プロスタイルキャットファイト

I am a Japanese blogger and I love pro-style catfight. Comment welcome. ワンピース水着の美女がリング上で戦う、古き良き女子プロレスの再現であるプ ロスタイルキャットファイトのレビューを主に書いております。 時にはMIXファイトやレズファイト、まれにリアル女子プロレスのレポートも書くこともあります。 皆様の作品購入のご参考になれば幸いです。

※ ネタバレ注意!このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。 ※ spoiler alert! This user review contains a description of the content of the work.

【2試合目】今日は緑のリンコスのあやね遥菜選手すっかりあやねを舐めきった表情の宮崎あや選手「この前はまぐれで勝っただけよ。フフッ!イイ気にならないで。」とあやね。「また、試合の最後に同じこと言えるのかしらね。」と不敵に笑う宮崎。ゴングが鳴り、リング中央で回 ...

Haruna Ayane T158.B88.W58.H88今回は、あーやんことあやね遥菜選手単独のイベントでした。今日はは3枚以上購入すれば6枚チケットを貰えるサービスだったので、予定外の作品まで購入してしまいました。(苦笑)彼女のキャラは、作品の中のあーやんそのままです。彼女はアメリ ...

陵辱レズマッチと化したタイトル戦Misa Suzumi T151.B88.W58.H88 vs Haruna Ayane T158.B88.W58.H88【試合後半】あーやんは、みさみさの手をバストから遠ざけておくべきでしたね。(笑)これで形勢逆転です。「あれ、濡れてる!」「私、おっぱいの方が好きなの。時折、プロレ ...

陵辱レズマッチと化したタイトル戦Misa Suzumi T151.B88.W58.H88 vs Haruna Ayane T158.B88.W58.H88エクストリームタイトル戦のはずが…エクストリームトーナメント決勝戦のリベンジマッチ! そしてこの試合はエクストリームのベルトが賭けられるタイトルマッチ。あやねは前回 ...

日米対抗マッチの機運が高まりつつある今日この頃、久しぶりにDangerous Curves作品のレビューなんて書いちゃおうと思います。(笑この作品は、ニュースターのグェンへの練習試合の筈でした。グェンは、ミラに実技指導をして彼女のテクニックを伝授してもらうようなことをな ...

この試合で二度目のシャイニングウィザードを決めた明海。悲鳴をあげた星宮はダウンします。明海は、「これで終わりにしてあげる。」とコーナーからダイブします。ところが星宮はしっかりこれを見ていました。自爆して正にスイシーダ(スーサイド)となった明海は、膝を押さ ...

Kou Asumi T:159 B:88 W:59 H:93 vs Akari Hoshimiya T:155 B:86 W:62 H:89決勝進出者負傷の為訪れたチャンスを掴むのは?B-1トーナメントに異変!! 進出者負傷により、リザーブ戦開催!!再起を賭ける明海と新たな時代を目指す星宮!!順調に進行してきたB-1トーナメント6thに異 ...

大技を食らい、さらに牧野に鎌固めで絞られた前園は、ハアハアと苦しそう喘ぎます。「もう一回投げてあげるよ。ほら、頭貸しな。行くよ!」ここで前園が踏みとどまります。「行くわよ!」更に粘る前園。「素直に投げられなさいよ。」と言う牧野ですが、バランスを崩して倒さ ...

前園がジャーマンスープレックスを食らわせようと牧野の後ろを取ると、牧野は肘打ちを連打してエスケープします。首投げが決まり、前園は再び悲しそうな声で喘ぎ声をあげます。「そんな所で倒れてないで、もっとこっち来なさい。」前園をリング中央まで引きずり込んだ牧野は ...

スープレックスを食らってフォールされた牧野ですが、カウント2で返します。ならばと前園は、もう一投げしようと構えます。しかし、ふんばった牧野が原パンチ連打で逆転。「ほら投げてあげるから、行くわよ!」と反対に前園の股間を鷲掴み。見事に空中高く投げられる前園。 ...

Yukine Sakuragi T:160 B:81 W:58 H:84 vs Kana Tsuruta T:152, B:90 W:58 H:89【三本目】二本目と打って変わって今度は鶴田の方が、ゴングが鳴ってもコーナーにへたり込んだままです。桜木はゆっくりと歩み寄って、「ほら、もう始まってるわよ。」と言って鶴田を引っ張り起 ...

【二本目】ゴングが鳴ってもユッキーネはコーナーにへたり込んだままです。つかつかと近寄った鶴かなは、「もう始まってんのよ。こんなんで私に勝てんのかしら。起きなさいよ。」と言ってユッキーネの頭を掴んで立たせます。首投げ!鶴かなは、「私に勝てると思ってんの?速 ...

Yukine Sakuragi T:160cm,B:81cm,W:58cm,H:84cm vs Kana Tsuruta T:152cm B:90cm W:58cm H:89cm元女王が覚悟の闘いで敗れる!!BWPを迎え撃つため進退を賭けた壮絶な特別編!!屈辱敗北引退!侵略者~INVADER~とは?孤高のインディペンド団体SSSに乗り込んでくる他 ...

なめて掛かっていたマユに失神状態にされた篠田ゆう。しかし彼女は、「この!」と呟き、必死に肘打ちを連打してエスケープします。「よくもやってくれたわね。行くわよ!」首投げ!「未だ潰れる訳には行かないのよ。お返しよ。」逆襲の逆えび固め!まさかのマユに下克上され ...

Yuu Shinoida T:155cm,B:88cm,W:60cm,H:87cm vs Yuu Arima T:170cm(?),B:97cm,W:63cm,H:95cm”カメラを回し哀沢総統自ら二人にインタビュー。今着ている白い水着を着続けられるのはどちらか!?先手は篠田が奪う!このまま速攻で勝負を決めるか!?有馬も負けてない! 連続で技をか ...

私のブログは、タイトルからもお分かりの通り、プロレスタイルキャットファイトのレビューが主体で、レズファイトやMIXファイトは気まぐれで書いております。私がレズファイトを書くのは、飽くまでプロレス技で痛めつけて身動きできない相手にレズ攻撃をかけると言ったような ...

昨年は、恐らく100本以上のプロスタイル作品がリリースされたかと思われます。地雷作品は殆ど見当たらず、秀作ばかりなのでベストを挙げるのは超難しい話ですが、まずはノミネートと言う形で、約30数本の秀作をシリーズごとに列挙して見ます。BATTLEエクストリームトーナメン ...

Runa Nishiuchi T:148cm B:80cm W:58cm H:81cm vs Waka Ninomiya T:154cm B:85cm W:58cm H:85cm【三本目後半】腕拉逆十字固めを返されてから、一方的にいたぶられている二宮。足4の字を耐える二宮に、「反撃出来んのかよ!やってみなさいよ、反撃。」と煽る西内。「そんなに ...

【三本目】二宮の腕拉逆十字固めをガッシリと決められてギブアップした西内は、右腕を庇っています。それを見た二宮は、「痛そうね、その右手?」と声をかけます。「痛くないわよ。」と返す西内。二宮:「強がっちゃって。」西内:「全然平気です。」二宮:「本当に?そうは ...

【二本目】西内は、先程のダメージを引きずっている二宮に向かって、「あんたやっぱ弱いわね。」と嫌味を言います。「煩いわね。」と返す二宮。しかし、西内は、「流石エロ要員。」と言って笑います。「今度は負けないわよ。」と二宮。「あっそう、じゃあ今度は、本気出して ...

【PREV.】Happy New Year!胴締めスリーパーを長々と決められ、咳き込んで苦しむ澁谷。「そろそろ苦しいんじゃないの?」と日高!落とされる寸前の澁谷でしたが、しぶとく粘ります。Almost she looses concious but she hangs on.「もっと、足りないみたいね。」と言った日高 ...

【PREV.】漸く本領を発揮した日高は、ガッシリと澁谷をキャメルクラッチに捕らえます。ペティグリー!額を押さえて悶絶す澁谷をネックシザーズに捕らえる日高。「大人しくしなさいよ。」と日高「嫌よ。」と澁谷。私は表情も豊かな澁谷が、真剣に戦っているのは分かりますが、 ...

Yua Hidaka T167.B80.W60.H86Kaho Shibuya T150.B93.W58.H87 ”柔道の日高vs柔術の澁谷!組んず解れつの寝技対決!!【日高結愛】豪快な投げ技を武器に強敵を葬り去ってきた、反バトル連盟の中でも屈指の猛者である。【みおり舞】を破り念願のマスターズ王者となった。その圧 ...

【三本目】なつめが意外な実力者振りを発揮して二本目取り返し、迎えた三本目。当初の予想とは違って、勝敗はどちらに転ぶか混沌としてきました。ガッシリと手四つの力比べと思いきや、なつめが神納を横に振って後ろを取り、ショートレンジラリアットを食らわそうとします。 ...

【2本目】余裕の表情でなつめを見下ろす神納は、いきなりキックを放ち、2本目も奇襲先制攻撃を行います。「あら、もうお終い?やっぱり、ベルトは私の物なのね。」とフィッシャーマンズスープレックスの構え。宙を舞うなつめ。ブリッジの体勢を崩さずフィニッシュする神納。 ...

Airi Natsume T:160cm, B:85cm W:58cm H:84cmHana Kanou    T:162cm B:84cm W:62cm H:92cmFG王者として風格をまとってきた【なつめ愛莉】の前に超本格派ファイター【神納花】が現れた!FGIにタイトルが移ったことで、二本先取の三本勝負ルールへと変更!!超本格派がアイド ...

一ノ瀬恋選手をエロとストレッチの複合技で痛めつけた、失神させた葵千恵は、トドメを刺そうとコーナーに登ります。しかし一之瀬は、死んだフリをしていただけでした。スクっと立ち上がったコーナーに走り寄った一之瀬は、後ろ向きの葵の足を抱えます。アルゼンチンバ ...

DDT連発に続く拷問技で優位に立った葵千恵選手は、次の技をかけるために一ノ瀬恋を立たせようとします。しかし、一之瀬はローブローを一撃します。悲鳴をあげ、苦しそうに呻きながら崩れ落ちる葵。逆転に成功した一之瀬は、葵をグランド卍固めに捕らえます。「アー、全身が裂 ...

Ren Ichinose T:158 B:82 W:59 H:93 vs Chie Aoi T:156 B:83 W:57 H:83決勝戦への道は険しい!敗者号泣の結末は必見!!頂点へ勝ち進むのは美少女か妖艶美女か?第六回B-1トーナメント開幕!!選ばれた8人による特別トーナメント!バトル最強の証、B-1女王を目指せ!!【あゆな ...

【三本目終盤】春川せせら選手に腰を集中攻撃されていた仁美まどか選手でしたが、このままやられ放しになる訳は行きません。彼女は、「アンタなんて、片足で充分よ!」と言って春川の背中に蹴りを入れます。「油断したわね、ほら。」と言った仁美はドラゴンスリーパーで逆襲 ...

【三本目】ゴングが鳴ったと同時に仁美が突進して、先程のダメージを引きずったままの春川のバストにキックを命中させます。コーナーに飛ばされた春川に襲い掛かった仁美は、春川の眼をロープに擦り付ける乱暴狼藉を働きます。「アンタ先刻何て言ってくれた?」ロープ越しの ...

【二本目】一本目のダメージを残す仁美に、「ほらボロボロじゃないですか。チャンピオン!」と笑う春川。「1回勝った位で、そんな口聞かないでよね。」と返す仁美。「あらそうですか。」と言った春川は、仁美の首を抱えて膝蹴りを連打します。さらに春川は、仁美をロープに振 ...

Madoka Hitomi T:155cm B:88cm W:59cm vs Sesera Harukawa T:170 B:83 W:62 H:88連敗続きのBWPエースが、エリート王者へ覚悟の挑戦!!連勝重ねるエリート現王者と覚悟のBWP実力派エースが二本先取の三本勝負ルールで大激突!!【仁美まどか選手の戦歴】W:B-1 タイトルマッチ 03 ...

レッスルビューティースターズvsレッスルストロングスターズⅩⅣBACKSTAGE EPISODEAyaka Kojo T:160cm B:82cm W:58cm H:86cmSayaka SHimamura T 167 B 95 W 67 H 93数年ぶりに闘った島村彩也香選手に手も足も出ずに完敗した古条彩華選手彼女の上を跨いだ島村が、「おい ...

Yukine Sakuragi T:160cm B:81cm W:58cm H:84cmMadoka Hitomi T:155cm B:88cm W:59cm H:87cmYUE         T:167cm B:84cm W:57cm H:85cm【BATTLE感謝祭初の年末スペシャル2Days 豪華選手によるファンミーティングイベント!!】今回も長い時間を私TMが占有してしまい ...

前回の試合もかなり苦戦した古条彩華選手でしたが、終盤の返し技で島村彩也香選手に辛勝しました。試合は未だ中盤なので、未だ古条にも勝機は残っているはずです。一旦仕切り直しになり、島村に挑発された古条が突進して回し蹴りを放ちます。しかし、涼しい顔をしてこれを受 ...

江上のセントーンが決まり彼女は、かなりダメージを負った涼海にもう一撃パワーボムを食らわそうとします。ところが涼海は、江上の足首を掴んで引っ張り倒してしまいます。この体勢ならば、次に涼海がやることは見えています。(笑「好きでしょここ、ねえ。慶ばしてあげてる ...

「お目々どうでした?」「安いおっぱいだもんね。」等と言いながら江上の首を絞め、バストを揉む涼海。彼女は、「殺したいけど、未だ痛めつけてないから。」と言って一旦江上を放します。「どう? これどうだ。どこが使えなくなるようにしようかなあ。」試合中盤は、涼海が ...

Shiho Egami T158.B92.W66.H95 vs Misa Suzumi T151.B88.W58.H88棚ボタ王者の【涼海みさ】を成敗するため【江上しほ】が最後の闘いに臨む!江上が返上したベルトを獲得したのは【涼海みさ】!!棚ボタ王者を懲らしめるために江上しほ、復活!!江上しほ選手の戦歴(5勝3敗)勝利 ...

「ほら、苦しそうね。楽にさせてあげるって言ってんでしょ。ほら言いなさいよ。」逆エビ固めを決められ、悲痛な叫び声をあげて、ギブアップ必至の卯水。しかし、辛うじてロープに手が届き窮地を脱します。「しつこい女だわね。立ちなさいよ。私が楽にさせてあげるって言った ...

↑このページのトップヘ