今日は訪問者がほとんどいませんので、GoGoMonkeyさんのための、というかまあ好きなことを書いて帰ります。
 標題は「かせきさいだあ」から(笑)

 さて、落語だ。
 私の落語歴は柳亭燕路の「こどもらくご」からだから、もう20年余りになる。本格的な落語をある程度理解するまでには、7年くらいはかかったように思う。
 まあ、言葉がわからん、前提がわからんで、大人になってから落語を聴き始めるのはとても難しいような気がする。例えば20歳から落語を聴き始めて、志ん生で笑えるまでになるには、何年かかるんだろうか?

 で、入門です。

 すごく順当ですけど。


志の輔らくごのごらく(1)「はんどたおる」「死神」

 どうですか、爆笑の新作と、古典の志の輔remix。
 「はんどたおる」は確かANAの機内放送で聴いて、笑いをこらえるのが大変だった。

 これで志の輔の新作にはまったら、これでしょう。


志の輔 らくごBOX 

 「みどりの窓口」という傑作が聴けます。
 しかし、談志の悪い影響で、志の輔の古典にはイヤミがある。「死神」はそこをうまく処理してあるけれど。

 「死神」がはまった人は、


圓生百席(46)牡丹燈籠1〜お霧と新三郎/牡丹灯篭2〜御札はがし(芸談付き)

 もうここまで行っていいんじゃない?
 あるいは、怪談テイストも味わえるお徳版、


特選!! 米朝 落語全集 第十集

 関西人なら、こっちの方がお勧めでしょうか。東なら三遊亭円生(圓生)、古今亭志ん朝、西なら桂米朝、この三師匠の落語は、語句や前提の説明も丁寧で、初心者でも楽しみやすいと思います。もちろん、名人でもあります。

 志ん朝師匠であれば、どうだろう。


志ん朝復活-色は匂へと散りぬるを は「酢豆腐」「鰻の幣間」

 ああ、これはいい一枚ですね。笑えますよ、これは。そして「江戸の粋」も感じられる。

 米朝師匠はですね、ちょい硬い。もっと爆笑したい、という人であれば、あの人でしょう。

<画像なし>

枝雀落語大全(35)

 どうですかねえ。まあ他にも名人上手は数あれど、古典にいたる入門編としてはこんなところか。
 ここら辺聴いて、ちっとも良さがわからなければ、それは肌が合わないということなんだろうなあ。