なりたてWEBデザイナーのオレイズム

なりたてウェブデザイナーのぼやきとWEBの仕事と妄想

2005年10月

作業も大詰めを迎えてきた感のあるLPN13ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今はコーディング作業(htmlを書くこと)を行っています。
おかげで朝方まで起きている事が多くなっています。まぁ、デザインをしている時も朝までやっていたんですけど……。

で、ここにきてあることに気付きました。
それは見た目ばっかりに注意が行き過ぎて、使いやすさという点がおろそかになっているのではないかということです。

最初に私が作ったデザインでは「使いやすさ」というところにかなり重点を置いていたのですが、どうもデザインの手直しが入るたびに、この「使いやすさ」が薄れていっているような気がするんです。逆に見た目は良くなっている?とは思うのですが……まぁ、良くなっていない可能性もあるかな……。

ボタンやリンクが一目見て分かるようにしてたはずなんですが、今の状態ではただの画像なのかボタンなのかよく分からなくなっています。
おそらくこのへんがWEBデザインと紙媒体のデザインとの違いなんだと思います。マウスやキーボードを動かして必要な情報を探すWEBサイトと、視覚に訴える印刷物。どちらも同じデザインですが、なかなか同じようには作れません。

11月の10日までには仕上げる予定ですのであと1週間ほど気合を入れて頑張りたいです。
それにしても時間がかかりすぎて……もう気が付けば11月ですよ。
確か今の仕事を請け負ったのが9月のはじめ。
この2ヶ月間が無駄だとは思いませんが、少し回り道をしてしまったような気がします。
次に応募する会社も決めておかないとなぁ……。
うぅ……年内に就職できるのか?

そうそう、余談ですが、私がWEBサイトを作っているお店が先日テレビに出ていました。
私の店でもないのになんだかすごく嬉しいですね。
私の作ったWEBサイトも少しは店のお役に立ってくれることを祈るばかりです。

カメラマンとしての採用をきちんと断ったLPN13ですが、みなさんいかがおすごしでしょうか?

ちなみにこの会社に入らないことは決まったのですが、WEBサイト構築の仕事はまだ終っていません。

そんなわけでして、また徹夜で作業をしそうな勢いなのですが、作業が長引く要因のひとつとしてパソコンがたまに止まるということが挙げられます。

特にデザインをしているときはPhotoshopやらFireworksを立ち上げて色々イジリ倒していますので2年前に買ったパソコンでは少しきついではないのかと思いました。
そこで、手っ取り早くパソコンをパワーアップする方法はないかと考えた結果、メモリを増やしてみることにしました。
パソコンの動作速度はCPUとメモリが重要だと思いますのでこれは正しい選択だと思います。
いっそのことCPUも買おうかと思ったのですが、さすがにこれは結構いい値段したので今回は却下。

結局512Mのメモリを1万円ちょっとで2枚買いました。
パソコンショップで(このあたりで2番目に安い私おすすめの店。1番じゃないところに好感が持てる)ノーブランドって書いてある安いヤツを選びました。

今までは256Mのメモリが2枚刺さっていたので、合計で1.5Gを越しました。
グラフィックボードも256Mのやつなので3D表示もお手の物。
クリエイターっぽいパソコンになってきて自分では妙に満足しています。
まぁ、今まではほとんどネットゲームにしか使わなかったことなんてすっかりお忘れな私です。

で、さっそくメモリをビクビクしながらスロットにぶっさしてパソコンの電源を付けました。

……。

……。

なぜだか以前よりWINDOWSの立ち上がりが遅くなっているような気がします。
もしかしたら気のせいかも知れません。

よし、それじゃアプリケーションをいっぱい立ち上げてみよう。

……。

……。

イラレもPhotoshopもFireworksも立ち上がるまでの時間に変化は見られません……。

も、もしかして……こういう早さってメモリじゃなくてCPU!?

こうして私のパソコンパワーアップ作戦は終了しました。

しかし! 驚くべき異変を発見!!
WINDOWSを終了させるスピードだけはめっちゃ早くなった!
今のところ体感できるものはそれだけです。

最近めっきり寒くなって布団から出たくないLPN13ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

つい先日、会社に呼ばれまして、そこで社長とこれからについての話しをしました。

WEBサイト作成もそろそろコーディングの段階(htmlを書くことです)に移ろうとしているのですが、この段階でいったいどういう話しをしたかというと、私を採用するかどうかという話しです。

結論から言いますと採用だけど不採用。

皆さんはっきり言って意味が分からないとは思いますのできちんと説明します。

私は昔、映像制作の会社で働いていたことがありました。
そこで何をやっていたかというとカメラマンをやっていたんです。
写真ではなく、ビデオの方ですけどね。
一応テレビ局が使うようなでかいカメラを扱っていたわけなんです。
基本的に披露宴の撮影が主な仕事だったのですが、たまにイベントやケーブルテレビの撮影のお手伝いもしていました。

それを今回の会社を受ける時に職務経歴書に書いて出してたわけです。
今回の会社はネットを使った映像配信みたいなことも手がけてるようでして、何か役に立てばいいなぐらいに思っていました。

そういう事でして、会社としてはWEBデザイナーとしてよりもカメラマンとして採用したいと言われたわけです。
どうも社内に撮影の出来る人間がいなくて、いつも撮影は外部に任せているそうです。
そして、これからその会社は映像配信をメインにやっていくような感じです。
だからネットと撮影の両方の知識を持っている人というのが欲しいらしいんです。
一応仕事内容はどうなるのか聞いてみたのですが、やはり撮影と編集がメイン、っていうかほとんど。WEBに関することと言えば、たまにWEBサイトを更新したりするぐらいらしいです。
社長には「数日考えさせてください」と言って帰ってきました。

私は最初からWEBデザインをやりたいわけでして、撮影をメインにして働こうとは一切考えていませんでした。
理由としてはカメラマンは体が資本なので、怪我したり病気になると何も出来なくなります。
腕を折ったりすると撮影なんてできませんし、どこか悪くなって入院したりしたら何も出来なくなります。

WEBデザイナーはパソコンさえあれば大体のことは出来ます。
足が動かなくなっても手があればキーボードとマウスは触れます。
右腕が折れれば左腕でマウスを握れます。
両手とも無くなれば口を使って動かすマウスもあります。
実際、私は今ほとんど自宅で作業をこなしていますしね。

あと、評論家の宮崎哲弥が今日、こういう事を言っていました。

「ライブドアも楽天もネットと映像の融合なんて言ってるけど、そんなの無理だって事はIT業界の人はみんな分かってるよ。知らないのはテレビ業界の人たちだけ」

この言葉が本当なのかどうか分かりませんが、確かにいろんな問題点があることは分かります。

なので、私はこの話を断ろうと思っています。
中には「もったいないなぁ」と言う人もいると思いますけどね。
ただ、今作っているWEBサイトは最後まで完成させないといけませんのでもう少し頑張ろうと思います。

押忍。

とうとう楽しみにしていた祭には参加できなかったLPN13ですが、みなさんいかがおすごしでしょうか?

秋の空は変わりやすいっていうか気まぐれだとよく言いますが、本当にその通りですね。
9月生まれの私は一応秋生まれになるんでしょうけど、秋を極められる様になりたいです。

サンボマスターって言うバンドがあるので私はオータムマスターになりたいです。

そういえば昔、「if もしも」っていうドラマがありましたね。ドラマの途中で分岐点が出てきて、どちらを選ぶとどういう結末が待っているかっていうものです。

このドラマ、なかなか面白かったんですが、最近思うのは「大切なのはどちらの道を選ぶかよりも選んだその道でどう生きるか」だと思います。
選択に困っているのなら流れに身を任せ、その流れの中でどういう風に生きるかを考えた方が良いのではないかと。

さっき話しに出た「if もしも」というドラマでは選択肢のどちらを選んでもバッドエンドだったり、どちらを選んでも幸せになったりという事もあったと思います。
ゲームとかしてると選択肢を選び間違えるとどうあがいてもバッドエンドになったりすることがよくありますが、実際は選んだ道でがむしゃらに頑張ればなんとかなるもんですよ、と思います。

それではまた作業に戻ります。

地元は祭まっただ中ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私はといいますと、遠くでかすかに聞こえる太鼓の音に耳を傾けながら作業に没頭しています。
そんなに祭が好きなのかと言われますと、正直、祭自体はそれほどでもないのですが、あの雰囲気とかが大好きなんですよね。
地元の祭といっても私の住んでいるところは厳密に言えば祭と関係ありません。だから屋台や御輿を担いだりということは出来ないのです。なのでいつも見学組です。

ここ数年は仕事の関係で見学もままならない状態でしたが、友達の家で行われる前夜祭と打ち上げにだけは参加して酒を飲んでは騒いでいました。
しかしながら今回はそれもむずかしい状態です。

そういうわけでして私のイライラ感は絶頂を迎えようとしています。
会った友達に愚痴を漏らしたり、わざわざ愚痴を書いたメールを送りつけたりと、なんとかストレスの発散を心掛けています。(被害を被った方ごめんなさいっ)

この仕事を終えたあとに採用されるのかどうかはいまだまったく分かりませんが、嫌な仕事場だと分かっているところで働くのはすごくマゾだなとおもいます。

どうにかこうにかして明日の打ち上げには参加したいなぁ……。

私がこの会社に入る確率 30%

なんとか扁桃腺の腫れを気力で治したLPN13ですが、みなさんいかがおすごしでしょうか?

明日と明後日は地元の祭があるというのに私は一日中自宅のパソコンの前から動けません。
みんなで酒を飲んで騒ぎたいのに今年は独り淋しく過ごすしかないようです。

そんなわけでもう作業に入ってから1ヶ月が経つのに、いつまで経ってもホームページが出来上がらない理由は何かと考えてみました。
まぁ、最初の何週間かは提案書を作ったり打ち合わせをしたりだったのですが、今やっているデザイン作りになってからペースが落ちていると思います。
WEBデザインっていうぐらいなのでデザインが肝ですが、このデザインに時間を取られすぎてるのではないかと思います。

それはなぜか!?
いくつか理由を思いつきました。

メールでの連絡なのでリアルタイムに修正が出来ない。
また、修正して確認してもらうのも時間がかかる。

私がバカだから直せといわれたところをうまく直せない。

相手がバカだから修正箇所を小分けにして言ってくる。

相手がバカだからコミュニケーションが取れない。


例えばこれが会社で作業しているとなると……

リアルタイムで修正できるのですぐに確認してもらえる。

私がバカでも画面を見ながら説明してもらえるかも知れない。
むしろそれほどバカなら採用されていない。

相手がバカでも修正箇所をしつこく聞くことが出来る。

相手がバカでも根性でコミュニケーションを取る。


実際、クライアントに対しての文句というのは全くないんです。
デザインは任せてくれてますし、本当にやりやすいクライアントだと思います。
しかし、問題は会社の方ですね。

そうそう、無愛想な担当の人にデザイン案を確認してもらったのですが、初めてお褒めの言葉を頂きましたよ。
写真がうまく撮れてるってね。
バカか! 俺がどれだけフォトショップでイジリ倒したことか!
ほんと潮吹くぐらいイジリまくりよ!
元の写真見たら泣けるぞ!
おかげさまでフォトショップのレベルが1上がりました。

私がこの会社に入る確率 45%

どうも、LPN13ですが、みなさんいかがおすごしでしょうか?

撮影してきた写真を編集したり切り抜いたりするのにメチャクチャ時間がかかっています。

そして、恐ろしいことにのどが痛くなってきました。

前にも書いたことがあると思いますが、私は扁桃腺が腫れやすい体質です。
というよりも、元から扁桃腺がでかいんですよ。あまり比べたことはないんですけど小さい時に医者から人よりかなりでかいと言われました。
手術で切除してしまおうかという話も出ていたのですが、かかりつけの医者が「人間の体に無駄なものはないはずだから切るのはやめておこう」という判断をし、いまだに喉の奥に鎮座しています。

ちなみに一度腫れると1週間は高熱が出てまともに動けません。
今年のシーズン終盤には藤川球児も扁桃腺を腫らしてダウンしてましたし。
あまりの高熱のせいで種なしになるのではないかと思うぐらいです。むしろもう種が無くなっているかも知れません。
そして、唾も飲み込めないほどの喉の痛みに襲われます。
醤油・からし・マスタードなんかが喉に当たると即死できます。

こんな大切な時に限ってのどが痛くなってしまうなんて……ついてないなぁ。
ただ、今のところ熱は上がってきていないようなので予防を万全にして出来る限り睡眠を取ろうと思います。

ただの風邪だったらいいのになぁ……。

毎日が仕事のようで毎日が休みのようで明確なボーダーラインの引けない生活を送っているLPN13ですが、みなさんいかがおすごしでしょうか?

まだまだWEBデザイナーとしての初仕事は続いています。

先日写真撮影を行いました。

1週間ぐらい前に私は担当の愛想の悪い人にメールでこう言いました。

「すみませんけど、私はデジカメ持ってないんです。ちなみにデジカメもほとんど使って事が無いのですが大丈夫でしょうか?」

まぁ、これに関してはまったく解答をもらってなかったわけなんです。
相変わらず質問に答えを返してくれないすばらしい人です。

で、10/4に話し合いの場でその事をもう一度言ったわけなのですが、その時に

「会社にも150万画素のデジカメしかありませんけど、なんとかなるでしょう」

……この時代に150万画素のカメラって、今までどうやって撮影してたわけ?
今回なんか特に写真が重要だって事は最初から分かってただろうに。
いや、まぁ、それしかないってことはどうにかなってたんでしょうね。実はこのカメラ、20世紀のものです。1990年代のものだと思われます。
今までは社員などが個人で持っているカメラを使ってたんでしょうか?
余談ですが、私の携帯のカメラは202万画素あります。携帯ごときのカメラが会社のカメラよりも50万画素も多いのですが、その事については一切話しませんでした。

まぁ、そんなわけで撮影を行ったわけですよ。
事前にデジカメの使い方を教えてもらいました。
教えてもらった内容は……

「このボタンを一旦半押ししてそのまま強く押せば普通に撮れるから」

ひゃっはー! 初めて使うカメラなうえにデジカメでの撮影経験がほとんど無い私にはこんな分かりやすい説明無いですよね?

そうそう、デジカメの液晶って小さいからよく見えないですよね?光が当たると見にくいし。
大体名刺サイズあるかどうかぐらいだと思います。
だからうまく撮れてるかどうかっていうのは実際パソコンの画面見ないと分かりにくいと思います。
撮影を終え、データを家で確認してみると……

見事にピンぼけの嵐!!
驚くほどのピンぼけ!!
photoshopでも修正効かないくらいのピンぼけ!

自分の技術のなさも認めるけども撮影の練習ぐらいさせろよ、ボケが!!

今なら私の愚痴を聞いてくれる人を大募集中です。すぐさま連絡ください。
正直「マジで」しんどい……。

数時間前までやる気満々だったLPN13ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

そのやる気をゼロにさせるメールが届きました。

差出人は例の愛想の悪い人です。
もうほんとマジ無理だって。
いったい昨日の話し合いは何だったわけ?
俺はこの人と一緒に仕事は出来ない。
ってか、多分会社も採用してくれないだろうし。

とにかく今の仕事終ったら別の会社受けます。
マジで最悪。

デザインの難しさが骨身に染みているLPN13ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

昨日会社に行っていろいろとデザインについて話しをしてきました。
やはり私自身が思っていたように四角四面のデザインをもうちょっと練り直した方が良いというようなことを言われました。

それにしてもこうやって直接話しをするというのは良いですね。
メールの様に一方通行ではなくリアルタイムに身振り手振りを交えて意見の交換が出来るというのはとても分かりやすいです。
また、今回は初めてWEB制作の責任者の方にお話をしていただいたのですが、これまたとても気さくで話しやすく、私が今回のデザインに対して持っていた疑問をほぼすべて解決してくれるだけの納得いく説明をしてくださいました。
正直言ってこの人のおかげで不信感がほぼ吹っ飛びました。

また例の愛想の悪い人も、このブログ読んでるのかと思うほど愛想が良くなっていたのにも驚きです。

そして、報酬の話しも出ました。
今回の仕事は10万ほど頂けるようです。
この金額が高いか安いかどうかはわかりませんが、これで一応プロとしての自覚がやっと出てきた様な気がします。
いきなりのSOHO(個人事業主)としての仕事ですが、なんとか最後までこなせそうです。

それから、最近mixiというソーシャルワーキングサイトにはまっています。
WEBデザイン関連のコミュニティーに参加していますが、自分と同じような志を持った方々が多くてとても励みになりますね。
最初はSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)って胡散臭さを感じていたのですが、イザ使ってみるといろんな意見交換や繋がりが出来るのはとてもありがたいです。
ただ、紹介制というのがネックですけどね……。

それでは今日はこれまで。
ごきげんよう。

↑このページのトップヘ