2021年10月03日

「3000円で“できるドラマー”になれる!超ドラム初心者本」でイラスト!

◆9月30日に発売になった、「3000円で“できるドラマー”になれる!超ドラム初心者本」というドラム教則本でイラストを描かせていただきました。
ドラム・マガジンのリットーミュージックからの発行です。


タイトルの『3000円で』というのは、本の値段ではなくてスティック代+αのDIY代のことのようです。
とりあえず高価な楽器を買わずに始められるのがドラムですから、その利点を活かしつつ上手くなろうという。
ちなみにイラストは本の中に載っています。表紙のイラストは別の人によるものです。
本屋さん、楽器屋さんなどになりますので見かけたら是非ご覧くださいませ!

◆この本、表紙にあるようにエクササイズがYouTubeと連動してます。
以前はCDやDVDが付いているような本もけっこうありましたけど、ネット環境が一般的になった現代というのは手軽に動画が見られて、初心者にやさしいですよね。
参考までに動画をひとつ貼っておきます。



 ←この本でもイラスト描いてます  
Posted by lowtechpower7 at 01:44Comments(0)イラスト話

2021年09月30日

虫たちの秋ー9月末

◆うちの虫たちのことをしばらく書いていませんでした(誰が求めているのか不明な話題ですが…)。
バッタ系で少し変化がありまして、9月の上旬にツチイナゴの成虫を捕獲して、去年幼虫から育てたチビちゃんの二代目として飼い始めました。
そして半ば頃さらに、幼虫のツチイナゴを捕獲。


幼虫のときは鮮やかな黄緑色と目の下の涙みたいな模様が特徴のツチイナゴ。これぞ去年かわいがっていたチビちゃんという感じで、娘が大喜びで飼うことになりました。


10日程したところで、その三代目チビちゃんが脱皮して成虫に。二代目より少し緑がかった身体。
右が三代目です。差はあまり分かりませんですね…(笑)。
ということで、バッタ系は現在トノサマバッタのでっかちゃんとゲンキーちゃん、ツチイナゴの二匹の計4匹。


バッタ4匹もいると、草を食べる量が半端ないです。河川敷で取ってくるんですが、これだけ入れといても5日くらいするとけっこう減ります。
水を入れた瓶に挿しているんですが、やはりくたびれてくる感じもあるので、また取りに行きます。
去年のカマキリのエサにする虫を捕っていたのに比べれば楽です。

◆そしてカブトムシの幼虫ですが。9月の半ばくらいにいったん腐葉土を全部ヒックリ返してみたところ、19匹いました。孵化した時期の差で大小いました。
月末になって、腐葉土の上に幼虫が出てきてしまうようになったので(何か腐葉土内に問題があると出てきちゃうという話)、腐葉土にたまった大量のフンを捨てつつもう一度幼虫をチェックしたところ、19匹全部すくすくと成長しておりました。


今回は大きめの葉が使われた腐葉土を使ってみました。自然の腐葉土に近いのかな、雑木林の中にいるときのような匂いのするものでした。
しかしこれどんどん大きくなるとケースが狭くなるので、先のことを考えないと…
(幼虫がうじゃうじゃいる写真は気持ち悪いので(笑)、3匹だけの写真を使用)
今、大中小3つのケースに分けていれています。

あ、あとコオロギ一匹も飼ってます(写真はなし)。夜になるとめちゃ元気に鳴いてます。  
Posted by lowtechpower7 at 00:26Comments(0)日々あれこれ

2021年09月17日

クラブ・ハーレー10月号

◆クラブ・ハーレーの10月号が発売になりました!今月も「ハーレー雑学王」でマンガを描かせていただいてます。


今月号はハーレーのサイドスタンドがテーマです。
国産バイクのサイドスタンドと少し違う特性を持っているんですが、その辺の話です。
本屋さんなどで、ぜひご覧くださいませ〜!


付録として、極厚ジーンズで有名なアイアンハートのカタログ小冊子が綴じ込みで付いてます。
自分もジーンズ一本とTシャツ2枚持ってますが、ヘヴィデューティなつくりで、長持ちしています。

◆スポーツスターのイラストがインパクト大なこのTシャツ、スポーツスター乗りとしては即買いでした。


厚手の生地で、ぜんぜん形崩れしません。10年以上前に買ったんですけどね。
暑くなるので真夏には着られませんが。
ネルシャツとかもいいんですが、お値段もかなりイイ感じで…(笑)  
Posted by lowtechpower7 at 01:00Comments(2)イラスト話

2021年08月31日

虫たちの晩夏

◆チビちゃん亡きあと、虫たちはどうなっているかと言うと…

IMG_3432
小さくてかわいいから「ちかちゃん」と呼んでいたトノサマバッタは、脱皮して成虫になったらかなりでかいメスでした。
なので改名して「でっかちゃん」と呼ばれています。褐色型なんですが、けっこう白っぽい。
すんごい勢いで草を食べます。

IMG_3423
左からオンブバッタのくさもち、トノサマバッタのゲンキー、でっかちゃんの抜け殻。
くさもちちゃんは成虫になる前にお亡くなりになってしまいました。前にもオンブバッタは成虫になる前に死んでしまったことがあって、難しさを感じています。

◆カブトムシについては、メスもお亡くなりになりました。卵は10個以上あったのですが二つのケースに分けて入れてあって、底のほうに見えたりします。

IMG_3431
早いやつは丸まった大きさが1cmくらいになってました。今のところはあまり手間がかからなくて助かります。フンが目立つようになってくると腐葉土マット交換が大変になるのでしょう。  
Posted by lowtechpower7 at 23:12Comments(0)日々あれこれ

2021年08月18日

ムシたちの世代交代

◆うちに来て1年以上、一緒に過ごしてきたツチイナゴのチビちゃんがついにお亡くなりに…。

chibi
さびしいっ!色んな姿を見せてくれて、かわいい子でした。たくさんありがとう。
これで今うちにいるバッタ類はトノサマバッタ2匹、ヒナバッタ1匹、オンブバッタ1匹。
トノ1匹とオンブはまだ幼虫。あと1回の脱皮で大人になりそうな予感。

◆ところでオスが死んでしまったカブトムシの件ですが、ふと気づくとメスのケースの底に小さな幼虫がいるではありませんか!
野生のカブトムシのメスは捕まえたらだいたい交尾がすんでいる、と昆虫の本に記述もあり、どうやらそういうことのようでした。

youchu
腐葉土を掘り返してみると1cmにもならないような小さい幼虫発見。

tamago
卵もありました。これなんかは地表に出ちゃってましたが。いいのか?
とりあえず幼虫2匹と卵5個を別の大きめのケースに引っ越しさせました。幼虫部屋になります。
しかし幼虫生まれるの早くないですか?よくわかりませんが…早くも来年に向けての新世代の飼育が始まったようです。  
Posted by lowtechpower7 at 02:04Comments(0)日々あれこれ

2021年08月12日

クラブ・ハーレー9月号!

◆クラブ・ハーレー9月号が発売になりました!「ハーレー雑学王」でマンガを担当しております。
なんと今月は、スポーツスター乗りが気になっているスポーツスターSが表紙です!

ch
「From Evolution to Rvolution」というキャッチフレーズを掲げて、ついに新型スポーツスターが発表さまれした。
一昨年あたりにPAN AMERICAと一緒に発表されたモデルのうちのひとつですが。
なので「スポーツスターS」という名前とともにこれが発表されたとき、「あっこれをスポーツスターって言うんだ?」と思ってしまいました。これまでのスポーツスターとは別物と考えるのが妥当でしょう。
今月号の巻頭特集では、けっこう細部まで詳しく紹介されています。
加えてスポーツスターの歴史についても、かなりスペース取ってまとめられています。スポーツスター大特集です。スポーツスター乗りの方はぜひ見てみてください。
情報の速さという意味では、ネットが今の主流だと思いますが、見開きのページでバーンと格好よくきれいに見せるという雑誌の手法というのは、廃れないものだなぁと今月号を見て思いました。



ハーレー公式のスポーツスターS紹介動画です。車両についてやスポーツスターの歴史、開発時のコンセプトイラストなんかも出てきますよ。
実車が見られるようになったら、お店に行ってみたいものです。  
Posted by lowtechpower7 at 23:43Comments(2)イラスト話

2021年08月09日

虫たちの夏ーチビちゃん1周年、と…

◆日本で唯一成虫で冬を越すバッタ類、ツチイナゴのチビちゃんがうちに来て1年が経ちました。


うちの子の七夕のお願いが「チビちゃんが夏休みまで長生きしますように」だったので、願いはかなえられ無事に1周年も迎えられました。
1年前は鮮やかな黄緑色の幼虫でしたが、成虫になったら茶色くなるツチイナゴ。
枯れ草の中で冬を越すので、目立たない色合いになるとか。


トノサマバッタのゲンキーちゃんは成虫になりました。オスですかね。
シャイなのか警戒心が強いのか、草の向こう側に隠れていることが多かったのですが最近は見えるところにも出てくるようになりました。


オンブバッタのくさもちちゃんとトノサマバッタのちかちゃん。
それぞれ脱皮をして大きくなってます。今回の子たちは脱皮が上手です。
ちかちゃんがもう終齢幼虫っぽいですね。次に脱皮したら成虫かな。

◆バッタ類がすくすくと成長する中、オスのカブトムシがお亡くなりに…ガーン。
6月上旬と割と早めに羽化したので、寿命も早く尽きたようです。
こんなことならメスと一緒のケースに入れてやるんでした…。合掌。

  
Posted by lowtechpower7 at 23:00Comments(0)日々あれこれ

2021年07月31日

虫たちの夏ー7月末

◆子どもが夏休みに入って、新たにバッタの幼虫3匹がうちに迎えられました。
さっそく名付けられて育ってます。

chikakusamochi
小柄なトノサマバッタは「小さく」て「かわいい」のでちかちゃん。
オンブバッタは、くさもちちゃん。
ちかちゃんはさっそく脱皮してました。この子たちは小さめの飼育ケースにいます。

genki
ちかちゃんより大きいトノサマバッタのゲンキーちゃん。やたら元気に飛び跳ねるので…
この子は先輩のチビちゃんとオチビオチビと一緒のケースで暮らしてます。

chibi
チビちゃんはまもなくうちに来て1年が経ちます。
年を越す日本唯一のバッタ類と言っても、ずいぶん長生きしてくれています。

◆カブトムシも相変わらずです。オスは昼までもよく地上にいますが、メスは昼は潜っていることが多く姿をあまり見ません。

kabuto  
Posted by lowtechpower7 at 23:09Comments(0)日々あれこれ

2021年07月27日

アコースティック・ギター・マガジン9月号!

◆27日に発売になったアコースティック・ギター・マガジン9月号でイラストを描かせていただきました!


「宅録、動画&配信も!5万円で買うアコギ向きマイク〜プロのマイキング術も教えます」「エンジニア中村公輔が教えるマイクのいろは」という企画で描いています。
本屋さんなどでこの表紙を見かけたら、ぜひお手に取って見てみてくださいませっ!
今月号はビートルズ大特集のようで、ビートルズのメンバーが使っていたアコギの紹介や曲のコードスコアが掲載されています。けっこう充実の内容だと思いますよ。


この付録の冊子もかなりのもので、ビートルズのメンバーがソロになってからの曲を収録してます。
表紙にある曲名をご覧ください。こういう捉え方はなかなかレアなのでは?と思いました(主観ですが)。
個人的にはジョージの「Got My Mind Set On You」が懐かしいです。高校時代だったかな弟がCD買っていたような。MVもおもしろかったです。剥製が歌ったりするやつです。



  
Posted by lowtechpower7 at 23:42Comments(0)イラスト話

2021年07月20日

ムシたちの件ー2021年7月

◆野生のメスのカブトムシがうちの虫に加わった話は前回紹介しましたが、けっこう立派な個体です。


メスは角がない分、腐葉土にもぐるのも速いしエサのゼリーに頭を突っ込むのも得意のようです。
丸太状の木にゼリーを載せているんですが、地上に出てくる時に木を回転させてしまってエサをひっくり返してしまうのが現在困っている案件です。
交尾すると寿命が縮まるというので、とりあえず今はオスとは別居させています。


当たり前だけど、見た目的には前に紹介した時と変化なし。
小バエが猛烈に発生するのが困りものです。飼育ケースの本体と蓋の間に紙を挟んで封じ込めています。
カブトムシは横から見るしかないんですが、仕方ないです。
エサを交換したりするのは外でやっています。小バエが大量に解放されるので。

◆前回の虫の話で書き忘れてましたが6月10日にトノサマバッタのミドリちゃんはお亡くなりになりました。去年の秋生まれなのでさすがに寿命だったのでしょう。


ツチイナゴのチビちゃんはまだまだ元気。この花が好きでよく食べています。
バッタ系でも種類によって草の好みがあるみたいで、いつもと違う場所で取って来たいつもと少し違う感じの草はあまり食べなかったりします。難しい。


オチビオチビは無事に脱皮して成虫になりました。それでも2cmくらい?
図鑑で調べたところ、ヒナバッタという種類みたいです。
昆虫の飼育って、幼虫から成虫になるまではけっこう一生懸命見守る必要あって面白いですが、成虫になると生活が安定するのでちょっと張り合いが減りますね。
またトノサマバッタの子供でも見つけてくるか…?
子供の夏休みの自由研究もあるし?  
Posted by lowtechpower7 at 01:34Comments(0)日々あれこれ