DOB_Devil 昨日のことがあって、ようやく、正にたっぷり8ヶ月かかったわけですが、彼女とは100%やり直せないということを受け入れることができました。
 電話番号もやっと削除しました。
 ようやく、色々なことを「過去の物」と考えられるようになったわけでございます。

 最後に、なんでこんなに僕のことを嫌いになったのか訊いておきたかったのだけれど、しかしそんなこと聞いたって何にもならないのでやめておきました。
 だがしかし、気にはなるなあ(笑)

 そんなことを言いながら、まだ彼女のことは好きなんだけどね。少しその気持ちに変化はあったのだけれど、まだ好きだなあ。
 それは、もっといい女を求めて生きるよりも、思い出に浸って生きた方が楽だからかも知れません。

 いい女いないかなあ。髪が細くて肌がきれいでかわいくて、エッチで、バカじゃなくて、性根が腐ってない女。
 やっぱり広末似がよいのですよ、私は。みかん目で鼻がああいう感じのこが好きです。
 「見た目だけかい!」と言われそうですが、性格はいいのです、性根が腐ってなければ、程度の差はあれ、みんなどっかに良い物を持ってると思うので。

 そんな感じだ、今日の気持ちは。

 でもなあ、彼女はかわいかったからなあ、300人に1人くらいのかわいさだったからなあ。

 とりあえず、思い出を大事にしながらも、前を見て生きてみますかな。
 あるいは死ぬか。