Kou Asumi T:159cm B:88cm W:59cm H:93cm
Erina Yuhki T:149cm B:98cm W:60cm H:89cm

自撮り着替えシーンで、元小泉まりの明海こう選手は、BWP旗揚げ工業のときはスケジュールが合わなくて参戦できなかったようですが、FGが終わってすぐにBWPが始まったことに違和感を覚えているようなことを言います。
彼女は、最近身体を鍛えていたと言う事で、体型がやや変わってバストアップしたのに、ウェストは絞られて、より女性としても魅力的になっているようです。
残念ながら、この先の着替えはカットです。(笑)
PDVD_000
DVDの試合で、青いリンコスは初めてのようです。
以前戦ったなつめ愛利選手とは、敵だったのですが、レズ攻めでズタボロにされて愛が芽生えたのかどうか分かりませんが(笑)、なつめが始めたFGIに参加したようですね。

1994年9月16日生まれの優希絵理奈選手は、日本人離れしたエキゾチックな顔立ち、小柄ながら爆乳の持ち主です。
今回は黒いタイツ姿ですが、理由は皆様の自由な想像にお任せします。(笑)
試合中にポロリしてしまうと、趣旨が違って来るので、水着の紐をしっかり締めています。
彼女は、毎日スクワットをしているそうです。
「私の物になるチャンピオンベルトをもらいに行きます。」と最後は強気な発言です。
PDVD_001

記者会見で明海は、「BWPは今までのファンの人を裏切ったんですよ。」と憤りを見せます。
「FGのほうが凄いんだと言う事を見せ付けたいそうです。」
優希は、「FGを見てて、明海さんを見てて、今回FGIと言う団体が出来たときも、明海さんについて行こうと思った。」「今日を皮切りに良い選手として皆さんに認めてもらったらな、と思ってます」と決意を述べます。
さらに明海はFGへの敵意、優希も多々皮ねならないのであればぶ潰すと高原します。
そして明海は、本来B-1暫定チャンプの仁美まどか選手と雌雄を決することになっていたが、今後BWPとFGIに分かれて統一戦を行うことになった場合、仁美に対して何かコメントがあるかの質問に、
「FGに対する気持ちは私のほうが強いので負ける気はしない」と述べます。
今日の試合に対して小泉はレベルの高い試合を見せ付けると語り、優希は臆することなくがんばると決意を述べます。
PDVD_002

作品詳解には、『人気実力を兼ね備えた明海こう(旧名:小泉まり)が打倒BWPを掲げ、新人レスラー優希絵理奈を激しく鍛える内容の試合を行ったのだ!!
BWPよりも激しく、強い内容を公言する彼女達の試合は肉体、そして精神的により深くダメージを負わせる内容!!』と記載されていましたので、優希のこれからの運命が思いやられます。
いよいよ試合開始です。 
PDVD_003
手四つから優希がキックで先制
PDVD_004
明海の足をすくい倒します。
PDVD_005
気合を入れてキャメルクラッチ
やられながらも明海は、「もっとやらないと、、。」とコーチしています。
PDVD_006
「これならどうですか。」とギロチンチョーク
PDVD_007
そして爆乳窒息攻撃
「おらあ!苦しいか!」と優希
PDVD_008
しかし明海反転
「誰に向かってやってんだよ。」と明海はギロチンチョーク
PDVD_009
「絶えるのよ!」と教育的指導
PDVD_010
PDVD_012
早くも足4の字
「アーアー、痛い!」と呻く優希。
PDVD_013
彼女は攻める時も受ける時も、充分な演技力を有しているようです。
「耐えなよ!」と明海。アー!ウー!と官能的な声で喚く優希。
「折れる!」と優希
「折れやしないわよ。」と明海
PDVD_015
他の作品だと。「折ってやる。」「折れる訳ないでしょ。」と逆の言い方をしますが、この試合は違います。
腕ひしぎに超セクシーな声で喘ぐ優希
PDVD_016
「全部受けて、耐えてみなさいよ。」
「腕が、腕が!」
「BWPには、腕なんて折ろうとする選手一杯いるわよ。」と脅す?明美。
PDVD_017
「嫌だ!」「裂ける!」と喚く優希
「そんな簡単に裂けないわよ。」と明海
PDVD_020
片逆えび固めにも、「折れる!」と叫ぶ優希。
PDVD_022
しごきに近い教育的ドミネーションマッチが続きます。
PDVD_024
最早泣き声となった優希
「早く立ちなさい。」と明海に叱咤激励された優希は、「よーっし!」と気合を入れて立ち上がり、明美にエルボーパンチを放ちます。
しかし明海は、「そんなんじゃ全然効かないわよ。」と逆襲PDVD_025
そこで優希は、さらに気合を入れて打ち返し、漸く明海を打ち負かします。PDVD_026
明海は以前よりも色気が増しましたね。PDVD_028
PDVD_029
作品中、数少ない明海のやられ姿も乙です。
PDVD_030
中々迫力のある一本背負い
PDVD_031
PDVD_032
もう一撃
PDVD_033
連続の投げ技を見せる優希
PDVD_034
中々彼女もやりますね。
PDVD_035
PDVD_036
PDVD_037
しかしこれも教育的指導の愛の鞭でしょうか。
PDVD_038
股間パンチに崩れ落ちた優希は、股間を押さえてのた打ち回ります。
PDVD_040
「受けて上げたに決まってるでしょ。」と明海は極楽固め
PDVD_041
「技をかけるだけじゃ、勝てないのよ。」
PDVD_042
明海の投げ技も見事です。
PDVD_043
PDVD_045
もう一撃
PDVD_047
これは柔道技ですね。
PDVD_048
PDVD_049
この弓矢固めもキツそうです。
PDVD_051

「ギー!アー!」と官能的な声で呻く優希
「何、ギブアップじゃないでしょ、未だ。耐えれるようにならなければ駄目よ。」
「ほら、逃げないで、行くわよ。」
PDVD_052
拷問技のしごきに耐え続ける優希
PDVD_053
「私のこと、BWPの相手だと思いなさい。」「苦しくても、相手は手加減してくれないわよ。」
「耐え続けるしかないのよ。」
PDVD_055
「足は強くなったのかしら、先刻ので。」
いくら何でも、そんなに早く強くはならないでしょ。(笑)
PDVD_057
「あー、痛い!」と喚く優希。
PDVD_058
 いったい彼女は、どこまでこの拷問技地獄のしごきに耐えられるのでしょうか。
【続く】