Yumi 165cm/45kg vs Yoonji 160cm/42kg

ついに始まったW.in.DとAthenaの対抗戦!
第一試合は、前のシーズンにてイェリとレナに潰されたソウル女子プロレス出身の新米、ユミとユンジの2人。すれ違った運命の2人が、イェリとルミのかわりにリングで激突する!「…例え負けても、恥ずかしい先輩にはなりたくはない…!」
まだ怪我が治ってないルミの、この避けられない勝負のため、病身を押して参戦することになるが…
史上最大規模の撮影!「アイアンガール」その7年間の道のりの結実!

W.IN.D.のリングにやってきたアテナの面々。 
迎え撃つW.IN.D. 負傷の癒えた2人の新人もいますが、彼女たちは実際はエキストラでしょうね。
PDVD_003
 アテナ入りしたミンソもいます。
PDVD_002
最初の試合は、元ソウル女子プロレス同士のユミとユンジの対決です。
PDVD_004
雄叫びをあげてぶつかっていくような試合もリアリティがあって良いですね。
バトル作品では見たことがありません。
両者は激しい動きで後ろを取り合います。PDVD_005
ユンジがユミをヘッドロックに捕らえました。
しかしユミが肘打ち連打でエスケープ
ユンジをロープに振ります。
戻ってきた処に膝蹴りを食らい、ユンジは倒されます。
PDVD_006
 序盤からロープに振り合ったり腕を取って逆転したり
PDVD_007
 一進一退のシーソーゲームが繰り広げられます。
 PDVD_009
コーナーにぶつけられるユンジ
 PDVD_010

PDVD_016
さらに膝蹴り。
PDVD_017
腹を抑えて悶絶
PDVD_018
ボディスラム
PDVD_019
ユンジ、かなりいたぶられています。
PDVD_020

PDVD_021
未だ3カウントを取ることはできなくても、何度もフォールに行かれると、精神的に焦りが生まれてしまうはずです。
PDVD_022
やはりユンジのやられ姿は萌えます。
PDVD_023
腰を落とした逆えび固めは実に効きます。
PDVD_024
ユミは、かなり息を切らしたユンジをコーナーに振ります。PDVD_025
PDVD_026
しかしユンジは、突進して来たユミをかわし、ユミは自爆します。
すかさぶバックドロップ
PDVD_028
腰を打って悶絶ルミをフォールに行くユンジ
PDVD_029
ユンジはドロップキックが得意です。
PDVD_009
これはかなり効いて、ユミは鳩尾を抑えて突っ伏します。
リアルプロレス同様に、動きの激しいTeamwizardの試合は、両選手共に息を切らしてしまうので、インターバルが必要です。
ユンジは、ボディスラムの構えを見せます。
しかし、ここを踏ん張ったユミが、ユンジの鳩尾に膝蹴りをかまします。 
PDVD_037
逆にユンジを高々と持ち上げるユミPDVD_010
首4の字固め
PDVD_011
しかし、ユンジは反転
C.Ronald監督作品なら、ここですぐに形勢逆転となるところです。
また、Rosenkavalier監督の作品なら、ここでルミが暫くユンジを押さえつけ、その内に首がスッポリ抜けて形勢逆転のパターンです。
ところがユミはこの体勢でユンジを投げます。 
PDVD_039

PDVD_040
投げられた上に、そのまま首4の字で締められたら、かなりスタミナを消耗してしまいそうです。PDVD_041
幸いにもロープが近く、ユンジはロープに逃れます。 
PDVD_042
しかしルミは、構わずストンピングPDVD_043
拷問式キャメルクラッチ
ガチに苦しそうです。
PDVD_044
ユミは、ロープにもたれかかったユンジを容赦なくいたぶります。
PDVD_047
カウント4までユンジの肩を踏みつけたユミは、619を放ちますが、ユンジが伏せて空振りに終わります。
PDVD_048
そこへユンジは逆襲のキック
PDVD_049
ボディスラムをかけようとして、またしてもユミに踏ん張られたユンジは、エルボーパンチに切り替えます。
PDVD_050
今度こそボディスラム
PDVD_051
たたきつけられたユミ
PDVD_052
フォール!
PDVD_053
足4の字
PDVD_054
ロープブレイク
PDVD_056
仕切り直しの手四つ
PDVD_057
レベルの高い熱戦が続きます。
続く