【前半はこちら】
明海こう選手の4の字固めに、「あー、痛い!」と喚いていた優希絵理奈選手でしたが、ここは根性で返します。
PDVD_000
今度は逆片えび固めを食らった明海が、エロい声で叫びます。
PDVD_001
PDVD_002
一旦明海の片足を降ろした優希、今度は両足を掴んで逆えび固めです。
PDVD_003
腰に来た明海
PDVD_004
優希は次にDDTを食らわします。
PDVD_005
空中浮遊でもう一撃
PDVD_007
額を押さえて呻く明海
PDVD_009
しかし明海は、「アタシには効かないわよ。」と強がります。PDVD_010
そこで寝技をかます優希
PDVD_011

PDVD_012
縛乳窒息攻撃
PDVD_014
しかし明海は足を優希の首に巻きつけて逆転。PDVD_016
「そんなの私に効くとでも思ってんの?」
「相手は色んな所から技かけてくるのよ、最後まで油断しちゃ駄目だから。」
成程、明海は優れた指導者でもあります。
アヘ顔を見せる優希に、「耐えなさいよ。」と叱咤激励する明海PDVD_017
DDTのお返しか、スターナー
PDVD_013
顎を押さえて痛みに耐える優希
PDVD_018
「立ちなさいよ、こうやって顎狙って来る相手、いるかも知れないじゃん。」
「もう一発行くから、耐んのよ。」
何だかガチに痛そうです。
PDVD_019
「ほら、顔上げなさいよ。」
絵に描いたようなシャイニングウィザード! 
PDVD_020
「ほら、顔上げて。」
泣き声の優希に愛の鞭をもう一撃 
PDVD_021
逆片えび固めに、「痛い!」と泣き叫ぶ優希
PDVD_023
遂に耐え切れず、「ギブギブ!ギブアップ!」と喚きますが、明海は、「ギブ?ギブアップなんて駄目よ。」と優希を絞り続けます。
PDVD_025
「アー、だって、駄目、痛い!」と泣き喚く優希。
ここから先は、もう討伐ドミネーション地獄です。
PDVD_026
「骨を丈夫にしないと、BWPには勝てないわよ。」
ホントにこれで骨が丈夫になりますかね?(笑)
PDVD_030
腕を拉がれ、「抜ける!」と叫ぶ優希。
これを見てる御仁も、意味は違いますが同じことを言うかもです。(笑)
PDVD_031
優希が何を言おうが、
PDVD_028
泣こうが、
PDVD_029
喚こうが、
PDVD_031
白目を剥こうが、
PDVD_032
鬼コーチと化した明海は、地獄の特訓、シゴキを続けます。
PDVD_033
そりゃ何たって明海は、体育会系ですからね、文系女子では適いません。
「自分の力で立ち上がるのよ。」
PDVD_024
しかし、完全に戦意喪失した優希は、「嫌だ!」と泣き叫ぶだけです。
MIXファイトでは、このような局面がしばしば見られますが、女同士の戦いでは珍しいですね。
絶叫して苦しむ優希
PDVD_032
「耐えて、耐えるのよ。」と言われても既に意識が飛んでしまっては、耐えるも何もありません。
PDVD_034
 
PDVD_035
「皆さん、FGIは生ぬるい試合も練習もしていません。いつも本気でBWPに勝とうと思って必死に練習してます。BWPとは気持ちが違います。なので、これからもFGIを応援してください。」
PDVD_036
ハアハアと息を切らしながら宣言する明海がなかなかセクシーです。
PDVD_037
「明海こうでした。これからも応援宜しくお願いします。
PDVD_038
なつめの時と全く同様に、本気で新人を鍛えている所をアピールする試合内容です。
PDVD_040
これだけしごかれても、めげないでBWPの選手に戦いを挑む新人選手なら、大いに活躍を期待できますね。