DOB_Devil 江戸時代の「売春婦」、と言ってしまっては身も蓋もない。「遊女」の呼び名というのは、江戸と上方(近畿)では違っていたのですね。
・江戸では、花魁(おいらん)
・上方では、娼妓(しょうぎ)←正妓かも?
 この語源について、桂米朝師匠は以下のように解説しています。

・狐は尾を使って人をだますと言います。尾を切られてしまうと、狐は霊力を失い、人をだませなくなる。
・しかし、遊女は尾がなくても男をだませる。遊女が男をだますのに尾は不要である。
・「尾要らん」=「おいらん」

・あまり遊里で遊んでいると、梅毒にかかる。
・梅毒の症状の一つとして「鼻が溶けてなくなってしまう」というものが知られている。
・「鼻の先が欠ける」=「はな・さきがけ」=「花の魁」と書いて「おいらん」と読む

・遊里では、金がないと遊べない。(上方は銀本位制)
・金(銀)がないと、遊女は「させてくれない」
・「金・銀がないとさせない」=「金将・銀将がないと指せない」=「将棋」=「しょうぎ」

 また、傾城(けいせい)とも言いますが、これは殿様が遊女に入れ込むと城が傾く、という意味でしょう。