<加筆しました>

 ブラウザをSleipnirに変えました。

Sleipnir - The most customizable browser

 画像加工ソフトに例えて一言で言うと
・IE=Microsoftペイント
・Sleipnir=AdobePhotoShop
 って感じです。
 これを使うと、IEとはつまり「猿にでもインターネットができるソフト」であったことに気付きます。
 そして、それが結局「バカにインターネットさせるために」存在するものだということも。

 Windowsにしたって、xpをさわって感じたのはそれが「バカのためのOS」だということです。確かに楽だったりするのですが、そして初心者でも使えるんですが、パソコンのブラックボックス化ということをすごく感じたOSです。
 このxpってやつは。
 98ってまだ自分で設定して動かしてる感じがしましたから。

 さて、このSleipnirはかなり良いです。この、新しいページの表示方法も、LotusNotesユーザーの私には見慣れたものだし、検索窓や英和・和英翻訳ボタンなんかの分かりやすい便利機能に加えて「タイトルをコピー」「URLをコピー」なんていう「ちょっといい機能」まであり。

 Windowsで使えて、無料のブラウザとしてはナカナカのもんだとおもいますよ。