは娘のオリジナルキャラ、しょおぼうくん。消防キャラです。「誰でも助ける」そうです。


モノクロ版とカラー版を描いたのが何かすごいですね。腰の後ろについているのはハシゴだそうで、
救助の時に使うそうです。
少し前までは、腕や脚を一本の線で描いてたんですが、いつのまにか太く描くようになってました。

◆そしてこれは今日描いてた絵なのですが、右上のドキンちゃんが妙に上手くて感心しました。


アンパンマンとか描くと、だいたい正面顔が基本なのですが、これはちょっと斜めからのアングル。
意識せず偶然なのだろうけど、これは両親で驚きました。
娘はアンパンマンがばいきんまんに痛めつけられたところが好きみたいで(笑)、目がバツになって
いるのをよく描きます。これもそう。
(アンパンマンは顔が濡れたり歪んだりすると、力が出なくなってしまう)
左下はアンパンマン号という、アンパンマンの顔の形の車。無表情に見えるのは、車だからで
これはこれで似ているんです。
字も絵もまだまだ書けるようになったばかりなので、自分の思った通りに描けなかったりすると
イライラして怒り出したりしてなかなか難義なんですが、できる範囲で見守ってやりたいと思います。  
Posted by lowtechpower7 at 00:57Comments(6)TrackBack(0)日々あれこれ

2017年05月31日

スポーツスター・カスタムブックvol.15、出てます。

◆スポーツスター・カスタムブックvol.15が先週の金曜に発売になりました!
皆様もうご覧になりましたでしょうか〜。


今回も、2ページの漫画コーナー「Y氏のスポーツスター・カスタム研究所」を描かせていただきました。
お時間ある方ない方、この表紙を見かけたらお手に取って見てみてくださいませ!
最近のメーカー的スポーツスターの推しはやはりXL1200CXのような走り系なのでしょうか。
本の内容も、現代風カフェレーサーの作り方を巻頭に持ってきています。
いわゆるカフェレーサーと言われる方向性のカスタム。低いハンドルやフロントのカウルなどが
代表的なイメージの、洒落た感じの車両が特集ページにたくさん載ってます。
この感じは、自分がスポーツスターに乗り始めた2000年頃の走り系のカスタムとは感じが違いますね。
あの頃はやはり実用的?な走り方向で、質実剛健でレースに出るマシンのような方向性でした。
カウルとか付ける人はあまりいなかったし、カフェレーサーっていうとスポーツスターよりは
SRとかの方が多いカスタムだった気がします。

◆ところで毎回、一コマ目にことわざのような格言のような?ことを書いてますが、
最近は迷走というか、何かもうわけ分かんなくなってます(笑)。


「3、4がなくて5に4カム」って。数もどってるし。
お暇な人は、過去の回で何言ってるか見てみてはいかがでしょうか(笑)。
自分のすきなやつを幾つか挙げてみると。
「目に入れても痛くないほどスポーツスター好きのアナタ」
「スポーツとかけてスターととく、その心は4カムのみなさん、こんにちは」
「スポーツスターだけで白メシ5杯はイケる皆さん、こんにちは」
…こんな感じです。謎かけのやつとか、謎掛けとして全然成立してないですね(笑)。

という訳で、スポーツスター・カスタムブックのお知らせでしたー。
よろしくどうぞ!

★前号やクラブ・ハーレー本誌「乗りこなしゼミナール」関係の本もヨロシクです。
    
Posted by lowtechpower7 at 23:10Comments(2)TrackBack(0)イラスト話

2017年05月27日

国技館前で力士を入り待ち

◆去年ぐらいから、子供が相撲をだいぶ気に入っていて、本物を見に行こうということになり。
もちろん観戦チケットなんて取れるわけないので、国技館の前で取り組み前にやってくる力士たちを
「入り待ち」してみました。土曜ということもありけっこうな人出で、門の前はにぎわってました。


しこ名と部屋の名前ののぼり旗がいいですねー。
力士たちがやってくるパターンとしては、両国駅の方から歩道を歩いてくる場合と、タクシーなどで
門の正面に乗り付けて、門に入っていく場合とあって、三々五々それぞれの都合でやってきます。
なのでその辺にいる人達がわぁっとなったり、拍手が聞こえてきたら力士が来た報せになるので、
そのタイミングで注目する、という感じでした。

◆で、何人も幕内の力士を見ることができたんですが、けっこうスイスイ歩いていくし、
子供にも見せるのに抱っこしてたりして写真はあまり撮れませんでした。


これは松鳳山関。クルマから降りてきたところ。「褐色の弾丸」と呼ばれているそうですが、
キリッとしててカッコいい。奥さんが強く見たがっていた力士なので、見られてよかったです。
しかも「あと一人誰か来たら帰ろう」「松鳳山見たいなー」と言っていたところに、
ちょうど来てくれました。超ラッキー!(笑)


こちらは正代関。駅の方から歩道を歩いてきました。おもしろい相撲を取る力士です。
他には、輝、遠藤、勢、高安、琴奨菊、魁聖、宝富士、嘉風、玉鷲、北勝富士、隠岐の海、御嶽海、
琴勇輝、豪風、千代翔馬、豊山などを見ました。チラッとしか見えない人もいましたがだいぶ満足。
ちなみに大関と横綱は門からではなく、別の駐車場から入っていくそうなので入り待ちはできません。
宇良や石浦なんかも見てみたかったなー。


帰りに、両国駅の構内に設置された歴代横綱の手形に手を合わせてみました。
ものすごくデカい手の人と、案外そうでもない人もいて意外でした。
子供も色んな力士を見られてかなり喜んでいたので、よかったです。いつか場内で取り組みも
見てみたいものですが…後ろーの方から小さく観るくらいなら、テレビの方が見やすいのか(笑)。
子供の頃、一度だけ家族で観に行ったことがありましたが…千代の富士が初日で負けた波乱の日でした。
座布団が飛び交ってたっけ。あと、隣のグループのおじさんがやたらに「巨筒(おおづつ)〜!」と
大声で応援してたのが印象的だった(笑)。  
Posted by lowtechpower7 at 23:57Comments(2)TrackBack(0)日々あれこれ

2017年05月18日

XL1200CX ロードスターを試乗した

◆先日試乗したと書いてからけっこう経ってしまいましたが、XL1200CX ロードスターの感想です。
いつもお世話になっているハーレーダビッドソン三鷹さんに借りました。


このロードスター、久しぶりに走り方向のモデルとしてスポーツスターのラインナップに加わったもので
今までにないほど凝ったメーカー純正カスタムを施されています。
パッと見で目立つところから挙げていくと、かなり低いポジションにセットされたハンドルや
フロント倒立フォーク、18インチのリアホイールなどですかね。


左からの写真だとハンドルの低さがかなり際立つと思いますが…跨がってハンドルに手を置いてみると
けっこう前傾姿勢になります。セパハンじゃなくてトップブリッジ上についたハンドルとしては
一番低いポジションなんじゃないでしょうか。
昔自分が乗ってたGB250はストレートハンドルでまあまあ低かったですが、それ以上って感じでした。
久しぶりに前傾姿勢のバイクに乗ったら、背中や腕がけっこう辛かったです。もう若くないので…(笑)。

◆小一時間くらい走らせてみたんですが、街中ですしスポーティな性能を発揮できるようなライディングが
できるような感じではありませんでした。山の方とかでも行ければおもしろいんでしょうけど。
ラバーマウントモデルが全体的にそうだと思いますが、振動はけっこうマイルドで荒々しい印象は
ありませんでした。純正のマフラーの音と相まって割とジェントルな感じ。
そんなに何度も充分な加速をするチャンスはなかったですが、パワフルに回るエンジンという印象でした。


ライダー目線とも少し違うかも知れませんが、上から撮ってみました。
このハンドル、幅もかなりあります。低くて幅広のハンドルに対してステップはノーマルな
スポーツスターのステップの位置なので、上半身と下半身がちょっとちぐはぐな感じかも知れません。
バックステップ気味な位置だったら、もう少し自然なポジションになるのかもと思いました。


試乗した車両は、インジェクションチューニングが施されているということでしたが、
自分の腕前では正直よく分かりませんでした…1200CXの元の感じも知らないですし(笑)。
公道での試乗って、慣れない車両に慣れるだけでも大変で、短い時間でバイクを充分に感じるのって
なかなか難しいですね。
雑誌とかで色んなバイクに乗ってインプレする編集者やライターの方々はすごいなーと思います。
少しの間、細い道に迷い込んでしまって1〜2速を使う低速でウロウロしてたんですが
エンジンの熱がかなりなものになったりして、焦りました。夏に渋滞にハマったりしたら
けっこう大変かも知れないですね。

◆2000年式のうちの奥様号と並べて撮ってみました。ハンドルやサスなどはノーマルです。
後ろのフェンダーがけっこう上がって見えますね。こちらは16インチのリアホイール。


1200CXの方がタンクが大きいということもあってか、大柄な印象です。
2004年以降のラバーマウントモデルは車体全体が太い感じですよね。
タンデムには向かなそうなシートは、後ろの方に座るとお尻のホールド感がけっこうよかったです。
この特徴的なハンドルですが、他のスポーツスターの純正ハンドルでワイヤー交換なしに付くものが
あるそうで、普通っぽいポジションにするためにそっちに換える人もいるそうです(ショップの
スタッフさん談)。それではこのモデルをつくったメーカーの意図が…(笑)。
普段自分が乗っているMyスポーツスターや奥様号と違うものに乗ってみて、おもしろかったです。
今月末頃にクラブ・ハーレー別冊のスポーツスター・カスタムブックが発売になりますが、
そちらでまた2ページ、マンガを描かせていただきました。
試乗関連の話になってますので、読んでいただければ幸いです。出たらまたお知らせしますねー。  
Posted by lowtechpower7 at 00:58Comments(2)TrackBack(0)スポーツスター話

2017年05月16日

娘が自転車に乗り始めた話

◆3歳の誕生日プレゼントに、祖父母にストライダーをプレゼントしてもらって乗ってきたうちの子供。
かなり乗りこなすようになり、バランス感覚もけっこう身についてきたような感じ。
ストライダーはストライダーとして好きなんだけど、やはり自転車も気になっているのも事実で。
そんな折、幼稚園のお友達のお姉ちゃんの使っていた自転車を譲ってもらえることになり、
とうとう念願のMy自転車を入手しました。本当ありがたい話です。


いただきものなんで詳細は分からないんですが、14インチの補助輪付き自転車ということで。
実は少し前から、市が運営している交通公園で自転車を借りて練習していたので、
やる気右肩上がりかつ自転車に慣れて来たところでタイミングよかったです。
お古と言ってもとてもきれいな状態で、補助輪の高さをちょっと調整して、
すぐに快適に乗れるようになりました。
ストライダーをやってるとバランス感覚が身に付いて自転車に楽に乗れるようになる、
という話もありますが。とりあえず、ある程度のスピードでペダルをこぐ力がないと安定して
自転車を進ませられないみたいなので、そうなるまで頑張ってこいでもらいます。


交通公園で練習している時の写真。ここ、安全に乗れていいんだけど家からは遠い。
自分のあったら自分の自転車乗りたいだろうしな…
家の近所だと安全に練習できるような場所があまりなくて困ります。

◆ちなみに、ストライダーに乗り始めた頃の写真。


この頃に比べれば、今はだいぶバランスよく操れるようになってて、両足上げての空走距離も
まぁまぁ延びてきました。


今年の4月頃。けっこう勢いよく走れるようになってて、公園の中をグルグル走り回ったり。
追っかけて写真撮るのが大変。
1年半ぐらいでだいぶ背も伸びたので、サドルの高さもけっこう上げました。
自転車もおもしろいだろうけど、こっちも継続して乗ってもらいたいところです。
補助輪付き自転車にずっと乗ってると、倒れないのに慣れ過ぎちゃいそうで。
小学校に上がるくらいまでは、この自転車で行くことになりそうです。
おぼろげな記憶では、自分の頃は小学校上がったくらいで補助輪取るみたいな感じだった気もしますが…
最近では幼稚園のうちに補助輪なしまで行く子が多いみたいですね。  
Posted by lowtechpower7 at 00:57Comments(2)TrackBack(0)日々あれこれ

2017年05月08日

ユニクロのジーンズその後。

◆2年ほど前に、ユニクロの「セルビッジスリムフィットストレートジーンズ」を買って履いている、 と
いうことを書いたんですが、その記事に地味に今でもアクセスがあるので今の様子を書いてみます。
最初にお断りしておくと、この「セルビッジスリムフィットストレートジーンズ」は2015年頃に廃版に
なった旧モデルです。ストレッチ性のない、綿100%のものです。
色落ちの感じとか、今のモデルと同じとは限りませんので悪しからず。


数ヶ月違いで買った2本は、ほとんど差のない感じに色落ちしている感じです。
(撮り方のせいか色調が緑っぽいのと黄色っぽいのになってます。すいません。色調補正無理でした)
サイズは同じはずなんですが、最初の頃に洗った頻度のせいか、微妙にサイズが違う感じになってて。
左のがタイトに縮んでます。右の方が少しルーズで、丈も長いんです。


フロント側の色落ち。
自分はジーンズにドハマりしてる人ではないので、詳しく解説できませんすいません。
割といい感じだとは思ってますが。


後ろはこんな感じです。右のポケットにサイフを入れているので、そこは色落ちが強いですね。
写真が全体的に黄色っぽい感じになっているのは、蛍光灯の光の加減です。

◆ヒザの裏と、裾です。裾上げしてないのでチェーンステッチのままです。


これは丈長めの方なので、くしゃっとなった裾どうしが擦れ合う部分の色落ちが激しいです。


そんな感じのユニクロジーンズのその後でした。再度書きますが、以前のモデルです。  
Posted by lowtechpower7 at 23:30Comments(0)TrackBack(0)日々あれこれ

2017年05月01日

最新走り系スポーツスター

◆昨日のことですが、いつもお世話になっているディーラーで、XL1200CX ロードスターを試乗しました。
また5月末にクラブ・ハーレーの別冊スポーツスター本が出るので、それに描くマンガのネタになる
かな、ということで…。


そっちの制作を急がないといけないので、このブログでのレビューは後ほどということで…
少ないですが撮った写真をアップしておきます。


試乗したマシンは、イグニッションチューニングを施してあるということで、こんなエアクリが
付いていました。このスカルの#1マーク、POPで割と好きです。
小さめなのはCOOLですが、ニーグリップしにくい感じはありました。弁当箱エアクリに慣れてると。

◆こちらはメーター。タコメーターが針で、スピードがデジタル表示でした。下半分が液晶部分です。


現行スポーツスターでこのメーターがついているのはXL1200CXだけだそうです。
けっこう水平に近い角度で取り付けられています。昔のカフェレーサー的なバイクみたいなイメージ?
詳しいところはまた後日書きます。とりあえず今日はこんな感じで。

ハーレーダビッドソン三鷹  
Posted by lowtechpower7 at 23:43Comments(2)TrackBack(0)スポーツスター話