Ann(高瀬杏)選手最初の作品は、【白い水着のプロレスラー  Vol.2】でしたが、私もこの作品が初の白い水着のシリーズのレビューでした。
噂では、「哀沢監督が、”TMさんにレビューを書いてもらった。”と一日中大喜びしてた。」と言うことですが、真に光栄至極です。 
これは一昨年の3月のことですが、私はこの作品レビューの末尾に、"この作品は、大技も殆どありませんが、Ann選手のリアクションが最高に良かったので、是非皆さんへ購入をお勧めします。
彼女の演技力をこのまま埋もれさせるのは惜しいので、是非どこかで再起用してもらうことを節にお願いします。 "と書いております。
その1年半後に、【侵略者~INVADER~ Vol.05】が発売され、私の願望が叶った訳ですが、続けて本作と【プロレズリング Special Vol.4】が発売され、さらに彼女の超官能的なリアクションをタップリと拝ませていただくことが出来ました。
オマケに今週末のBWPコンタクトに参加していただけるとあっては、畑違いと言えど、この、【伝説の白い水着のプロレスラー  Vol.1 Ann復活!】は緊急レビューさせていただく他ありません。
従って、一進一退の手に汗握る、ハラハラドキドキの攻防を描くのではなく、Ann選手が如何にいたぶられるかを簡単にレポートさせていただくだけのレビューとさせていただきます。

作品の冒頭は、【白い水着のプロレスラー  Vol.2】で苦戦しながら勝利を収めたシーンと、【侵略者~INVADER~ Vol.05】で鶴田かな選手に上半身を曝け出されて屈辱的なギブアップをするシーンで始まります。
PDVD_007
PDVD_017
 PDVD_020
この悪夢で目覚めたAnn
一大決心をして男子レスラーに戦いを挑み、悪夢を払拭しようとします。PDVD_023
「本当に、本気を出しても良いんだな。」
「構わないわ、どんな技も耐えて見せる。私は絶対にギブアップしない。」
となると、ここから先は、彼女が男子レスラーにひたすら拷問技を受け続けるシーンが連続することは間違いありません。
さて貴兄は、超官能的なAnn選手のやられ姿を見て、どこまで耐えられるでしょうか?
決してレビューを見ただけで耐え切れなくなった。なんて言わないようにお願いします。(笑)
最初はスリーパーホールド
長々と続けられ、端から失神寸前になるまで絞められます。PDVD_029
フェイスロック
PDVD_031
キャメルクラッチ
PDVD_055
「オイ、もうやめとくか?」と聞かれ首を横に振るAnn。
PDVD_059
「未だやるのか。」
PDVD_061
「未だやる。」
「そか、じゃあもっと上げてやる。」
「アー、嫌アー!」絶叫するAnn
Annの腕がポトリと落ちます。
PDVD_062
「失神かよ。」
Annのナイトメアが始まりました。
PDVD_063
「こんなんで落ちてたんじゃ、トラウマなくならいぞ。」と言って男はAnnを覚醒させます。PDVD_066
Annを無理やり立たせてコブラツイストPDVD_069
Annは、超セクシーな声で絶叫します。
足4の字
PDVD_070
指を噛み付かれ、「アー痛い!噛むのは反則よ!」と絶叫するAnn
「痛い、痛い、噛まないで!やめて!」
「噛むなんて卑怯じゃないの。」
PDVD_074
「そうか、悪かったな、もうやんねえよ。」と言って男は代わりに竹刀を持ち込みます。
PDVD_075
ロープ磔け
竹刀で鳩尾を何度も突かれます。
PDVD_076
うずくまるAnn
PDVD_078
今度は紐で絞殺プレイ
PDVD_079
白目を剥くAnn
PDVD_081
PDVD_083
「また失神か。」
男はAnnの顔にかかった髪を除けて、「今起こしてやるからな。」と言い、Annをリング中央へ引きずりこみます。
PDVD_085
「目覚まさしてやっからな。」
PDVD_087
ダイビングボディプレス!
PDVD_088
お目覚めして絶叫するAnn。
PDVD_090
「ほら、助けてやるか。」と言った男はアルゼンチンバックブリーカーをAnnにお見舞いします。
PDVD_091
「グググ!アー!アウ!」と苦しみ喘ぐAnnですが、ギブアップしないで耐えてみせると宣言したからには、意地でも粘ります。
PDVD_092
グランドオクトパスホールドに絶叫するAnn
PDVD_094
ベアハッグ!
PDVD_095
随分長く続きます。
PDVD_097
Annをドミネーションしてたら、モッコリしちゃうのは自然の理ですね。(笑)
「ギブアップじゃなくて、破壊してやる。」と言った男はAnnをコの字固めに捕らえます。
PDVD_101
泣き叫ぶAnn
さらに腰を落としてAnnを絞る男
「未だやんのか?」
「負けないわよ。」
PDVD_102
膝蹴り連打
PDVD_103
うずくまるAnn
PDVD_104
PDVD_105
「もう一度だけ聞いてやる。未だやんのか?」と最後通牒を発する男
「やるわ。」と泣きながら答えるAnn
PDVD_013
「よおし、今言った言葉、後悔させてやる。もう一度だけ聞く。未だやるのか?」
「私は、私は、絶対にギブアップしない。」とキッパリ答えるAnn。
「良く言った。」
PDVD_026
男はロープの反動を利用してAnnに必殺のラリアットをかまそうとします。
ところがそれをかいくぐったAnnは、見事なハイキックを放ちます。
PDVD_041
男が怯んだところに
PDVD_044
スープレックスを食らわすAnn
PDVD_049
さらにギロチンドロップ
PDVD_054
フォール!
PDVD_056
3カウントが数えられます。
お約束どおり?の鮮やかな逆転勝利に「勝った!」とAnn
PDVD_057
倒れこむAnn
「よくも!」とAnnの胸倉を掴む男
PDVD_058
「何よ、私が勝ったのよ。」
「うるせえ、俺は負けてねえ。」
お約束どおりの試合後の逆襲が始まります。
最近のMIXファイトは、このパターンが多いですね。
えぐい角度で反らされるAnnの身体PDVD_064
「アウ!グック!」と言葉も出せずに喘ぐAnn
PDVD_065
Annの右腕がポトリと落ちます。
PDVD_068
「失神か?もう起こしてやんねえぞ。」と言って男はリングを去ります。
PDVD_072
貴兄は最後まで見終わるまで何回抜いたでしょうか?(笑)
PDVD_082
最後の失神シーンは、長々と続きます。
サービス精神旺盛な哀沢監督でした。(笑)