プロスタイルキャットファイト PRO-STYLE CATFIGHT

I am a Japanese blogger and I love pro-style catfight. Comment welcome. ワンピース水着の美女がリング上で戦う、古き良き女子プロレスの再現であるプ ロスタイルキャットファイトのレビューを主に書いております。 時にはMIXファイトやレズファイト、まれにリアル女子プロレスのレポートも書くこともあります。 皆様の作品購入のご参考になれば幸いです。

2016年10月

長々とアキレス腱を決められ、わななくように泣き叫ぶ宮崎あや選手は、「やめて!」と弱音を吐きますが、今井ゆあ選手は、「ギブアップするまでやめない。」と冷たく言い放ちます。さらに今井に、「足、折れたらなにも出来なくなっちゃうわね。」と言われた宮崎は、意を決し ...

Aya Miyazaki(SuperSonicSatellites) T:162cm B:82cm W:58cm H:83cmYua Imai(CATFIGHT FETI CLUB)    T:155cm B:90cm W:60cm H:88cm団体対抗戦なので、実績のある選手が登場するのとばかり思っていましたが、今回は新人同士の戦いとなりました。 1995年6月20日生まれの ...

【三本目】大技で投げられ、ブラディーEXを決められた西口あられ選手の姿を見て、私はここで、彼女の口からギブアップと言う声が聞こえてくるものとばかり思っていました。しかし西口は耐え切ります。そこで舞坂は、「行くわよ!」と必殺のジャーマンスープレックスでとどめ ...

【三本目】今度は西口の方が辛そうです。「行くわよ。」二本目とは逆に、舞坂がローリングキックを西口に食らわせます。ニーパット連打からさらにエルボーパンチそしてコブラツイストです。「ほら、何隠してんのよ。」と再び西口の乳首を晒す舞坂 「ホントにタレパイね。」 ...

【二本目】余裕の表情の西口あられ選手一本目のダメージが残り、苦しそうな舞坂 仁美選手 西口は、苦しそうに息をしている舞坂に向かって、「未だやるの?」と問いかけます。舞坂が、「やってやるわよ!」と答えると、西口はすかさず回し蹴りを舞坂のヒップに連打します。お ...

「もう終わり?ギブアップすれば、早く。」 散々いためつけられ、ヘロヘロになった武井でしたが、闘志だけは衰えず、立ち上がって果敢に鈴屋に立ち向かって行きます。鈴屋にキックを食らわしたは、スープレックスの構えこのショットを見れば、如何にガチ投げをしているか一 ...

Yuuri Takei T155cm B78cm W57cm H83cm vs Ichigo Suzuya T148cm B86cm W60cm H86cm鈴屋いちご選手の着替えシーンはノーカットです。「今日闘う相手は、一回勝ってるから、負ける気はしないです。負ける気はしないけど、もしかしたら強くなっているから、頑張ります。」イン ...

試合開始後、約12分でギブップしてしまった武井ゆうり選手しかし、「え、何?全然聞こえないんだけど、何?」と鈴屋いちご選手は、技を解きません。 「もう、駄目、ギブアップ!」と武井が言っても、鈴屋は、「何?何?」ととぼけますが、ここでゴングが鳴らされます。鈴屋 ...

Yuuri Takei T155cm B78cm W57cm H83cm vs Ichigo Suzuya T148cm B86cm W60cm H86cmBWPやプロスタイルバトルNEO16と同じ流れで、まずは正式デビュー前の同門対決からストーリーを展開する作風が定番となりつつありますが、この作品もB-1トーナメント前哨戦の位置づけです。19 ...

【三本目】失神してしまった麻里梨花選手を見下ろし、笑い声で、「じゃあ、とどめを食らわせてあげるわよ。」と言いながら野々宮みさと選手は、コーナーに下がります。ロープ中断に登った野々宮は、「行くわよ。」とダイビングを敢行します。ところが死んだ振りの麻里が寸で ...

【三本目】セクシーな喘ぎ声を出しながら手四つの力比べをする両選手。今回は、野々宮が先制攻撃をかまします。早くも大技の構え見事に宙を舞ってリングに叩きつけられる麻里「ほら、立ちなさいよ。」油断した野々宮の股間に一撃を加える麻里。野々宮に取って、本日2度目の惨 ...

【二本目】二本目も手四つから始まりますが、今回は麻里梨花選手が膝蹴りで主導権を握ります。フルネルソン「もう体力なくなってるんじゃないの。」「未だ未だ、アー!」胴締めスリーパーへ「アー、苦しい!」野々宮のやれれっぷりが実にセクシーで堪りません。しかし、向き ...

セクシーアイドルプロレズリング ランジェリースタイル VOL.2【3本目】 ファイナルラウンドでは、やや疲労の見える春川に対して、桜井は元気一杯です。桜井は、手四つでも積極的に桜井を攻めています。先にトロけてしまった春川の後ろを取り、さらに耳を刺激する桜井。 「 ...

↑このページのトップヘ