どうも。

早速ですが「トラベラーズノート」をご存知でしょうか?
ざっくり言うと「いろいろカスタムできる手帳」のようなものです。スタンダードなメモ帳やスケジュール帳からジッパーケースのようなユニークな物まで多様なリフィルが公式から発売されており、それらを組み合わせて好みの仕様に仕立てることができます。
本体(カバー)はタンニン鞣しの一枚革でできており、使い続けるにつれ経年変化をしていきます。そういうところも含めて「自分色」に染めていく楽しみがあるのが良いですね。

で、普段から持ち歩くメモ帳的なものが欲しいと思いトラベラーズノートに目を付けた訳ですが、前述のように本革カバーは非常にシンプルな作りであり、これなら自分でどうにかできるんじゃないか、という考えが浮かびました。
幸いレザークラフトの道具は一通り揃えてたんでとりあえず作ってみることに。

まず革の選定についてですが、ここは公式に倣いタンニン鞣しの革をチョイスするのが無難でしょう。クロム鞣しの革より経年変化を実感できます。傷が付きやすかったりしますがそこも含めて味です。
硬さも重要です。厚みは1.5mmか2mmで硬めのものが良いです。フニャフニャだとカバーとしてはかなり頼りない仕上がりになってしまいます。
今回はレギュラーが栃木レザーの2mm、パスポートがロロマレザーの1.5mm(いずれも端切れ使用)となっています。ちなみに栃木レザーの端切れは栃木市にある公式アンテナショップで購入しました。直送と言うこともあり異次元の安さです。相場の1/3くらい。



IMG_20240302_155617_586
調子に乗って2つ買いました。重量計約2キロで5500円です。小さい端切れ2枚のおまけ付き(自由に選べます)


設計図はこちら↓
IMG_20240312_190300
行きつけのホムセンに実物が売ってたんで見本品のサイズを店員さんに測ってもらいました。
実寸値は中途半端な感じ。ここは偶数に揃えました。多少の寸法ズレに関しては無問題でしょう。
よくA4サイズの革が売られてますが、レギュラーサイズの場合それだと若干足りないのでご注意を。
リフィル固定ゴム紐の穴は7号ポンチで開けましたが、紐を2本通しにしたい場合は8号にした方が作業性は良いと思います。留めゴム紐の穴位置は片面の中央です。
穴開けはいずれもキッチリ位置決めしなくても何とかなります。大胆にいきましょう。



IMG_20240308_221619
角はそれぞれ丸めています。最初はデザインナイフでざっくりカット(この時点ではきれいに切れてなくても良いし何なら丸く切らなくてもOK)し、240番のヤスリで削り形を整えました。



IMG_20240312_203813

完成。なかなか良い感じ。



IMG_20240308_232331
レギュラーサイズはこんな感じに。栃木レザーのヌメ革は上品さゼロのワイルドな雰囲気。
どう変化していくのか楽しみです。



IMG_20240307_220757
パスポートサイズはこんな感じに。ロロマレザーは使い込むと白いワックスが目立たなくなり艶が出てきます。右上の留め金具は後で紐を通しペンの落下防止機能になる予定です。



IMG_20240307_220829
サイズ確認のために純正リフィルを買いました。これはちょっと作れそうにないので・・・
栞は1.5mmサイズの水牛紐です。


トラベラーズノートのカバーはけっこう良いお値段ですが、道具を一から揃えて・・・となると後者の方が高く付く可能性があります。既に道具を持っている方やどうしてもこの革で仕立てたい、という方以外であればとりあえず実物を見てから自作するかどうか判断されると良いかと思います。

しかし製品には無い個性を生み出せる、という意味では愛着も湧きますし何よりお手軽に作れるんでレザークラフト入門として良いと思います。是非チャレンジしてみて下さい!


ではまた次回