二派に分裂した反バトル連盟そしてバトルの、三つ巴の抗争が始まる!
Hitomi Maisaka T:158cm B:83cm W:59cm H:82cm
vs
Mei Adachi T:147cm B:83cm W:58cm H:83cm
反バトル連盟キャットパックVS反バトル連盟ネイキッド ゲバルト 一章 反バトル連盟内部抗争勃発!!

反バトル連盟分裂!! かつての仲間同士が粛清し合う内部抗争勃発!!
二派に分裂した反バトル連盟そしてバトルの三つ巴の抗争が始まる!!
武闘派キャットパック vs トップレス軍団ネイキッド、反バトル連盟の主導権を握るのは!?

反バトル連盟内部抗争戦の第一戦は【安達メイ】と【舞坂仁美】、二人の若手実力者の対決となった!
新世代を担う二人の対戦は、華麗な飛び技や高角度の投げ技などが披露されるハイレベルな一戦となった!
そして内ゲバ状態に陥った反バトル連盟の運命はいかに!?

華麗な【安達メイ】の飛び技!単なる抗争劇では無い!
試合内容もハイクオリティ!!驚異的な投げ技!華麗な飛び技!
二人の実力派によるハイレベルな闘い!

反バトル連盟 キャットパック:スープレックスが得意なプレミアム級新人【舞坂仁美】
デビュー試合の【エクストリームプレミアムマッチ VOLUME.1】で対戦相手の【西口あられ】と共に新人離れしたハイレベルの試合を行うが、惜しくも破れ、コスチュームを剥ぎ取られると言う屈辱を味わう。

反バトル連盟 ネイキッド:小柄ながら華麗な技を使いこなす次世代の星【安達メイ】
バトル代表として反バトル連盟の【日高結愛】との対抗戦 【】に参戦。
この試合には敗れたものの、パワーファイター日高と互角に渡り合い実力を認め合う。
試合後、日高にスカウトされ、そのまま反バトル連盟入り。

ゲバルトとは、古めかしい言葉が出てきましたね。
若い方はご存知ないと思いますが、左翼学生運動が分裂して互いに殺戮し合っていた時代、内ゲバなる言葉が新聞紙上を賑わしていました。
元はドイツ語のGewalt(ゲヴァルト)すなわち暴力と言う意味ですが、共産主義の生みの親のカール・マルクスがドイツ人であっただけに、学生左翼活動家は、ブント(同盟)、ヘゲモニー(主導権)など好んでドイツ語を使用していたようです。
昔から反体制派は分裂して反目し合うのが定石でしたが、ご他聞に漏れず、反バトル連盟も分裂の一歩を踏み出しました。

作品は、半バトル連盟誕生から若月まりあ選手の加入、若月まりあvs阿倍乃みくのタイトルマッチ、若月まりあvs江上しほ、そして、阿倍乃と若月の決別までの経緯がダイジェストで表されます。
そして、Rosenkavalier監督のTwitterで掲載された阿倍野と若月のフルバージョンの記者会見シーンが続きます。

安達メイ選手はインタビューで、反バトル連盟ネイキッドに所属した理由については、特にないが強いて上げれば阿倍乃ちゃんの方がリーダーに相応しい思ったからと説明します。
ネイキッドだとトップレスにならねばいけないことについては、全然抵抗がない訳ではないが、それでも若月が牛耳ることが嫌だそうです。対戦相手の舞坂選手に対しては凄い実力のある人と聞いているが、特に恨みもないので今日は普通に戦う。必ずネイキッドが勝つと締めくくります。PDVD_002
舞坂仁美選手は、反バトル連盟入りの理由を聞かれると、「当たり前でしょ、バトルが私をエロ要員にしたからよ。私の試合観たでしょ?信じらんない、こんなに実力があるのにエロ要員にするなんて。」と憤慨します。
キャットパックに属した理由は、「ネイキッドに入ったら、裸になんなきゃいけないでしょ。だから当たり前のことよ。」
対戦相手の安達については、「凄い実力者だと思う。でも何であんな裸になるのか分からない。もったいないわ。」と評します。
「今日こそ絶対私が勝ってやる。」
PDVD_000
【試合開始】
「なんて格好してるの、破廉恥ね。」と安達に絡む舞阪
安達は、「見せる所ないから仕様がないんじゃないの?」とちっぱい系の舞阪を皮肉ります。
PDVD_004
試合は手四つから舞阪がキックで先制攻撃をかけ、安達の後ろを取り、胴締めにしますが、安達が肘打ちから逆転し舞阪の鳩尾にキックを放ちます。
PDVD_007
腹を抑えて苦悶の表情の舞阪を首投げする安達でしたが、舞阪は安達を押しのけ、背中に両手を握った拳で一撃します。
こうして序盤のせめぎ合いを制した舞阪が、安達をサーフボードストレッチに捕らえます。PDVD_008
前作でも定評のあった安達のリアルな喘ぎ声は健在です。
舞阪は、「未だ未だこんなんじゃないわよ。顔上げなさい。」とキャメルクラッチで安達を絞ります。PDVD_010
咳き込む安達のヒップにストンピングを連打した舞阪は、安達を仰向けにして、今度はネックシザーズに捕らえます。
「放しなさいよ。」と安達。
PDVD_012
「未だそんなこと言えるの。こんなにオッパイ出して、恥ずかしくないの?」と舞阪
「苦しそう。」と笑った舞阪は、「こっちも。」と言ってトウホールドも加えます。PDVD_013
「何これ、ホントに。こんなに食い込ましちゃって。」と安達のショーツを引っ張る舞阪。PDVD_005
「未だ未だ。逝くわよ。」と今度は首4の字
PDVD_003
「寒くないの?ここら辺?」と安達の乳房を触る舞阪PDVD_009
序盤で攻め込まれた安達でしたが、「調子乗ってんじゃねえぞ。」と言って反転します。
PDVD_011
例によって、暫くは首が締まったままでしたが、すっぽりと首を抜いた安達が、舞阪を蹴り飛ばします。PDVD_015
「おらあ、よくもやってくれたな。」安達は舞阪の足を引っ張りリング中央に引き戻します。
「行くぞ。」
「やめ、アー!」と絶叫する舞阪
PDVD_016
「散々やってくれたな。調子乗ってんじゃないわよ。」と右腕で舞阪の足を固め、左腕で渾身の力を込めて顎を引っ張る安達。
PDVD_017
舞阪は、かなり辛そうですが、「全然痛くも痒くもないわよ。」と強がりをいいます。PDVD_018
「往生際が悪いわね。」と言った安達は、STFに切り替えます。PDVD_019
「ほら、キツイんでしょ?」と安達。
「何言ってんのよ。」と返す舞阪ですが、実にキツそうです。
「じゃあ、もっとやってあげるわよ。」と舞阪はは、クラッチしていた右手を離して舞阪の右腕を引っ張ります。
「ほら、腕が折れそうでしょ。」
「全然、ウアー!」と悲鳴をあげる舞阪。
PDVD_021
腰へのストンピングでつないだ安達は、舞阪に打撃技を加えます。PDVD_023
PDVD_025
しかし、「行くわよ!」と放った安達のハイキックをかわした舞阪がフルネルソンで反撃します。PDVD_026
「さあ、その破廉恥なオッピ、皆に見せてあげなさい。」「そんなに揺らしたって、何の意味もないのにね。」
否、それが好きな御仁もおられるはずですが(笑)PDVD_027
「そんなもの見せて何がしたいのよ。」「うるさいわね。」
「大分疲れているみたいね。」
「さあ、未だ未だ行くわよ。」トコブラツイスト。PDVD_029
「こんなに揺らして、破廉恥。」
PDVD_028
「こんなんじゃ終わんないわよ。ほら、貴女の汚い顔、見せてあげて。」
PDVD_031
「相当キツイみたいね、凄い歪んでる。」
「疲れて、乳首まで立って来たんじゃないの?」
否、それは疲れたからではないかと。(笑)
「さあ、行くわよ。」
今度は舞阪が打撃技を加える番です。PDVD_032
そして遂に大技が登場します。
PDVD_033
宙を舞う舞阪
PDVD_035
ガチにマットに叩きつけられます。
PDVD_036
「未だ未だ、こんなんじゃないわよ。」
とアキレス腱固め
PDVD_038
トップレス姿で仰け反る安達がセクシーです。
PDVD_039
安達のリアクションを見ると。なんだかガチに痛そうな気がしてなりません。PDVD_040
「何なのこの乳隠しなさいよ。」「どお、服でも着る気になった?」
かなり攻め込まれた安達は、汗びっしょりです。PDVD_041
「何でそんな格好で戦うのよ。真面目に闘いなさいよ。」PDVD_042
「その出し放しの乳、見せてやんなさい。」PDVD_043
「ほら、その苦しそうな顔、皆に見せて。」と顔騎アームロックPDVD_044
「ほら、一緒に行くわよ。」とショーツも引っ張り上げます。
「アーやめろ!」と悲鳴をあげる安達
PDVD_047
グロッキー状態の安達にストンピングを加えた舞阪は、安達を立たせバックドロップに持ち込もうとします。
しかし、踏ん張った安達が首投げをかまし形勢逆転となります。PDVD_020
大技連発の後半をお楽しみに。
PDVD_022

How to buy BABG-01?
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム IT turbo バトル アスリート ナチュラルマッスルガール VISUAL JAPAN ギガ 特撮連合 CPE Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL