PRO-STYLE CATFIGHT プロスタイルキャットファイト

I am a Japanese blogger and I love pro-style catfight. Comment welcome. ワンピース水着の美女がリング上で戦う、古き良き女子プロレスの再現であるプ ロスタイルキャットファイトのレビューを主に書いております。 時にはMIXファイトやレズファイト、まれにリアル女子プロレスのレポートも書くこともあります。 皆様の作品購入のご参考になれば幸いです。

※ ネタバレ注意!このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

セントーンが決まり、気をつけの姿勢のまま、日高は全身をヒクヒクと痙攣させます。!江上は、「起きなさいよ!」と言って強引に日高を立たせ、これでトドメよ!」と後ろを取ります。悲痛な悲鳴を上げる日高でしたが、ここは持てる力を振り絞って肘打ちをかまします。そして ...

今年も、早年末になってしまいました。昨年後半は暇を持て余していたので存分にレビューを書くことが出来ましたが、今年は、本当に時間に追われた1年でした。新しい職場で新しい仕事に慣れるのが必死だった上に、通勤時間も長くなり、シフト勤務なので土日と続けて休むことが ...

顔騎アンクルロックをかけていた伊東の顔が、快感に溢れた表情で歪みます。 カメラの写せない所で何やら美咲がやらかしているようです。(笑) 間もなく伊東は後ろへ蹴り倒され、身体をヒクヒクと痙攣させます。 「ウフフフっ!何、ピクピクしてんの、可愛い。」と言った美咲 ...

美咲を打撃技でボコボコにしてから、拷問技で絞り、さらにパワーボムを食らわした伊東が美咲に降伏勧告します。「ギブアップは?」伊東に引き起こされながら美咲は、「しない。」と強情に答えます。伊東は、「もう一回!」と再びパワーボをかけようと構えます。ところが踏ん ...

伊東は、美咲の竹刀を使って、「先刻の仕返し。」と言って美咲の喉を突こうとします。 ところが美咲は、喉に突き立てられる寸前にその切っ先を掴みます。「アンタ失神したフリ? やっぱり脱がされたかったんでしょ。」と呆れる伊東。「そんな訳ないじゃない。」と答える美 ...

Yui Misaki T156 B90 W54 H86 vs Mao Ito T168 B90 W58 H881991年11月30日 生まれの伊東真緒選手は、ギガ作品には出演経験がないようですが、VLACK FLAG COLD VATTLE 0003でバトルデビューを果たしてから、私はこの。才媛で長身スレンダーな空手経験者の彼女に注目しておりま ...

足4の字でかなり瀬川を痛めつけた小西は、トドメとすべく投げ技に持ち込もうとします。ところが瀬川がここを踏ん張り投げさせません。「重いわね。」と言いながら必死に瀬川の股間に手を当てて投げようとしますが、投げられたのは、小西の方です。背中からモロに落ちた小西 ...

Marie Konishi T148cm B85cm W58cm H87cmNatsuki Segawa T158cm B88cm W58cm H87cm前回の、【ビッグネームvs新人ファイター ザ・VIP 範田紗々 VS インドア系眼鏡っ娘新人 北見えり】と同様に、大物ぶった小西まりえ選手のインタビューから始まるこの作品は、格差対決と言う別 ...

Maria Wakatsuki  T162cm B82cm W56cm H84cmShiho Egami  T158cm B92cm W66cm H84cm若月まりあ選手の凶器・反則攻撃でかなり痛めつけられた江上しほ選手でしたが、前回と違って復讐心に燃えている分、タフになっています。若月は、トドメの投技を食らわせようとしましたが ...

江上にスリーパーホールドを食らっていた若月でしたが、ここは肘打ち連打でエスケープ後ろを取った若月は、江上を首投げに仕留めます。「私だって、未だ終わってないのよ。」恥ずかし固めをかける若月ですが、かなり息が上がってします。しかし、再び見せるサディスティック ...

Maria Wakatsuki  T162cm B82cm W56cm H84cmShiho Egami  T158cm B92cm W66cm H84cm股間攻撃に続く若月の足破壊攻撃に、叫び声を上げて苦しむ江上復讐の鬼と化してタイトルマッチに臨んだ江上しほ選手でしたが、ここまで良いようにやられています。しかし、このままやられ ...

水城はロープの反動を利用して、ボディプレスもう一撃食らわせようとしましたが、待ち構えていた仁美の剣山に打ち付けてしまいます。鳩尾を押さえて七転八倒の水城「同じ技は何回も効かないのよ。」「ほら、立ちなさい。ゆっくり苦しめてやる。」と仁美は卍固めを決め、水城 ...

半年前、一敗地に塗れた江上、トップレスになる恥辱を忍び、狂気の反バトル連盟リーダー若月まりあへのリベンジを誓う!!以前より大人びて色気が増した記者会見のシーン「若月選手にお願いがあります。私ともう一度タイトルマッチ、させて頂きませんか。」「させてもらうため ...

散々喘ぎ苦しんだ仁美でしたが、ここで反転し逆襲に転じます。「やってたこと、全部やってあげるわよ。」とまずはSTF 定評のある水城のリアクションも、勿論最高級です。「腰も首も辛いんでしょ。」「もっと痛めつけてあげるから。」「アレ、先刻までの勢いは何処へ行ったの ...

Madoka Hitomi T:155 B:88 W:59 H:87Rino Mizushiro T:155 B:83 W:63 H:87この作品は、冒頭のダイジェストシーンやサンプルムービーを見れば結末が見えてしまっていますので、勝敗よりは経過重視のレポートとなります。【水城りの】類まれな才能を持ち、闘いの中で進化を続け ...

菅原を足4の字に捕らえた鶴田は、「ギブアップするんじゃないの?」と降伏勧告しますが、菅原は、苦悶の表情を浮かべながら「しない!」と拒否します。「じゃあ、ギブアップするまで、もっとやって上げるわよ。」と菅原を絞る鶴田。絶えに耐え続けた菅原が漸く反転に成功し ...

Kana Tsuruta (SuperSonicSatellites) T:152cm B:90cm W:58cm H:89cmEma Sugawara(BattleWorldPro-wrestling) T:148cm B:85cm W:63cm H:97cmBWPから送り込まれた【菅原恵麻】は新人ながら実力は高く、SSSは人気急上昇の【鶴田かな】が応戦する!!鶴田かな選手より小柄な菅原恵 ...

【後半】股間攻撃から竹刀を使った攻撃で散々痛めつけられた神楽は、エロ可愛い声で喘ぎますが、ギブアップとは口が裂けても言いません。 浜本は、「しぶといわね。と言って竹刀を捨て、再びトウホールドに持ち込みます。しかし神楽も浜本の足を掴み、アキレス腱固め合戦に ...

Aine Kagura T:153cm B:83m W:57cm H:83cm,  Mari Hamamoto T:157cm B:86cm W:58cm H:88cm本当は優しいヒールの浜本とプロレス愛を持つベビーフェイスの神楽アイネが激突!1995年12月21日生まれの神楽アイネ選手は、なんと某国立大学に通う現役医大生だそうです。ご存知浜本 ...

一本目 二本目 三本目終盤に来て主導権を握ったかに見えた春川でしたが、思わぬ桜乃の反撃にあって苦戦します。「フラフラじゃねえかよ。」と桜乃はもう一撃しますが、ここで春川が再反撃に転じます。「アンタが好きな、ロープに連れてってやるよ。」春川は、桜乃をコーナ ...

2016年11月5日 BWPコンタクト開催記念スペシャルマッチ 春川せせら vs 桜乃ゆいな【三本目】二本目を取った春川ですが、かなり息も上がって苦しそうです。 しかし、「アンタに負ける訳ないでしょ。」と凄みを効かせて桜乃との手四つに挑みます。ところが軽量の故か、ロープ ...

昨日は、特急電車に乗って秋葉原まで行って参りました。 イベント開始後約1時間で入場出来たのですが、その間は恒例のあきばお~で買い物。この貢物はあきばお~ではありません。私が恒例のジャエイソンマスクを装着しようとすると監督が、「キャットファイトのブログの、凄 ...

【二本目】ゴングが鳴らされてもコーナーに座り込んだままの春川「ほら、どうしたの、立てる力も残ってないの。」と言って近づく桜乃「未だ未だ行くわよ。」太股にキック「ほらどうしたの、さっさと立って反撃してみなさいよ。」さらに春川を引っ張り起こし膝蹴りを連打しま ...

阿澄ちほ選手のチョーク攻撃により、気を失ってしまった羽月都花沙選手阿澄は、「あらあ、逝っちゃったみたいね。」と言って羽月を放します。そして、「あら、凄いイイおっぱいしてるじゃない。」羽月の巨乳を揉みだします。 そして、「へえー、凄いイイおっぱい。」と羽月 ...

エキサイティング・ランブルHeel Chiho Azumi:T156cm,B:87cm,W:60cm,H:89cmvsBaby face Tsukasa Hazuki:T:158cm,B:85cm,W:59cm,H:86cm 1990年11月30日生まれの羽月都花沙選手は、中堅女優と言ったところでしょうか。バトルにも、ギガにも出演歴がないので、アクションやプ ...

長々とアキレス腱を決められ、わななくように泣き叫ぶ宮崎あや選手は、「やめて!」と弱音を吐きますが、今井ゆあ選手は、「ギブアップするまでやめない。」と冷たく言い放ちます。さらに今井に、「足、折れたらなにも出来なくなっちゃうわね。」と言われた宮崎は、意を決し ...

Aya Miyazaki(SuperSonicSatellites) T:162cm B:82cm W:58cm H:83cmYua Imai(CATFIGHT FETI CLUB)    T:155cm B:90cm W:60cm H:88cm団体対抗戦なので、実績のある選手が登場するのとばかり思っていましたが、今回は新人同士の戦いとなりました。 1995年6月20日生まれの ...

【三本目】大技で投げられ、ブラディーEXを決められた西口あられ選手の姿を見て、私はここで、彼女の口からギブアップと言う声が聞こえてくるものとばかり思っていました。しかし西口は耐え切ります。そこで舞坂は、「行くわよ!」と必殺のジャーマンスープレックスでとどめ ...

【三本目】今度は西口の方が辛そうです。「行くわよ。」二本目とは逆に、舞坂がローリングキックを西口に食らわせます。ニーパット連打からさらにエルボーパンチそしてコブラツイストです。「ほら、何隠してんのよ。」と再び西口の乳首を晒す舞坂 「ホントにタレパイね。」 ...

【二本目】余裕の表情の西口あられ選手一本目のダメージが残り、苦しそうな舞坂 仁美選手 西口は、苦しそうに息をしている舞坂に向かって、「未だやるの?」と問いかけます。舞坂が、「やってやるわよ!」と答えると、西口はすかさず回し蹴りを舞坂のヒップに連打します。お ...

「もう終わり?ギブアップすれば、早く。」 散々いためつけられ、ヘロヘロになった武井でしたが、闘志だけは衰えず、立ち上がって果敢に鈴屋に立ち向かって行きます。鈴屋にキックを食らわしたは、スープレックスの構えこのショットを見れば、如何にガチ投げをしているか一 ...

Yuuri Takei T155cm B78cm W57cm H83cm vs Ichigo Suzuya T148cm B86cm W60cm H86cm鈴屋いちご選手の着替えシーンはノーカットです。「今日闘う相手は、一回勝ってるから、負ける気はしないです。負ける気はしないけど、もしかしたら強くなっているから、頑張ります。」イン ...

試合開始後、約12分でギブップしてしまった武井ゆうり選手しかし、「え、何?全然聞こえないんだけど、何?」と鈴屋いちご選手は、技を解きません。 「もう、駄目、ギブアップ!」と武井が言っても、鈴屋は、「何?何?」ととぼけますが、ここでゴングが鳴らされます。鈴屋 ...

Yuuri Takei T155cm B78cm W57cm H83cm vs Ichigo Suzuya T148cm B86cm W60cm H86cmBWPやプロスタイルバトルNEO16と同じ流れで、まずは正式デビュー前の同門対決からストーリーを展開する作風が定番となりつつありますが、この作品もB-1トーナメント前哨戦の位置づけです。19 ...

【三本目】失神してしまった麻里梨花選手を見下ろし、笑い声で、「じゃあ、とどめを食らわせてあげるわよ。」と言いながら野々宮みさと選手は、コーナーに下がります。ロープ中断に登った野々宮は、「行くわよ。」とダイビングを敢行します。ところが死んだ振りの麻里が寸で ...

【三本目】セクシーな喘ぎ声を出しながら手四つの力比べをする両選手。今回は、野々宮が先制攻撃をかまします。早くも大技の構え見事に宙を舞ってリングに叩きつけられる麻里「ほら、立ちなさいよ。」油断した野々宮の股間に一撃を加える麻里。野々宮に取って、本日2度目の惨 ...

【二本目】二本目も手四つから始まりますが、今回は麻里梨花選手が膝蹴りで主導権を握ります。フルネルソン「もう体力なくなってるんじゃないの。」「未だ未だ、アー!」胴締めスリーパーへ「アー、苦しい!」野々宮のやれれっぷりが実にセクシーで堪りません。しかし、向き ...

セクシーアイドルプロレズリング ランジェリースタイル VOL.2【3本目】 ファイナルラウンドでは、やや疲労の見える春川に対して、桜井は元気一杯です。桜井は、手四つでも積極的に桜井を攻めています。先にトロけてしまった春川の後ろを取り、さらに耳を刺激する桜井。 「 ...

【2本目】「また一杯気持ちよくさせてあげますよ。」と余裕の春川「今度は絶対逝かないから。」と桜井手四つで再び桜井をコーナーに追い詰める春川「そんなこと言って、またこんなにされてるじゃないですか。」春川は、桜井のブラを剥ぎ取って、バストを愛撫しだします。 し ...

散々な目に逢わされ続けてきた柊衣織選手でしたが、ここで彼女を持ち上げようとした水嶋アリス選手の背中に肘打ちを食らわして、漸く反撃開始です。 「散々やってくれたわね。」「私の番ね。」忘れてましたが、水嶋のやられのリアクションは一級品です。「ほら立って。」こ ...

Arisu Mizushima T160cm B84cm W59cm H92cm vs Iori Hiiragi T154cm B84cm W57cm H80cm同じ選手同士の試合のレビューを2試合続けると、選手のプロフィールを調べる必要がないので、レビューは書き易くなります。(笑)前回の同門決戦1の後はBWP三本勝負でしたが、今回はプロ ...

Arisu Mizushima T160cm B84cm W59cm H92cm vs Iori Hiiragi T154cm B84cm W57cm H80cm水嶋アリス(元聖菜アリサ)選手は、デビュー戦となった、THE WORST DAY現役アスリートグラビアアイドル屈辱の敗北で、林みすず選手をこっぴどく叩きのめました。しかし、彼女に関しては、 ...

↑このページのトップヘ