PRO-STYLE CATFIGHT プロスタイルキャットファイト

I am a Japanese blogger and I love pro-style catfight. Comment welcome. ワンピース水着の美女がリング上で戦う、古き良き女子プロレスの再現であるプ ロスタイルキャットファイトのレビューを主に書いております。 時にはMIXファイトやレズファイト、まれにリアル女子プロレスのレポートも書くこともあります。 皆様の作品購入のご参考になれば幸いです。

※ ネタバレ注意!このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

試合中盤に劣勢に陥り、逝かされる寸前(否、既に逝かされていたのかも?)まで追い込まれた春川でしたが、「未だやるの?」と神納に訊かれ、「当たり前じゃない、」と立ち向かって行きます。そして春川は、神納の身体をこの高さまで持ち上げます。物凄い勢いで叩きつけられ ...

Sesera Harukawa T:170cm B:83cm W:62cm H:88cmvsHana Kanou T:162cm B:84cm W:62cm H:92cm 何を血迷ったかTM?またしてもレズバトルのレビューです。(笑) そりゃー私イチオシの春川せせら選手が出場し、10年に一度の傑作と謳われたからには、他のプロスタイル作品を差し ...

安達メイ選手のスープレックスを食らって苦しそうに喘ぐ舞阪仁美選手安達は、「もう一発、行くわよ!」とさらに舞阪を投げます。宙を舞った舞阪物凄い勢いでマットに叩きつけられます。背中から落ちると、息が止まり、呼吸困難に陥りますが、そこへ追い打ちのギロチンドロッ ...

春川のダウンシーンが多かった試合でしたが、ここから本編ではカットされたYUEのダウンシーン集が映されます。テイク1「顎決まっちゃいました?良いですよ、立たなくても。」と春川「そんな訳には行かないでしょ。」とYUE「1、2、3、 「ナイン上がり好きですね。」と笑う ...

超セクシーな両選手のインターバル春川の方がより汗の量が多く、消耗しているように見えます。【Round 2】いよいよ決着をつける2ラウンド目が始まります。最初は打ち合いですが、YUEが攻勢春川は、「ジャブの速度、遅くなっているんじゃないですか?」と強がりを言います。 ...

YUE T:167cm B:84cm W:57cm H:85cmvs Sesera Harukawa T:170cm B:83cm W:62cm H:88cm豪華な選手同士が白熱のボクシングファイトを展開!!選手のファンならずとも是非見て頂きたい名作誕生!!超豪華な二人がボクシング対決!!日本のキャットの頂点に君臨する【YUE選手】 ...

Team Wizard代表の Kohプロデュサーからホットニュースがもたらされました。Korean Irongirl match Season 5'Anthem'の撮影が年末に終了し、現在編集中とのことです。下記画像は、どこよりも早い独占掲載写真となります。 恐らく今月末にはリリースされることと思われます ...

顔騎3カウント負けした横山夏希選手勝者インタビューを終えた仁美まどか選手は、「ほら、さっさと起きなさいよ。」と横山夏希選手の頬を踏みつけます。覚醒した横山にマウントポジションを取った仁美は、「ほら、アンタの可愛いファン達に、私は変態マゾですって、プロレス ...

Natsuki Yokoyama T:163cm B:87cm W:58cm H:86cmvsMadoka Hitomi T:155cm B:88cm W:59cm H:87cmレズファイトにはそれほど興味のないTM。まさかのレズバトルのレビューです(笑)。B-1トーナメント5th決勝戦の前後に何が行われていたのか?B-1というブランドを取り戻すべく、真 ...

トドメのパワーボムを食らいそうになった白桃は、西口を押し倒します。そして、股間目掛けてヘッドパット!「何で痛いの?この手どけなさいよ。」と言った白桃もう一撃悲鳴をあげる西口白桃は、」さらに股間ストンピングの連打「効いてんの、効いてないの?」「効いてないわ ...

Arare Nishiguchi T158cm B84cm W59cm H88cmvsKokona Hakutou T:149cm B:90cm W:60cm H:84cm新世代の中でも特に実力者の二人がいきなり激突!一回戦で当たるのは勿体ないプレミアム級の試合!【白桃心奈】はデビューにあたり「いち早く有名になるためにトップレスになりたい ...

あやね遥菜が以外と手強い相手だと悟ったのでしょうか、福山理子選手は竹刀を持ち込みます。「指じゃなくて、竹刀はどうだお前。お前の喉に良く入るかよ、おい。」さらに横向きにしてあやねの喉を押し潰す福山あやねのこの表情が実にセクシーです。「今度はこっちだよ。」と ...

皆様、明けましておめでとうございます。Big name: Riko Fukuyama T167cm B83cm W58cm H85cm vs Super Rookie: Haruna Ayane T158cm B88cm W58cm H88cm 超大物レジェンド福山と、大型新人あやね、新たにBATTLEに加わった二人のスーパースターの激闘の行方は!? ご存知1975年 ...

前の記事横山夏希選手のパワーボムを喰らい、フォールされた仁美まどか選手は、なんとかこれをカウント2.5で返します。横山は、「未だ元気があるみたいね。でもそんなんじゃ、決勝戦だから皆が楽しめないでしょ。」と言って仁美に再度大技をかけようと彼女を立たせようとしま ...

前の記事手四つの仕切り直しとなった両選手。何とここで横山が延髄斬りをヒットさせます。首を押さえて昏倒する仁美。前半は、サブミッション系の技が中心でしたが、そろそろ大技タイムになって来ました。さらに横山は、「この技はどう?」とスープレックス見事に宙を舞う仁 ...

Natsuki Yokoyama T:163cm B:87cm W:58cm H:86cm vs Madoka Hitomi T:155cm B:88cm W:59cm H:87cm【横山夏希】決勝へ勝ち上がるまでの対戦相手は、彼女よりもフィジカルが優れる選手達だった。しかし、プロレスは肉体のみで勝敗が決定するわけではない!!巧妙な試合運びと高 ...

決着・横山夏希 vs 鈴屋いちご B-1トーナメント5th 準決勝第二試合 zoku必死に匍匐前進してロープブレイクする横山足を押さえて悶絶する横山に「何なのよ。情けないわね。」と鈴屋さらに「早く立ちなさいよ。」と言われ、フラフラと立ち上がった横山は、ここで怒りの炎が燃 ...

仕切り直しで奮起した鈴屋がスリーパーホールドに横山を捕らえます。「先刻はよくもやってくれたわね。」「痛い?手、折れちゃうよ。」「ねえこれ、両方痛い。」鈴屋のガヤり方も試合が進むに連れて進化して、徐々に横山の心を折るような台詞が連発されます。「ねえ苦しい? ...

"Snow White",Natsuki Yokoyama T:163cm B:87cm W:58cm H:86cmvs"Lucha doll" Ichigo Suzuya T:148cm B:86cm W:60cm H:86cm【究極エアマスターと名勝負製造機がみせる異次元のファイト!!】横山夏希選手は自撮り着替えシーンで、対戦相手がメキシコのルチャドーレを囓ったこと ...

かつて金城真央選手から王座を奪取したときのYUEの決め技である、グランド卍固めを耐え切った春川せせら選手でしたが、今度は鎌固めでで絞られます。「先刻の生意気なのは何処行ったの?」とYUEこれも耐え切った春川は、次の技をかけようと迫ってきたYUEを両足で蹴り上げて倒 ...

旗揚げ興行の最後を飾るのはFGタイトルホルダー・絶対王者「YUE」選手。会場人気No.01であり、絶対王者へと成長するまでの紆余曲折が、そのまま近年におけるLIVE興行の歴史と結びつく運命を背負った中心人物。一方の「春川せせら」選手は新生BWPデビュー生のエー ...

かつてFG連勝記録を樹立し、絶対女王として君臨していた「金城真央」選手。ベルトを失い、敗北を味わう事でもう一つ上の選手へと成長し、再びLIVEファイトの場へと帰ってきた!!対する「仁美まどか」選手は、なんと急病で欠場。これを聞いた私は、第4試合は、第1試合 ...

 Sena Minami  T:154cm B:83cm W:62cm H:88cm Ichigo Suzuya T:148cm B:86cm W:60cm H:86cmFGの会場で見せつけた超本格ジャーマンスープレックス。衝撃的なデビューと存在感で一躍トップファイターへと上り詰めた「南瀬奈」選手が第三試合に登場!!対するは天才ルチャ ...

BWP01 THE SECOND MATCH Alice Mizushima vs Aine Kaguraなんと第二試合に出場予定だった「生駒はるな」選手が負傷欠場を発表。代わりにマットに上がるのは、プロスタイルNEOで一躍株をあげた実力派「水嶋アリス」選手!!正統派で実力を持ちながらも、女色な反則攻撃で相 ...

記念すべき大事な初戦を飾るのは、闘う度に強く、美しく進化を続ける実力派スターレスラー「横山夏希」選手と枯渇状態だったSSSに一筋の光を灯した次期エース候補の「鶴田かな」選手が激突!!両者とも、オールラウンダーなだけに質の高い試合は約束されています!!しか ...

南瀬奈選手の必殺技である、ジャーマンスープレックスを連続被弾した仁美まどか選手。しかし彼女は、今度はカウント2.5で返します。やはり腰にダメージが残っているのでは、殺傷力に劣るのでしょうか。 それでも、かなり堪えているようです。そこで、南はコーナーに登ります ...

再び腰を狙われる南。戦前の予想とは裏腹に、南瀬奈選手は大苦戦しています。仁美まどか選手に、ヘルニアを患っている腰を狙われ大苦戦の南瀬奈選手は、息遣いも苦しく立ち上がるのがやっとです。仁美に、「もう駄目なのかしら。」と言われた南は、乱れた髪を直し向き合いま ...

記念すべき大事な初戦を飾るのは、闘う度に強く、美しく進化を続ける実力派スターレスラー「横山夏希」選手と枯渇状態だったSSSに一筋の光を灯した次期エース候補の「鶴田かな」選手が激突!!両者とも、オールラウンダーなだけに質の高い試合は約束されています!!しか ...

Madoka Hitomi T:155cm B:85cm W:58cm H:85cm vs Sena Minami T:154cm B:83cm W:62cm H:88cm【仁美まどか】B-1トーナメント5thでファイナリストまで勝ち上がっている実力派!!華奢な体をハンデとしながらも、持ち前のセンスで評価を上げ続けている。抜群のルックスと華が彼 ...

散々生駒に攻められた金城は、足に来てしまったようで、立ち上がるのも儘ならないようです。「しぶといわね。早く立ちなさいよ、ね、早く。」と急かす生駒。ところが金城は、未だ死んでいませんでした。素早く突進した金城は、生駒にラリアットを食らわします。生駒が倒れこ ...

試合開始直後から高レベルの技の応酬を繰り広げて来た両選手。中盤はどんな展開となるのでしょうか。今度の仕切り直しは生駒が有利です。金城は押し倒されてしまいます。腕ひしぎ逆十字固めに悲鳴を上げる金城。「よくもやってくれたわね。」金城の腕を上に絞り上げる生駒レ ...

Mao Kaneshiro:T:156cm B:85cm W:58cm H:84cm vs Haruna Ikoma: T:159cm B:84cm W:59cm H:84cm生駒はるな空手をバックボーンに持ち、ズバ抜けた身体能力は特筆に値する!!前回の試合では、史上最強戦士【新垣ひとみ】をボコボコにして衝撃的な結果を印象づけた。連続で大物 ...

YUEを散々いたぶった春川はトドメのダイビングエルボーを敢行しますが、YUEが寸前に身をかわし、春川は自爆してしまいます。YUEは、肘を抑えて悶絶する春川の腕を掴んでリング中央まで引きずり込み、アームロックをかけます。春川は、声を殺して必死にこの痛みを堪えます。腕 ...

暫し春川に攻められていたYUEでしたが、ここで反転します。ストンピングを連打してから次の技を仕掛けようとするYUEしかし、ここで春川が、ローブローを放ちます。泣き声をあげ、股間を押さえながら崩れ落ちるYUE「ほら、甘いって言ったでしょ。」とサーフボードストレッチを ...

YUE T:167cm B:84cm W:57cm H:85cm vs Sesera Harukawa T:170cm B:83cm W:62cm H:88cm【春川せせら】BWPでデビューした選手の中で一際高い期待をうける170cmの長身が魅力の美人ファイター!!抜群のセンスと努力を惜しまない性格で、いきなり王者と試合が組まれた!!傷跡を ...

神楽は、鶴田を股裂きで苦しめます。鶴田の180度開脚が、エロいの何の。体勢を変えてさらに鶴田を辱める神楽。しかし、鶴田はこれで形勢逆転。二人の戦いは、レスリングではなく、レズリングの様相を呈して来ました。最近のバトルの流行技苦し紛れに神楽も鶴田の胸を責めます ...

Kana Tsuruta T:152cm B:90 W:58cm H:89cm vs Aine Kagura T:153cm B:83m W:57cm H:83cm記念すべきBWP旗揚げ開催記念マッチの第一陣を飾るのが、この【2016年12月17日 BWP旗揚げ興行開催記念スペシャルマッチ 鶴田かな vs 神楽アイネ】です。【鶴田かな】長くスター不在のSSS ...

暫し劣勢だった原は、このトウホールドから前方回転してエスケープします。原の反撃が始まりますが、今度は前田も奇天烈なことは言わず、呻き声をあげて苦しむだけです。DDT!防戦一方となった前田シャイニングウィザード!原の投げ技は、なかなかのものです。見事に高く宙を ...

序盤から怯える前田のの選手を一方的に、しかし気絶しない程度にいたぶっていた原美織選手でしたが、調子に乗りすぎてバックドロップで前田を失神させてしまいました。キョンシーのような格好で、むっくりと起き上がる前田。 「何よ、貴女、気持ち悪いのよ。」と言って原は ...

 【 トーナメント敗退者の再起戦】Nono Maeda T149cm B88cm W57cm H88cm vs Miori Hara T150cm B84cm W57cm H85cm昨日から家族旅行で伊豆・箱根方面におりますが、レビューし損ねたこの作品のリクエストもあったので、最近購入したラップトップPCを持参して、出発しました。 ...

閉め技地獄で江上を失神寸前まで追い込んだ日高は、パワーボムに続き、強烈なスープレックスで江上をマットに叩きつけます。大の字になり、身体をヒクヒクと痙攣する江上を見下ろした日高は、「もうこれで決まったも同然ね。」と言って、再度江上を立たせます。「しっかりし ...

セントーンが決まり、気をつけの姿勢のまま、日高は全身をヒクヒクと痙攣させます。!江上は、「起きなさいよ!」と言って強引に日高を立たせ、これでトドメよ!」と後ろを取ります。悲痛な悲鳴を上げる日高でしたが、ここは持てる力を振り絞って肘打ちをかまします。そして ...

今年も、早年末になってしまいました。昨年後半は暇を持て余していたので存分にレビューを書くことが出来ましたが、今年は、本当に時間に追われた1年でした。新しい職場で新しい仕事に慣れるのが必死だった上に、通勤時間も長くなり、シフト勤務なので土日と続けて休むことが ...

顔騎アンクルロックをかけていた伊東の顔が、快感に溢れた表情で歪みます。 カメラの写せない所で何やら美咲がやらかしているようです。(笑) 間もなく伊東は後ろへ蹴り倒され、身体をヒクヒクと痙攣させます。 「ウフフフっ!何、ピクピクしてんの、可愛い。」と言った美咲 ...

↑このページのトップヘ