旧・他人の不幸は蜜の味

livedoorのスパム対策がひどいため、Seesaaに移転しました。
※注:コメントは受け付けていません。投稿しても反映されませんので、ご注意ください。

2004年06月

 たぶん出張先で一回セックスした仲 女は男の来宅を拒絶中 粘着質な口説き方だ九州男児にあるまじき口説き方

会社の同僚らしきカップル 男がアホ 口説き方がありえない まさにスノッブ

 くだらないこだわりかもしれませんが、ビールを缶から飲む気がしません。ビールというのは泡を愛でながら飲むものだと思うのです。
 なので不透明な容器から飲むのもあまり好きではありません。どこまでが泡で、どこからが「本体」か、わからなくて不安になってしまうのです。
 彼女も酒が好きだったな。彼女と、酒のことやその他もっといろんな事を話したかった。

 二ヶ月半ぶりに電車にのってます。
 仕事で東京へ。
 バーでフレッシュのベリーニを飲むのが今日の目標です。
 生の桃をジュースにして、それをシャーベット状に凍らせたものにシャンパンを注いで溶かしながら作るらしいです。
 いかにもスズヤカではありませんか。

 駅があって 道路がある 夜中でも窓の外に動きのある、この家が好きでしたが、ここにいるのも今日が最後です。
 電車がガタゴト。誘導灯のオレンジの流し目。
 「塀の上で」みたいな。

MyDOB 寝ます。○○、抱きしめたい。お前に入れたい。
 セックスしたい。
 いい仕事するよ。まだ愛してますよ。

 今、窓から見える駅の電機が点きました。間もなく始発。

MyDOB 今日もまた夜明けが来る。
 しかし、いつの日か、何万年後か何十万年か、何百万年か後には、日の昇らない日が来るのだなぁ。

このページのトップヘ