Googleニュース日本版
NIKKEI NET:新製品ニュース
Amazon.co.jp
クレームBOX
wikipedia
 えっけんさんのブログから知った、π様の企画です。関連記事であるroom様へもトラックバックを飛ばしています。トラックバック企画への参加は久しぶりのような気がします。

 さて、私の巡回先は、あまり面白くないですね(笑)

 ニュースはGoogleか日経の新商品ニュース。まあ堅実なところではないでしょうか。Googleのニュースは、まだ使いにくい部分もありますが、Yahoo!の恣意性がいやでいやで仕方なかったので、我慢して見ています。

 Amazonは、以前も書きましたが、プッシュ式のマーケティングにおいて素晴らしい成功を築いています。購入履歴の利用はもちろん、購入商品の評価やDVD化リクエスト、リストマニアなどを通じて利用者の嗜好を分析し、ピンスポットで襲ってきますからね。素晴らしいマーケティング。

 クレームBOXはネタですね。クレームを言っている人の方が理不尽に思えるんですよ、読んでいて。言っていることが正しくても、感情的になっているので善悪逆転して見えてしまうケース多し。だまし絵のようです。

 最後にwikipediaですけど、僕にとってのニュースソースはここなんじゃないかと思います。私の記事は「ニュース型」ではなくて「連想型」なんです。
 wikiで偶然見かけた事柄から「そういえばああいうことがあった」「こういうことを聞いたことがある」という風に記事を思いつくことが多いです。

 停滞してるんですね。だいたい常に過去に目を向けている。
 でも良いんですよ。二年に一回くらい、前に進んでますから。