DOB_Devil(TakashiMurakami) こちらの記事でお代を掲げて募集されていたので、書いてみる。ここら辺に関しては、私は一応、一定の意見を持っているし、自分の中で結論を出しているのです。

 で、先日もLINさんの所この記事へのコメントにも書いたんですが。
 まあ、いつもながら乱暴にまとめます。

■なぜ、日本人は有益な議論が苦手なのか
 これを知ることが、批判への対処、あるいは有益な議論を進めるために大事だと思います。
 すでに方々で書いているのですが、なぜ、日本人は議論が苦手なのか。
 ブログの世界で言えば、なぜ、否定的コメントのほとんどは中傷であり、またその展開として中傷合戦になりがちなのか。

■コミュニケーションの前提と結果
 それは「日本人が理解というものを『結果』ではなく『前提』ととらえているから」です。
 本来、「理解している・理解されている」と言うのは、より本質的なコミュニケーションの「結果」として得られる状態である、と思うのです。
 しかし、日本人は「他者を理解している・自分が理解されている」ことを「前提」としてコミュニケーションをとる傾向にある。

 理解されるためにコミュニケーションをとるのではなくて、理解されているからこそコミュニケーションが成立するんだ、と思っている人が、多数を占めていると思います(聞いた訳じゃないけどね)

 その理由は、島国の民族だからとか、農耕民族だからとか色々言えると思うのですが、とにかく、そこら辺が逆転していると。

■ブログ上での批判はどういう状態で始まるか
 これは特にweb上のコミュニケーションにおいて、顕著に表われているように感じられます。
 それは、web上では、特にブログなんかでは、全ての情報がフラットに並んでいるからだと思うのです。書かれている内容は全く違っても、スタイルシートが同じだったり、同じポータルから飛んできたりする。

 だから見る側としても「自分とは全く違う意見、あるいは自分にとって不快な意見があるかもしれない」という警戒心があまりないのではないかな。
 もともと「理解を前提としていて」さらに「警戒心がない」状態で、自分とは正反対の、自分にとって不快な意見に出会う。

 多くの場合、それがブログ上での「批判」のスタート地点になっているようです。

■批判する側の心理状態と、批判コメントの狙い
 油断した状態で、自分とは反対の意見、時によっては過激で不快な意見を読んだ時、どうなるか。

 「バカじゃねーの」ですね、一言で書くと。
 女はバカだっていう物言いがあるわけですが、男にとって女がバカだっていうのは、ある意味、真実なんですよ。男の思考回路から言えば、女の考えていることは異常であって、理解できないからバカなのね、それは。
 つまり「自分が理解できないもの=バカ」っていう定義付けをしてしまうんですね、脳味噌っていうのは。

 これはまあ、私のような傲慢な人間だけなのかもしれませんが、まあソフトに感じたとして「この人何考えてるんだ」「この人の考えてることはおかしい」って思いますね。

 ただし普通は、そこでスルーです。「バーカ」って思って、見て見ぬふりして、それ以降はそのページに寄りつかない。
 「批判コメントを残す」っていうことは不快感が強いというのももちろんですが、ある目的があって、残すわけです。

 じゃあ、そのコメントの目的・意図は何かというと。
 「『お前はバカ』だということを認めさせる」「『お前の考えてることはおかしい』と認めさせる」このいずれか、というか両方です。

 ただ「バカかどうか」「おかしいかどうか」っていうのは、極めて主観的なんですね。「正しいかどうか」っていうのとは違うんです。論理展開がおかしいとか、情報元がおかしいとか、そういう指摘はほとんど見ません。
 だから「バカ」「おかしい」の判定というのは、批判コメントを残す人のこれまた「主観」に基づいて下されるわけで、批判コメントの大多数は、主観的・感情的だと言って良いでしょう。

■批判された側の心理状態と、レスポンスコメントの狙い
 それを受けた側なんですが、これまた最悪な状態でして(笑)
 ブロガーなんていう物は、ぬるま湯につかっているわけです。数ヶ月もブログを続けていると、いつも来て「好意的なコメント」を残してくれる人が何人もできますし、トラックバックの多くもまた好意的なものです。

 そんな中にどっぷりと浸ってしまった「管理人さん」としては、理解なんていう物は「前提」でしかない。いや、多少自虐的に書いていますが、好意的なコメントというものに慣れていて、「警戒心がない」状態ということで言えば批判する側よりもその傾向が強い。

 そこに、ある日突然、主観的・感情的な批判コメント(TBでも良い)が残される。
 普通、怒りますね。そして闘争本能が表出する。
 批判者は、上から見下すように「お前はバカだ」「お前はおかしい」と言っている。

 チャップリンの「独裁者」でヒトラーとムッソリーニが、相手より高い位置に上がろうと必死に競争するシーンがありました。(映画中ではヒンケルとチコリニ、じゃねーや忘れた)
 人は、一方的に見下されると、それよりも上に行って、逆に見下してやろうと思ってしまうのですね。匿名のコミュニケーションでは正にそういう心理が働きます。

 批判された側は、怒りつつ、また怒りを静めつつ、批判者の上に立って「おれはバカじゃない」「おれはおかしくない」という事を書くわけです。
 それで終わればよいのですが、ただ、前に書いたように「逆に見下してやろう」という心理が働いてしまって「お前の方がバカだ」「お前の方がおかしい」っていうスパイスを、どうしても入れてしまうのですね。

 そのスパイスがどこまで効いてるかなんですよ、その後の展開は。それによって変わってくるんですが、まあ多くの場合、批判の応酬になってゆきますね。

■では、理想的な批判への対応とは?
 ここまで読んで頂けると、わかると思うのですよ、そんなことは(笑)

 要は、「AはBだよ!」「バカじゃねーの?」「バカって言った奴がバーカ」っていう応酬からは何も生まれないので、そこから脱却すれば良いんです。
 「AはBだよ!」「バカじゃねーの?」「いや、僕はこういう理由でこう思ったんだけど、君はどう思ってるのかな?詳しく聞かせてくれる?」だと、喧嘩は成立しないんですよ。

 この場合、大事なことは「結果として理解を生み出すためのコミュニケーション」という方向への誘導です。
 批判者は「理解を『前提』として」批判してきます。前提が違うから、喧嘩になるわけです。
 だから、まずそこを崩さないといけない「私とあなたの考えていることは、こう違う」ということをまずわからせなければいけない。それが「バカ」とか「おかしい」ではなくて、単に「違う」だけだということを、わかってもらわないといけない。

 その上で、「自分はこういう理由でこう思った、あなたは多分こう思っているんだろう」と続けるのがベストでしょう。
 「あなたは多分こう思っているんだろう」というのが大事で、「あなたのことを理解しようと努力していますよ」という姿勢ね。そんなの偽善なんですが、そこを見せるかどうかで展開はかなりかわってきます。

 そんなかんじだ。
 まあ私はというと、こういう理想的なセオリーは無視して、その時々の気分でテキトーに対処してます。
 長くなったー。すまん。