PDVD_000
散々やられまくっていた千野がここでコブラ返しを見せます。PDVD_001
仁美のやられ姿は実にビューティフルですね。
PDVD_002
千野もここで色々と言葉責めをしますが、仁美も「やる気になって来たわね。」と先輩らしき言葉で答えます。
PDVD_003
「首ももっと絞めて苦しくしてあげる。もっと苦しそうな声、聞かせなさい。」PDVD_004
仁美のヤラレ姿が実に官能的で前立腺が刺激されてしまうのは請け合いです。
PDVD_005
これで勝ったつもりにならないでよね。アー!」と仁美。
PDVD_006
「そんなこと言っといて、そんなに苦しそうな声出してんじゃない。」と千野に言われてしまいました。
PDVD_007
「もう立ち上がれないの。」
「離しなさい。」
スターナー!
PDVD_008
これを食らった仁美は悶絶。
PDVD_009
教育マッチにしては随分やられてます。
PDVD_010
「ほら、もう一回。こんなんでチャンピオンなんだって?」
PDVD_011
またもスターナーを食らい、悲鳴をあげて悶絶する仁美
PDVD_012
PDVD_013
PDVD_014
PDVD_015
PDVD_016
三発目を食らわそうとする千野
PDVD_017
流石にここは許せません。
PDVD_018
千野の脇を掴んでエスケープした仁美は、スリーパーホールドで反撃します。PDVD_019
「アンタのせいで疲れちゃったじゃない。」これは笑えるセリフです、
「先刻よくも首絞めてくれたじゃない。」PDVD_020
「足がバタバタバタバタうるさいのよ。足の関節外してあげようかしら。」PDVD_021
そこは股関節と言うのでは?(笑)PDVD_022
しかし千野の身体は随分柔らかいようです。
「アンタは私のお尻でも見てなさい。」
PDVD_023
千野のやられっぷりもグッと来ますね。
PDVD_024
「ほら、皆に苦しんでる顔、見せてあげなさい。私の顔、散々見てたでしょ、馬鹿にして。」
PDVD_026
PDVD_028
「もっともっと腰虐めてあげる。先刻のダメージ受けてるんじゃない?」
PDVD_029
「何も聞こえてこないんだけど、返事位しなさいよ、」:
PDVD_031
「アンタがギブアップしないから、疲れて来ちゃったでしょ。」
「ほら、腕が取れちゃうんじゃない。」
PDVD_032
「アンタなんて、ボロボロにしてあげるわよ。行くわよ!」とコーナーからダイブする仁美
PDVD_033
ところがこれが自爆
PDVD_034
肘を打って悶絶する仁美
PDVD_035
「何、自滅しちゃったの?」
「アンタがよけるからでしょ。」
全て他人のせいにしたがる仁美です。(笑)
PDVD_037
え!まさか新人に落とされちゃうの?
PDVD_038
半ば白目を剥いて痙攣する仁美。
PDVD_039
しかし、千野は仁美の足を固めます。
PDVD_040
「ほら、目を覚ましたの。」
PDVD_041
「チャンピオンが、あれごときで気を失って。あんなのでチャンピオンになれと思ってるの。」
PDVD_043
生意気なのよ。」
「あー足が!」
PDVD_025
「次はこっちよ。また苦しい顔、見せてごらんなさい。」
PDVD_027
「もう限界なんじゃないの。」
PDVD_030
チャンピオン、大ピンチです。