2019年05月09日

シド・ミード展に行ってきた

◆映画「ブレードランナー」や「ターンエーガンダム」でのデザインワークスなどで知られる
シド・ミード氏の作品展が開催されているので、行ってきました。


会場はだいぶ前に大友克洋展が開催されたアーツ千代田です。
自分がシド・ミードという名前を知ったのは80年代で、やはりブレードランナーのスピナーとかの
デザインをした人、という認識だったでしょうか。当時描かれた、Zガンダムに登場するガンダムMk-2と
スペースコロニーのイラストもとても印象的で記憶に残っています。
今回はブレードランナーなど映画関連のイラストや、ターンエーガンダムのMSデザインが自分的には
見所でしたが、他のイラストやデザインも凄くて、大変いいもの見たなぁという感想です。
会場の作品は撮影可能なものが多く(スマホかタブレットでのみ可能)、けっこうみなさん撮ってました。

◆特に面白かったのはシドミード社のARアプリを通して作品を見ると、そのイラストのラフ画が
重なって表示されるという企画です。会場にフリーWi-fiも設置されて、アプリをDLできるように
なっていました。親切。


上のイラストをアプリを通してみると、こんな感じに↓(スクリーンショット)。


ラフの他に、作品に描かれている車やメカの3Dモデリングや動画が見られるものもあり、
けっこう楽しめました。

◆ターンエーガンダムや映画関係は、撮影禁止のものが多いエリアで残念でしたが、
巨大に引き延ばされたターンエーガンダムの前で写真撮ってもらいました。(手で「∀」を作ってみた)


ターンエーガンダムのデザインが完成するまでの過程を紹介したVTRが流れていたりして、
大変興味深く見ました。ガンダム以外の、ターンエックスやスモー、フラットなど他のMSの
デザイン画も展示されていましたが、ほんと美しいデザイン。ほぼそのままアニメになってましたね。
イラストはガッシュで描かれているものが多く、近くで見てもめちゃくちゃ奇麗でした。
現代ではCGでどんな絵も描けちゃいますが、70年代とかからSFなデザインや世界を手描きで
こんなに美しく描いてきた人がいるんだ、と感嘆しきりでした。
もう何か世界の違うもの凄いものを見たとい感じで…会場で現物を堪能して、図録買って帰って
家でも楽しもうと思ったら…なんと図録が売り切れ!(しかも再販の予定なしだとか)
ガックリ…まだ会期10日も残っているのに。




仕方ないのでクリアファイルとターンエーガンダムのポストカード買って帰りました。これはこれでよろし。
Posted by lowtechpower7 at 23:30│Comments(0)