NextDOB.jpg 以前も関連したことを書いたことがあると思うのですが、世の女性諸君に問う。

「あなたは男をイかせたことがありますか?」
 私自信は、セックスでイったことがないような気がする。
 いや、射精はしますよ。射精することが、イくことだと思っている女性は多いと思う。それどころか、そう思っている男も多いだろう。
 愚なるかな。

 まあ確かに、ある意味正解なのかもしれないけど。
 おそらく、通常の感覚を備えている男女であれば、P(あるいはC)に刺激を与え続けることで、ある種の快感の波を感じることができる。亀頭に刺激を与えれば、必ず射精はできるわけです。(腎虚でなけりゃ)

 しかし、私の感覚で言えば、それは「イく」ということではないのです。
 P感覚(あるいはおそらくC感覚も)でイくということは、飽くまでも、その器官での快感に過ぎない。

 いわゆるオーガズムというのは、全身で感じるものだと思うのです。だから、P感覚とは違って「刺激を与えれば常に感じられるもの」ではない。

 女性にとって、Cへの刺激は「前戯」でなされるものであって、セックスそのものについてはV感覚が主になる。対して男の場合は終始一貫してP感覚が主である。

 膣で快感を得るというのは、かなり難しいものなのだと思うのです、多分。だから多くの女性はセックスにおいて得られる快楽とはどのようなものなのか、考えざるを得ない。
 結果、女は逆に快楽に貪欲になるのではあるまいか。快楽の探索に入る、そして、運のいい女性は何度目か、あるいは何十度目か何百度目かは知れないけど、いつか、確かな快感を得る。

 じゃあ男はどうか。セックスでは必ず「イける」のです。ハイ、射精。ハイ、射精。そんだけです。分かりやすい。射精すればとりあえず衝動的な性欲は治まります。でもそんだけなんですが、射精が「見える」ものだけに、自分自身もそれが「イった」ことの証拠のように思えてしまうのです。

 人間は「見える」ものにだまされちゃうんですね、南伸坊も言ってます(笑)
 男よ、もっと性感に貪欲になれ、と言いたい。P感覚なんていうわかりやすくヒヨワな快感が、本来的な、とても暖かくブルブルするような快楽をわかりにくくしている。 

 僕がセックスでイったことがないのは、セックスでは女をイかせることを主眼にしてしまうから。彼女がイってくれれば、イってくれた顔が見られれば、それはとても幸せだからです。彼女もそう思っていたのかな。お互いに気持ちよくなって、普段見せない表情を見せて、抱き合うこと、そういうのっていいじゃないですか。

 セックスでイくというのは、やはりすごく難しいことだと思うのです。でもそれだけに、二人でそういうものを探索するのはとても楽しいではないですか。