DOB_Devil さて、いよいよ明日から上海の空に旅立ちます。
 しかし絶対に「あいつと来たかったなあ」なんて思って、泣きそうになるような、そんな瞬間があるにちまいない。
 こんな時に、あいつだったらなんて言うかな、なんていうことを時々考える。

 あいつはいつだって「いわゆるモテる女の子が取るようなリアクション」を見せてくれた。それはとても、あざといくらいにかわいかったものだ。
 そして、それだけじゃない彼女の迷いとか、冷たいとことか、エッチなとことか。ただのかわいい女の子じゃないような、そんなとこも含めて僕に見せてくれるような、そんな彼女のことが好きだった。

 僕が嫁と旅行に行くと知った時、彼女はすごく焼き餅を焼いたけれど、「その4日間は、奥さんとの時間を大事にしてくださいね」と言ってくれた。

 でも、僕は我慢できなくて旅行先からメールしてしまったのだった。

 すると、すぐに電話がかかってきて「奥さんとの時間を大事にしてって、言ったやろ!」と本気で怒られた。
 お前がそういう本当に優しいところを見せるから、僕だって本気で好きになってしまったのだよ。

 お前が本当にいい女だって分かってるので、今の僕は辛い。
 ただかわいいだけの女だったら良かったのに。

 某方面から、のろけ話を書けと言われたので久しぶりに書いてみました。

 あ、ちなみに、土産はないよ。