535dc543.jpg・タモリ倶楽部、インド人が登場。たしかボンバー犬さんにも紹介した「電子タブラ」が出てきて感動。大きさも思っていたよりかなり小さく、本体色・ボタン色含めてキュートな印象。現地価格は1万円程度らしい。欲しい。 
・これ、ウィリアム・オービットも使用していたようです(笑)
・CASIOの海外製品で「アラビア音階のカシオトーン」ってのもあるんですよ、かなり欲しいんですよ。Yahoo!オークションでも何度か探した。

・今後書きたい記事、えっけんさんのアクセス数論、mixiに絡めて「アクセス数と読者と『ともだち100人できるかな』の思想」つまり、友達の数と質、読者の数と質、そしてアクセスの数について。
・あと、某人がmixiで言っていた「リアル知人なら馴れ合ってしまうけど」ということ。そうかなあ、と思う。仕事以外では言いたいことを言うし、仕事でもそれに近い。
・だから私は子供なんだよ。「要らんこと言い」ですから。
・しかし、そういう関係として、えっけんさんやボンバー犬さんとはリアルで友達になりたいなあ、とは思う。あ、そうか、私が彼の地に赴けば、オフ会が開けるのか。いいなあ毒舌オフ(いいや、よくないな)

・Mさん出演の日曜美術館を録画で再見して、コミケ(コミックマーケット)で女性が「友達ができるし」と言っているシーンに違和感。
・いや、違和感というわけではないのだけれど、「社交場」についてちょっと。社交場の多様化は、公序良俗の維持にとって悪い要因ですよね、多分。こういう事書くと、自分の進歩のなさにあきれるが。

・で、早送りして偶然再生開始すると「水曜どうでしょう」の「ミスター対ハエ」。鈴井さん、面白いなあ。
・その前に「四国3」を見ていて、面白いなあと思っていたんですが、「四国3」の面白さって「作られた面白さ」なんですね。
・アレを見ていると、大泉さんがミスター不在の中、ものすごく頑張っているのがわかるわけです。焼山寺のくだりなんかは、正にミスターがいない故の判断ですよ、あれは。
・それはそれとして、ミスターのリアクションって、本人はどう思ってるか知らないけど演技色がない。というかあるかないかはっきりしてる。で、私はないときが好き。
・壊れたミスターの面白さって、バラエティー番組の極北なんじゃないかと。いや、極北は初期の浅草橋ヤング洋品店か。
・現在、04:25。寝ます。