Ichigo Suzuya T:148cm B:86cm W:60cm H:86cm
vs
Aya Miyazaki  T:162cm B:82cm W:58cm H:83cm

【第三試合】
鈴屋いちご(BWP軍) vs 宮崎あや(FGI軍)
旗揚げ戦で素晴らしい試合を見せ、注目株として成長著しい鈴屋。
対する宮崎は先日行われた
鶴田とのSSS無差別級王者戦に敗れた事でアンチ鶴田としてFGIへ加担することを決意。
経験は少ないものの、ポテンシャルは素晴らしい彼女がみせる闘いはいかほどなのか!?
ルチャリブレとB-15th一回戦には勝利を収めたものの、その後は小柄な体格のためか、苦戦続きの鈴屋いちご選手
経験値とアクロバット的な動きで宮崎を翻弄するかと予想しましたが、体格的にはかなり不利なようです。
 BWP-02 1267
SSSタイトルマッチで、鶴田を2度も失神に追い込んだものの、試合そのものには負けてしまった宮崎あや選手。体格的にも鈴屋選手を凌駕しています。 
BWP-02 1270
両者握手
BWP-02 1294
いきなり鈴屋がドロップキックを放ちます。
BWP-02 1300
派手な勢いでマットに倒れ、頭を抑えてフラフラになった宮崎
BWP-02 1312
そこへスープレック
BWP-02 1316
BWP-02 1332
さらに倒立ボディプレス
BWP-02 1334
鈴屋選手を始めて見た人は度肝を抜かれたはずです。
BWP-02 1345
足4の字に喘ぎ苦しむ宮崎
BWP-02 1357
BWP-02 1368
反転
BWP-02 1384
しかし鈴屋再反転
BWP-02 1390
この足4の字は、レフリーがブレイクしますが、反転されたときに鈴屋がダメージを負ったようです。
BWP-02 1391
先に立ち上がった宮崎が鈴屋を起こしサーフボードストレッチ
BWP-02 1406
さらにスリーパーホールド
BWP-02 1429
鈴屋のやられっぷりは、かなりセクシーです。
BWP-02 1440
あろうことに、ライブでの電気按摩攻撃に喘ぎ苦しむ鈴屋。
「痛いの?それとも気持ちイイの?」とか宮崎が訊いていた覚えがあります。
BWP-02 1445
仕切り直しから宮崎が鈴屋を抱えます。
BWP-02 1484
パワーボム
BWP-02 1487
叩きつけられる鈴屋
BWP-02 1519
もう一撃
BWP-02 1511
BWP-02 1511
ピンチに陥った鈴屋は、ここで股間攻撃を敢行します。
20170412-211200
悲鳴を上げて崩れ落ちる宮崎 
20170412-211231
鈴屋はシャイニングウィザードで反撃
BWP-02 1538
頬を抑えて悶絶する宮崎
BWP-02 1552
倒立ボディプレス
BWP-02 1557
カウント!
BWP-02 1561
これを返された鈴屋は、首4の字
BWP-02 1575
さらに片逆えび固め
BWP-02 1581
波乗り固め
BWP-02 1591
宮崎の身体は、かなり柔らかいようです。
BWP-02 1600
このキャメルクラッチも、かなり反ってます。
BWP-02 1609
首4の字
BWP-02 1617
コブラツィスト
BWP-02 1629
しかし鈴屋の猛攻に耐えた宮崎が反撃
BWP-02 1639
コブラ返しで倒れた鈴屋にえぐい角度のコの字固め
BWP-02 1653
BWP-02 1661
BWP-02 1691
辛そうに立ち上がる鈴屋ですが、かなりへたっています。
BWP-02 1694
あっさり横手投げでマットに叩きつけられる鈴屋
BWP-02 1716
最早自力では起き上がれなくなっています。
BWP-02 1729
BWP-02 1735
消耗した宮崎を肩に載せる宮崎
BWP-02 1756
立ち上がりこそしませんでしたが、殆どアルゼンチンバックブリーカーに近い形で鈴屋の身体を折り曲げます。
20170412-212238
長々と絞られた鈴屋は必死に耐えますが、ついに限界が来てギブアップ
BWP-02 1806
BWP-02 1821
悔しそうな顔をする鈴屋
BWP-02 1825
しかし、消耗し切ってしまい、身動きできません。
勝ち名乗りを上げる宮崎
BWP-02 1827
泣き顔の鈴屋は、スタッフに支えられ、フラフラになり悔しそうな表情で退場します。
20170412-212424
宮崎は、これからもっと強くなってSSSいやBWPの台風の目になりそうな選手です。
一方敗れた鈴屋は、体格差の不利をアクロバティックな動きで補ってはいますが、スタミナに課題がありそうですね。
しかし、元々ポテンシャルの高い選手なので、Prostyle The Besy VIで神納花選手とどんな戦いを繰り広げたのか、見るのが楽しみです。