YUE  T:167cm B:84cm W:57cm H:85cm 
Hitomi Aragaki  T:160cm B:86cm W:58cm H:88cm
BWP-02 3754
新垣は、足を痛めたYUEに再びアクロバット技でボディプレスをかまします。
BWP-02 3757
ちょっと辺りが浅かったようです。
BWP-02 3763
そこで。もう一撃。
 BWP-02 3779
いつ見ても、ガッキーの軽やかな身のこなしは見事です。
BWP-02 3781
拷問式キャメルクラッチ
BWP-02 3810
テキサスクローバー
BWP-02 3834
YUEを抱え上げる新垣
BWP-02 3840
パワーボム!
BWP-02 3843
カウント!
しかしこれは返されます。 
BWP-02 3848
見栄を切って、フライイングボディアタックを放つ新垣
BWP-02 3859
ところが、YUEはペイトリオット・ミサイルのようなキックで迎撃
20170415-024817
見事に撃墜された新垣
BWP-02 3868
得意技を封じられ頭に血が上ったか、懲りずに再度突進する新垣
BWP-02 3880
しかし冷静なYUEはこれをかわし、まるでノドンミサイルを打ち落とすイージス艦のスタンダード・ミ
サイルのように、新垣を叩き落とします。
BWP-02 3885
またも撃墜されたガッキー
BWP-02 3889
フラフラと立ち上がります。
BWP-02 3899
YUEは彼女のわき腹に回し蹴りをかまします。
BWP-02 3900
しかし百戦錬磨のガッキーは、これを掴みドラゴンスクリュー
BWP-02 3909
さらにトウホールド
BWP-02 3929
YUEもトウホールドで応酬
BWP-02 3931
両者痛み分け。
BWP-02 3942
先に立ち上がったYUEが新垣に逆えびをお見舞いします。
BWP-02 3951
ブリッジしてさらに絞るYUE
ガッキーの泣き叫ぶ声が会場に轟きます。
BWP-02 3964
腰を抑えて悶絶する新垣
BWP-02 3967
ここで強烈なペティグリーを放つYUE
BWP-02 3976
画面左側にボンヤリと写る人は、哀沢総裁ではありません。(笑)
BWP-02 3979
マットに叩きつけられた新垣
BWP-02 3983
フラフラになった新垣を立たせるYUE
BWP-02 3995
ここでYUEは、強烈なパワーボムを新垣に食らわせます。
ボロボロになった新垣を引き起こすYUE
BWP-02 4017
またしてもガッキーの頭をを股の間に挟みます。
BWP-02 4018
もう一撃
BWP-02 4020
フォール!
BWP-02 4061
カウント2.5で返した新垣に片逆エビ固めをお見舞いするYUE
BWP-02 4093
これはかなり強烈です。
泣き叫ぶガッキー
20170415-031435
遂に耐え切れずタップしてギブアップです。
BWP-02 4108
痛そうに腰を抑えた新垣は身動きが取れません。
BWP-02 4123
勝ち名乗りを上げるYUE
BWP-02 4159
彼女は優しく新垣を引っ張り起こします。
BWP-02 4162
マイクを取ったガッキー
BWP-02 4170
成長したYUEを賞賛するガッキー
BWP-02 4173
答礼するYUE。
BWP-02 4178
彼女は、以前からも常に真剣に闘って来たと言うことをアピールします。
確かに彼女は、ぎごちない面も ありましたが、決して軽い気持ちで闘っていた訳ではないと私も思っていました。
そして彼女は着実に成長して、本当に強いファイターになりました。
BWP-02 4200
新垣は、一旦は区切りをつけて札幌に落ち着いていたが、お呼ばれして復帰したこと。飽きずに熱烈な温かい応援を送ってくれたファンへの謝辞。
未だ未だ戦いたい選手がいるので、今後も頑張って行くことを表明します。
BWP-02 4203
YUEも再びマイクを取り、観客へのお礼と今後の抱負を語り、締めくくります。
生で見ても、文句のつけようがない程堂々とした戦いぶりを見せてくれたYUEは、押しも押されぬBWPのチャンピオンとして貫禄を見せてくれました。
そして、より女性らしさを増した新垣ひとみは、YUEの良い所をフルに引き出して試合を作ってくれました。
歴代最高クラスの名勝負でした。BWP-02 4205
両選手の健闘に、惜しみのない大拍手を送りたいと思います。