DOB_Devil・アプリケーション自動実行機能やPCをロックする機能など
USBフラッシュメモリに様々な機能をプラスした「ClipDrive Plus」新登場!

 実際にどの程度のことができるのかは分からないけれど、便利になるというのは、他方ではとてもリスキーだなあ、と思いました。
 なんでって、
 ある日突然、差出人不明のUSBメモリが届く、あるいは、職場に見知らぬUSBメモリが転がっている。
 多くの人は、1回PCに差し込んでみると思うのです。私なら、好奇心から差すな、多分。

 すると、自動的に実行ファイルが起動して、PCがウィルスに冒される。

 あるいは、メモリを抜いた途端、勝手にPCがロックされる。

 そんなことが出来てしまうのではないか。(いや、わかんないけど)

 「機械が勝手にやってくれること」がどんどん増えている。
 そして、ほとんどの人は「機械が勝手にやってくれている内容」を知らない。理解できないような難しいことを、コンピュータはやってくれる。
 それはとても便利なことだ。

 でも、とても怖いことでもある。何かあった時、対処のしようがないもの。
 WindowsXPを初めて使った時も、そういうことを強く思った。
 いろんな事を自動的にしてくれるけれど、Windows98のような「わかりやすさ」が全くない。どこの設定をいじればどうなる、という明瞭さがない。

 「誰にでも操作できるコンピュータ」ってのは、ブラックボックスなんですよ。みんな、そういうリスクわかって使ってるのかな。