なりたてWEBデザイナーのオレイズム

なりたてウェブデザイナーのぼやきとWEBの仕事と妄想

2005年01月

今日は会社で前々から思っていたことをついに言ったのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「3月いっぱいで辞めさせてください」
 
ちゃんとOKをもらいました。
 
これで私は今の職場を去ることになりました。
次の仕事は決まっていません。
 
一応失業保険はもらえるし貯金もあるので少しの間は食いつなげると思います。
 
辞める理由というのは色々ありまして……。
 
まず、給料が安い。
 
次に自分のやっている仕事は、やり甲斐がないということ。
 
それから合わない人とペアを組まされて常に一緒にいなくてはいけないこと。
 
そして、やりたいことが見つかった。
 
この4つが主な理由です。
 
「なにを甘ったれたことを言ってるんだ!! それぐらい我慢して働けよ!!」
 
というふうに言われる方も多いと思います。
でも、私は無理なんですよね。
どうしても理想を追いかけてしまうというか、基本的に甘いんです。
自分でもその辺をバッチリ分かってるんですが、ダメなんですよね。
 
ただ、先のことを何も考えずに辞めるというわけではありません。
きちんとビジョンはあります。
ニートにはなりたくないですからね。
その為に最近は勉強をしているわけなんです。
まぁ、その勉強が本当にその業界で通用するようになるかどうかはさっぱり見当も付きませんが、やらなきゃわかんないですからね。
 
私の尊敬する実業家、本田宗一郎氏がこう言っています。
 
チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。
 
今まさにそんな気持ちです。何もしないって事は本当に怖いということに気付きました。
 
毎日誰でも出来るような仕事を何の疑問も持たずにやって、安い給料をもらって、そしてそれに一時ながら満足してしまったことを恐ろしく感じたわけです。
 
生活のためにお金を稼いでいるのではなく、ただ生きるためだけに稼いでいるような感じでした。畜生道まっしぐらです。犬・猫と同等です。
 
私の友達が前にこう言っていました。
 
「現状維持って一番嫌い」
 
その時は頭では理解していましたが、心の奥ではよく分かっていませんでした。でも、今なら分かるような気がします。
その友達はそれを言った数ヶ月後に単身上京し、今も頑張っています。すげぇ! と思いました。
 
幸いなことに私は今のところ独身ですし、何も背負うものがないので好きなようにすることが出来ます。
そんな今だからこそチャレンジしていきたいと思いました。
雑草みたいにさりげなくアスファルトを突き破りたいと思います。
 
そして、これからの目標としてOnly oneを目指していこうと思います。
 
自分にしかできない何かを見つけなければ……。
 
冷静になって私の周りを見てみるとOnly oneな友達が多い多い。
 
実際このブログを見ている友達もいますのでこういう事をあまり書きたくはないのですが、なかなか尊敬に値する友達が多いと思います。
しかし、自分のことを考えてみると特になにも思い浮かばない……。
 
自分自身のことだから自分では分かりにくいということもあるかも知れませんが、かなり薄っぺらいヤツだと思っています。
 
いくらでも代わりがいるような人間にはなりたくないんです。
今日辞めるということを伝えた時に「それなら誰か代わり見つけてきてね」と冗談交じりで言われた時にもさすがにショックでしたね。
というか、情けねぇ……。
 
んなもん知るかよ!! てめぇらで見つけて来いや!!
 
これからは二度とそんなことを言わせないようにしてやりたいです。プンプン!!
 
今日は少し酔っていることもありイマイチ文がまとまっていないですが、勘弁してください。
なんだか決意表明みたいになりましたがこれから頑張っていきたいと思います。押忍!
 
-槇原敬之「世界に一つだけの花」&YOSHII LOVINSON「CALL ME」を聞きながら-
 
 
 
 
 
うわ、読み直してみると愚痴っぽいなぁ……反省。

最近思うことがありまして少し勉強なんかしちゃってるLPN13ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
 
勉強してると時間が過ぎるのが早い早い。
 
しかもタバコを吸う本数も増える増える。
 
学生時代には自分のこんな姿なかなか想像できませんでしたが、なんだか今日は少し充実した1日を過ごせました。
 
そういうわけでちょっとブログを今日はサボタージュします。
 
特に変わったこともしていませんしね。
では、明日に期待してください。ではではー。

本屋に行ったのですが、値段も見ずレジに本を持っていくとに財布の中に2千円しか入ってなくてドキドキしたLPN13ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
 
結局その本は1600円だったので何とか事なきを得ましたが、皆さんも財布の中身はきっちりチェックしましょうね。
 
最近ラジオや有線でよく聞く歌があります。
どうにも聞き覚えのある声……そして音の雰囲気。
 
それは元THE YELLOW MONKEYの吉井和哉こと、YOSHII LOVINSONでした。
 
THE YELLOW MONKEY(以下イエモン)休止宣言から数年経った昨年に後に解散してしまいましたが、吉井和哉はソロで音楽活動を続けているようです。
今よく流れている曲は「CALL ME」という名前なのですが、妙に耳に馴染みます。
 
私が初めてイエモンを知ったのは1995年でした。
 
たまたまテレビで「太陽が燃えている」が流れていました。
私はそのテレビを見て曲の名前は覚えましたが歌っている人たちの名前まで覚えていませんでした。
 
そして、翌年の96年に「JAM」をリリース。
ここでイエモンの名前をやっと覚えます。
 
時はヴィジュアル系ロックバンド全盛期。
妙に軽いラブソングを金切り声で歌う人たちが多かったように思います。
 
そんな中、見た目もなんだか辛気くさくて、花がなく、曲調も妙に粘着質な感じでのっぺりまったりなイエモンは私の中で少し異質に写ったのです。
 
詞を読んでみても他の私が知っているバンドを一線を画していました。
これは「JAM」の歌詞を読めばよく分かります。
そして、知らず知らずのうちに毒されていきました。
 
というのが私がイエモンを好きになった建前の理由です。
おそらく私の友達なんかは上記の理由で私がイエモン好きになったと思っていたことでしょう。
 
本音の部分はまだ一度も語ったことがなかったのですがせっかくなので書いてしまいます。
 
本当は……。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これが噂のgoogleの広告↓ 報酬は小切手でもらえるようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
流行に乗りたかっただけ。
 
あぁ、自分が恥ずかしい……。
 
当時遊びに行くとなるとカラオケとか多かったわけなんですよね。
それまであんまり流行の歌なんて興味なかったんですけど、カラオケ行ったらみんな新しい歌をどんどん歌うわけなんですよ。
で、流行の歌を歌えないとモテないんですよ!!
だって、そういうふうにホットドッグプレスに書いてたんだもん!!
 
そういうわけで当時「JAM」が80万枚も売れていたイエモンに目を付けたわけなんです。
 
それがいろいろと曲を聴いてみると妙に自分に合ったんです。
あとは建前の理由と同じです。
 
そんなわけでイエモンはずっと聞き続けることになりました。
 
まぁ、そんな感じできっかけこそあまり人に言えたものではないのですがイエモンファンであることは間違いないわけです。
 
残念ながらイエモンは解散してしまいましたが、ほとんどの曲の作詞作曲は吉井和哉がやっていました。
なので、ソロ活動を始めたYOSII LOVINSONの歌も結構私に合うようです。
 
今もイエモンの「球根」を聞きながらこの記事を書いていますが、やっぱりいいですね。
ロックなんて全く聴かないフォーク世代のうちのおとんが昔、
 
「最近ラジオで球根っていう歌よく聞くけど、なかなか良い歌やなぁ」
 
と言っていました。
 
心に響く歌っていうのはこういう歌なんですかね?
 
YOSII LOVINSONの新曲「CALL ME」でもなかなか驚くような表現があります。
 
「枝切られる 枝切られる」
 
す、すげぇ……。
こういう表現をできる人って本当数少ないと思います。
 
*歌詞をすべて読んでみないと意味は分からないと思いますので、歌詞を無料で見れるサイトへのリンクを張っておきます。
登録さえすれば無料で歌詞が見れます。
 
 
もうひとつ、かなり良い言葉がありました。
 
「オレでよけりゃ必要としてくれ」
 
人間、誰かに必要とされないと生きている価値がなかなか見いだせないですよね。
自分の存在を証明する方法のひとつですし。
 
誰かオレを必要としてくれーっ!!
 
特にかわいい婦女子の皆さん!!
 
まぁ、必要とされ過ぎるとウザイくなってしまうこともよくありますけども。
 
あと、余談ですがYOSII LOVINSONは雑誌のインタビューか何かで、
 
「神様にCALL MEされたらどうだろう」
 
という考えからこの歌を作ったらしいのです。
もしかしたら神様に必要とされて向こうの世界に行っちゃいたいみたいな意味かも知れませんね。
 
それとも……。
 
そんなわけで、YOSII LOVINSON「CALL ME」はお勧めの一品でした。
 
 -イエモンの事を詳しく書いてあるブログはこちらかも-

会社でひょんな事から株の話が出て冷や汗を流したLPN13ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
 
それというのも、どうやったら楽にお金を稼げるかという話しをしていたのです。
正直なところ楽して儲けるなんてほぼ無理なのですが、宝くじやら競馬やらといったギャンブルが一番の近道ではないかと話していました。
 
すると、ある人が
 
「LPN13君、楽して稼ぐならやっぱ株やで」
 
ギクッ!!
 
一瞬私は凍り付きました。
 
え、なんで俺に株の話しを振るの!?
 
一応私は会社ではギャンブルや株といったマネーゲームなんかには一切手を出さないといったまじめ青年で通っています。
 
だから会社の人には誰ひとりとして株のことを言っていません。
 
「LPN13君も株やったらええのに。俺も昔やってたけどそこそこ稼げるで」
 
-株でガッポリ稼いでそうなブログはこちら-
 
いや、もう既にやってるんだけどね。しかも中国株……まぁ、儲かってはいないけど。
 
「いやぁ、僕みたいな馬鹿には株なんて無理ですよ〜。それに損したら怖いし」
 
その怖さはもう身に染みて味わってますけどね。
 
「確かに損したら腹立つわなぁ」
 
こんな感じで何とか話しを終らそうとしてたのですが、それを聞いていた女の子がこう言いました。
 
「でも、株やってるって知的なイメージありますよね」
 
俺は知的じゃなくて恥的だけど……。
目の前にいる俺が知的な顔に見えるかい?
 
そんなわけで、会社で株の話が出ると怖くてたまりません。
 
さて、先日書いたと思いましたが、私はずっと前からmabinogiというゲームに目を付けていたわけなのですが、今日はそのクローズドβテスト(抽選で3000名だけみんなより早くプレイできる)の当選発表がありました。
 
当選した人は1/31からテストという形で人より先にプレイすることが出来ます。
 
当選した人おめでとう!!
そして、落ちてしまった人は3月中旬まで我慢しましょう。
 
それでは今日の株価へ。
 
*今日の株価*
 
購入時[2004/9/3 0.51HK$ 5000株 計34215円]
 
現在[2005/1/28 0.530HK$ 前日比+0.050 損益-208円]
 
 
購入時[2004/9/17 2.750HK$ 2000株 計80742円]
 
現在[2005/1/28 2.800HK$ 前日比+0.000 損益-297円]
 
 
購入時[2005/1/5 0.022HK$ 740000株 計220280円]
 
現在[2005/1/28 取引停止中 損益-41370円]
 
 
 
603:チャイナシティーガス有償増資権利売却代金:198.67HK$ 約2650円
 
992:聯想集団(レノボ・グループ)配当金:41.80HK$ 約554円
 
ユナイテッドワールド証券口座振り込み総額:300000円
 
ユナイテッドワールド証券口座残高:1879.34円
 
株式時価評価額:284153円
 
通算損益:-13967.66円
 
前日の通算損益との差:+2471.34円 
 
 
香港市場3つの指数のうち、またまた3つとも上がっています。
 
内藤証券のHPによりますと、
 
SQ算出日を控え、様子見ムードは広がった。ハンセン指数が1万3600ポイントを挟むの小動きとなった。売買代金は125億9800万HKドル。公益セクターが買われたほか、原油高を好感し、石油関連株も上昇。
来週開かれるG7を控え、人民元切上げ期待で中国関連銘柄は4日続伸となった。
 
だそうです。
 
昨日書いた通り、やはりG7で他の国々が中国に対して元の切上げ要請をすると見ているのでしょう。
 
切上げ要請をしてもそう簡単に切上げられないとは思いますが、とりあえず株価が上がってくれてますのでOKです。
 
そして、そのおかげでデンウェイと華潤上華が買値以上になりました。
華潤上華なんか今日だけで10%も値が上がっていますからね。
まぁ、反動で多少値下がりしそうですが決算報告が発表されればまた上がると思います。
 
しかし、日本亞太事業は今日も売買停止。
正直ここが上がってくれないと儲けにならないんですよね……。
早く買値付近まで戻ってもらいたいものです。

こんな事あまり言いたくないのですが、これまでこのblogに広告を置くために2社に掲載申し込みをしました。しかしすべて審査で落とされているLPN13ですが、いかがお過ごしでしょうか?
 
審査で落とされる理由は大体見当が付いています。
 
まず、著作権の侵害。
これは、替え歌を掲載していたことが引っかかってるのではないかと思われます。
 
もうひとつは、アダルト内容のサイト。アダルトサイトバナーまたはリンクが含まれている。
よく見てみると私のブログの一番右上にタイトルが書いてありますよね? それの下になんて書いてありますか?
 
中国株とぼやきとエロスと妄想
 
アダルトでした……。とてもアダルトな言葉を私は使っていました。
エロスですよ! エロス!
 
そして、もうひとつ……ライブチャットの広告も置いていましたよね。
あれはアダルトサイトではないのですが、どうもそれっぽく見えてしまいます。
 
これらのせいで私は審査に落ちてしまったのだと思ったわけです。
 
でも、もっと稼ぎたい!!
それには広告収入ガッポリいただきたい!!
ガッポリいただくためには広告載せないとダメ!!
 
 
じゃあ、どうする?
 
そういうわけでして、またまた広告掲載の申し込みをしました。
しかし、今までと同じ事をしていてはまた審査で落とされること間違いなし。
とりあえず、ライブチャットの広告はアダルトだと誤解されるかも知れないので何日間か遡って記事から外しました。
ただ、替え歌は消してしまうと話しの流れをぶった切ることになりますので消せません……。
 
で、今日審査の結果が届いたわけなのですが……。
 
なんと審査通りました!!
 
やっぱりあのライブチャットの広告が悪かったようです。
あんな広告もう張ってやらないからな!!
 
ただ、早速新しい広告を掲載しようと思ったのですが掲載の仕方が分からないでやんの……。
 
今日はあまり時間もないのでまた明日にでも掲載できるように頑張ります。
 
それでは今日の株価へ。
 
 
*今日の株価*
 
購入時[2004/9/3 0.51HK$ 5000株 計34215円]
 
現在[2005/1/27 0.480HK$ 前日比+0.040 損益-3540円]
 
 
購入時[2004/9/17 2.750HK$ 2000株 計80742円]
 
現在[2005/1/27 2.800HK$ 前日比+0.050 損益-298円]
 
 
購入時[2005/1/5 0.022HK$ 740000株 計220280円]
 
現在[2005/1/27 0.018HK$ 前日比+0.000 損益-41370円]
 
 
 
603:チャイナシティーガス有償増資権利売却代金:198.67HK$ 約2650円
 
992:聯想集団(レノボ・グループ)配当金:41.80HK$ 約554円
 
ユナイテッドワールド証券口座振り込み総額:300000円
 
ユナイテッドワールド証券口座残高:1885.00円
 
株式時価評価額:281676円
 
通算損益:-16439円
 
前日の通算損益との差:+2948.93円 
 
 
香港市場3つの指数のうち、3つとも上がっています。
 
内藤証券のHPによりますと、
 
昨日米国株式の上昇を受け、ハンセン指数が前場で一時的に100ポイントを超える上昇幅となった。一方、SQ算出日を控え、様子見ムードが広がり、上昇幅が縮小した。売買代金は約180億8300万HKドル。香港証券取引所は先日急騰したマカオ関連株について、誤った情報を公開した疑いで取り調べが入るとの発言を受け、関連銘柄の下落が続いた。一方、中国関連株は堅調で続伸となった。
と、あります。
 
私の保有銘柄であるデンウェイと華潤上華も良い感じで値を上げています。
 
華潤上華は親会社の偉いさんが「半導体事業で結構稼げてるから今年はもっと力入れるわ」というような発言をしたために上がったようです。
 
ただ、短期取引用に買っている日本亞太事業が今日は取引停止になっていました。
 
これについてはまたまた内藤証券からの情報ですが、
 
日本亜太事業(0603.HK)は資本構成や売買単位の変更、転換社債(CB)の発行を計画している模様だ。同社は27日、売買停止を申請した。近日関連書類を発表する予定
 
ということらしいのです。
 
ただ、私の取っ手はこれが上向きになるのか下向きになるのか判断が出来ません。
取引再開後にどういう動きをするかビクビクしています。

本屋に行くたび目に入る図書カードのポスターに写っている女の子「遠藤史」に心奪われているLPN13ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? ここより良いブログはこちらへ
 
さて、今日の夕刊を見ると中国が日本にとって最大の貿易国になったという記事が出ていました。
 
財務省が26日発表した平成16年の貿易統計速報(通関ベース)によると、香港を含めた対中貿易総額(輸出入額の合計)は全体の20.1%を占め、これまで最大の貿易相手国だった米国の18.6%を抜き逆転した。
 
「世界の工場」となった中国へ、技術水準の高い製造機械などを輸出する一方、中国からもDVD機器など高付加価値の製品輸入を増やしているためだ。
 
「対中貿易比率が高まる傾向は今年も変わらない」(関税局)とみており、年内に単独での対中貿易総額が対米を追い抜くことが確実となった。
 
 
この記事だけを見ると、中国ってメッチャ勢いに乗ってるやん! と思ってしまいますが、実際のところはどうなのでしょうか?
 
いまだに中国の製品は信用できないと思っている日本人も多数いると思います。
例えば、私の知り合いは初めてパソコンを買う時に店員にこう言ったそうです。
 
「日本製のやつが良いなぁ」
 
それを聞いた店員は苦笑いしながら
 
「日本製オンリーのパソコンなんてないと思いますよ。NECや富士通も中身は輸入物がほとんどです」
 
と答えたそうです。
 
確かにそうでしょう。
 
 
という記事もあります。
 
もう日本製なんて時代遅れなんです。
今はまだ中国は技術で日本に遅れてはいるかも知れませんが、近い将来日本と同じぐらいの技術力を手に入れることでしょう。
 
そうなった時、日本はいったいどうなるのでしょうか?
 
ほんと、今までのように経済大国なんて言えないようになるかも知れませんね。
 
こんな中国だからこそ私達「投資家(響きがカッコイイ)」はビッグチャンスが眠っていると考えているわけなのです。
 
ちょっと私の周りで中国を馬鹿にする人が多かったので少し中国を擁護してみました。
 
それでは今日の株価へ。
 
*今日の株価*
 
597:華潤上華
購入時[2004/9/3 0.51HK$ 5000株 計34215円]
 
現在[2005/1/26 0.440HK$ 前日比-0.020 損益-6229円]
 
 
203:駿威汽車(デンウェイ・モーターズ)
購入時[2004/9/17 2.750HK$ 2000株 計80742円]
 
現在[2005/1/26 2.750HK$ 前日比+0.100 損益-1637円]
 
 
603:日本亞太事業
購入時[2005/1/5 0.022HK$ 740000株 計220280円]
 
現在[2005/1/26 0.018HK$ 前日比+0.001 損益-41526円]
 
 
603:チャイナシティーガス有償増資権利売却代金:198.67HK$ 約2650円
 
992:聯想集団(レノボ・グループ)配当金:41.80HK$ 約554円
 
ユナイテッドワールド証券口座振り込み総額:300000円
 
ユナイテッドワールド証券口座残高:1892.07円
 
株式時価評価額:278720円
 
通算損益:-19387.93円
 
前日の通算損益との差:+14906.21円 
 
 
香港市場3つの指数のうち3つとも上がっています。
それに加え、私の保有銘柄も2つ上がっています。
 
内藤証券のHPによりますと、
 
ハンセン指数は昨日200ポイント近く大きく上昇してから、本日も堅調な動きは続いた。本日の主役はまた不動産株。不動産株の堅調は指数の上昇を牽引した一方、マカオ関連株の売りは加速した。中国関連株の上昇が目立った。売買代金は約172億9400万HKドル。
とあります。
 
米国株が上がったのに引っ張られたようですが、後場では2月4日に控えたG7財務相・中央銀行総裁会議を前に様子見ムードが広がったらしいとの事です。それでも今日は結構良い感じだったと思います。
 
G7が行われるということはおそらくまた中国に対して人民元の切上げ要求をやんわりと行ってくると思います。
人民元切り上げは中国株ホルダーの希望の光ですからね。
こうやってまたしても人民元切り上げの話が出てくると、市場から流出していったお金がそそくさと戻ってきたりするかも……。
 
ただし、輸出業を主としている会社には痛手となるのが怖いところです。
私の保有している華潤上華は2005年は輸出に力を入れるなんて事言ってましたしね。
 
年が明けてから今ひとつだった香港市場もこれを機に上昇していってくれればありがたいのですが……。
 

せっかく作った記事が消えてしまって部ちぎれていたのですが少し落ち着きを取り戻し始めているLPN13ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今日からこの文は違うソフトで書いています。
そしてできあがったものをライブドアの記事投稿欄に貼り付けて投稿しています。

これによってもう記事が消えても保険が出来るので大丈夫でしょう。

Webmasterにお勧め

もっと面白いブログはたくさんあります

ほんと迷惑な話ですよね……。

今日はたいして面白いこともなかったので少し昨日書いたことを思い出しながら書きたいと思います。

私の会社の先輩が(20代後半・♂)昨日、私にこう言いました。

「なぁなぁ、これいいやろ?」

彼を見ると、耳にイヤーラックス(フレームのない耳当て)を付けていました。
どうやら彼はそれを付けて出社してきたようなのです。

しかも、その柄がスゴイ。

なんとヒョウ柄なんです!!



大阪のおばちゃんやん!!


それを見て私は「スーツにそのヒョウ柄は合わないんじゃないです?」と言ったのですが、彼は、


「何言うてるねん!! メッチャ似合ってるっちゅうねん!!」


と、言い放ちました。そして、外に出る時もずっとそれを付けていたわけなのです。
もう返す言葉もございません……。




ワ・タ・シ、ファッションセンスはすごいのよ。

彼女も友達も私のセンスは良いと言ってます。







でも、あんた……
















絶対浮いてますからッ!!

残念!!

自信過剰&お世辞斬り!!

去年流行したネタを勝手に拝借しましたが、この人のファッションセンスには目を見張るものがあります。

彼はいつもマフラーを巻いてきます。
このマフラー、水色の生地なのですが、なぜだか紺色でハイビスカスの花の絵が描いてあります。

ふ、冬なのにハイビスカス?

冬なのに夏気分?

私は彼がこのマフラーを巻いているのを見る度に、彼にそっとカイロを渡してしまいそうになります。

それだけではありません。


彼は毎日手袋を付けてきます。
この手袋、なぜだか、


骨の絵が描いてあるんです!!


手袋全体に手の骨の絵が描いてあるんです!!

しかも結構リアルに!

言っておきますが、私の職場はスーツ着用です。
そんなわけでもちろん彼はスーツにその骨の絵の描いてある手袋を付けてくるわけなのです。

それを見た職場の女の子が素の表情でこう言いました。

「それってイケてるんですか?」

ぎゃあぁ! 地雷ふんじゃったよ!

すると、彼はこう言いました。

「イケてるに決まってるやん! アホちゃうか!」

口調は結構怒った感じでした……。
でも、でも、私は思うんです……それはイケてないと……!!

この手袋にはまだエピソードがあります。

上司がこの手袋を見てしまったのです!!
その上司は大きくため息をつき、彼に言ったのです。

「君、もう何歳になるん? 高校生ぐらいならなんも思わんけど、もういい年してそんなもん付けて喜んで……」

彼はそれ以降上司のいる前ではその手袋を決して見せないようになりました。

上司の一言はやはり大きかったのでしょう。
しかし、彼は外に出る時はまだ必ずこの手袋を付けています。

そして、この手袋、彼の彼女も同じものを持っているらしいのです。
もしも私の彼女がこんな手袋を付けていたら私は笑顔でこう言いますね。

















「勘違いもたいがいにしとけよ、コラ!!」

おそらく笑顔は引きつっていること間違いなしで、額には青筋が立っていることでしょう。

まぁ、こんな分けで彼のファッションセンスはおかしいと思うのですが、どうでしょうか?
もしかすると私のセンスがおかしい?


と、こんな事を昨日書いていたはずなんです。でも、やっぱり昨日書いた記事と全く一緒って分けではありません。もっとうまく書けてたはずなのに……。

「逃がした魚は大きい」とはこの事なんでしょうね。


それでは今日の株価へ。

*今日の株価*
 
購入時[2004/9/3 0.51HK$ 5000株 計34215円]
 
現在[2005/1/25 0.450HK$ 前日比-0.010 損益-5498円]
 
 
購入時[2004/9/17 2.750HK$ 2000株 計80742円]
 
現在[2005/1/25 2.650HK$ 前日比+0.000 損益-4264円]
 
 
購入時[2005/1/5 0.022HK$ 740000株 計220280円]
 
現在[2005/1/25 0.017HK$ 前日比-0.001 損益-50836円]
 
 
 
603:チャイナシティーガス有償増資権利売却代金:198.67HK$ 約2650円
 
992:聯想集団(レノボ・グループ)配当金:41.80HK$ 約554円
 
ユナイテッドワールド証券口座振り込み総額:300000円
 
ユナイテッドワールド証券口座残高:1870.85円
 
株式時価評価額:263835円
 
通算損益:-34294.15円
 
前日の通算損益との差:-10645.41円 
 
 
香港市場3つの指数のうち3つとも上がっていますが、私の保有している銘柄のうち2つ下がっています。
 
内藤証券のHPによりますと、
 
ハンセン指数は不動産株の反発に牽引され、4日ぶりに反発した。不動産関連銘柄はそろって上昇。来週の米国利上げが見込まれているが、この材料はほぼ消化され、ここ数日下落した不動産株は売られ過ぎである声も出ている。
 
と、あります。
 
また、中国情報局では「地合好転か」というような記事も出ていました。
 
このところずっと下がりっぱなしでもうどうなることかと思っていたのですが、もしかしたらそろそろ上がり始めるかも知れません。

そうなったら早く日本亞太事業を売り飛ばしてしまわないと……。

おい、コラ!!
 
ライブドアのボケ野郎が!!
 
いきなり汚い言葉で申し訳ありません。
しかし、私は今どうしても世界の中心でボケと叫ばなくてはならないのです。
 
それというのもこのライブドアのボケ野郎のせいなんです。
 
今日は面白いことがあったので私は40分もかけて記事を書いていました。
その記事をいざ投稿したと思ったら……すべて消えました。
 
もちろん控えなんか取っているわけもなく、私後と汗の結晶である傑作記事はもう戻ってきません。
 
すべてライブドアのサーバー障害のせいです。
 
俺の時間を返せ!!
 
それよりも、俺の記事を返せ!!
 
せっかく面白いことがあったのでそれを皆さんに読んでもらおうと思って書いたのにこんな仕打ちありですか?
 
私の最近の楽しみはこのブログを書くことです。しかし、こういう事は前にも何回かありました。ですので私はもうライブドアを信用できません。
 
これからは投稿記事をメモ帳か何かに下書きしてからこっちに投稿しようと思います。
 
ってかさ、なんで俺がそんなめんどくさいことしなくちゃならんわけよ?
 
しっかりしろよ!! ライブドアのボケ野郎!!
 
ネット専業銀行作る前に既存のサービスをもっとしっかりしてくれ!!

休みの度に睡眠時間がどっと増えるLPN13ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
 
またまたとても嬉しいことがありました。
 
それは昔のHPのお客さんがまたもやこのブログを見つけてくれたことです!!
 
しかも、わざわざその事をメールで教えてくれました。
その方も更新しなくなって放置していた前のHPチェックしていてくれたそうなのです。
私というダメ人間が書いているこのブログも楽しみに見てくれているそうです。
 
淋しい思いをさせてすみませんでした。
 
もうよっぽどのことがない限り私はこういう方々の期待を裏切らないようにしようと心に誓いました。
本当に自分は幸せ者だと思います。
 
さて、今日は少し自分自身に投資しようと思い、本屋で本をゲットしてきました。
今まではお金がないと言っては本も買わず、お金がないと言っては映画も見ないような生活を続けてきました。
でも、よくよく考えてみると本を買うぐらいのお金もあるし、映画を見るぐらいのお金もあったんですよね。
結局は「お金がない」と自分に思いこまして自分への投資を怠ってきたことになります。
 
そんな自分に今日で「さよなら」です。
 
やまかつウインクのように「さよならだけど さよならじゃない」なんていう中途半端なことにならないように頑張りたいです。
 
余談ですが、山田邦子って今何してんの?

ここは繁華街の裏路地にある隠れ家的なBAR「オレイズム」
 
そこへいつものようにやってくる常連の客
 
彼の上着のポケットにはいつも夢が入っている。
 
その夢を今日もこのバーで広げるのだ。
 
バーテンはグラスを磨くのをやめ客に注文を取る。
 
「いらっしゃい…何にします?」
 
「スピリタス・PEPSI」
 
「…どうぞ」
 
「っくはぁ! やっぱスピリタスはキツイなぁ」
 
「蒸留を繰り返すこと70数回! 純度を極めたポーランド産ウォッカです。アルコール度は実に96度。高いアルコール度が印象的な味わいを残す世界最強の酒です。ウォッカと言うよりは…精製アルコールです。なめるだけで、舌にシビレを感じるほど強烈です! それに、火を近づけると燃えます!」
 
「ハッ! えらく酒に詳しいと思ったらお前の職業はバーテンだったな。すっかり忘れていた」
 
「あなたはいつも私のことをなんだと思っていたわけですか?」
 
「え? なんて思ってたんだろ……執事?
 
「し、執事!?」
 
「ちょっと口うるさい執事って感じかな」
 
「そ、そうですか……」
 
「それはさておき、昨日ブログが更新できなかったことをここでお詫びしたい」
 
「そういやそうでしたね。何かあったんですか?」
 
「更新しようと思って投稿ページにアクセスしたんだが、サーバーダウンさ」
 
「な、なんてこと……前のHPでもサーバーダウンで非道い目に遭いましたしね」
 
「そうなんだよ、あれからサーバーダウンにはかなり驚かされる」
 
「ま、今回はすぐに直ったみたいで良かったじゃないですか」
 
「そうだな、本当に良かったよそれはそうと俺はラグナロクオンラインを卒業した
 
「お? そうですか? とうとう止めましたか」
 
「あぁ、本当はこういう風に止めるつもりはなかったんだけどな」
 
「どういう事です?」
 
「いや、このゲームを続けるつもりっていうのはもう無かったんだけどこういう風にきっちりと『今日止めます』ってつもりじゃなかったのよ」
 
「じゃあ、どういう風に止めたかったんですか?」
 
「うーん、ダラダラとね。3ヶ月に一度ぐらいの割合でログインしていって徐々に自分のアイテムを人に譲っていきながら気がついたら全くログインしていなかったってな感じに……」
 
「止めるなら止めるできっちり止めた方が良いんじゃないですか?」
 
「そう、それはお前の言う通りなんだけど、やっぱり名残惜しいわけよ。ゲームといえども2年以上も続けてきたものだしね」
 
「ふむふむ」
 
「『今日限り止める!!』って言っちゃうともうそれ以降そのゲームできないでしょ?」
 
「まぁ、人前でそう言った手前なかなかやりづらいですよね。じゃあ、なんで『今日限り止める!!』ってことになったんですか?」
 
「まぁ、それなんだけど……俺はもうやる気がなくなった』とはいろんな方面で言ってたわけよ。ただ、いつ止めるとははっきり公言していなかった。やる気はないけれども『たまには顔だそうかな』ぐらいの気持ちだった。そしてら友達が俺に『1日無料チケットあげるから最後に戦争に参加すれば』って言うわけよ」
 
「戦争って何なんです?」
 
「ゲームの中で城を取り合って戦争をするんだよ。今までも戦争には何度も参加したことがあるんだけど俺のチームは弱小でね。なかなか城を落とせなかった。でも、今回は最後だからって事で友達のメッチャ強いチームに入れてもらえることになったんだ」
 
「へぇ、それじゃ戦争も楽しくなりそうですね」
 
「戦争が楽しいとかそういうのは置いといて、重要なのは友達が言った『最後だから戦争に参加すれば?』の一言よ」
 
「何が重要なんですか?」
 
「……気付かないか? 俺は『もうやる気がなくなった』とは言ったが『いつ止める』とは言っていないんだよ!!
 
「な、なんだってぇ!?」
 
「そう、気がついたら俺が止める日取りを友達に決められてたわけだ……強制排出だよ!」
 
あ、あ、あ……で、でも、『俺はまだ完全に止めるわけじゃないよ』って言えば良かったのに」
 
「馬鹿野郎ゥッ! 俺のために善意でそこまでお膳立てしてくれた友をお前は裏切れって言うのか!?」
 
「い、いや、そうじゃなくて誤解を解くだけですよ」
 
「誤解? まぁ、確かに誤解といえば誤解だが、元々は俺が中途半端だったせいだからな。その友達には感謝してるよ」
 
「感謝ですか?」
 
「ああ、多分その友達が俺の止める日を決めてくれなかったらずっとダラダラしてたと思う」
 
「へぇ、そういうわけですか。でもまぁ、きっちり止められて良かったですね。で、そのゲームで面白い話しとかないんですか?」
 
「やっぱりいろんな人がいるだけあって面白いこともあったよ」
 
「どんなどんな?」
 
「ストーカーとか」
 
「ストーカー? ゲームの中で?」
 
「まだこのゲーム初めて3ヶ月ぐらいの時だったんだけど、よく一緒にパーティーを組んでた人がいた」
 
「ふむふむ」
 
「で、その人、よくよく聞いてみると17歳の女子高生だったんだよ
 
 
 
↑エロサイトじゃないですよ。アダルト禁止です。
 

もっと面白いブログはたくさんあります

 
「ちょ、ちょっと待ってください! それってあなたが一番好きな年齢&職業じゃないですか!?
 
「うるさい! 人の性癖に口を出すな!」
 
「性癖って……」
 
「で、その子はゲームにログインするたびに「一緒にあそぼー」って連絡してくる奴がいるらしいんだ」
 
「……ふむふむ」
 
「それがウザくてウザくてしょうがないって。ゲームにログインするとすぐにそうやってメッセージを送ってくるんだって。しかも電話番号やメールアドレスをずっと聞いてくるとかで……」
 
「あの……こんな事言いたくはなかったんですが、それって、あなたじゃないですよね?
 
「し、失敬な!」
 
「だって他に考えられないですよ? あなた女子高生大好きでしょ?」
 
「バカッ! 女子高生は大好きだけどそんなことしねぇよ!」
 
「いいや、私はあなただと思いますね。別のキャラでも作ってその子のストーカーしてたんでしょう!! そして嫌がるその子を無理矢理……キャーッ!」
 
「俺はわざわざ別のキャラクタなんか作らなくてもその子と親しかったの! だからストーカーとかしなくても普通に遊べたし話も出来たの!」
 
「そっか……わざわざ嫌われるような行動を取らなくても良かったんですね」
 
「そういうこと」
 
「まぁ、でもピチピチの女子高生がいるとなるとゲームも楽しくなりますよね
 
「なるね、大いに楽しくなる!」
 
「で、その女子高生とはどうなったんですか?」
 
「え?」
 
「『え?』 じゃなくて……その女子高生とは今でも一緒に遊んでるとかそういうことはないんです? 例えばこのゲームが元でつき合い始めたとか」
 
「……」
 
「あの、その沈黙はいったいどういう意味で?」
 
「あの……いや……その……別に何もなかったです、ハイ。その子はそのうちゲーム止めていきました」
 
「そうですか……どうせそんなことだろうと思いましたよ」
 
「やっぱり?」
 
「……意気地なし! あんたの意気地なし! 男の風上にも置けない!」
 
「ぐはぁ!!」
 
「あんた、前の回も同じような事言ってましたよね!! せっかく親しくなった女の子に手を出さないとはいったい何という不甲斐なさ!!」
 
「バカッ!! なんで俺が手を出さないとダメなんだよ!」
 
「フッ、開き直ってもダメですよ。あなたのヘタレ度は出川哲朗より非道い!」
 
「でも、正直な話し、どこの誰だか分からないわけじゃない? 17歳の女子高生ってのも自称なわけだしさ? 顔も見えないわけでしょ?」
 
「それは確かにねぇ……でも、それならあなたから個人情報をさらけ出してしまえば向こうも色々教えてくれるんじゃないです?」
 
「おいおい、俺はゲームしてるんだよ。なんでそんな危ない橋渡って彼女作らないといけないわけ?」
 
「ん? 言われてみればそれはそうですね」
 
「お前はゲームと現実社会の壁を怖そうとしている! それはかなり危険だ!」
 
「そ、そうなんですか?」
 
「そうやって個人情報を教えあったりすることには凄い危険が伴うんだ。相手が女を装ってるだけの男だったらどうする?」
 
「え? その場合は個人情報を売られたりとか……」
 
「ほら、今思いついた事だけでも危険だろ? 俺はそう言う危険に巻き込まれたくないわけだよ」
 
「でも、あなたこのブログでも結構ギリギリの情報出してますよね?」
 
「む!? おい、それは言わない約束だろ……」
 
「だって、このブログ初の書き込み見てくださいよ。ある行を縦読みすると本名ですよ」
 
「コラッ!! 言って良いことと悪いことあるって親に習わなかったか!」
 
「でも、誰も気付いてくれないし」
 
「フフフ、そう簡単に気付かれてたまるかってんだ!!」
 
「それに、あなたの住所と携帯番号もこのブログのどこかに……」
 
「おいおい、その辺で止めておこう」
 
「あ、そうですか?」
 
「だって、俺、そんなこと全くやってないし」
 
「ええ、私の作り話ですからね。期待して探した人ごめんなさいね」
 
「まぁ、そんな人いないよ。ここで公開してるのは兵庫県在住・20代半ば・名前はLPN13って言うことだけだし。でも、電話番号やら住んでるところ知ってる人は何人かはいるけどね」
 
「でも、ネットでの付き合いで電話番号やら住んでるところを教えてしまうというのもかなり根性がいりますよね」
 
「まぁね、でも、それは俺がその人を信用してるって証拠だから。もし、やばいことに使われてもそれは俺の見る目がなかったってだけだし、それに今のところ全くそんなこともないしね」
 
「そうですね。他にはこのゲームのおもしろ話はないんですか?」
 
「うーん、そうだなぁ。そういえば、クリスマスイブの話しがあったかな」
 
「ん? クリスマスイブ?」
 
「いやぁ、クリスマスイブって普通恋人と一緒にホテルに行ったりとか甘い夜を過ごすわけじゃない?」
 
「一般的にはそういうことが多いようですね」
 
「そんな日なのにゲームしてる奴がいっぱいいた」
 
「えぇ!? クリスマスイブだというのに家でゲームですか!?」
 
「そうよ、メッチャ笑えるだろ? 恥ずかしいよな、自分は恋人がいないって宣言してるようなもんだもん」
 
「それはきついですねぇ。私なら恋人がいなくてもゲームはしてないですよ、絶対」
 
「だろ? もっと笑ってやれよ。ハハハハハ!! なっさけねぇの! クリスマスイブにゲームかよ!」
 
「ギャハハハ!! キショイよねー! ほんと、もうダメダメって感じ!! なんで生きてて楽しいのかって気がしますよね!」
 
「そこまでいうか……」
 
「え?」
 
「クリスマスイブにゲームしてたのは俺だよ!」
 
「ぎ、ぎゃふん!」
 
「まぁ、俺はダメダメだし、もう死んだ方が良いって言うのがよく分かったよ……」
 
「いや、私そこまでは……」
 
「お前はちょっと前に言った自分の発言にも責任が取れないってわけだよな。ほんと、最低な人間だよな」
 
「あ、いやいや、違うんですよ、その場のノリでほら」
 
「もういいよ、今日は帰るから」
 
「あ、待ってくださいよ。ごめんなさいってばー!! ……あー、行っちゃった。また来てくれるのかな? ん? なんだかメモがある。『バーカ、お前はきっと次に<なんだとこの野郎!>と言う。俺はすべて計算尽くで話しをそういう展開に持っていったんだよ。今日もタダ酒バンザーイ』なんだとこの野郎! あっ! くそっ……あ、あいつ……いつかヤッってやる!!」
 
ここは繁華街の裏路地にある隠れ家的なBAR「オレイズム」
 
そこへいつものようにやってくる常連の客
 
彼の上着のポケットにはいつも夢が入っている。
 
その夢を今日もこのバーで広げるのだ。
 
 

↑このページのトップヘ