DOB_Devil 北海道の「白い恋人」に対して「赤い恋人」という商品があるらしい。「褐色の恋人」はスジャータだっけ?「お口の恋人」はロッテ。
 いま「奥地の恋人」って変換された。「秘湯で待つ恋人」って感じで、風情があるようなないような。
 それはともかく、「お口の恋人」で思い出した。
 私が中学生の頃「デーモン小暮のオールナイトニッポン」で大川興業が高らかに歌ったあの歌を。
 以下、「僕の名前はヤン坊!」のメロディーで。
 <猥褻な部分は補完して読んでください>

・僕の大学はフェリス、僕の大学は中央、二人合わせてフェリ中央だ、君と僕とでフェリ中央だ。大きな物から小さな物までお口の恋人フェリ中央は、最高!

 記憶が非常に曖昧なのだけれど。他にもたくさんあった。

・僕の大学は法政、僕の大学は慶應、二人合わせて法慶だ、君と僕とで法慶だ。大きな物から小さな物まで色々あるけど法慶は、最低!
・僕の大学は国立音大(くにたちおんだい)、僕の大学は都立、二人合わせて国都立、君と僕とで国都立。大きな物から小さな物まで色々あるけど国都立は、敏感!
・僕の大学は同志社、僕の大学は帝京、二人合わせて同帝だ、君と僕とで同帝だ。大きな物から小さな物まで色々あるけど同帝は、○○!←忘れた。

 本当に記憶が曖昧なのだけれど。破壊力あったなあ、中学生の私にとっては。友達と嬉々として歌ってたもんなぁ。

追記:2chで発見。もうひとつは近畿&多摩川でした。(ここの411)