Min-soo 170cm/55kg vs Yoonji 160cm/42kg

1963年、韓国プロレスの黎明期、不正腐敗に抗した韓国女子プロレスラーたちの隠された歴史がアイアンガールのスクリーンにて再現される!
Athenaの一次攻撃に次いで、正体不明の日本選手団に敗れてしまったルミとW.in.D、ついに韓国女子プロレスの消滅を企んでいた団長の陰謀が露見し、Athenaのリーダー、イェリはルミに最後になる団体対抗戦を提案する。そして、卑屈な悪役になるか、戦うかの問題で、W.in.D内で葛藤が生じる…

史上最大規模の撮影!「アイアンガール」その7年間の道のりの結実!

ずっと昔11PMという日本TV系の深夜番組で、時折全日本女子プロレスのスタジオマッチが行われていました。
狭い団地に5人家族で住んでいたので、親の目を盗んで見ていたのですが、その中で韓国女子プロレスの選手団が日本の選手と組んでアメリカの選手と戦う試合があった記憶があります。
是非見たかったのですが、親にチャネルを変えられてしまい、見損なってしまったという悲しい思い出があります。
その後韓国女子プロレスのことが全く話題にならなかったのは、70年代の中盤に消滅してしまったからなんですね。
それにしても、草創期から労働争議が起こっていたとは知りませんでした。
PDVD_004

作品の冒頭は、K.I.G. Match IV Re-W.in.D! EPISODE.1でレナに負けたルミが、腕を折られそうになるシーン。
PDVD_005
さらにEPISODE.3でかろうじてレナに勝利したものの、消耗しつくしてマットに突っ伏したミレをハナが介抱する回想シーンが描かれます。
PDVD_006
さらに金城愛菜選手がルミと戦って敗れる史上最初の日韓戦 Vol.1 抗争の幕開けの回想シーンとなります
そして現在のシーンは、W.I.N.D.の道場でKOされている選手達。PDVD_000
竹刀でいたぶられている選手
PDVD_001
腕を押さえてうずくまるルミ選手
竹刀で叩かれて悲鳴をあげるリナグ外にいる選手の方を向いて、「皆には手を出さないで!」と日本語で叫ぶルミ
PDVD_007
日本人役の覆面姿の選手が、「君が日本に来たら、君一人で終わったはずよ。」とルミに話しかけます。
「未だスタートしてない私たちを、何でここまで踏みにじろうとするの?」とルミ
「私たち的には何の恨みもないの。私たちをここに行かせた人が、そう思っていないだけ。」
「一体、誰が?」
「君の肩の傷がここまで酷いと分かっていたなら、戦わなかった。ゴメン。勝負は後でな。」と言ってリングを去ろうとする日本選手は、「内部の敵に気をつけなさいよ。何かあったらいつでも言って。」と言い残します。
PDVD_008

続いて、ルミに向かって道場破りされたことを詰る団長
しかし、ルミは、団長の真意を疑い始めます。PDVD_009
隠れていたイェリが現れます。
イェリも団長のやり方は快く思っていないようです。PDVD_010
団長の最後の台詞は英語の字幕になっていますが、Move your ass. Get your girls ready.
「とっととお前らの選手に戦う準備をさせろ。」と言った意味です。
1週間後、協会に無断で日本の選手と戦い、中心選手が負傷したことでW.IN.D.の選手達は選手権剥奪。
解散してこの道場をイェリとアテナが使うことにすることを団長が通達します。
W.IN.D.の選手達を追い出そうとする団長ですが、ここでイェリが助け舟を出します。
イェリは、自分の傘下に下るか、3日後正々堂々と勝負するかのどちらかを選べとルミ達に迫ります。PDVD_011
団長やアテナの面々が去った後にルミが団長の狙いを言い当てます。
すなわち、アテナの選手達は悪役で、日本選手の引き立て役として使うつもりだが、W.IN.D.の選手達はそんな役回りは到底引き受けないので、邪魔になったと言うわけです。PDVD_014
しかしミンソは、先輩のルミが皆を守る力がないので、こうなったとルミを非難して、アテナの軍門に下るこを宣言します。
PDVD_017
するとユンジがミンソに噛み付きます。「私に勝ってから行けよ。」
こうしてユンジとミンソの私闘が始まります。
ミンソは、春川せせら選手を彷彿させる、身長170cmの長身美女ですね。PDVD_019
華奢なユンジですが、どこかしら惹かれる処があります。
PDVD_020
雄叫びを上げて組み合う両選手
PDVD_021
組んず解れつのレスリングをします。
PDVD_022
PDVD_024
PDVD_025
ユンジのドロップキック
PDVD_026
激しいタックル
PDVD_028
 
PDVD_029
早くもカウント
優位に立ったユンジがミンソにエルボーパンチを連打
PDVD_030
ミンソも打ち返します。
PDVD_031
これが見事に決まり、ユンジはダウンします。
PDVD_032
ラリアット
PDVD_034
ボディスラム
PDVD_035
PDVD_036
今度はミンソがフォールに行きます。
PDVD_037
ユンジのやられ振りが何だかとてもグッと来てしまいます。
先に立ち上がったミンソが、かかって来なさいとばかり手招きします。
雄叫びと共に突進するユンジ
折角ミンソを捕られえても、長身のミンソのパワーが勝り、後ろを取られるユンジPDVD_038
PDVD_039
ロープに振られ、戻ってきた処に身体を寝かせてユンジをつまずかせるミンソ
PDVD_043
苦しそうに喘ぐユンジを投げるミンソ
PDVD_044
PDVD_045
物凄い勢いでマットに叩きつけられるユンジ
PDVD_046
バトルでも、女優さんに派手な雄叫びや掛け声を上げさせると、より迫力が増すと思います。
逆えび固め
PDVD_047
腰を落とした逆えび固めは、派手なシャチホコやコの字固めより角度が浅くても、より痛いのではないかと思います。
PDVD_048
いやー、何故かユンジの被虐振りがグッと来てしまいます。PDVD_049
かなり堪えているようです。
PDVD_051
首投げ
PDVD_052
自分より大柄な選手に受ける波乗り固めは、かなりキツいはずです。PDVD_053
ユンジはいい様にやられまくっています。PDVD_054
最初は長身のミンソに目が行ってましたが、、、
PDVD_056
ユンジお被虐ぶりが、かなり気に入ってしまいました。
PDVD_003

PDVD_050
またしてもボディスラム
PDVD_055
長身の選手に投げられるとかなり効きそうです。
PDVD_057
フォール!
PDVD_059
今日は私がギブアップです。
おやすみなさい。