DOB_Devil なんかですね、ふと、元カノに対して申し訳ないような気がしてきたのです。
 彼女は僕といた日を、今は全否定しているのだろうと思う。彼氏としての僕も、上司としての僕も、今の彼女にとってはたぶん忌むべき存在なのでしょう。
 悲しいというよりね、申し訳ないことをしたと思うのです。彼氏として彼女を守ることもできなかったし、上司として彼女を評価してやることもできなかったし。なによりも、最初のセックスの時、僕は彼女のことを本気で思っていなかったし、職を奪ったのも僕なわけだ。
 で、僕は今もノホホンとして生きている。

 彼女が僕を嫌った本当の理由は分からないけれど、でも今の僕は、あなたに好かれるだけの資格を持ってはいない。

 で、数日前に、彼女に対する気持ちが変わったという事を書いたのですが、どういう風に変わったのかというと、

 「嫉妬する気持ちが無くなった」のです。

 それまでは、例えば彼女が他の男とセックスしていたら、例えば他の男と結婚したら、例えば他の男との子供を抱いていたら、そんなことを考えるたびに泣いていました。
 今も、そんなことを考えます。

 でも、泣きはしません。
 「がんばれよ、○○!」
 「Do the right thing,XXXX!」
 そんな風に思うのです。

 今もコイゴコロは生きていて、泣きそうになってしまうことは、そりゃあ度々ある。でも、僕が恋しているのは、あの時のお前。
 「さあ今日もがんばりまショー」って言ってたお前。潤んだ目でしたそうな顔をしてたお前。僕にご飯を作ってくれたお前。口移しで胡桃を食べさせてくれたお前。
 僕が好きなのは、過去のあなた。

 今のあなたは、全然別のとこにいるあなた。未来のあなたも。もちろん。

 ある一瞬、平行線だった人生が交わって、それがいつか、また平行線に戻ってゆく。
 そういうものだ。
 それは、いつも偶然による物。