brion・やまやにて2002年の「CHATEAU BAHANS HAUT-BRION」購入。5250円。
・オー・ブリオン(異常プリオンではない)のセカンドラベルです。

・オー・ブリオンと言えば、ムートン、ラフィット・ロートシルト、マルゴー、ラトゥールと並んで「ボルドー5大シャトー」の一つです。しかも唯一メドック地区外から選出されている、別格のシャトーなのだそうです。
・本物を買うと2万円は下らないワインですね。しかも相応のビンテージの物になると、購入にはかなりの覚悟が必要になります。

・さて「セカンド・ラベル」というのはですね、簡単に言えば「アウトレット品」です。
・そのシャトーの正規品よりも、若干基準を甘くしてリリースされた物、最終審査段階で「規格外」と判断された物ということです。
・ただ、基本的に正規リリースされた物と同じ環境で作られていて、一定のクオリティーを持っています。
・なので、値段もかなり廉くなっています。5大シャトーのセカンド・ラベルは5000円程度です。レストランでも、10000円くらいで飲めます。

・これでムートン以外のセカンドは制覇したのですが(自慢)、今回、初めて真面目に飲みました。

・それなりに重みがあるし、それなりに飲み応えがあるのですが、今は廉くて美味しいワインがたくさんあるので、これに5000円出す意味ってのは、あまりないですね。
・先週、南アフリカのMANを飲んで、1本600円とは思えない価値を再確認したところなので、余計にそういう印象を持ちました。(カベルネも良いが、ピノタージュの個性的な味はMANならではだと思います)

・確かに2002年だから、若すぎるというのもあるのでしょう。10年くらい寝かしてみると、ボルドーならではの良い味が出そうな予感はあります。
・チリや南アフリカのワインは、確かにおいしいのですが、長期熟成には耐えられないような気もします。
・ただし、日本では良い状態で長期間保存されたワインを廉く買うはそれなりに難しいわけで。
・ワインセラー欲しいなあ。

・しかし、デキャンティング・ポアラーは良いですよ。実感出来るだけの効果が出ます。
・ワイン好き必携と言ってよろしかろう。バキュバンと共に。


VACUVIN バキュバン ストッパー付き ホワイト V-20