両選手の腕がプルプルと震える、力比べの熱戦が延々と繰り広げられます。PDVD_000
最後はユミのキックで均衡が破られます。PDVD_001
ユミはユンジをロープに振りますが、ラリアットはすかされます。PDVD_002
さらにロープの反動を利用して両者は突進しますが、ここはユンジの勝ちPDVD_003
ユンジのバックドロップが炸裂します。PDVD_005
PDVD_006
このフォールも未だ決まりません。
PDVD_007
今度は、アナコンダヴァイスで締めるユンジ
PDVD_063
ユミは左手でグーパンチを連打してエスケープ
優位に立ったユミはスープレックスを放ちます。
PDVD_064
マットに叩きつけられたユンジ
PDVD_065
フォール!これも返されます。
PDVD_066
再びロープの反動を使って突進して来たユミの左腕をキャッチしてねじ上げるユンジ
PDVD_067
 
PDVD_068
ユミの左足がロープに届きます。
PDVD_070
スリーパーホールド
PDVD_071
窮地に陥ったルミは、ユンジの顔を掻き毟ってエスケープします。
PDVD_073
さらにユンジの顔をロープに擦り付けたユミは、場外へユンジを蹴り落とします。
PDVD_074
場外乱闘が始まります。
PDVD_075
PDVD_076
リングの淵に打ち付けられたユンジ
PDVD_077
パイプ椅子攻撃
PDVD_078
倒れこんだユンジをリングに押し戻したユミは、ボディスラムを放ちます。
PDVD_079
PDVD_080
フォール!
PDVD_081
ユミはユンジをロープに振りますが、またしてもユンジが逆転。
どうやら、ロープの反動を使った技は、ユンジが一枚上手のようです。PDVD_083
ルミのフォールは返されます。
両選手共に消耗してフラフラです。
ルミは突進して来たユンジをフラップジャックで迎え撃ちます。PDVD_084
今度はユミの方が上手でした。
PDVD_085
ユミはユンジをロープにもたれかけさせてキックを食らわせます。
PDVD_086
今度は619が決まります。
PDVD_087
ユンジの顔面にユミのキックが炸裂します。
PDVD_088
ユミは執拗に3度フォールに行き、ユンジは3度それを返します。
PDVD_090
かなりユミが優位に立ったかと思われましたが、ユンジはパーワーボムの構えのユミを投げ飛ばします。
PDVD_091
バック・ボデイ・ドロップ!
この回転技は実に素晴らしい!
PDVD_092
長期間の練習の成果が発揮されています。
PDVD_093
サンセット・フリップ・パワーボム!
大技の連発でユミを仕留めるユンジ
PDVD_098
これで決まったか!
PDVD_100
しかしユミは、しぶとくユンジを跳ね除けます。
PDVD_101
腕ひしぎ逆十字固め!
ユミは反転して逃れようとしますが、戻されてしまいます。
ガッシリ決められたアームロックに溜まらず、ユミはタップしてしまいます。
PDVD_103
勝った!と思ったユジンは、ユミを後ろにリングを降りようとします。
確かにユミはギブアップとは言わず、ゴングも鳴らされていません。
PDVD_104
セコンドにいたルミが警告しますが、ユジンは、息を吹き返したユミのラリアットを食らってしまいます。 
PDVD_105
マウントポジションからユミは、ガチなエルボーパンチを連打します。
スリーパーホールド
PDVD_106
パイルドライバー
PDVD_107
カウント3が決まります。
PDVD_108
ユンジは、全く不注意な油断から、逆転負けを喫してしまいました。
勝ったユミは、場外でユンジを押し倒します。
PDVD_110
ユミはストンピングを食らわし、ユンジの足を破壊しに行きます。
PDVD_111
止めようとするルミ
PDVD_112
ミンソがルミを詰ります。
PDVD_113
 ユミは構わずユンジの足首を捻ります。
PDVD_114
PDVD_004
絶叫するユンジ
PDVD_115
もうW.IN.D.で闘えるのはルミしか残っていません。
PDVD_008
PDVD_009

ユンジをいたぶってリングに上がれないようにしたユミは、翌日ルミと戦います。
【To be continued.】