なりたてWEBデザイナーのオレイズム

なりたてウェブデザイナーのぼやきとWEBの仕事と妄想

2006年07月

WEBデザイナーになりたいという方が多いのか少ないのかはわかりませんが、もしそういう方がこのブログを見て少しでも参考になればと思って俺流(オレイズム)のWEBデザイナーになる方法をちょこっと書いてみようかと思います。

WEBデザイナーになりたいと決めたら、とにかく勉強しなくてはなりません。
WEBデザインなんて言葉自体できて間もないので勉強の仕方はさまざまだと思います。
また、「デザイナー(サイトのデザイン)」「コーダー(HTMLコーディング)」「フラッシャー(FLASHを作る人)」などをWEBデザイナーとひとくくりに言うことも良くあります。
私のように田舎の小さな会社でWEBの仕事をしていると、上に書いた3つのことは大体1人でこなさなければなりません。
また、写真の撮影や、企画書・見積書の作成、クライアントとの打ち合わせなんかもする場合もあります。

ここでおすすめなのはWEB系のスクールに通う事です。
世の中にWEB系のスクールは履いて捨てるほどありますが、だいたい講座の期間は3ヶ月から6ヶ月ほどです。その期間のうちにWEBサイトを製作する技術の基本中の基本はマスターできるはずです。
しかも、スクールに通うとWEBサイト製作に使うアプリケーションも安く購入できます!!
(エデュケーション版やらアカデミックパッケージやら)
ただ、アプリケーションを安く買えても講座代がどこのスクールも結構高いのがネックです。

デジハリ
ヒューマンアカデミー
インターネットアカデミー

適当にWEBの講座のあるスクールを挙げてみましたが、やはりどこも同じような額ですね。
こうやって高い額を自分で払って勉強すると「絶対に元を取り返してやる!!」という強い気持ちが生まれることがあります。こういう気持ちが出たら後は元を取り返すためにひたすら勉強できるんじゃないでしょうか? 親にお金を払ってもらう人はモチベーションが下がる事があるので要注意です。

それとスクール選ぶ際に、個人的に注目して欲しいのは「受講生の作品」です。
こういうスクールのサイトには受講生が作ったサイトが掲載されている事があります。だいたいそのサイトは講座終了間際に製作しますのでスクールのレベルもおのずとわかってきちゃいます。

そういうわけで、スクールに通われる方は失敗しないスクール選びを心がけてくださいね。
ただ、どんなスクールに通っても要は本人のやる気しだいなので、何とかできない人はなんともならないし、何とかできる人は何とかなると思います(笑)

次回はスクールに通うお金もない貧乏人(私みたいな人)必読の「独学ってどうすりゃいいの? 誰が俺を救ってくれるの?」です!!
乞うご期待!!(あんまり期待されてないですけど)

WEBデザイナーになりたいという方が多いのか少ないのかはわかりませんが、もしそういう方がこのブログを見て少しでも参考になればと思って俺流(オレイズム)のWEBデザイナーになる方法をちょこっと書いてみようかと思います。

まず第一に、「インターネットが好き」という事が一番大事だと思います。
ふと思ったのですが、デザインが好きだからWEBデザイナーになるって言う人は結構少ないのではないでしょうか?
純粋にデザインの好きな方はおそらく、まず「グラフィックデザイナー」の道を歩まれるのではないかと思います。

インターネットが好きということは、意識せずともいろんなWEBサイトを見ていると思います。結果、自然に目が肥えることになります。
と、言いたいところなのですが、個人のサイトばかりを見ていてはまったく目は肥えません。
WEBデザイナーの仕事は企業のサイトをデザインするのでWEBの知識のない個人の作ったサイトを見ていると悪い癖がついてしまいます。
実際、私も昔個人のサイトばかり見ていて、それを参考に自分のサイトを作ったのですが、今思うと見づらくてしょうがないページでした。

幸いな事にかっこいいサイトを集めているリンク集サイトがあります。(私も誰かに教えていただいたのですが)
ikesai.com
また、mixiの「WEBデザインコレクション」コミュニティーもかなり参考になります。
このサイトなどを参考にしてすばらしい目を手に入れてください!

※なぜだか私の会社の上司(40代の元グラフィックデザイナー)はikesai.comに掲載されているサイトのデザインはまったく良くないと言います。ただ、私はそんな事を言う上司の方がちょっとおかしいのではないかと思っています。

この頃あまりに理不尽な事が多くて若干へこたれてるLPN13ですが、みなさんいかがおすごしでしょうか?

詳細はまた連休中にでも書くとしまして、最近久々に音楽を聴くようになりました。

ここ何年かまったく音楽のない生活を送っていまして。世の中にはi-podなど、どんなところでも音楽が聴ける環境が整い、またそれを多数の方が利用している状況を考えると、人にとって音楽とはなくてはならないものかと思わざるを得ませんが、私の場合は音楽がなくてもまったく生きていく事に支障もなく、また、音楽がなくても全然物足りなさを感じる事がありません。
ただ、26年間も生きるとどうしても聞きたくなる曲というものに出会う事もあります。

H2Oの「思い出がいっぱい」
SHOGUNの「BAD CITY」「俺たちのメロディー」
classの「夏の日の1993」
堤大二郎バージョンの「君よ八月に熱くなれ」

最近はこれらの曲ばっかり聞きまわしています。
いったい自分が何歳かわからなくなるような時代のものが多いのですが、街でこの曲が流れると立ち止まってしまいます。
うーん、名曲。

なんだか忙しいようなそうでもないような日が続くLPN13ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私は毎月WEBの雑誌Web CreatorsWeb Designingという雑誌を定期購読しているのですが、これを読んでいるとどんどん自分がWEB製作の今の技術から取り残されていくのではないかという考えを持っています。

実際、会社でつくるサイトはユーザビリティーやアクセシビリティーなどを無視したものばかりで、CSSを使う事にも制限をかけられています。画像に代替テキストを入れなくてもいいと指示されたことまである始末。この状態ではデザインのレベルアップは望めても「WEBサイトを作るという技術」のレベルアップは望めません。

なので、私は思いました。
だれかボランティアで私にWEBサイト作らせてください。もちろん無料で!!
一応私も会社という組織に属していますのであまり勝手な事はできません。(会社には内緒です)
ですので商用目的のサイトはいささか作りづらいのですが、自分のやっている事をネットで公開したいとか(自分たちでやってるバンドのサイトとかサークルのサイトとかゲームのギルドサイトとか)、個人で作っているWEBサイトをリニューアルしたいなんていう方がいたりしましたら是非私にまかせてみませんか?

なんて事を去年も書いてみたのですが結局応募はまったくなしでした。
まぁ、当時はまだアマチュアだったという事もありますけど、サイト作ってる人たちはサイト作りが趣味でやってる人が多いんで人に頼んだりしないんでしょうね。それに今はブログっていう便利ツールもあるし……

興味のある方は一度お話聞かせてください。ではでは。

連休のときは酒を飲みにいくか早朝ドライブをするかの二択になってきているLPN13ですが、みなさんいかがおすごしでしょうか?

昔、私はひとつの目標を立てていました。
それは車の免許を取ったときに立てた目標で、「兵庫県を縦断する」という事です。
電車では高校のときに既に達成しているのですが、自分の運転する車で縦断するという目標があったのです。
実際は道を北に走っていけば嫌でも兵庫県の北、すなわち日本海(豊岡市城崎町)にぶち当たるのですが、こんな簡単な事がなかなか実行できずにいたのです。

今朝午前二時半に、それをクリアするためにおんぼろ車(カーステ動かない・エアコンも半分壊れてる)に乗って兵庫県の南の端にある自宅を出ました。

前回のドライブで兵庫県中部まではクリアしていますし、道もGoogleMapで確認していたので不安は特にありませんでした。

家を出て1時間ほど走った頃に、運悪く雨が降ってきました。
そんなに強くない雨でしたので大丈夫だと思っていたのですが、北上するに連れて雨はどんどん強さを増し、雷まで鳴り出しました。
途中、生野峠というところに差し掛かったときに、一瞬雨がやんだかと思うと、急に恐ろしいほどの濃霧に見舞われ、本当に数メートル前しか見えなくなってしまいました。運良く対向車も後続車もいませんでしたのでノロノロと進む事で事なきを得ましたが、あんなに濃い霧は初めてで腰を抜かしました。

無事に濃霧を切り抜け、胸を撫で下ろしたのですが、また雨が降り出し、道路の水がヘッドライトに反射してすごい見にくい状況が続いました。街灯もあまりない場所でしたので特に道の左端が見にくく、キープレフトしづらいという始末。気がつけばちょっとセンターラインよりに走っていました。対向車はこんな時間ですのでトラックが多く、道幅の狭いところでは結構危険でビクビクしました。

午前4時過ぎに豊岡市に入ると空が少しだけ明るくなり始めました。兵庫県北部の中心地だけあり、道も若干広く、街灯も増えてきました。これで幾分か走りやすくなったのですが、道の横を流れる円山川の水が恐ろしいほど増量しているのが気にかかっていました。

何とか豊岡市を北上し、無事に城崎町に入りましたがその頃には雨が恐ろしいほど激しさを増し、ワイパーを最高速度で動かしても追いつかない始末。また、水はけの悪く細い道だったのでいたるところに特大の水溜りができていて、大してスピードも出していないし、タイヤの溝もきちんと残っているのに常にハイドロプレーニング現象との戦いでした。急にハンドルを取られそうになり、タイヤが水に浮いている感覚が本当に実感できました……。

しかも、対向車が通ると水がモロにフロントガラスにかかり、一瞬視界がゼロになります。日本海をすぐ目の前にしているのに本当に引き返してやろうかと思うぐらいの恐ろしいほど強い雨でした。

少し泣きそうになりながらも、自分に鞭打ち、日本海を目指し、ただひたすら北へと走りました。

城崎マリンワールドそして私はとうとうたどり着いたのです。
車から降りて日本海の写真を撮ろうと思ったのですが、雨が強くて一歩も降りる事ができませんでした……。












気比の浜海水浴場ただ、このまま帰るには惜しいので昔家族でよくキャンプしていた海水浴場に行ってみました。
さすがにこの雨の中キャンプしてる人なんていないだろうと思ったんですが、驚く事にテントが結構建っていました。その数20〜30ほど。
雨の警戒を呼びかけるためか、パトカーもキャンプ場内でうろうろしていました。
結局ここでも私は車から一歩も降りる事ができず車内からとりあえず日本海の写真を撮影しました。










男! 日本海結局私は城崎町で一歩も車から降りる事ができないまま自宅まで戻ってくる事になりました。それにしてもあまりにもスリリングな冒険で今はとても満足しています。
やはり遠出をするというの何かしら良い体験ができますね。
車って本当に便利なものだと改めて実感させられました。
今度は女の子でも横に乗せていけることを切に願うばかりです(泣)

最近新たな趣味を見つけたLPN13ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

どんな趣味かといいますとドライブです。

まぁ、すごく一般的な趣味といえばそうなのですが、週末の明け方(午前3時ぐらい)に家を出発し、7時ぐらいに帰ってくるような感じです。走行距離は1回のドライブにつき150〜200kmです。ガソリンの減りが早いですが、それ以上に楽しいのであまり気になりません。

私の住んでいる兵庫県は南北に長い県です。家が県の南部にありますので、ドライブに出かけるときは北に向かって車を走らせます。

私の車にはカーナビはついていません。なので一応家を出る前にGoogleマップで大まかな道順を確認します。まっすぐな道をただ走るだけでは面白くないのでちょっとした峠道のある道を選びます。だいたいは国道を通る事にしているのですが、ドライブ6
先週なんかは道幅2mぐらいのものすごいくだり道で、道の横は崖と山の斜面(小さな落石多数あり)という恐ろしい国道にめぐり合いました。(国道429号線)
国道といえばなにせ国の道ですから、絶対に広い道だと思っていたんです。地図で見てもまさかこんな道なんて夢にも思いませんでした。うちの前の市道より細いですからね!それに、この道は一方通行ではないので逆から車が来たりしたら一体どうすれ違えばいいのか……まだ薄暗い明け方だったので幸いな事に対向車はいませんでしたが、考えただけでも恐ろしいです。できればもう行きたくありません(泣)
ただ、そういう色々な発見がこの週末ドライブの醍醐味です。

そういうわけで、今日も朝3時からドライブに出かけました。目的地は高校時代に行った事のある思い出の場所。8年前に訪れ、1日を過ごした町です。ドライブ2
当時、高校最後の夏休みに友達と3人で何の当てもなくその町に行き、泊まるところがなかったのでお寺に泊めてもらったという場所です。最初に「泊まらせてください」とお願いしたお寺には丁重にお断りされ、2件目のお寺はすんなりと泊めていただきました。

本当に驚くほど田舎で、その時は夕食もどこで食べればいいのか心配するぐらい店がなかったのですが、今日車で行ってみると、駅から少し離れたところにローソンもあるし、居酒屋もあるし、ステーキ屋もありました。あろうことかラブホテルまでありました。
そのローソンに入ってコーヒーを買うついでに、店員さんに「このコンビニっていつごろできました?」と聞いたところ、5〜6年前にできたそうです。

さすがに8年も経つと結構変わってますね。新しい家も結構建っていたし、うちの家の周りとそう大差のない場所になっていました。
ただ、当時は本当にド田舎に来てしまったと思っていたのですが、元からそんなにド田舎ではなかったのかもしれません。私たちは電車で来て駅周辺を徒歩でうろうろしていただけなので行動範囲が今よりも格段に狭かったのです。そういう違いはあるのかもしれません。

それにしても8年という時間が思いのほか早く過ぎたというのを妙に実感しました。
小学校1年生から中学校2年生になるまでと、高校3年生から今までと、どちらも8年間ですが時間の過ぎ方はまったく別のものですね。「光陰矢のごとし」とはよく言ったものです。

↑このページのトップヘ