プロスタイルキャットファイト

I am a Japanese blogger and I love pro-style catfight. Comment welcome. ワンピース水着の美女がリング上で戦う、古き良き女子プロレスの再現であるプ ロスタイルキャットファイトのレビューを主に書いております。 時にはMIXファイトやレズファイト、まれにリアル女子プロレスのレポートも書くこともあります。 皆様の作品購入のご参考になれば幸いです。

※ ネタバレ注意!このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。 ※ Spoiler alert! This user review contains a description of the content of the work.

明海こう選手の足4の字固めにエスケープも出来ず、悲しげな声で泣く川崎亜里沙選手。川崎:「もう、、、駄目、、、。」明海:「皆に御免なさいって言いなさいよ。」ボディスラムと言うよりは、みちのくドライバーですね。明海:「もう一発投げられているところ、皆に見ても ...

【三本目後半】二本目と同様に川崎亜里沙選手のボ度輪落としとパワーボムで、屈辱的な体勢のまま3カウントを取られてしまいそうな明海こう選手。しかし、今回は意識を失ってはいなかったので、カウント2で倒れこみます。川崎:「何逃げてんのよ。」とは言え、こうは未だダメ ...

【三本目】やや疲れの見える両選手は手四つで組み合います。明海:「絶対負けないんだから。」川崎:「私の台詞よ。」キックで亜里沙の足を攻めるこう。続いて彼女は亜里沙の腕を捩じ上げます。しかし亜里沙は巧く身体を返し逆にこうの腕を取ります。するとこうも前方回転し ...

【二本目】一本目のダメージが残る亜里沙はゴングが鳴らされてもコーナーに寄り掛かったままです。川崎:「もう動けないの。」こうは亜里沙をリング中央へ引っ張り込みヘッドロックをかけながら左右に腕を持ち替えます。更に足をかけて亜里沙を倒します。そしてレッグロック ...

得意の逆えび固めを逆に決められ、絶体絶命となったスイレン小峰。その前から腰を狙われていただけに、これ以上耐えることは困難になって来ました。星川:「もっと泣きなさい、ほら。CFxFCが何だって言うのよ。」それまで苦しそうに喘いでいただけで、涙を堪えていたスイレ ...

【三本目】決着の三本目は心做しか、より真剣な表情で向かい合う両選手。星川:「放しなさいよ。」小峰:「放すもんですか。」星川:「アンタは弱いんだから。」小峰:「いつまでそんなこと言ってられるかしら。」星川:「私が強いのよ。」スイレンの後ろを取る梨々花。スイ ...

【二本目】「おりゃー!」と言う掛け声と共に赤コーナーの梨々花に突進するスイレン。先程のダメージで動けなくなっている梨々花は太腿にキックを受けてよろよろです。そこへDDT!更にナガタロック3苦しそうに喘ぐ梨々花。彼女はやられているときも良く喋りますが、呂律が回 ...

【試合終盤】二宮和香選手の呼吸器系連続攻撃と大技でかなりスタミナを消耗した浜崎真緒選手。4の字固めを決められていますが、叫び声をあげても必死に耐えています。足4の字固めなら、反転して反撃に移ることが可能な技です。ところが、真緒はエビ反りしたり身体を起こした ...

【試合後半】二宮和香選手の執拗な拷問技攻撃に喘ぎ声を出し続けている浜崎真緒選手。二宮:「ほらほら、もう限界なんじゃない?」浜崎:「アアアア、嫌だ。」はままおの苦悶の喘ぎ声を聞いていると、見ている方が限界になりそうです。(笑)今度は同締めスリーパーホールド ...

【試合中盤】先程のボディスラムのお返しに、パーフェクトスープレックスをお見舞いしようとする和香。しかし真緒は腹パンチを連打して逆転します。浜崎:「行くわよ。」悲鳴を上げながら宙を舞う和香。またしてもパーフェクトスープレックスは幻に終わりました。ダメージを ...

Waka Ninomiya T:154cm B:85cm W:58cm H:85cmMao Hamasaki  T 165cm B:85cm W:59cm H:84cmビジュアルも強さも兼ね備えた二人のスターが激突!エクストリーム初の、Wエース対決となった決勝戦!過去最高の豪華&強豪選手が揃った今回のエクストリームトーナメント、ついに決勝 ...

10分間もの長きに渡って壮絶な拷問を受けて瀕死状態となったYUE選手をリング中央に連れ込んだ横山夏希選手。横山:「アンタに敗北の味を教えてあげる。」リバース・フロント・ヘッドロックでYUEの身体を後ろへ反らす夏希。彼女はこの体勢からYUEの胸元にエルボーパンチを打ち ...

【三本目続き】あれだけ痛めつけた筈の横山夏希に粘られ、思わぬ反撃に遭い、さらに強烈な股間キックを受けてしまったYUE。横山:「ねえ、知ってる私ベルト一度も取れたことないの。どんだけ悔しいか、アンタに分かる?」渾身の力を込めてYUEの顎を締める夏希。YUE:「ウウッ ...

【三本目】横山夏希選手の反則も厭わぬ攻撃でギブアップを奪われたYUE選手は、ゴングが鳴ると同時に青コーナーに突進します。肩で夏希のボディに当て身を連打するYUE。YUEは夏希をコーナーに登らせてアルゼンチンバックブリーカーをお見舞いします。意表を突いたYUEの速攻に ...

【二本目】一本目のダメージが残る夏希はYUEに押され気味です。YUE:「最初の威勢はどうしたの。」横山:「いい気になって。今の内よ。」ロープまで押される夏希。YUEは夏希を反対側のロープに振ります。ビッグブートで夏希の胸元を迎え撃つYUE。ところがこれがカスリます。 ...

YUE T:167cm B:84cm W:57cm H:85cm vs Natsuki Yokoyama T:163cm B:87cm W:58cm女の情念がリング上で渦巻く!長い歴史が生んだ名作!実はYUEと横山は登場してからの時間的なキャリアにそこまで大幅な差は無い。だが、二人の歩いてきた道は大きく離れ、巨大な溝となって開 ...

【試合後半】マユ選手の首4の字固めで失神寸前となった名森さや選手ですが、何とかこれを耐え忍びます。ゴボゴボと喉を鳴らすさやを放したマユ。マユ:「ほら立ちなさいよ。」立ち技に移行するマユ。これは明らかに彼女の作戦ミスですね。マユ:「ほら行くわよ。」マユの腕 ...

様々な人物の夢や希望、そして将来を巻き込んで「第2回白い水着の頂上決戦」は続いている。驚くべきことになんと今回はチームストームの代表として決勝戦まで進出したマユが、チームサンダーの一員として頂上決戦に参戦したのだ。どのような思惑があるのかは不明だが、前回頂 ...

かなり消耗している真田美樹の股座を掴み、スープレックスに仕留めようとする市橋えりな。しかしここで美樹が踏ん張って、腹パンチを連打します。悲鳴をあげて咳き込むえりな。反対に彼女の股間に手を入れた美樹。真田:「行くわよ。」低空ボディスラム。背中から落とされた ...

自分より小柄な、後輩の市橋えりなに、かなり苦戦する真田美樹。ヒップではなく腰にストンピングを食らわすえりな。アームロック!市橋:「苦しいですか?・・・降参ですか?」真田:「する訳ないでしょ。」市橋:「私の勝ちですかねー。苦しんでる顔も可愛い。」ここは力任 ...

【三本目】ゴングが鳴り、再び手四つの力勝負で美浦に挑む桜庭。一見無謀にも思えますが、未だ二本目のダメージが残っているあやは、るかにロープに押仕込まれてしまいます。あやを反対側のロープに振るるか。戻って来た所へエルボーで当身を食らわするか。これも一見無謀か ...

【二本目】ゴングが鳴り、勢いよく桜庭に掴みかかる美浦。両者は既に汗まみれです。桜庭:「もう負けたくない。」美浦:「何、んー?負けたくないの?」体格的にも大人と子供の争いですね。押し潰されそうなるか。やはり潰されました。あやはるかの手の甲を踏みつけます。桜 ...

素人女子が女子プロレスで真っ向勝負!なんとマット直撃のパワーボムをデビュー戦で繰り出す美浦!!出した彼女も凄いが、受けた桜庭も素晴らしい!!桜庭に関しては既にBWPが入団させるべく動いているとの情報もキャッチ!!今後の活躍に注目が集まる!!新人戦だと思えば驚かされる ...

ボクシング作品のレビューは殆ど書いていないのですが、以前に簡単に結果だけでもネタバレで一覧して欲しいとのリクエストを受けましたので、気まぐれに書かせていただきます。今回は、バトル同門決戦シリーズの特集です。Battle Alumni Battle Series Women's Boxing Serie ...

【試合後半】大江瞳に足4の字固めを反転され、超セクシーな泣き声で喘ぐ雪白いずみ。技を解かれても、いずみは痛む足を押さえて呻き声をあげ、自力で立ち上がることが出来ません。そこを無理やり立たせた瞳。フェイスバスター!顔騎羽根折固め。超官能的な声で悲鳴をあげる ...

「キャットファイト界にDIVAあり!」と、その実力を見せることができるか!? 老舗のメジャー団体バトルの一強・寡占状態に、あえて誕生した新進気鋭の団体DIVA。いまだ選手層は薄く運営も決して順風満帆とは言えないが、なんとそのDIVAとバトルの対抗戦が実現!! 強豪選手・有 ...

【パート2後半】カットをドミネーションして小さな女の子のように泣かせてベルト奪ったグェン。一夜明けて「お願い、誰か私に挑戦してよ」とベルトを掲げるグェンそこへ、「オ-ライ、ビッチ!」と言ってカットが現れます。彼女は、「昨夜はちょいと油断してたのよ。」とか何 ...

【パート2】グェンに7回目のギブアップを奪われたカット。カットを足蹴にして仰向けにするグェン。グェン:「起きなさいよ!」上体を起こされたカットは、次に何をされるのか恐れおののいているようです。カット:「お願い。ご免なさい、本当に。御免なさい。」ホールドアッ ...

【試合後半】ここまでは、専らさとう愛理選手が北乃みれい選手を攻めている局面が多かったようですが、ここに来て北之選手が足4の字固めからエスケープしようと反転します。超官能的な呻き声でをあげて苦しむさとう。二人とも足が綺麗ですね。鎌固め!北乃:「苦しみなさい ...

Satou Airi T155 B85 W59 H86 vs Mirei Kitano T148 B86 W57 H87明日のスターを探せ! 将来を夢見る新人選手同士がプライドを賭けて激突!!ちっちゃいけどルックスはアダルトな北乃と  そして、ちょいギャル系さとうの新人対決!!将来のバトルを担う新人選手を探せ! 期待の二 ...

↑このページのトップヘ