PRO-STYLE CATFIGHT プロスタイルキャットファイト

I am a Japanese blogger and I love pro-style catfight. Comment welcome. ワンピース水着の美女がリング上で戦う、古き良き女子プロレスの再現であるプ ロスタイルキャットファイトのレビューを主に書いております。 時にはMIXファイトやレズファイト、まれにリアル女子プロレスのレポートも書くこともあります。 皆様の作品購入のご参考になれば幸いです。

※ ネタバレ注意!このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

【続く】本多由奈選手の股間を力いっぱい踏みつけて、「これが好きなんでしょ。」と詰る麻里ひなの選手。「駄目!ウハー!」と超セクシーに喘ぐ本多。グッタリした本多の首を絞める麻里。さらに本多の乳房を愛撫する麻里。「もうイイでしょ。ギブアップしなさいよ。」しかし ...

Yuna Honda   T:171cm B:88cm W:59cm H:86cm Hinano MAri  T:148cm B:83cm W:58cm H:83cmContrast Match Vol.4"高身長の美女レスラー本多由奈は、前回の試合で前園ゆりと対戦した直後にSNSで勝敗をネタバレしてしまう… それに怒った監督は本多に対してトップレスになる ...

【三本目後半】散々痛めつけられたところでの逆えび固めは、致命傷になりかねません。「ギブアップしなさい!」「嫌だあ!」「駄目、逃がさないから。」なんとかロープまでたどり着いた鶴田。鶴田をコーナーに貼り付けた明海は、「行くわよ。」と突進します。しかし鶴田はう ...

【三本目】手四つから始まります。「アンタ疲れて来てんじゃない。」と鶴田「アンタこそ。」と返す明海何となく明海の方が消耗しているように見えましたが、実際ロープ際まで追い込まれたのは鶴田の方です。膝蹴りを連打する明海「トレーニングが足りないんじゃないの。」と ...

【二本目】汗にまみれ、コーナーに座り込んでハアハアと苦しそうに俯く明海こう選手は、ゴングが鳴っても座り込んだままです。近づいた鶴田かな選手が、「ねえねえアンタさあ、全然練習して来てないんじゃないの。」と言って明美の頭を掴みます。首投げをかます鶴田。ヒップ ...

Kana Tsuruta T:152cm B:90cm W:58cm H:89cmKou Asumi T:159cm B:88cm W:59cm H:93cmSSSチャンピオンにして、デビュー6連勝で負けなしの鶴田かな選手が、体育大学出身の強豪選手である明海こう選手を挑戦者に迎えます。【鶴田かな選手の戦歴】6戦全勝勝利:侵略者~INVADER~ ...

【三本目】YUEをKOした生駒は、薄笑いを浮かべながらチャンピオンベルトを持ってYUEに近づきます。先程やられたバスト踏み付け3カウントを取るのでしょうか?ところが生駒はYUEを素通りしてカメラに語りかけます。「見ました? これもう、私の物で良いですよね。新垣も倒し ...

【三本目】屈辱のバスト踏み付け3カウントを取られた生駒はるな選手でしたが、三本目のゴングが鳴ると同時に、猛然とダッシュします。ガチなドロップキックがYUE選手のボディにヒット!YUEは、コーナーに弾き飛ばされます。生駒はYUEの胸元を踏みつけます。「丁度良い物があ ...

【二本目】かなりダメージを負ったYUEは苦しそうです。いきなり鳩尾にキックを食らったYUE腹を押さえて苦しむYUE生駒はさらに膝蹴り連打そして、エルボー連打再び膝蹴り連打でYUEをボコボコにします。スープレックス!生駒の猛攻が続きます。これはReplayではありません。2 ...

Haruna Ikoma T:159cm B:84cm W:59cm H:84cm vs YUE T:167cm B:84cm W:57cm H:85cm最近は、王者の貫禄すら出てきたYUE選手。最早、彼女に敵う選手は限られて来たようですが、ここに未だ一人当たってない強敵が残っています。YUE選手の戦歴L● ファイティングガールズ11 キャ ...

涎を垂らして白目失神している相澤ゆりなのリンコスを剥ぎ取る前園ゆり。彼女は、「アンタ、ホントにおっぱいだけね。ほら、起きなさいよ。」と言いながら相澤の乳房をはたきます。「本当はアンタ弱いんじゃない?おっぱいしかない人間ね。」ようやく覚醒した相澤は、苦しそ ...

【三本目】かなりヘタっている藤川が、ヨロヨロとリング中央へ向かいます。手四つも苦しそうです。しかし、キックで先制攻撃STF「ほら仕返しよ。」藤川の場合は、技をかけるシーンもしっかり収録されています。「ほら、先刻の仕返ししてあげるよ。」藤川は、やられるだけでな ...

【二本目】一本目のダメージが残っている藤川は、かなり苦しそうです。汗まみれの彼女は、「レフリーちゃんと見てよ。」と言いますが、すでにレフリーは役目を果たしていません。手四つで「しぶといババア!」と悪態をつく藤川。今度は彼女がキックで先制して由紀を倒し、足 ...

Reina Fujikawa  T:157cm B:85cm W:55cm H:85cm vs Satandrill Yuki T:164cm B:98cm W:62cm H:88cm「卑怯な手を使われ、美少女が屈辱の敗北を余儀なくされる!どんな手を使ってでも勝つ!それが私達の時代の闘い方だ・・・!かつてヒールレスラーとして活躍した女が復活して ...

【試合終了】3カウントを取った後に日高結愛は、「また同じポーズで負けちゃったわね。ウハハハ!」と笑います。彼女は、他の相手だと、優しく抱き起こして健闘を称えたりするのですが、江上しほに対してだけは、違うようです。新人トーナメントで一回戦負けしたことをから ...

【試合後半】前半は江上しほ選手に、殆ど無抵抗で一方的に攻撃を受けた日高結愛選手。江上のスープレックス2連発でフォールを取られそうになったところでこれを返し、スクっと立ち上がります。彼女は、しれーっとした顔で、「それで終わり? 全然効いてないんだけど。今度は ...

【三本目後半】桜木優希音選手を電気按摩攻撃で苦しめた松井レナ選手はフロントからの胴締めに移行します。「苦しいだろう。」と言いながらグイグイを桜木の腰を絞る松井「ほら、顔上げろよ。」今度はネックシザーズとレッグロックの複合技に桜木を捕らえた松井。「濡らして ...

【三本目】ダメージが残っていた筈の松井でしたが、手四つではしっかりと桜木と向き合います。桜木の腕を振り払った松井は、エルボーパンチを連打します。さらに膝蹴りで滅多打ちされる桜木DDT!強烈に叩きつけられた桜木!もう一撃!「何するの?」サーフボードストレッチ! ...

Nozomi Hazuki T154 B88 W60 H84Misa Suzumi T151 B88 W58 H88Runa Nishiuchi T148 B80 W58 H81最近、イベントの参加が楽しみになってしまったTMですが、7月はエクストリーム選手との遭遇です。熱い最中の受付開始前にバトル本店に行くと、暑さのせいか未だ人はまばらです ...

【二本目】手四つは桜木が押されてます。松井は、コーナーに追い込んだ桜木にエルボーパンチを連打します。次は膝蹴り連打。ここまでは定番です。桜木を引き倒した松井。今度はマングリ攻撃です。「気持ち良くなってしまえ。」相変わらず松井の言葉遣いがユニークです。(笑 ...

Yukine SakuragiT:160 B:81 W:58 H:84Rena MatsuiT158・B88・W58・H88このシリーズは、1作目の横山夏希以来、大勢してスターになった選手が出てきませんでしたが、今回はどうでしょうか。実は、バトル同門決戦シリーズ 女子ボクシング7 を先に見た私は、桜木優希音選手がい ...

【三本目終盤】竹刀を持ち込んで、白桃の首を持ち上げる西内。「苦しいね。先に反則使った自分が悪いんだよね。」「苦しいの大好きだもんね?もっとやってあげようか?」白桃を攻めている時の西内の表情は絵になります。「苦しい?Mなんじゃないの?こんな耐えて。」嬉々とし ...

【三本目】二本目とは逆に、今度は白桃の方がフラフラになっています。西内は、「そんなフラフラで闘えんの?」と訊きますが、白桃は、「闘えるわよ。」と答えます。「闘えんの?」と言った西内は、早速エルボーパンチの連打をお見舞いします。次に西内は、「痛い?痛いでしょ ...

【二本目】一本目のダメージを引き釣る西内るな選手。白桃心奈選手は、「辛そうじゃない。」と言ってせせら笑いますが、西内は、「辛くないわ。」と強がります。すると白桃は、「本当に辛くないの?」と言って西内にエルボーパンチの連打を食らわせます。ロープに追い詰めた ...

マユの足4の字に泣き叫んで哀願していたはずのAnn。しかし、したたかと言うか、百戦錬磨のAnnは、これだけ泣き叫んだにも関わらず、反転して逆襲します。共に足を押さえて悶絶する両者今度は10歳年上のAnnが割きに立ち上がり、胴締めスリーパーにマユを捕らえます。アヘ顔を ...

【三本目続き】トップレスを卒業し、二年半ぶりにバトルに戻ってきた羽月希選手でしたが、伊東真緒選手の打撃技でボコボコにされ、コスチュームを剥がされてしまいました。伊東は、「未だ未だ終わんないわ。」と言って、羽月を引っ張り起こします。腰砕けとなり、立たされて ...

【三本目】ゴングが鳴らされますが、今度は、、伊東真緒選手が二本目のダメージを引きずっています。羽月希選手は、伊東選手の足にタックルして押し倒します。トウホールドに悲痛な喘ぎ声を出して苦しむ伊東。しかし、今度は伊藤が羽月の足に組み付いて引き倒します。裏アキ ...

【二本目】ゴングが鳴らされますが、一本目のダメージを引きずっている羽月希選手に、伊東真緒選手は「たいしたことないのね。来なさいよ。」と手四つを挑みます。暫く力比べが続きますが、伊東が羽月の後ろを取ります。トップレスの選手は、この技はあまり使わない方が良い ...

Nozomi Hazuki T:154cm B:88cm W:60cm H:84cmMao Itoh T:168cm B:90cm W:58cm H:88cm羽月希:かつて悲劇のトップレスと呼ばれた大物が復活伊東真緒:古巣に牙を剥き、バトルハンターとなった女ラウンドごとにコスチュームが変わる豪華3R勝負!エクストリームエクストラマッ ...

卍固めであゆな虹恋選手を絞りながら。「やっぱりわんちゃんだから涎垂らしちゃうのね。」と虐める小谷野まゆ選手。彼女は、「今日も犬らしく、大人しくしてなさい。」と力を入れてから技を解きます。あゆなは絶叫して倒れこみます。勝ち誇って油断した小谷野は、無造作にあ ...

Niko Ayuna  T160cm B83cm W58cm H87cmvsMayu Koyano T143cm B82cm W57cm H85cm以下は作品詳解からの抜粋です。【最強BATTLEの価値あるトーナメントにFightingMoviesのエースあゆな虹恋とSuperSonicSatellitesの期待の新鋭・小谷野がエントリー!!小柄な小谷野をあゆ ...

【三本目後半】 パイプ椅子を使った攻撃にもギブアップしない涼海に、「あーあ、強がっちゃって。」と言って技を解く阿部乃。 彼女は、涼海を立たせ、椅子をマットに置き、「さあ、もっと良いことしてあげるよ。」とペティグリーの構え。 「行くぞ!」 しかし、涼海は阿部乃 ...

【三本目】痛めた足を庇いながらリング中央へ向かう涼海阿部乃は、「あれれ、どうしたの?足痛いの?」と言いながら涼海に近づき、エルボーパンチを食らわせます。このエルボーも、ちゃんと当ててますね。阿部乃は膝蹴りから、パワーボムの構え。猛烈な勢いでマットに叩きつ ...

【二本目】一本目にかなりダメージを負わされてしまった阿部乃みく選手は、ゴングが鳴らされてもフラフラです。恐らく涼海みさ選手は、阿部乃が予想した以上に強かったのではないでしょうか。涼海は、ニアニタ笑いながら「未だ痛むの? 先輩大丈夫?」と言いながら回し蹴り ...

スイレン小峰にサバ折りで絞られたロゼッタ希咲選手は、「こんなの効くと思ってんの。」と負け惜しみを言います。「充分辛そうな声してるけど。」と返すスイレンさらに絞られ苦悶の喘ぎをあげるロゼッタ。スイレンは、「そんな弱々しい力じゃ、私の技は外せないんだからね。 ...

泣き声で喘ぎ、「やめて。」と哀願する七海ゆあ選手ですが、ギブアップとだけは言いません。痺れを切らした桜乃ゆいな選手は、別の技に移行しようと、七海を立たせます。胸元に汗を光らせながら、「ほら、もう諦めちまえ。」とコブラツイストをかける桜乃「どこにそんな気力 ...

1994年08月10日生まれの七海ゆあ選手に首を絞められ失神してしまった桜乃ゆいな選手。七海は、「あれえ、失神しちゃったんですか? 嫌ですよ、ほら先輩、起きてくださいよ。もっと先輩の苦しそうな顔とか声とか聞きたいんですよ。私。」「だから、未だちょっと早いんですね ...

Yua Nanami T:158cm B:83cm  W:60cm H:82cmYuina Sakurano  T:170cm B:100cm W:68cm H:88cm1994年08月10日生まれの七海ゆあ選手は、以前本多ちひろと言う名で、アスリート競泳水着作品に出演していますが、今年になって名前を変えて再デビューしたようです。BWPでは、超新 ...

淫乱レズレスラーに凌辱されるベビーフェイスYuri Honma T:162cm,B:100cm,W:64cm, H:100cmvsRiko Nanami T:167cm,B:85cm, W:57cm, H:88cm”ノンケの選手を性の餌食にしてしまうレズ選手!!2015年新人トーナメントで(あの小西まりえに)敗退した七海りこ。彼女の久々の対戦相 ...

シャチホコ固めを決められたあやねは、苦しそうに喘ぎますが、良くこれを耐えています。「早くギブアップしなさいよ。「いつまで喘いでるのよ。」コの字に曲げられ、最早ギブアップは必至です。長々と反らされながらも、しぶとくギブアップしないあやねに根負けした西口は、 ...

あやねは、アームロックで西口を痛めつけてから、顔騎アンクルロックをかまします。試合も中盤となり、両選手共に汗まみれで戦っています。あやねのジャーマンスープレックス!猛烈な勢いでマットに叩きつけられる西口フォール!西口がカウント2でこれを返したので、あやね ...

↑このページのトップヘ