PRO-STYLE CATFIGHT プロスタイルキャットファイト

I am a Japanese blogger and I love pro-style catfight. Comment welcome. ワンピース水着の美女がリング上で戦う、古き良き女子プロレスの再現であるプ ロスタイルキャットファイトのレビューを主に書いております。 時にはMIXファイトやレズファイト、まれにリアル女子プロレスのレポートも書くこともあります。 皆様の作品購入のご参考になれば幸いです。

※ ネタバレ注意!このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

長々とアキレス腱を決められ、わななくように泣き叫ぶ宮崎あや選手は、「やめて!」と弱音を吐きますが、今井ゆあ選手は、「ギブアップするまでやめない。」と冷たく言い放ちます。さらに今井に、「足、折れたらなにも出来なくなっちゃうわね。」と言われた宮崎は、意を決し ...

Aya Miyazaki(SuperSonicSatellites) T:162cm B:82cm W:58cm H:83cmYua Imai(CATFIGHT FETI CLUB)    T:155cm B:90cm W:60cm H:88cm団体対抗戦なので、実績のある選手が登場するのとばかり思っていましたが、今回は新人同士の戦いとなりました。 1995年6月20日生まれの ...

【三本目】大技で投げられ、ブラディーEXを決められた西口あられ選手の姿を見て、私はここで、彼女の口からギブアップと言う声が聞こえてくるものとばかり思っていました。しかし西口は耐え切ります。そこで舞坂は、「行くわよ!」と必殺のジャーマンスープレックスでとどめ ...

【三本目】今度は西口の方が辛そうです。「行くわよ。」二本目とは逆に、舞坂がローリングキックを西口に食らわせます。ニーパット連打からさらにエルボーパンチそしてコブラツイストです。「ほら、何隠してんのよ。」と再び西口の乳首を晒す舞坂 「ホントにタレパイね。」 ...

【二本目】余裕の表情の西口あられ選手一本目のダメージが残り、苦しそうな舞坂 仁美選手 西口は、苦しそうに息をしている舞坂に向かって、「未だやるの?」と問いかけます。舞坂が、「やってやるわよ!」と答えると、西口はすかさず回し蹴りを舞坂のヒップに連打します。お ...

「もう終わり?ギブアップすれば、早く。」 散々いためつけられ、ヘロヘロになった武井でしたが、闘志だけは衰えず、立ち上がって果敢に鈴屋に立ち向かって行きます。鈴屋にキックを食らわしたは、スープレックスの構えこのショットを見れば、如何にガチ投げをしているか一 ...

Yuuri Takei T155cm B78cm W57cm H83cm vs Ichigo Suzuya T148cm B86cm W60cm H86cm鈴屋いちご選手の着替えシーンはノーカットです。「今日闘う相手は、一回勝ってるから、負ける気はしないです。負ける気はしないけど、もしかしたら強くなっているから、頑張ります。」イン ...

試合開始後、約12分でギブップしてしまった武井ゆうり選手しかし、「え、何?全然聞こえないんだけど、何?」と鈴屋いちご選手は、技を解きません。 「もう、駄目、ギブアップ!」と武井が言っても、鈴屋は、「何?何?」ととぼけますが、ここでゴングが鳴らされます。鈴屋 ...

Yuuri Takei T155cm B78cm W57cm H83cm vs Ichigo Suzuya T148cm B86cm W60cm H86cmBWPやプロスタイルバトルNEO16と同じ流れで、まずは正式デビュー前の同門対決からストーリーを展開する作風が定番となりつつありますが、この作品もB-1トーナメント前哨戦の位置づけです。19 ...

【三本目】失神してしまった麻里梨花選手を見下ろし、笑い声で、「じゃあ、とどめを食らわせてあげるわよ。」と言いながら野々宮みさと選手は、コーナーに下がります。ロープ中断に登った野々宮は、「行くわよ。」とダイビングを敢行します。ところが死んだ振りの麻里が寸で ...

【三本目】セクシーな喘ぎ声を出しながら手四つの力比べをする両選手。今回は、野々宮が先制攻撃をかまします。早くも大技の構え見事に宙を舞ってリングに叩きつけられる麻里「ほら、立ちなさいよ。」油断した野々宮の股間に一撃を加える麻里。野々宮に取って、本日2度目の惨 ...

【二本目】二本目も手四つから始まりますが、今回は麻里梨花選手が膝蹴りで主導権を握ります。フルネルソン「もう体力なくなってるんじゃないの。」「未だ未だ、アー!」胴締めスリーパーへ「アー、苦しい!」野々宮のやれれっぷりが実にセクシーで堪りません。しかし、向き ...

セクシーアイドルプロレズリング ランジェリースタイル VOL.2【3本目】 ファイナルラウンドでは、やや疲労の見える春川に対して、桜井は元気一杯です。桜井は、手四つでも積極的に桜井を攻めています。先にトロけてしまった春川の後ろを取り、さらに耳を刺激する桜井。 「 ...

【2本目】「また一杯気持ちよくさせてあげますよ。」と余裕の春川「今度は絶対逝かないから。」と桜井手四つで再び桜井をコーナーに追い詰める春川「そんなこと言って、またこんなにされてるじゃないですか。」春川は、桜井のブラを剥ぎ取って、バストを愛撫しだします。 し ...

散々な目に逢わされ続けてきた柊衣織選手でしたが、ここで彼女を持ち上げようとした水嶋アリス選手の背中に肘打ちを食らわして、漸く反撃開始です。 「散々やってくれたわね。」「私の番ね。」忘れてましたが、水嶋のやられのリアクションは一級品です。「ほら立って。」こ ...

Arisu Mizushima T160cm B84cm W59cm H92cm vs Iori Hiiragi T154cm B84cm W57cm H80cm同じ選手同士の試合のレビューを2試合続けると、選手のプロフィールを調べる必要がないので、レビューは書き易くなります。(笑)前回の同門決戦1の後はBWP三本勝負でしたが、今回はプロ ...

Arisu Mizushima T160cm B84cm W59cm H92cm vs Iori Hiiragi T154cm B84cm W57cm H80cm水嶋アリス(元聖菜アリサ)選手は、デビュー戦となった、THE WORST DAY現役アスリートグラビアアイドル屈辱の敗北で、林みすず選手をこっぴどく叩きのめました。しかし、彼女に関しては、 ...

終盤に来て原美織選手の猛反撃に逢い、必殺技の美織ロックを決められ絶体絶命の伊東真緒選手「早くギブアップしなさいよ。」悲痛な声の伊東の泣き声にグっと来てしまいます。 長々と絞られた伊東、流石にもう限界か? 試合の流れから言って、ここで伊東はギブアップするか ...

原美織 T150 B84 W57 H85 vs 伊東真緒 T168 B90 W58 H88原美織選手のシャイニングウィザードを食らって茫然自失の伊東真緒選手原は膝蹴りを連打してから、伊東に変形恥ずかし固めをかけます。「こんな際どい格好して、恥ずかしくないの?」 「アンタ達って、何でこんな変態 ...

Miori Hara T:150cm B:84cm W:57cm H:85cm vs Mao Ito T:168cm B:90cm W:5cm8 H:88cmたまたま募集してたから、何も知らずに反バトル連盟からデビューしたベビーフェースの原美織選手一方、バトルから使命を帯びたクールな仕掛け人伊東真緒選手の準決勝対決。順当に行けば、伊 ...

Mao Ito T168 B90 W58 H89 & Ikumi Kuroki T162 B84 W60 H88注文していたBATTLEエクストリームトーナメント準決勝第二試合が、一昨日に発送されていないので、慌てて店頭受け取りにしてもらい、8枚目の参加権をゲットすることができました。まず会場に入ると、前回若月まりあ ...

The ending of B-1 Tournament Fifth First round third match実質的に横山夏希選手をノックアウトした夏目レイコ選手でしたが、意識を失い、ヒクヒクと痙攣する横山からフォールを取ろうとせず、「失神している場合じゃねえんだよ。」と抱き起こします。ボディシザーズをか ...

序盤は、体格もガッシリしている夏目レイコ選手にフルボッコドミネーションされてしまったスレンダーな横山夏希選手。総合格闘技を身に着けたジョーカーとは別キャラとは言え、横山は実力的に夏目に敵わないのでしょうか、それとも彼女はスロースターターなので、未だエンジ ...

Natsuki Yokoyama T:163cm B:87cm W:58cm H:86 vs Reiko Natsume T:155cm B:86cm W:59cm H:89cm以下は横山夏希選手が彗星のように初登場した、【スターレスラー誕生!1】で私か書いた一文です。”色白、美脚、モデル体型ながらあどけなさの残る笑顔のライトニング桜選手役の横 ...

BWP バトルワールドプロレスリング Vol.01 BWP誕生!!新たなる旅立ち 【三本目】春川は、「直ぐにギブアップさせてやるからな。」安達も、「負けないわ。」と言って対峙します。又しても春川の素晴らしいジャンプ力が披露されます。「ほら、立ちなよ。未だだよ。」と再び助走 ...

【二本目】春川は、苦しそうな声ながら、「絶対負けないからな。」と安達に挑みかかります。しかし、早くも膝蹴りを食らい、苦悶の声と表情を見せる春川。身体をくの字にして苦しみ悶える春川を捕まえた安達は、股間を鷲掴み。宙を舞う春川又しても腰と背中を強打して悶絶す ...

ほら、立って御覧なさい。」とヘッドロックをかける春川は、「ほら、先刻から何?片っ方こんなにズリ落ちてる。」と言って安達の乳房をポロリと露出させます。「アー、止めて!」と喘ぐ安達「止めてじゃないでしょ。」と乳首を愛撫する春川「気持ちイイの?苦しいの?」「恥 ...

Sesera Harukawa T:170 B:83 W:62 H:88 vs Kasumi Adachi   T:160 B:91 W:62 H:941995年3月4日生まれの春川せせら選手は、プレステージ専属の新人女優さんで、特技はバレーボールだそうです。何と言っても身長170cmのスレンダーボディが魅力です。1993年11月30日生まれの安 ...

大方の予想に反し、何と勝ってしまった範田紗々(笑)早速黒木いくみに土下座を要求します。「ほら、いつまで押さえてんのよ、股間!」と言って範田は無理やり黒木を立たせます。「卑怯よ!」と泣き声で抗議する黒木。「卑怯じゃないわ、私が正々堂々と勝ったのよ。見てたで ...

一進一退の攻防でしたが、中盤でヘタってしまった範田に、「ほら、とどめさしてあげるわ。」と黒木しかしここで、範田は起死回生のローブローセクシーな悲鳴を上げて這いつくばる黒木ヒクヒクと身体を痙攣させます。「何隠してんの・そこ触って欲しいの?」と範田黒木のリア ...

Sasa Handa T159 B90 W59 H82 vs Ikumi Kuroki T162 B84 W60 H88この作品の冒頭は、1年前のベビーフェイスVSヒール エキサイティング・ランブル Vol.4 でのあさひ奈々選手時代の敗戦シーンから始まります。”キャメルクラッチだいすき(((o(*゚▽゚*)o)))”とTwitterに書いてい ...

試合が後半にさしかかるところで、朝井がペティグリで逆襲します。恥ずかし固めにエロい声で鳴く森「恥ずかしい?こんな格好させられて、それでもトップレス続ける気なの?」アキレス腱固めに超官能的な声を出して悶絶する森技をかけながら朝井も、「イイ声してるわね。」と ...

Ryoka Asai T:160cm B:80cm W:58cm H:85cm vs Natsumi Mori T:151cm B:88cm W:55cm H:88cm爆乳ロリータvs貧乳熟女のトップレス対決!プロレス、そして女の魅力でも勝負!!この試合のどこが格差対決かと言うと、身長ではなくバストと年齢の違いと言うことです。「自慢の巨乳を ...

バトル正規軍 VS 反バトル連盟 全面戦争 五章 20cm差の新世代ホープ対決! 安達メイ vs 日高結愛All-out war of Battle regular army VS anti Battle League 5連続の投げ技に関節技そして再びの投げ技で散々痛めつけられてしまった日高!しかし日高は、ここで腹パンチを連打、 ...

安達メイの変形コブラツイストで悲痛な喘ぎ声を出して苦しむ日高結愛しかし、ここで柔道の投げ技のようにして、安達をマットに叩きつけます。この閉め技そして投げ技どうやら日高は柔道経験者と見受けられます。この変形キャムルクラッチはえぐい!攻守所を変え、今度は安達 ...

試合の主導権を握った高瀬杏選手は、「随分と辛そうね。でも未だ未だ終わってないわよ。自分の力で立ちなさいよ。」と言って鶴田かな選手を立たせます。ここで鶴田を抱えたAnn。白い水着のプロレスラーの時には出さなかった大技が、ここで披露されます。やれば出来るじゃない ...

Ann Takase T:152cm B:86cm W: 60cm H:87 cmvsKana Tsuruta 152 cm B:90 W:58cm H:89cm今回は極限的マニア・哀沢監督率いる「CF×FC」がSSSと初遭遇!!選び抜かれた美貌の戦士【高瀬杏】が侵略する!!CF×FCにおけるスターの証“白い水着プロレスラー”の称号を持つ高瀬選手は ...

「もう離さないわよ!」 先輩のヒールレスラーである朝桐光選手が、新人ベビーフェースの月白いず実選手をいたぶるはずの試合でしたが、朝桐は思わぬ月白の反撃に逢って苦戦しています。そこで朝桐は、又しても奥の手を使います。 朝桐は、腕をクラッチして月白の身体を持 ...

【3本目】「またこれで痛めつけてあげる。」と竹刀を構える仁美まどか選手。 このスペシャルマッチもエクストリームルールのようです。仁美はYUE選手の背中をビシバシと竹刀で打ち据えます。倒れこんだYUEの足を狙ってギロチンドロップをかます仁美もう一発仁美は、「足、折 ...

【2本目】圧倒的な実力差を見せ付けられ、大敗してしまった仁美まどか選手でしたか、二本目は決死の眼差しでYUEに向かいます。しかし、それを余裕の表情で受け止めるクールなYUE。YUEの膝蹴り連打に身体をくの字にして苦悶の表情を見せる仁美崩れ落ちた仁美を無理やり立たせ ...

2016年8月27、28日バトル本店店舗イベント開催記念スペシャルマッチ YUEvs仁美まどかAugust. 27&28, 2016 "Battle main store event holding commemoration special match, YUE vs Madoka HitomiYUE T:167cm B:84cm W:57cm H:85cmMadoka Hitomi   T155 cm B:85cm W:58cm H ...

↑このページのトップヘ